人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:メダカ ( 81 ) タグの人気記事


2019年 06月 25日

今日の鞁筒

d0138082_16051873.jpg

今日は気持ちいい。
少し、気温が上がったけど湿気も少なくて快適です。
木々の葉も濃くなってきて、夏らしくなってきました。
葉の影が美しく感じられるようになってきました。
d0138082_16083921.jpg
d0138082_16085866.jpg
d0138082_16094897.jpg

メダカ達もとても元気です。
d0138082_16085589.jpg
d0138082_16085208.jpg

ラメ入りメダカも元気
d0138082_16084597.jpg
これは、ラメ入りメダカの赤ちゃん
d0138082_16084980.jpg
他に、ヒメダカや黒メダカそれに雑種の赤ちゃんもたくさん育っています。
秋ごろには、嫁入り先を探さなくてはなりません。
以上α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100




息子2の帰りが遅いので、カメラを片手に散歩がてら様子見に
レンズをVario-Sonnar4/80-200に付け替えて

d0138082_18011211.jpg
崖下の家。車や自転車では見ることが出来まいけど、崖下を覗くと見える景色。
何ともシュールだ。
d0138082_18075384.jpg
崖の中腹で咲いているヤマアジサイ。たぶん!
d0138082_18075653.jpg
こちらも多分ヤマアジサイ。

d0138082_18075842.jpg
α7Ⅱ+Vario-Sonnar4/80-200
しばらくすると、息子と友人が自転車で坂道を登ってきました。
息子はさっさと行ってしっまったので、友人の後ろ姿をカメラに収めて帰宅。

Vario-Sonnar4/80-200は、人気が無いようだけど、いい味出してくれます。
私の腕前に丁度あってます。



by okamoto-arch | 2019-06-25 16:24 | 鞁筒の自然 | Comments(2)
2019年 06月 24日

スイレン開花 六月(むつき)

d0138082_12300930.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100
六番目のスイレンが咲きました。
未成熟な三日月形の蕾だったので、もうしばらく開花しないと思ってたのに2つか前に開花しました。

しかし、花びらが全開になりません。
撮影のタイミングが取れず、ついに三日目を迎えてしまった。

この花の名前は
女の子の名前がいいな。
六月(むつき)でどうだろうか
六月いいね。

季節感があっていい感じ。

d0138082_05581738.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100








by okamoto-arch | 2019-06-24 23:01 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 18日

グリーンウォーター

d0138082_05341213.jpg
ヒメダカの産卵育成容器が、グリーンウォーター化しています。
グリーンウォーター化は植物プランクトンの増殖が原因です。
メダカが見ずらいけど、植物プランクトンはメダカのエサにもなるので、メダカに悪いことではないのですが
糞の吸い上げが出来ないので、気分的に良くありません。
また、天敵が住み着いていてもわかりません。
また、あまり植物プランクトンが増えすぎると酸欠が原因でメダカが死んでしまうことがあります。
なので、私は底が見えなくなるまえにグリーンウォーター水を半分入れ替えます。

グリーンウォーターが欲しい人、連絡ください。差し上げます。(^_-)-☆




d0138082_05381417.jpg
こちらは黒メダカの産卵容器です。
d0138082_05394696.jpg
こちらは少し大きくなった黒メダカの育成容器です。

透明な水は気持ちいいし、容器の掃除もしやすい。
掃除と言っても、スポイドでメダカとタニシの糞を取り除くだけなんですが。
この作業は雑にやるとメダカをスポイドに吸い込んでしまうので、少し緊張感があって気分転換に丁度良いです。(^_-)-☆

d0138082_05432418.jpg
スポイドはホームセンターで購入した安物ですが、これで十分です。
赤ちゃんメダカをすくう時は、スプーンを使って水ごとすくい赤ちゃんメダカの負担を減らします。
まとめてメダカをすくう場合は、ペットボトルの上半分を切り取ったコップを使います。
カラスや陶器の容器でもよいのですが、ペットボトルは形状を変えられるので、より繊細に使うことが出来ます。

タモを使うのは、15mm以上に成長してからです。

これ以上採卵しても、来年嫁に出すところを探すのが大変なので採卵作業は終わりにしようと思います。
ちょっとかわいそうだけど。


by okamoto-arch | 2019-06-18 06:01 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 12日

スイレン五郎 二日目

五郎の隣で傘を開いていた葉っぱを取り除いてやりました。
日差しをいっぱい受けて、輝いています。
葉っぱにはちょいと可哀そうなことをしましたが、許してもらえるでしょう。
d0138082_15571890.jpg
d0138082_15571617.jpg
d0138082_15571328.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100
どの写真がいいだろうか?



