Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 31日

075の配置変更

d0138082_07534397.jpg
久しぶりに、オーディオネタです。(^_-)-☆
プチネタですけど・・・・・・(>_<)

仕事場のオーディオのレイアウトを変更しました。
075とアンプを打ち合わせテーブルの上へ移動。
元はテーブルの左。写真ではガラスの器の場所に置いてありました。

移動距離30㎝ほどですが、音は激変しました。(^_-)-☆
部屋のセンターに近くなったことと、075の高さが上がったためでしょう。
これだけで、stereoのおまけアンプが、高級アンプに変身しました。なんちゃて!


オーディオのレイアウトを変更したのは、ガラスの器を置くためです。
器には

d0138082_08093973.jpg
今年生まれた赤ちゃんメダカです。
毎日20匹以上は孵化しているので、赤ちゃんの行き場が無くなってきました。
音楽を聞きながら育ったメダカの成長は如何に

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-05-31 08:18 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 05月 25日

メダカの食事

d0138082_07573014.jpg
これは何?








可愛いボウフラです。
蚊は嫌いだけど、ボウフラはメダカの大好物なので可愛く思えます。
成長したメダカ鉢では、ボウフラを目にすることは、ほとんどありません。
親は一生懸命卵を産んでいますが、孵化して間もなく、メダカのエサになるんでしょうね。

でも、メダカの赤ちゃんは、ボウフラより小さいので、赤ちゃんメダカの鉢にはボウフラが発生します。
スポイドでボウフラだけを吸い上げます。
結構地味な作業ですが、メダカの赤ちゃんを吸い上げないように注意が必要で、気分転換に最適です。

d0138082_09514716.jpg
こちらは赤虫。
ボウフラより動きが緩慢なので、吸い上げるのは簡単です。
このほかに、イトミミズもいます。

赤虫もイトミミズもどこから来たのでしょうかね。
不思議です。


食事風景の動画です。
朝7時前だったので、まだ食いつきは悪いけど、日中はあっという間に食べてしまいます。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-05-25 10:06 | 鞁筒の自然 | Comments(2)
2018年 05月 22日

スイレンの蕾

d0138082_14273546.jpg

スイレンの蕾が二つ顔を出してくれました。
今年は、早いですね。
いつもは、夏前だったように思うのですが

スイレンは9鉢に増えました。全部でいくつ花が咲くかな。楽しみです。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-05-22 14:24 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 05月 20日

あれれのれ~!

d0138082_05385473.jpg
あれっ⁉




d0138082_05400799.jpg


あちゃ~

d0138082_05394935.jpg



[PR]

# by okamoto-arch | 2018-05-20 05:40 | 鞁筒の自然 | Comments(2)
2018年 05月 18日

New Lens FLEKTOGON 2.8/20

d0138082_20054725.jpg
いわずと知れた FLEKTOGON 2.8/20 CARL ZEISS JENA DDRでる。
東ドイツのZEISSの製品である。
以前にも所有していましたが、SonyのSEL1635を購入したために手放しました。
でも、このレンズどこか魅力があります。
解像度はSonyには及ばないけどね
試写した結果、ピントはほぼ正常です。
でも、ピントリングと絞りリングの動きがぎこちないです。
絞りは22~2.8までですが上下ともに絞り範囲より1クリック余分に動きます。
どうも気になります。

また、ピントリングは特定の場所で重くなります。


ちょっと調べてみます。

まずは、後ろ玉の方から
d0138082_22153992.jpg
白丸で囲まれた大きめのねじを戻します。
赤星はこの時点では触りません。

d0138082_20211647.jpg
そうすると前後2つに分かれます。右の方を清掃調整します。

ひとつ前の写真赤星2を外すと、下記の4つのパーツに分かれます。
d0138082_20251922.jpg
細かなごみが多く綿棒にアルコールを含ませて、ひたすら清掃します。20本近くの綿棒が真っ黒になりました。(^_-)-☆

さて組み立てです。分解は簡単ですが組み立ては難しい。
構造は簡単だけど、A Mの切り替えと絞りのクリック感を出すための鉄球を仕込みながら組み立てるのが、ちょい難しいです。
d0138082_21010363.jpg
絞りリングの鉄球 スプリングにグリスを載せて鉄球を載せる。
d0138082_21020528.jpg
A M気切り替えリングの鉄球。
二つの鉄球を同時に組みあがるのは、難しくはないけどちぃとこつが必要です。
でした。
d0138082_21063258.jpg
絞りリングの可動範囲を調整します。
白丸のビスを緩めて、絞り範囲の上下1クリック分だけ絞りの動く範囲を狭くします。

これで、絞りの問題は解決しました。

次は、ピントリングの清掃です。
前玉から攻めてみます。

前玉群を外しました。
おっとかなり塵と汚れがあります。

d0138082_21121876.jpg
こちらも綿棒でごしごし
綿棒10本ほどで、おおよそ、きれいになりました。
d0138082_21135595.jpg
前玉からもう一段攻めようかと思いました。
Aリングを緩めると先へ進めるのですが、その後の調整が難しくなるので後ろ玉から攻めることにしました。

d0138082_21202782.jpg
白丸のビスを外せばレンズ群が動きます。
赤丸のビスも外して、ピントリング周りのリングを外します。
d0138082_21303495.jpg
ほこり混じりのヘリコイドグリスが硬化しています。
綿棒でひたすら清掃します。
綿棒30本ほど使ったかな134.png

d0138082_21343818.jpg
ヘリコイド部分の溝が削れています。
ごみ混じりのオイルが悪さをしたようです。

とりあえず、ヘリコイドグリスを薄めに塗ってもとに戻します。
d0138082_22040707.jpg
すっきりした。
d0138082_03435809.jpg
α7Ⅱと組み合わせると、デザインも重量バランスも良くて、ずっと使い続けたいレンズです。








[PR]

# by okamoto-arch | 2018-05-18 22:04 | もろもろ | Comments(2)