人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人 ( 304 ) タグの人気記事


2019年 06月 19日

やなさんクロック V.S ルビジウムクロック

d0138082_15330167.jpg
じゃじゃ~ん
とんびさんのルビジウムクロック発生器がケーシングされ、再登場です。
以前とは違って、高級感があります。すごい!



ではでは、やなさんクロックと比較試聴をしましょう。
d0138082_15143160.jpg
まずは、ルビジウムクロックの電源を投入。ほどなくして、スタンバイのランプが消えました。

やなさんクロックに替え、クロックジェネレーター基板と接続します。

やなさんクロックより迫力があるけど、少しうるさい感じです。
電源投入時だからしょうがない。けど、以前の試聴時より電源投入直後の音は良くなっています。
電源部改良の効果でしょうか。期待が持てます。
既に、私の中華クロックより良いです。
中華クロックの出る幕は無いようです。145.png

本格的な試聴は明日以降にしよう。


翌早朝、音鬼座を聴きました。
両者の低域の印象が違います。
多分やなさんクロックの方は低域が伸びているように思います。
しかし、迫力はルビジウムの方があります。
中低域が厚いようです。

翌日、夜
ルビジウムクロックはさらに良くなりました。
曲によってはやなさんクロックより好みの音が出るようになってきました。

翌々日、夜
本格的な試聴を行いました。

音源は音鬼座・Hilary Hahn Plays Bach・CANTATE DOMINO・Orenda・Side By Side2などです。
やなさんクロックは、帯域が広く一つ一つの音が明確です。
沈むような低域で、強調感がなく自然な音です。
一方、ルビジウムクロックは、上下とも少し帯域は狭くなるものの、音が濃く熱いです。
音鬼座を再生すると、部屋が悲鳴を上げます。
バイオリンを再生するとやなさんクロックの方が軽やかで伸びもあると感じます。

出来ることなら、曲によってクロックを使い分けたいな。

私の耳と装置では、両者の優劣をつけることは出来ません。どちらも素晴らしい。
好みの問題です。

クロックが良くなると、どんどんアナログに近づくような気がします。



良いクロックとは
クロックの変動が小さくて、ノイズが少ないことでしょう。
OCXOのダブルオーブンとルビジウムでは、クロックの変動はルビジウムが有利です。
しかし、ノイズに関しては、回路や電源の影響も大きいため、必ずしもルビジウムが良いとは限りません。
やなさんクロックは、限られた予算の中でOCXOを選別し電源部にこだわり、クロック自体の性能差を埋めるクロック発生器を誕生させました。
現在、安定化電源を使ってやなさんクロックに電気を供給していますが、もう少し良質な電気にすれば、さらに良くなる可能性があります。
良質な4V/1.2A電源を作りたいな。



by okamoto-arch | 2019-06-19 21:51 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 06月 16日

やなさんクロック 2日目

d0138082_15152615.jpg
やなさんクロック2日目。
d0138082_15153535.jpg
電源は、4V 0.3Aほどで安定しています。
クロック発生器は、常時電源が原則なので消費電力が1.2Wというのは、お財布にも地球にも優しいですね。(^_-)-☆

さて肝心の音はと言うと
昨日はとても滑らかに感じましたが、今日は昨日と少し違う印象です。
滑らかさと同時に、音に芯があり、音数も多く帯域がより広くなったように感じます。

もう、私の中華クロックと比較する必要がありません。103.png
私の中華クロックでは、やなさんクロックの実力を確認するには役不足です。

トンビさんのルビジウムクロックをお借りして、比較試聴したいと思います。


by okamoto-arch | 2019-06-16 23:27 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 06月 15日

やなさんクロック発生器

d0138082_09483587.jpg
やなさんがクロック発生器を作ったので、試聴のため送ってもらいました。
クロックは、ダブルオーブンタイプです。
電源は4V1.2Aです。
安定すれば、0.3A程です。
電源は、手持ちの安定化電源を使用。

d0138082_09491042.jpg
早速音出しです。
電源を入れたばかりだけど、中華クロック発生器より滑らかです。
全体に色んな音が明確に聞こえます。
低域は厚くて芯が有ります。

明日もう一度じっくり聴きます。

こりゃ、いい感じです。




by okamoto-arch | 2019-06-15 15:10 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 06月 09日

