人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:薪ストーブ ( 59 ) タグの人気記事


2019年 05月 20日

STIHL 034AV SUPER メンテナンス

d0138082_09060010.jpg
 私が鞁筒に引っ越した時に、師匠のIKさんより、譲り受けたSTIHL 034AV SUPER
   型式:034AVEQW 振動加速度:15.7m/sec2 製造年月日:不明だが1990年前後 騒音レベル:98.6dB 排気量56.4m3 重量:5.5kg
   
師匠が自宅のログハウスを作るのに使ったもの。
譲り受けてから、早20年。
師匠が使っていた期間も含めると、25年は超えるビンテージ品。

最近は40㎝越えの大きな丸太以外は、軽量安価なHusqvarna 137を使用しているので、使用頻度は少ないけど、いざという時に無くてはならない大事なチェーンソーです。
 10年ほど前に、師匠にメンテナンスをしてもらったけど、それ以来簡単な掃除だけしかしていませんでした。
無性に、機械いじりをしたくなり自分で出来る範囲でメンテナンスをしました。


まずは、キャブレーター周りです。
d0138082_09212582.jpg

フィルターをガソリンに浸けて、コンプレッサーでも取れないこびりついた汚れを落とします。
d0138082_09222582.jpg
おお、結構汚れが、たまっていました。

次にスターター及びフライホイル廻りの清掃です。
d0138082_09262739.jpg
げげっ!
オイルまみれの木くずでいっぱいです。
杉板を細く割いて、木くずをかき出し、コンプレッサーで吹き飛ばします。
この作業を何度も繰り返して、問題ないだろうレベルまで、きれいにしました。
d0138082_09461397.jpg
d0138082_09461775.jpg
ぷラグのチェック。
d0138082_16371988.jpg
BOSCHですね。ということは、購入時のままかな
汚れが付着しています。使用頻度が少ないので、古い燃料を使うことが多くなるからかも。
気を付けないと。
もうそろそろ、交換したほうが無難です。

刃とバーをチェック。
バーにかえりがありましたので、やすりでかえりを取り除き、メンテナンス終了です。


年に一回、しっかりメンテナンスをしないといけませんね。
反省です!


by okamoto-arch | 2019-05-20 10:39 | 日常 | Comments(0)
2019年 04月 08日

和斧の柄 交換

 昨シーズンから使っている和斧の柄が、ミスヒットによって裂けるように折れてしまった。
d0138082_23251798.jpg
困ったな。年々体力が無くなっているので、今後さらい和斧を使うことが多くなるだろうし・・・・・

とりあえず、ググるとAMAZONで似通った柄を発見。
何でもあるんだな。
2000円少々か。
8800円で新品の和斧が購入できるので、微妙な価格ですが、ヘッドは全く問題なので、柄だけを購入することにしました。
d0138082_23290961.jpg
d0138082_23292166.jpg
長さは、ほぼ同じだけど、先端部分は一回り太いようです。
難儀だな (^-^;

まずは、和斧のヘッドを外さないとね。
d0138082_23320316.jpg
ドリルで柄の先端に穴をあけると、良い塩梅に緩み、ハンマーでヘッドを叩くと外れました。



d0138082_23333969.jpg
柄の先端部分を比較すると、かなり大きさが違います。どうやってヘッドの開口に合わせようか?
d0138082_23365763.jpg
まずは高さを合わせるために、先端部分を丸のこで7㎜ほど切断しました。

次に厚みを落とします。
d0138082_23385430.jpg
d0138082_23390479.jpg
両面に5㎜の鋸目をいれ、のみでざっくり削ります。
d0138082_23422168.jpg
そして、次に木工ディスクで削り、ヘッドの開口断面形状にざっくり合わせなます。
d0138082_23423768.jpg

少し先端が入った時点で、ランダムサンダーで、慎重に先端部分の形状を整えます。
d0138082_23472976.jpg
いい感じになってきました。この時点で柄の先端がヘッド開口に1cmほど入ることを確かめ、柄の先端にくさびを入れるための切込みを入れます。
d0138082_23500241.jpg
長手方向の切り目には木のくさびを入れ、短手方向には鉄のくさびを入れます。
先端に切込みを入れると、柄の先端の動きに余裕が出来るので、ヘッドを上にして柄のグリップ側で土間コンクリートをトントンと叩くと、すんなり入りました。
d0138082_23571623.jpg
木のくさびはケヤキの端材で作ります。
厚み5㎜の板の先端をランダムサンダーで細くとがらせます。

そして長手方向の切り目にケヤキのくさびを打ち込みます。
d0138082_23575597.jpg
3㎝ほど入ったかな。
d0138082_23592041.jpg
ヘッドから突き出た柄の先端をくさびごとカットします。

