Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:薪ストーブ ( 54 ) タグの人気記事


2018年 05月 10日

チェーンソーの目立て

d0138082_22250369.jpg
STIHL 034 AV SUPER の切れ味が悪くなってきました。
目立てをしても、あまり改善されません。

こんな時は、ご近所のIK師匠に見てもらうのが、早道です。
師匠曰く、「刃が立っていない。これじゃ、切れないよ。」
師匠にお願いして、目立てをしてもらい、リセット。
早く、一人前に目立てが出来るようになりたいな。
チェーンソーを使うようになって17年。
一生、まともな目立てが出来ないかもしれません。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-05-10 22:55 | もろもろ | Comments(0)
2018年 05月 06日

2018薪割佳境

今日は薪割DAY。
d0138082_02261316.jpg
スプリッティングハンマーDT-2の柄の付け根部分のプレートの塗装と不要部分の切り取り、今日は本格的デビューの日です。
d0138082_02373966.jpg
今日の獲物は直径60㎝前後の松。
こんなに大きな松を割るのは初めてかも。
松の木は、固くはないけど、ねじれがあってなかなか割れません。粘りはあります。
d0138082_02531494.jpg
和斧の柄を補強していたプレートも外れてしまいました。
d0138082_03253582.jpg
今日は、家人は誰もいないので、一人ランチ。
メニュー庭のヤマウドとニラを摘んできて、天ぷらにして、そめんと妻が作ってくれたおにぎりを頂きました。
それと、やっぱりビール。
旨かった。

ランチ後に、スプリッティングハンマーと同じように和斧の柄にスチールプレートを巻き付けて補強しました。
d0138082_03145293.jpg
午後もひたすら、丸太と格闘しました。
d0138082_03431579.jpg
午後6時過ぎ
今日の作業は終了です。
腕が乳酸が溜まって痛みがあります。
握力がなくなっています。
d0138082_03431032.jpg
明日も頑張るぞ!


[PR]

by okamoto-arch | 2018-05-06 03:49 | 薪ストーブ | Comments(0)
2018年 05月 03日

ヘルコ スプリッティングハンマーDT-2

d0138082_01490905.jpg

すぐにばれるでしょうが、妻には内緒で、新しい斧を購入しました。(^_-)-☆
ヘルコ社のスプリッティングハンマーDT-2です。
本当は、同じヘルコ社のスプリッティングハンマーHR-4が欲しかったんだけど、ヘッドの形状が同じで、柄の長さも同じなのに、5000円以上高いので断念しました。
DT-2のヘッドの重さは3㎏。切れ味と破壊力を兼ね備えているようです。

d0138082_02144558.jpg
これで、3本の斧が揃いました。
真ん中の和斧のヘッドは、1.5㎏。軽くて切れ味が良いです。
右のマジックアックスは、全重量5.5㎏と超ヘビー級です。
重さで叩き割る感じです。
これまで17年間使ってきましたが、寄る年波に勝てず、少し軽い斧を購入した次第です。

d0138082_02253289.jpg
ちょっとカッコ悪いけど、柄の付け根を鉄板で保護してから、試し割をしました。

d0138082_02365597.jpg
想像していたよりも重かったけど、太い丸太も割ることができました。

新しい斧購入によって、モチベーションが上がりました。
GW中に、薪割を終わらせたいな(^_-)-☆



[PR]

by okamoto-arch | 2018-05-03 02:33 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 04月 23日

絶好調!!

薪割2018。
調子が出てきました。
d0138082_19135859.jpg
残りは、大木ばかり。
直径30㎝位の丸太ならば、ハスクバーナー137(36.3cc 1.6KW)で十分でしたが、直径が40㎝を超えると馬力がが足りません。
d0138082_23282430.jpg

こんな時は、18年前友人から譲ってもらったSTIHL 034 AV SUPERの出番です。
詳細はわかりませんが、61.5cc 4.6HPとなっています。
4.6HPということは、4.6x0.7457=3.4KWとなります。多分。間違っていたら、ご指摘ください。
当然、ハスクバーナーよりも重くて燃費が悪いけど、このサイズになると話は変わってくる。
d0138082_19140528.jpg
α7Ⅱ+Palmer1.4-50
直径45㎝ほどの丸太もあっという間に切ることができます。
年輪の数を数えてみると80本ほどでした。
この大木は、一昨年の台風で倒れました。2年ほど雨ざらしになっていましたが、檜だったのでほとんど腐りがありませんでした。
80年も生きて燃やされるのはかわいそうだな。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-04-23 23:25 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 04月 23日

お見事!

d0138082_09500736.jpg
d0138082_09500312.jpg
枝が3本ある直径40㎝強のクヌギ。
斧で4等分にすることができました。
薪割を経験したものでないとわからない、快感。
自画自賛 自己満足の世界です。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-04-23 09:53 | 薪ストーブ | Comments(0)
2018年 04月 20日