金沢二水高校卓球部OB(31期~32期)Off会

d0138082_10032183.jpg
旧朝日小学校の体育館で、二水高校卓球部OB6名で卓球をしました。

前にも31期と32期が集まって卓球大会と同窓会としましたが、今回は8年ぶりです。
フットワークは、昔の面影が全く感じられませんでしたが105.png、フォームはほとんど変わっていませんでした。101.png
真剣にプレイしているのに、なぜか笑いが絶えませんでした。

本当に楽しかったな。

その後ブドウの木へ移動して、食事会です。
d0138082_10385495.jpg


卓球の後の食事は美味しい!
d0138082_10390757.jpg
d0138082_10391208.jpg
d0138082_14115659.jpg
食べすぎ笑いすぎしゃべりすぎで、あっという間に時間が過ぎていきました。

d0138082_10371076.jpg
急な誘いにかかわらず、集まってくれた友人たちに感謝!!



by okamoto-arch | 2019-06-09 10:42 | もろもろ | Comments(0)
2019年 05月 06日

Rubidium Reference Clock v.s OCXO 中華 Clock

 やなさんのクロックジェネレーター基板もシステムに加わり、次なるアップデイトはクロック発生器。
現在、私が使っているのは、OCXOクロックを使った中華製クロック発生器です。
比較対象するものが無いので、何の疑いもなく使っています。
d0138082_20393006.jpg

 友人のトンビさんもクロックジェネレーター基板を使うために、ルビジウムのクロック発生器を購入しました。
電源を入れた当初は、中華製クロック発生器とさほど差が無く、ほっとしていました。
でも、ルビジウムクロック発生器が本領を発揮するのは3日後。

d0138082_20451933.jpg
比較試聴開始
三日前はあまり差が無かったのに、ルビジウムが覚醒したようで、中華クロック発生器より良いです。(;^_^A
隣の芝が良く見えているだけなのか、ルビジウムという名に惑わされていないか・・・・

午前に一度、午後に再度確認。
本当にプラシーボ効果でないのか

やっぱり、ルビジウムクロックの方が良いようです。103.png103.png103.png
音の輪郭が明瞭で力強い。
ボリュームが上がったように聞こえます。



むむむむ
音が良いクロック発生器とは・・・・・何ぞや?





by okamoto-arch | 2019-05-06 20:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 05月 03日

やなさんのクロックジェネレーター基板 RETURN

d0138082_22484394.jpg
やなさんクロックジェネレーター基板が、戻ってきました。
やっぱり必要です。

by okamoto-arch | 2019-05-03 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 05月 02日

Rubidium Reference Clock

d0138082_10062359.jpg










違いが判るだろうか?


by okamoto-arch | 2019-05-02 10:09 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2019年 04月 22日

やなさんクロックジェネレーター基盤&クロック基板ロス

d0138082_05583736.jpg
やなさんのクロックジェネレーター基板とクロック基板の試聴が終わりました。
良質なクロックを失ったES9038DM2_Ver2.0から発せられる音を聞く。

なんて言ったらいいんだろうか。
なんだか、平面的に聞こえてしまいます。
少人数のコンボ演奏などは、影響が少ないけど・・・・

Queenの「We Will Rock You」を聞くと、出だしの足踏み、人数が半分に減ってしまう。103.png
前はこれでも、結構な人数だなと感動していたんだけど。




by okamoto-arch | 2019-04-22 06:25 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 04月 19日

やなさんのクロックジェネレーター基盤 その3

d0138082_11075335.jpg
少し前に、やなさんクロックジェネレーター基板の配布版が届いておりました。
どこが違うのかな?
d0138082_11080629.jpg
左が、今まで試聴してきたもので、右側が今回送られてきた配布版です。
クロックIN廻りの抵抗が一つ無くなっています。
その他、パーツのレイアウトが整理され、整然としたレイアウトに進化していると感じました。
見た目も、音のうちです。



事前に、やなさんからは、ほとんど変わらないだろうと聞かされていましたが、試聴します。

エージングも何もしていませんが、私の唯一の気がかりだった高域の伸びが改善され、よりナチュラルな響きになりました。
実に良い改版だと思います。

良質なクロックは、デジタル再生に置いてとても重要です。
DAI基板やDAC基板をお持ちの方、必見です。







by okamoto-arch | 2019-04-19 03:13 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 04月 02日

