Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:システム紹介 ( 67 ) タグの人気記事


2018年 07月 21日

バチ子

d0138082_06150605.jpg
改造中のバチ子。
切開されて、バチ子でなくなってしまった。

なんと呼べばいいんだ。
む~む~

出てこない。
今まで通りバチ子と呼ぶことにしよう。

iPhone7で写したワンショット。
なんとも素敵な光の入り方。
お気に入りの一枚です。
[PR]

by okamoto-arch | 2018-07-21 06:20 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 07月 20日

バチ子改造 その2(ダクトチューニング)

ダクトチューニングを行いました。
d0138082_18240045.jpg
まずは、100Φダクト長さ板厚のみ
ダクトからの音が目立ち過ぎます。また、少しブーミーな帯域があります。


d0138082_11333746.jpg
d0138082_11304977.jpg
次に100Φ200mmのダクトで聞いてみます。
作業の効率化のため、ダクトは外付けです。
大きく変わりません。



d0138082_11345769.jpg
d0138082_11350796.jpg
90度曲がりと200mmダクトを追加
笑えるでしょう!
kazzさんが、あっちゃこっちゃダクトと命名してくれました。
ダクト長さは400mm以上となります。
ブーミーさは、幾分解消され、低域の特性もよくなったように思いますが、解像度が良くありません。
バスレフポートをいろんな方向に向けるメリットとディメリットをお勉強したいと思います。

また、長いダクトを箱の中に入れた場合、ダクト分の内容量が減るので、現実的ではありません。

ここで、Linfof師匠にお電話でダクトチューニングのイロハを伺いました。ありがとうございました。
吸音方法・ダクト開口及び長さ・エンクロージャーの補強など今後に役立てたいと思います。



d0138082_11411412.jpg
Linfof師匠の教えを実行する前に、オリジナルダクト75Φを長さ100mmに切断して使いました。
とりあえず、ボルト止めせずに、はめ込んだだけです。
おっと
かなり良いですね。
ブーミーさも、ほぼ解消。
腰が座り音の骨格がしっかりしてきました。
低域も十分出ています。

15インチバーチカルツインの時は、75Φだと小さすぎる印象だったので、一番最後に試してみました。




が、半日経って改めて聞くとよくない。

前回と何が違うのか。
ダクトをねじ止めしただけなんだけど

とりあえず、ねじを外してみよう。
d0138082_21190557.jpg
前回ほどじゃないけど、良くなります。
ダクトをしっかり固定するのが原則なんだけど
ダクトが動くと共鳴しずらいのではないかな・・・
とりあえず、結果オーライということで、しばらくダクトははめ込むだけで使てみます。

低域を出さない方向で、調整してみましょう。
d0138082_21190030.jpg
スピーカーケーブルをWE16GAから、ベルデンの18GAへ
低域がすっきりして抜けが良くなったように思います。

ならば、パワーアンプもLM3886 6パラをkazzアンプ6336App号へ交換
d0138082_21190896.jpg
さらに、全体のバランスが良くなりました。

聞くたびに、低域の音が違う。ウーハーをあまり使っていなかったのが原因かな?
ここのところ、ずっとGRUNDIGばかり聞いていたかなら。

しばらく、鳴らしこんでから、細かなセッティング調整を進めることにします。

次の作業は、エンクロージャー内の吸音です。
フェルトにしようか、スポンジにしようか?
さて、どっちがいいかな




[PR]

by okamoto-arch | 2018-07-20 02:05 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 07月 17日

バチ子改造 その1

2010年3月に12インチバーチカルツインとして購入したバチ子
d0138082_21560631.jpg

当初はJBL E120で鳴らしていましたが、2011年12月に15インチバーチカルツインに改造して使い続けてきました。
d0138082_17050441.jpg
JBLのD130や130Aや2220を鳴らすには、150Lの容量でも問題なく使えましたが、Gauss4583ADWとなると箱が小さすぎるような気がします。
せめて180L出来れば200Lは欲しいところです。

簡単に箱の容量を大きくする方法は、上下二つの箱を一つにして、300Lの箱とすることです。
早速作業開始です。
d0138082_17074927.jpg
補強材と強度を考慮して開口部の大きさを決めます。
掃除機で吸引しながら、ジグソーで穴あけ開始。
d0138082_17171032.jpg
2日かけて、8つの穴あけが完了。(^_-)-☆
d0138082_17080309.jpg
上下の箱は、M8ボルト4か所で固定しました。
d0138082_18145530.jpg
とりあえず、視聴します。
まずは、kazzアンプ6336A pp号でウーハーを鳴らします。
d0138082_18235615.jpg
おっと
低域が出ます。こりゃすごい変化だ。
こんなにも違うんだ。
アンプの力不足を感じません。少しブーミーな帯域があります。
ダクト調整で解消できるとよいのですが。

d0138082_18240045.jpg
LM3886 6パラでウーハーを鳴らします。
バッハのフーガーを聞くとLM3886 6パラの方が、より低い帯域まで再生しているのがわかります。
ただし、通常の再生では、大きな差を感じないと思います。
こちらもブーミーな帯域があるので、ダクト調整が急務です。