追伸
五郎 4日目
d0138082_06025215.jpg
五郎頑張ったな。

我が家では、ほとんどが3日3回しか開花しません。
一度だけ5日花を咲かせたスイレンがいました。

長く花を咲かせる方法が無いのだろうか。
ググっても、通常2日から3日と書かれています。
4日は長寿なんだね。


by okamoto-arch | 2019-06-12 16:02 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 11日

スイレン開花 五郎

d0138082_11172769.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100
葉っぱの下で、五郎が開花していました。
シャイな奴です。
わかるな。その気持ち
d0138082_11172306.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100


ちょっと小ぶりだけど、なかなかハンサムです。



d0138082_11192687.jpg
α7Ⅱ+Makro-Planar 2.8/100
昨日、ダイソで直径30㎝ほどのボールを4つ購入しました。
今年はラメ入りメダカが増えたため、育成容器が足りなくなりました。
耐久性がちょっと心配ですが、あまりお日様に当てなければ、1年くらいは使えるでしょう。




by okamoto-arch | 2019-06-11 11:44 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 06日

アナカリス開花

d0138082_08590082.jpg
Makro-Planar 2.8/100
朝日を浴びて、輝いている三郎。美しい!
急いでカメラを取りにもどり、Makro-Planar 2.8/100にレンズを変えシャッターを押しました。
もっと腕が良かったらな。花びらの美しいグラデーションが捕え切れていません。(^-^;

次回の課題ですね。

ふと、隣のメダカ鉢に目をやると、四葉のそばで、ひっそりとアナカリスが、淡い花を咲かせていました。
d0138082_09042175.jpg
Palmar1.4/50
小さくて薄くてもろい花びらが大好きです。



d0138082_09064047.jpg
Makro-Planar 2.8/100
ううう ピントが合っていない。(^-^;
三脚を立てないと私の腕では難しいです。


by okamoto-arch | 2019-06-06 09:10 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 04日

スイレン 開花 三郎・四葉 

今朝は、新たに二つのスイレンが開花しました。
d0138082_10135455.jpg
タッチの差でこちらが三郎です。品があってよい感じです。
d0138082_10142570.jpg
こっちは四葉(よつは)です。三郎より少し小粒で、花びらの先が丸いです。
可愛い女性をイメージして命名しました。

三郎の開花の様子を、iPhoneのタイムラプスで撮影しました。
d0138082_10510227.jpg



二花も咲いています。
同時に3つも咲くのは初めてだと思います。
d0138082_11080157.jpg


by okamoto-arch | 2019-06-04 11:08 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 03日

スイレン 二花 開花

d0138082_08360924.jpg
今年2番目のスイレンが咲きました。
一郎と同じスイレン鉢です。
細身の蕾だったので、女性をイメージした名前にしたいなといろいろ考えました。
二花(ニカ)と命名しました。二華もありだなと思ったけど、ひっそりとしたイメージなので、二花に決定。


d0138082_11165347.jpg
直美は気づいているのかな。





となると、三郎はこいつか
d0138082_08471654.jpg
  




と思いきや
d0138082_08480671.jpg
思わぬ伏兵が現れました。

しばらくは、スイレンが楽しめそうです。


by okamoto-arch | 2019-06-03 08:50 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 06月 02日

大メダカ

d0138082_05293645.jpg
メダカは通常3.5㎝ほどですが、我が家にはそれを超える大きなヒメダカが、何匹かいます。
その中でも、縦横ともに大きい女王メダカ 直美(渡辺直美さんから拝借)の大きさを測ってみました。
なんと、5.3㎝ほど。

知らない人は金魚だと思う。
もう2年以上いるのでかなりのご高齢。
今でも、二日から三日の間隔で産卵しているので、過抱卵病ではありません。

でも、世の中にはもっと大きなメダカがいるようです。
なんと5.8㎝ですって。すごいな!

5.8㎝を超え、6㎝のメダカを育てたいな。

直美は人懐っこく、私が行くと口をパクパクさせて寄ってきます。
単なる食いしん坊かも。



by okamoto-arch | 2019-06-02 05:42 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 05月 29日

ゲンゴロウ

d0138082_21154718.jpg
先日、メダカ鉢の一つでゲンゴロウが泳ぎ回っていました。
ゲンゴロウはメダカの天敵。
急いで捕獲。
ゲンゴロウでググると、どうも小型のヒメゲンゴロウのようだ。
昨年も捕獲したように思います。

我が家は山の頂上付近で川も池もありません。
どこから来るのだろうか

どうも、ゲンゴロウは飛べるようです。
でも、わざわざ飛んできて、我が家のメダカ鉢に・・・・
ゴルフのホールインワンより難しそう(^_-)-☆


d0138082_21155265.jpg
我が家から車で3分走ると、小池という町があります。
小池と書いて(おいけ)と呼びます。その小池の池は大池です。(^_-)-☆
もうしばらくすると、蓮の花がいっぱい咲きます。

ここに、ヒメゲンゴロウを放ちます。
d0138082_21155684.jpg
生き抜いて、命を繋げよ!


by okamoto-arch | 2019-05-29 21:34 | 鞁筒の自然 | Comments(0)