やなさんのクロックジェネレーター基盤 その2

d0138082_23095266.jpg
注文から2週間。ようやくクロック発生器が、中国から到着。
それにしても、ちっちゃい箱。(17x12x9cm)
d0138082_23095754.jpg
AMAZONの梱包に比べると、簡素な梱包材。
でも、全く傷はありませんでした。(^_-)-☆
少し、日本の通販は梱包が過剰なのかも。
d0138082_23103124.jpg
このクロック発生器は、10MHzの正弦波2系統と方形波1系が出力できます。
周波数の微調整が出来るようですが、私は周波数カウンターを持っていないので調整できません145.png
10MHzのクロック発信機が内蔵されています。
d0138082_00422788.jpg
方形波クロックをDAI3の外部クロック端子と接続してから、付属のACアダプターで通電。
じっと待つこと10分。
聞いてみます。

おっと、この時点で内蔵クロックより、私好み。(^_-)-☆
しかし、OCXOが、本来の性能を発揮するまでに数日かかります。
聞き比べしたい気持ちを押えて、動作確認だけして本日は終了です。
  
翌日、うきうき気分でクロック基盤と聞き比べをしました。

まずは、クロック基盤からです。
いい音だ。低域が弾むし、音像も明瞭です。実に耳障りがよい。
一言でいうと、帯域の広いALTECサウンドかな。  
  
次にクロックジェネレーター基盤です。
低域の帯域がさらに広がりますが、我が家のシステム環境では低域が少し重く感じます。
しかし、中高域はしっとり美しくい。

甲乙つけがたいが、クロック基盤の方が頭一つリードかな。

クロック発生器の電源がACアダプターなのが気になります。
良質な電源を供給できればな。
d0138082_23562881.jpg
ということで、手持ちの古い安定化電源に切り替えました。
通電当初は1.2Aほど流れますが、一日経つと0.3Aで安定していました。  
  
さて、再試聴です。
ACアダプターに比べると、なんとなく良いかな。
プラシーボ効果かもしれませんが・・・・・。

クロックを方形波から正弦波に変更します。
d0138082_00294072.jpg
おっと。正弦波の方がいいんじゃないの。
低域が改善され、中高域に色気が出てきました。
クロック基盤に無い、良さがあります。
私の耳では、優劣をつけることが出来ません。
好みの問題かな!
クロック発生器の内蔵OCXOは、正弦波タイプなのかな。
方形波は正弦波から作り出しているのでしょうが、その波形が崩れているのでしょう。

もう少し、電源にこだわれば、さらに良いのでしょうが・・・・
最大1.5A程度流せる良質な12V電源が必要です。
バッテリーなどが、理想なんだろうけど・・・・
そこまでやるか

常時通電状態での運用を考えると、消費電力が少ない方が良いけれど
クロック基盤は3.3Vで通電時0.3A程度 消費電力は1Wです。一日の電気代は、(1Wx24h/1000k)x24円=0.579円 一年で212円
クロック発生器は12Vで0.3Aなので、消費電力は3.6Wです。一日の電気代は、(3.6Wx24h/1000k)x24円=2.0736円 一年で759円
クロックジェネレーター基盤の消費電力は測定していませんが、やなさん情報では、3.3Vが0.1A 4Vが0.5Aということなので、
一年間の電気代は(0.33W+2W)x24h/1000 x24円x365日=490円
クロックジェネレーター全体を常時通電にすると年間1249円です。
お財布的には、微妙な差です。
クロックジェネレーター基盤の方が、良い音であれば、さほど問題でないけど、個人的にはどっこいどっこい。
クロックジェネレーター基盤を運用する場合は、クロック発生器は常時通電とし、クロックジェネレーター基盤はDAC使用時のみの通電とすれば
クロック基盤とは500円ほどの差となります。
これ位ならば、問題ないけど。
  
  
  
  
  
どちらにせよ、真空管アンプに比べれば微々たるものなんだけど(^_-)-☆
 
 
 
   
 
追伸 
クロックジェネレーター基盤のクロックを使った音が徐々に良くなっているような気がします。
理由はわかりませんが
多分、私の耳がエージングされているだけなんでしょうね・・・・



by okamoto-arch | 2019-04-02 01:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)