和斧

越前の和斧について調べました。
多分、この商品でしょう。
刃・柄の形状と刃の模様も似ています。
d0138082_22175850.jpg
d0138082_22175525.jpg
柄が痛んでいるので、今のうちに保護カバーをつけることにしました。
d0138082_10261330.jpg
25㎜x3㎜のFBを加工して、ステンレスタップビスで固定しました。
3㎜じゃ薄いけど、無いよりましか
ビス止めすることに多少抵抗がありましたが、これ以上柄を痛めるよりはよいかなと判断しました。
d0138082_10263825.jpg
d0138082_10263510.jpg
見た目は、OKだけど・・・・・・


この斧も欲しんだけど。
【ヘルコ社製 ヘリテイジ Heritage】スプリッティング ハンマー [ HR-4 ]
結構高いので、買い物リストに3年前に入れてあるけど、なかなか決心がつきません。

[PR]

by okamoto-arch | 2018-04-20 10:45 | もろもろ | Comments(0)
2018年 04月 19日

2018薪割

d0138082_18542127.jpg
薪割シーズンがやってきました。
昨年は、時間と気力不足で、薪割をお休みしました。
ことしは、頑張らなくっちゃね。

ことしの薪は、堅木が少ないので、あまり気合が入りませんが、そんなことは言ってられません。

私にとって、薪割はスポーツ いや 修行かな。

d0138082_18590625.jpg
今までは、左のマジックアックスを使っていました。
重さが5.5kgもあるので、2年ぶりに振り回すと結構つらいです。
右の斧は、頂き物の和斧です。
ヘッドはそこそこ長さがあって、使いやすいです。
越前の斧だそうです。
越前は打ち刃物で有名です。大事に使っていきたいと思います。

和斧を使った感じは、意外と太い木も割れます。
慣れれば、和斧で行けそうです。

d0138082_19144026.jpg
今日の作業は、休み休み2時間あまり
初日から無理をすると、体がもたないので
GW中に終わるといいんだけど。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-04-19 19:16 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 01月 22日

アンコールの一次燃焼吸気口故障

d0138082_09470160.jpg
困った。
自宅リビングに設置してある、薪ストーブの一次燃焼室の吸気口が開閉しなくなってしまいました。

原因は、吸気口を操作するレバーからつながっているステンレスワイヤー、レバーのところでワイヤーが外れてしまったようです。
修理するには、ストーブの内壁を分解しないいけません。ストーブ屋さんに尋ねると1週間ほど掛かるとか
この寒い時期に、そんなことは出来ません。
何とかしなくては

後ろにボックスを取り付けて、新たな吸気口を作ろうかと思いましたが、短時間ではつくれません。
もっと簡単な方法がないかな???


こんなモノを作ってみました。
ストーブの前から押したり引いたりした、ビスの頭で吸気口の開閉をします。
めちゃ、ローテックでださいけど、使えそうです。
d0138082_10352987.jpg
でも、引きすぎると、ビスが吸気口に引っ掛かり操作できなくなりました。
改善が必要です。



アルミFBで吸気口と接触する部分を作りました。
d0138082_10401266.jpg
さて、どんな感じかな?

d0138082_10522615.jpg
ばっちりです。これで、この冬を乗り越えられそうです。(*^_^*)

[PR]

by okamoto-arch | 2018-01-22 10:53 | 薪ストーブ | Comments(2)
2017年 12月 14日

薪ストーブアイテム

d0138082_09473384.jpg
こんなモノを作りました。
ステンレスワイヤメッシュ30x30x5を折曲げて、鉄筋を折曲げた足を取り付けました。

さて、何に使うでしょうか




じゃじゃ~ん
d0138082_09474613.jpg
薪ストーブの上に置いて、薪を乾燥させるのに使います。
今年は、現場から出る端材を薪として使っています。
乾燥材もありますが、未乾燥のモノもあります。
中には、雨に濡れたモノもあります。

でも、薪ストーブの上で2日間ほど乾燥させると、断面が小さい端材は乾燥して、良い薪になります。
そして、端材の水分は室内に供給され、その際に木の香りもでます。
今年は、杉が多いので、杉の香りが室内に漂い、リラクゼイション効果も期待できます。




d0138082_10064052.jpg
もう一つは、オーディオルームの薪ストーブの上に置きました。

いい音楽に、いい香り。
リラクゼーションの極みです。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-12-14 22:15 | 薪ストーブ | Comments(0)
2017年 12月 06日

今朝の鞁筒

d0138082_15294857.jpg
今年初めての積雪。
最近、荒れた天気が続いています。
寒さに負けないように、気合いを入れねば。






冬の楽しみといえば、薪ストーブ
今年の薪は、端材が中心だけど、いい感じで燃えています。
資源の少ない日本。堅木だけに拘るのもどうかと思う。
薪ストーブライフ18年。
始めて、アンコールの薪に針葉樹の端材を使います。
ストーブへのダメージ・燃焼時間や暖房能力など検証したいと思います。







[PR]

by okamoto-arch | 2017-12-06 15:54 | 薪ストーブ | Comments(0)