[PR]

by okamoto-arch | 2018-07-17 21:52 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 03月 19日

Grundig Multi Octav 360

昨日、のだっち邸へお邪魔した折に、のだっちさんにお願いして購入していただいた、Grundig 360(マグネットがVAC)1個を受け取りました。
私が、一番最初に購入した360はマグネットがVACでアルミブリッジ1個でした。
この音に惚れ込み、マグネットの違う360を集め出しました。
現在VAC以外にTiggesと今使っているCKSを所有しています。
360には、マグネットの違いによりCKS・Tigges・VAC・DORTMUNDの4種類
DORTMUNDは、のだっちさんが所有しています。
また、アルミブリッジの有無により2種類あります。
のだっちさんの話では、ボイスコイルの巻き方もボビンの内側にあるものと外側にあるモノの2種類があるそうです。
そうなると、かなりの種類があることになります。

全てをそろえるつもりはないのですが、いつかはDORTMUNDも欲しいな!

前置きはそれくらいにして、のだっちさんに購入してもらったVAC360と我が家のVAC360を比較します。


d0138082_09543885.jpg
まずはマグネット。取り付けの向きが違います。
このような事は、海外の製品では珍しくありません。というより、同じ向きのものが少ないと思った方が良いです。
d0138082_09562398.jpg
コーン紙の形式が違います。
左が以前から所有していたブリッジあり。右が今回GETしてブリッジ無しタイプ
まあ、当初からわかっていたことです。

d0138082_09593372.jpg
今回、新発見。
ブリッジがある方のエッジのギャザーが3山なのに対し、ブリッジ無しの方は4山です。
個人的には新発見。エッジの堅さに少し影響があるような気がするけど・・・どうなんでしょうか
d0138082_10012242.jpg
もう一点、違いを見つけました。
マグネットの大きさが違いました。
左が、ブリッジ有りタイプのマグネットですが右に較べて、若干細くて背が高いです。
右側が太くて短いです。
VACのマグネットも2種類以上存在することになります。
ここまで、違っていたらペアーとは言えないよね。
d0138082_10130413.jpg
箱無しでVACとTiggesを試聴。私の耳では、音圧も揃っているし、音の違いは感じられません。
箱に入れると違いが出てくるだろうけど

ちなみに、Tiggesのマグネット部分の写真はこんな感じです。
d0138082_10164828.jpg
このTigges、音圧は揃っていますが、位相が反対でした。結線の際に気を付けねば。
日本じゃ考えられないことだと思うけど。
ただし、360はもともと、1950年代から60年代にGrundigの最高級ラジオで使われていました。
当然モノラルだったので、左右の特性を合わせる必要性が低かったことも要因かと思われます。
そもそも、ペアーで製品化されていないユニットです。
多少の事は大目に見ないとね。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-03-19 10:22 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2017年 10月 19日

Grundig 360

d0138082_11384804.jpg


最近、オーディオルームで音楽を聴く時間が少なくて、オーディオの書き込みが激減^^;。
オーディオに興味が無くなった訳じゃ無いけど、

最近は、両サイドのスピーカーシステムを聞くことが多い。
ドイツのGrundig Multioctave360という大型オーバルユニットを後面開放で鳴らし、その上に同じくオーバルユニットのツイーターをコンデンサー一発でつないだシステムです。


d0138082_11403633.jpg
38cmウーハーと較べるとその大きさがわかると思います。

d0138082_11411965.jpg
背面はこんな感じです。
Grundigのツイーターは、背面を閉じて前面から出る音圧を上げるモノもありますが、これは背面はオープンです。
0.64μFのコンデンサ2個をパラってつないでいます。

とってもシンプルなシステムですが、音がいいんだな。
iphone7をケースに入れて録画しているので、低域が不足しているけど、ちょっと聞いてみてください。


Multioctave360はGrundigの最高級RADIO Majesticに組み込まれていたようで、マグネットは4社から供給されていたようです。
我が家には、今使っているユニットはCKSのマグネット。以外に、VACとTiggesのタイプも持っています。
もう一つDortmundのマグネットもあります。
CKSとDortmundのマグネットはVACとTiggesより大きくて重いです。
以前、聞き比べしましたが、Dortmund低域がゆったりしていて、クラシック向きの音でした。
CKSは低域がタイトでjazz向きだと判断しました。
VACとTiggesは若干帯域が狭くなり、音量も少し小さくなります。
マグネットによって、音が変わるんですね。
d0138082_09094996.jpg

DortmundもGETしたいな。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-10-19 08:45 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 08月 21日

念願のGauss HF4000 その2

d0138082_11203337.jpg
友人のMさんが使っていないHF4000を送ってくれました。
外観は、私がGETしたものより綺麗です。
感謝!101.png
直流抵抗で11.2Ωなので、インピダンスは16Ω
私が入手したモノと一緒です。

