Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:DAC ( 121 ) タグの人気記事


2015年 07月 28日

やなさん AK4490 DAC デュアルモノ  

d0138082_12360355.jpg
やなさん設計 AK4490 DACデュアルモノを聞いています。
シングルDAC(ステレオ)基板を2枚使い、ディップスイッチにより、シングルとデュアルモノの切り替えが出来ます。

AK4490は旭化成の新しいICだそうで、PCMもDSDも再生出来る優れものです。

再生環境
ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL → プリ となっています。

P2DはPCMをスルーすることも出来るし、PCMをDSDに変換することも出来るし、AK4490DACと組み合わせるとPCMもDSDも両方の音を聞き比べることが出来るというわけです。
DSDの試聴では、ALIX→UDA→P2D→原理基板→221アンプやラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHALとも聞き比べしました。
おのおの少しずつ違いますが、そんなに大きな差はありません。
どれも、完成された音です。

大きな違いは無いけど、音の太さは少し違います。
太い順に、
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
音抜けが良いのは
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHA
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
でも、大差ないんだ。
ブラインドテストしたら、わからないだろうな。

DSDは、音の差が出にくいのかもしれません。
どれも、フィルターを通しているだけだからかな。

このままじゃ、AK4490 DACの存在意義が、あまりない。007.gif
実は、AK4490 DACの最大の魅力は、PCM再生です。
DSDと比較しても、甲乙付けがたい。
DSDの音と違いは、あるけど、今まで聞いたPCMのドンシャリ感は無く、明るめのニュートラルな音という印象です。
切れ、解像度が良いが、それが耳に付くことがなく、自然な音です。
スパッと音が出てきます。

AK4490はPCMに相当こだわりがあるようで、PCMの為の設定がいくつもあります。
資料をみてください。

上記の性能は、やなさんのAK4490 DACの場合、2つのディップスイッチによって制御されています。


AK4490 DACのSW設定
SW1
1,2:入力切替
0,0=PCM
0,1=DSD
1,X=オート(INコネクタの11ピンがLOW=PCM、HIGH=DSD)
3:DSDの左右CH指定(ディアルモノ時のみ有効)
0=DSDL、DSDR
1=DSDR、DSDL
4,5,6:PCM入力フォーマット
0,0,0=16bit後詰め
0,0,1=20bit後詰め
0,1,0=24bit前詰め
0,1,1=24bit I2S
0,0,0=24bit後詰め
0,0,1=32bit後詰め
0,1,0=32bit前詰め
0,1,1=32bit I2S
7,8:PCMディエンファシスフィルタ
0,0=44.1KHz
0,1=OFF
1,0=48KHz
1,1=32KHz

SW2
1:超スローロールオフフィルタ
0=ノーマル
1=超スローロールオフフィルタ
2,3:デジタルフィルタ
0,0=シャープロールオフ
0,1=スローロールオフ
1,0=ショートディレイシャープロールオフ
1,1=ショートディレイスローロールオフ
4,5:音質フィルタ
0,0=サウンド1
0,1=サウンド2
1,0=サウンド3
1,1=リザーブ
6,7:DSDフィルタ
0,0=50KHzハイパススルー
0,1=リザーブ
1,0=50KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
1,1=150KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
8:デュアルモノ指定
0=シングルDAC
1=デュアルモノDAC
※0:OFF、1:ON

現在、このDACは一般配布されていません。
でも、この実力ならば、是非配布して欲しいです。
みんなで、やなさんに配布希望のメッセージを送りましょう。

29日追記

AK4490DACの優れているとこを発見。
特にPCM再生時はS/Nが良い。AK4490DACの後に原理基盤を聞くとノイズが気になる。
配布を熱望します

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-28 13:07 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2015年 06月 30日

仕事場の音楽事情

d0138082_16453262.jpg
 最近は、ドイツビンテージユニットを鳴らしていましたが、事情があって、取っ払い、409-8Eを復活させました。
075をツイーターに加えた、409-8Eは、いいです。
シンバルの音がそれらしく聞こえます。
ジャズはこうでなくてはね。

アンプはlinfof工房製のアンプ。
詳細はわかりませんが、仕事中に聞くには十分なクオリティーがあります。
プレーヤーはラズベリーパイB+volumioです。
DACはPCM5102A搭載のアドオン基板
先日、UTCのA-20を通してアンプに出力したところ、音が生まれ変わり、にんまり010.gif010.gifしてます。
d0138082_16452918.jpg
ライントランスを通すきっかけは、トンビさんが、ES9023という小さなDACから、ルンダールLL1538をとおして出力されていたからです。
d0138082_05105721.jpg
私も、ES9023DACに、ルンダールLL1583XLとUTC A-20をつないで、音比べをしました。
ES9023DACには、ルンダールの方が合います。
帯域が広く、響きがきれいで、空間の見通しが良いです。
UTCだと、中域が厚くなりますが、高域の延びがないためか、中高域がうるさく感じます。