いい感じ(^_-)-☆。


d0138082_00001131.jpg
そして金属くさびを打ち込みます。

これで完璧とにんまり(^_-)-☆。


d0138082_00012729.jpg
あれれ、ひびが。金属くさびを入れるための切込みが短かったようです。

さほど影響は、ないと思うけど。
タイトボンドを注入します。

d0138082_00024104.jpg
最後に柄を保護する鉄板を取り付けて、作業終了です。102.png102.png102.png
試し割りをしましたが、問題なさそうです。

柄の形状が変わると、慣れるまでに少々時間が必要ですが、残りの薪をGW前に割り終えるよう頑張ります。



by okamoto-arch | 2019-04-08 00:06 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 02月 06日

薪割 2019 Spring

d0138082_09450541.jpg
今年の薪割がスタートしました。今年の原木は昨年の秋に集めたもの。
既に45㎝ほどに切られているので、3月中に作業を終えたいな。

近隣の林道には、雑木の倒木が何本かありました。
雑木とは、失礼なんだけど、葉っぱも無いので樹種が特定できません。
堅木ではないけど、そのまま放置していれば腐るだけ。
森の為にも、天気の良い日にもらってきます。



by okamoto-arch | 2019-02-06 09:53 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 10月 29日

2018アンコールの試運転


d0138082_07442456.jpg
 煙突掃除が終わり、寒さが厳しくなる前に燃焼テストを兼ねて、アンコールに火を入れました。
ドラフトも十分です。
煙の漏れもありません。

さあ、今年はどんな冬になるのかな。
ちょっぴりだけ不安ですが、めちゃ楽しみです。



少しだけ、炎を楽しんでください。


by okamoto-arch | 2018-10-29 07:49 | 薪ストーブ | Comments(2)
2018年 10月 28日

煙突掃除2018

 10月下旬になると、朝晩冷え込むことが度々。
そろそろ、薪ストーブの出番です。
シーズン開幕前には、必ず煙突掃除を行います。
薪ストーブライフの基本ですからね。


d0138082_00402486.jpg
 我が家には、3台の薪ストーブがあります。
左が自宅リビング ストーブはアンコール
右が仕事場の 専門学校で作ってもらったアイアンストーブ
もう一本は、写真はありませんが、オーディオルームにも専門学校で作ってもらったアイアンストーブがあります。

自宅リビングと仕事場のストーブは、ストーブの煙道口元の自在管を外して、レジ袋をテープでしっかり止めます。


d0138082_21443118.jpg
そして、屋根に上ってワイヤーブラシを煙突の先端からいれて、上げ下げしながら煙道に付いているすすを落とします。




まずは、オーディオルームの煙突掃除です。
d0138082_23235740.jpg
毎年のことですが、チムニートップにも、ほとんどすすの付着がありません。
煙突の中も、ほとんどすすがありません。
一応、ブラッシングしました。
すすは、ストーブ内に落ちます。



次は、自宅リビングの煙突です。
d0138082_23495262.jpg
例年、煙突トップには、すすがこびりついているのですが、今年はほとんどありません。
煙突トップを取るとすすが沢山見えます。
多分、すすは、煙突のトップ付近だけのはず。

後程、レジ袋に溜まったすすの量を確かめましょう。



最後に、仕事場の煙突です。
d0138082_00040315.jpg
こちらも煙突トップのすすが例年より少ないです。
煙突から、10㎝ほど下がったところから、うっすらとすすが付いています。



仕事場と自宅リビングのストーブのすすの量を比べます。
d0138082_00170331.jpg
自宅リビングの煙突に付着していたすすは、左の小さい方です。握りこぶしほどの大きさです。
仕事場のすすは、右の大きい方です。大きなどんぶりほどの大きさです。

d0138082_00231010.jpg
すすの重さをはかります。

自宅リビングのすすは54gです。レジ袋の重量を差し引くと46gです。
仕事場の方は373gです。厚手のレジ袋の重量を引くと357gです。

すすの量に、かなり差があります。

使用時間は自宅リビングの方が圧倒的に長いです。
自宅リビングは24時間連続運転しています。
仕事場は、日によって違いますが、一日12時間ほどでしょうか

自宅リビングの煙突はすべて2重煙突。アンコールは2次燃焼方式の高性能薪ストーブ。
仕事場は、室内シングル煙突。ストーブは2次燃焼機構の無いシンプルなストーブ。

こんなところで差が出るんですね。
でも、仕事場のストーブも暖かいし、高温で燃やすことが出来るので、とても重宝しています。




天気もいいし、屋根の上からの見晴らしもいいし 気持ちいい!!
d0138082_00343287.jpg
薪の準備も整いました。もう、いつからでも使えます。
今年は、どんな冬になるのでしょうか?
楽しみです。