よく見ると、スロートに傷があります。
これはかなり傷が深いです。
実は私の2440にも、かすかなひび割れがあったのですが、修理してもらって使っています。
d0138082_11270756.jpg
これを修理するとなると結構大変かも。

念のため、ダイヤフラムもチェックしてみます。
おっとセンター付近が少し変形していますが、許容範囲でしょ。
d0138082_11305557.jpg
あれ、ロールエッジが
d0138082_11420058.jpg
破断していました。
これでは、十分な性能が出ませんね。

HF4000は限界点が高い強力なユニットなので、ついついボリュームを上げたくなるのでしょうね。
屋外の使用で飛ばしちゃったのかな。
残念無念!103.png


オリジナルダイヤフラムが見つかるまで状態の良い方を使ってみます。






[PR]

by okamoto-arch | 2017-08-21 13:49 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2017年 08月 16日

念願のGauss HF4000

d0138082_16100204.jpg
念願の2インチドライバー Gauss HF4000をヤフオクでGET。
HF4000は、Kazzさんのところで聞いて以来、いつかは入手したいと思っていました。

とにかくでかくて重いです。
多分、2440より重いと思います。
ちょいと調べてみると 2440についてはオーディオの足跡に掲載されていますが、HF4000は、見つかりません。
正確がどうかはわかりませんが、拾ってきた情報では
Gauss  HF4000
2吋、アルニコマグネットドライバー
F特・・500~15,000Hz
許容入力・・60W
音圧レベル・・110dB(1W/1m)
インピーダンス・・16Ω
寸法・・・178mm×145mm
重量・・・13,8kg

JBL  2440
スロート径5cm
インピーダンス16Ω
許容入力(連続プログラム)60W
音圧レベル118dB(1mW、9.1m)
周波数特性500Hz〜12kHz
クロスオーバー周波数500Hz以上
ボイスコイル直径・材質10.2cm、アルミ
磁気回路重量10.8kg
磁束密度20,500gauss
外形寸法直径178×奥行136mm
重量11.3kg

HF4000の方が少し重くて大きいようだ。
音出しが楽しみです。





ちょっくらホーンをつけて、動作チェック。


あれれ、片方からビビり音が。






バックキャビネットを外すと
d0138082_16371512.jpg
ガ~ン!!!!
ダイヤフラムにひびが入っています。
これじゃね!
出品者に即連絡。
ダイヤフラム分を値引きで手打ち!!パンパン!
せっかくのご縁。
この程度じゃあきらめません。

幸いアメリカにHF4000のダイヤフラムを扱っているところを発見。
片方だけ交換してもな。
両方交換する必要があるようなないような。
オリジナルなんだろうか。
よくわからないな。
誰か教えて!!

[PR]

by okamoto-arch | 2017-08-16 16:44 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2017年 08月 14日

真空管アンプのアウトプットトランス

d0138082_10131233.jpg
トンビさん製作の真空管プリアンプは非常に音が良いのですが、メインシステムにつなぐとノイズが出てしまいます。
原因はメインシステムのパッシブチャンデバにあると思います。
しかし、パッシブチャンデバは、電源部がないので、ノイズ対策に限界があります。
バランス転送にすれば、ノイズがでないことは、実証済なのでプリアンプにバランス出力を組み込むため、
いろんなトランスを試してきました。

インピダンスは600Ωから10kΩ。有名トランスもあれば無名トランスある。
小さなモノもあれば、大きなものもある、古いモノもあれば新しいモノもある。

この中から、最終的に選んだのが、
d0138082_10345095.jpg
有名な国産トランスメーカー タムラの古くて大きなトランスを採用する事にしました。
型番は、P6935。
2KΩ:600Ωで使います。

しかし、この大きなトランスをプリアンプに組み込むのは、かなり無理があります。
d0138082_11371726.jpg
パワーアンプならトランスを天板の上に載せる方法も考えられるが、私のデザインイメージと違うので、却下。

d0138082_11394039.jpg
やっぱり、無理矢理トランスを納めよう。
考えられるのは、この2パターン。

電源トランスからの影響をなるべく回避するには上のレイアウトか。
トランス自体ノイズの発信源でもあるので、回路への影響を回避するには下のレイアウトか。

どちらも組み込み難易度が高い。
私に出来るだろうか?105.png

[PR]

by okamoto-arch | 2017-08-14 11:53 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 07月 10日

Grundig

off会で評判が良かったGrundig
ちょっぴりセッティング変更。
バチ子から離すと、低域が出なくなるので、少し内ぶりにしただけですが・・・・
スケールの大きなプレイバックは、大型システム並です。
それていて、ピントが合っている。
そしてコーン型とは思えない音の立上がり
 くー!たまらんね!!





[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-10 21:40 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 07月 02日

再出発から13日目

d0138082_10210215.jpg
低域がうまくなってくれません。

ウーハーの下段をJBL2220AからGauss4583ADWへ変更。

d0138082_10223414.jpg
いいような 悪いような
どうも、別の所に原因があるようです。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-02 10:23 | オーディオ&音楽 | Comments(0)