PCM5102AアドオンDACは、もともとハイ上がりな音なので、UTCによって、帯域バランスが是正されるからか
ルンダールよりも、帯域バランスがよく、音楽が楽しめます。


ES9023DACは、オークションで2,480円。
興味ある方は、どうぞ。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-06-30 04:59 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 04月 01日

やなさん FN1214A P2D

d0138082_14472596.jpg
久しぶりにオーディオねたです。

やなさん作 リニューアルFN1242A P2Dの試聴です。

FN1242AのテストモードDSD信号を取り出します。
名刺サイズの基板にリクロック回路とジッタークリーナー回路も組み込まれている優れもの。

PCはラズベリーパイB+です。
いつかはラズベリーパイ2を購入したいのですが・・・・

早々、音出しです。
電源を入れるなりロックします。
曖昧さのない、抜けの良い音です。
前作同様すばらしい音です。
安定度が上がったように思います。

もう、voyageMPDは撤去しようかな。
d0138082_15060316.jpg
次なるステップは、P2D以降をどうするか
現在は、原理基板+ルンダールですが、221アンプとの比較もしなくてはなりません。
新しい原理基板も購入済みなので、こちらも作りたいし
また、原理基板とES9018 DMとの比較もしなくてはなりません。





[PR]

by okamoto-arch | 2015-04-01 15:21 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 09月 13日

off会準備 久しぶりのやなさん原理基盤

d0138082_4564992.jpg

今日から数日、お客様が我が家でお泊まりになります。
最近、BuffaloⅢ DMの片チャンネルが壊れてしまい、デジタル系を再構築中。



久しぶりに、やなさん原理基盤をと使ってみました。
やなさんの221アンプと初めて組み合わせてみます。
d0138082_5182728.jpg




いい感じです。
音抜けがよく、音が活き活きとしています。
チップはVHCなので、高域に少しLPのようなノイズがありますが、気にしないことにします。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-09-13 01:12 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 08月 31日

やなさんハイブリット221 I/Vアンプ その2

d0138082_17564296.jpg

昨日の夜中に音だしした、やなさんのハイブリット221I/Vアンプ
ただ今、通常音量で試聴中。

予想とおり、いや それ以上の音です。
凄い音ではありません。
いい音です。
楽しい音です。
自然な音です。


新しい音源では、220アンプも良いです。
高解像度な音と言えばよいのでしょうか。
現代的な音と言えばよいのでしょうか。
でも、古い音源では、違和感を感じる時もあります。

しかし、221アンプは、録音の良し悪しに関係なく音楽を奏でてくれます。
音楽に引き込まれます。
トランペットやギターなどの響きが、220より良くなりました。

何度も書きますが、これは良いです。

220もよいアンプですが、音楽派には221アンプをおすすめします。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-31 18:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 08月 31日

やなさんハイブリット221 I/Vアンプ その1

d0138082_1273944.jpg

やなさんのハイブリットI/V変換アンプ221の試聴をしています。

でも、ここまでが、結構大変でした。
やなさんに助けてもらって、どうにかこうにか音だしにこぎつけました。
でも、すべての問題を解決できたわけではありません・・・・(*_*;

おいおい解決していくことにします。


さて、音の評価をしたいところですが、音だしできたのが夜中。
試聴は、虫の音より小さい音量で行っているので、控えますが
悪くないと思います。
いろんな楽器の音色が自然です。

220は音離れが良くて、キレがあります。
現代的な音という印象です。
221は真空管効果か、滑らかさがあります。
そして、いろんな楽器の音が自然です。
私には、重要なポイントです。

220の音はPCM 221はDSDという印象です。


さて、明日の試聴で評価が変わるかな




どうでしょう?
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-31 01:43 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 08月 28日

やなさんI/Vアンプ(220) その4

ちょっと地味な内容が続きますが、電源について自分なりに書き留めておきたかったので、
もうしばらく、お付き合いを。

さて、電源トランスによる音の違いを確認しながら、220のエージングをしてきました。
エージングが進むにつれ、低域が出るようになり
Rコアx2では、ちょっと低域が出過ぎかなと感じるようになってきました。