by okamoto-arch | 2018-10-28 00:38 | 薪ストーブ | Comments(0)
2018年 05月 10日

チェーンソーの目立て

d0138082_22250369.jpg
STIHL 034 AV SUPER の切れ味が悪くなってきました。
目立てをしても、あまり改善されません。

こんな時は、ご近所のIK師匠に見てもらうのが、早道です。
師匠曰く、「刃が立っていない。これじゃ、切れないよ。」
師匠にお願いして、目立てをしてもらい、リセット。
早く、一人前に目立てが出来るようになりたいな。
チェーンソーを使うようになって17年。
一生、まともな目立てが出来ないかもしれません。



by okamoto-arch | 2018-05-10 22:55 | もろもろ | Comments(0)
2018年 05月 06日

2018薪割佳境

今日は薪割DAY。
d0138082_02261316.jpg
スプリッティングハンマーDT-2の柄の付け根部分のプレートの塗装と不要部分の切り取り、今日は本格的デビューの日です。
d0138082_02373966.jpg
今日の獲物は直径60㎝前後の松。
こんなに大きな松を割るのは初めてかも。
松の木は、固くはないけど、ねじれがあってなかなか割れません。粘りはあります。
d0138082_02531494.jpg
和斧の柄を補強していたプレートも外れてしまいました。
d0138082_03253582.jpg
今日は、家人は誰もいないので、一人ランチ。
メニュー庭のヤマウドとニラを摘んできて、天ぷらにして、そめんと妻が作ってくれたおにぎりを頂きました。
それと、やっぱりビール。
旨かった。

ランチ後に、スプリッティングハンマーと同じように和斧の柄にスチールプレートを巻き付けて補強しました。
d0138082_03145293.jpg
午後もひたすら、丸太と格闘しました。
d0138082_03431579.jpg
午後6時過ぎ
今日の作業は終了です。
腕が乳酸が溜まって痛みがあります。
握力がなくなっています。
d0138082_03431032.jpg
明日も頑張るぞ!



by okamoto-arch | 2018-05-06 03:49 | 薪ストーブ | Comments(0)
2018年 05月 03日

ヘルコ スプリッティングハンマーDT-2

d0138082_01490905.jpg

すぐにばれるでしょうが、妻には内緒で、新しい斧を購入しました。(^_-)-☆
ヘルコ社のスプリッティングハンマーDT-2です。
本当は、同じヘルコ社のスプリッティングハンマーHR-4が欲しかったんだけど、ヘッドの形状が同じで、柄の長さも同じなのに、5000円以上高いので断念しました。
DT-2のヘッドの重さは3㎏。切れ味と破壊力を兼ね備えているようです。

d0138082_02144558.jpg
これで、3本の斧が揃いました。
真ん中の和斧のヘッドは、1.5㎏。軽くて切れ味が良いです。
右のマジックアックスは、全重量5.5㎏と超ヘビー級です。
重さで叩き割る感じです。
これまで17年間使ってきましたが、寄る年波に勝てず、少し軽い斧を購入した次第です。

d0138082_02253289.jpg
ちょっとカッコ悪いけど、柄の付け根を鉄板で保護してから、試し割をしました。

d0138082_02365597.jpg
想像していたよりも重かったけど、太い丸太も割ることができました。

新しい斧購入によって、モチベーションが上がりました。
GW中に、薪割を終わらせたいな(^_-)-☆




by okamoto-arch | 2018-05-03 02:33 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 04月 23日

絶好調!!

薪割2018。
調子が出てきました。
d0138082_19135859.jpg
残りは、大木ばかり。
直径30㎝位の丸太ならば、ハスクバーナー137(36.3cc 1.6KW)で十分でしたが、直径が40㎝を超えると馬力がが足りません。
d0138082_23282430.jpg

こんな時は、18年前友人から譲ってもらったSTIHL 034 AV SUPERの出番です。
詳細はわかりませんが、61.5cc 4.6HPとなっています。
4.6HPということは、4.6x0.7457=3.4KWとなります。多分。間違っていたら、ご指摘ください。
当然、ハスクバーナーよりも重くて燃費が悪いけど、このサイズになると話は変わってくる。
d0138082_19140528.jpg
α7Ⅱ+Palmer1.4-50
直径45㎝ほどの丸太もあっという間に切ることができます。
年輪の数を数えてみると80本ほどでした。
この大木は、一昨年の台風で倒れました。2年ほど雨ざらしになっていましたが、檜だったのでほとんど腐りがありませんでした。
80年も生きて燃やされるのはかわいそうだな。



by okamoto-arch | 2018-04-23 23:25 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 04月 23日

お見事!

d0138082_09500736.jpg
d0138082_09500312.jpg
枝が3本ある直径40㎝強のクヌギ。
斧で4等分にすることができました。
薪割を経験したものでないとわからない、快感。
自画自賛 自己満足の世界です。



by okamoto-arch | 2018-04-23 09:53 | 薪ストーブ | Comments(0)