そこで、suzukiさんから頂いた、小型Rコアトランスに変更
d0138082_11443.jpg

いい感じですが、もう少し低域が出て欲しい。

TPS4700A7の出力にコンデンサをつないで、調整をやってみました。
d0138082_1213387.jpg

1.0μFのフィルムコンデンサを使うと、低域のスピード感が出て、低域も締まります。再生帯域も広くなったように感じます。

その他、3300μFの電解コンデンサと0.1μFのマイカコンデンサも使ってみました。
電解コンデンサは、低域の量感が改善されますが、、ピントが甘くなります。
マイカコンは、低域が締まりますが、更に量感が無くなりました。
各コンデンサによる音の変化を知っておくと、音の調整に役立ちます。



これで、やなさんI/Vアンプ220号の調整は、一旦終了です。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-28 02:06 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 08月 23日

やなさんI/Vアンプ その3

d0138082_250160.jpg

LUNDAHで、音出し。
Rコアトランスx2を使った安定化電源で鳴らすI/Vアンプの音と比較。

 驚くような差はありませんが、中高域の音の抜けは、I/Vアンプの方が良いと感じます。
LUNDAHは、インピダンスの調整によって、どこまで中高域が改善できるかな。
でも、あまり期待できないし

I/Vアンプはパーツの選別などで、もう少し音をよく出来る可能性が残されています。
スケルトン抵抗や良質コンデンサなど

一方、電源にも敏感なので、プラスマイナス電源をどのようにして作るか
今のRコアトランスを2個使うやり方は、重量とスペースの関係場、現実的では無い

でも、オーディオ遊びとしては、楽しめそうなので、当面やなさんI/Vアンプで行きます。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-23 03:07 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 08月 21日

やなさんI/Vアンプその2

d0138082_1249515.jpg

やなさんI/Vアンプその2
電源を秋月電気のTPS4700A7電源基盤を2枚使って安定化電源で鳴らしてています。
実は、前日同じ基板でSBDが小さいものを使って鳴らしたときは、低域が緩すぎてこりゃダメだと
思ったのですが、今回のSBDは5Aタイプなので、余裕があるのか、低域も緩くなることがない。

非安定化電源と比べると、少し腰が高くなるが、音のきれもありこちらの方が良いかもしれません。


低域の量感はLUNDAHLの方がいいかな。

まあ、どちらにしてもさほど差がない。
でも、気になるんだよな。

ということで、トランスによる音の違いをチェック。
d0138082_218621.jpg

SUZUKIさんから頂いた、Rコアトランス。
トロイダルトランスじは元気いっぱいで、いいのだが、Rコアトランスに替えると落ち着いた音に変化。
音の立ち上がりなどは、トロイダルトランスだが、ずっと聞くんだったら、Rコアトランスのほうがよさそうです。

d0138082_218149.jpg

うううう。薄型のEIコアトランスx2。
なんだか、不自然な音です。
通常のEIコアトランスとは形状が違うが、この事が影響しているのだろうか

d0138082_21154342.jpg

最後に、少し大きめのRコアトランスを2個使って音だししました。
これはいいです。
先のRコアの良さに、力強さが加わり、重心は低いけど重すぎないいい感じの低域です。
でも、大きなトランスを2台も使うのは、ちょっと抵抗があります。

トランスによって、I/Vアンプの違う側面が見えてきました。
こうなると、π型フィルターの電源も試してみたいな。

kazzフォノイコの電源がちょうど18Vの±電源。

時間があるときに試してみよう。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-21 13:01 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 08月 20日

やなさんI/Vアンプその1

 ES9018DMのI/V変換は、今までずっとLundahl LL1583XLを使ってきました。
私にとっては、もはや空気のような存在。
無くてはならないけれども、存在を感じないトランスです。

I/V変換方法で音が変わる。

今まで、DACを評価するため、I/V変換方法を固定してきました。
やなさんのES9018DMも完成し、一応、計画していたDACの試聴も終わったので
これからは、I/V変換方法を含め、トータルで音の評価をする必要があると感じています。 
 
d0138082_954592.jpg

これは、やなさんが作ったI/V変換アンプです。
いつもの事ですが、回路の事は、わからないので説明は出来ません。(^_^;)

d0138082_10315395.jpg

まずは、非安定化電源±17Vで、音出ししました。
トランスは2段 100V→60V(EIコア)→12V(トロイダル)→整流回路となっています。

Lundahlと、大きく変わらないと言うのが、第一印象です。
若干、低域が甘くなるかな、という程度。

以前、藤原さんのLH0032もどきI/Vアンプを試したことがあります。
その時は、Lundahlより劣ると感じました。

エージングが済んでいないことを考慮すると、十分可能性があると思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-20 10:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)