Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 25日

二つのLM3886アンプの聞き比べ

 大門素麺のSさんから、「Grundigを聞かせてください。」と連絡をいただき、Grundigをセッティング。
久しぶりやわ(^_-)-☆。
d0138082_07345106.jpg
エッジはコーン紙が延長したタイプなので、低域が出るまで時間がかかります。
kazzアンプ6336PP号で鳴らしてみましたが、低域が思うようにでません。

時間がないので、LM3886を使って鳴らしてみます。

まずは、LM3886 6パラ モノで聞きます。
d0138082_08095059.jpg
d0138082_07315701.jpg

6パラは、LM3886シングル基盤を6枚パラっています。
電源部が見事です。電解コンデンサは合計で40,00060,000μFです。
期待が高まります。

さて、Grundigで聞いてみます。

低域が思ったほどでません。
パワーアンプの力だけでは、無理なのかな。

(内部写真はリンク先でみてください。)
あれ まあ 低域がでますね。
ほぼ、普通のバランスでなります。
駆動力は、こちらの方が上です。
硬化したエッジも何のその ってな感じです。

恐るべし、やなさんLM3886基盤です。


日付が変わって

d0138082_09084879.jpg
やなさんLM3886(4パラ)をメインシステムの低域に使い、高域をトンビさんLM3886(6パラ)で鳴らしました。

おお 低域がガツンと来ます。
でも個人的には、もう少し低域のゆったり感が欲しい。

アンプの組み合わせを元に戻しました。

やっぱり、量感のあるトンビさんLM3886(6パラ)を低域に使い、やなさんLM3886(4パラ)を高域に使うのが、ベターチョイスです。
今まで、高域はセパレーションを重視して、モノラルのパワーアンプを使ってきましたが、やなさんLM3886は清流回路を左右別にすることによって、左右のセパレーションが確保されているものと思います。流石トンビさん(^_-)-☆。

現状、バチ子は、トンビさんLM3886(6パラ)で調整してきました。
やなさんLM3886アンプに合わせて調整すれば、よりウーハーの能力をより引き出せるでしょう。

が、しかし、どちらのアンプもトンビさんからお借りしているもの
他人のふんどしで相撲を取っていては、だめですね。145.png145.png



久々に、半田こてを握ろうかなと思って購入したけれど
d0138082_07524022.jpg
いつ完成するかな。105.png105.png

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-25 07:28 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2018年 10月 24日

大門素麺

d0138082_14194628.jpg
 先日、富山県南砺市のオーディオ&Jazz好きSさんが、我が家においでになりました。
その時に頂いた大門(おおかど)素麺。
私は、麺好きなので以前から気になっていましたが、今まで手が出ませんでした。
もしかすると、どこかのお料理屋さんで頂いているかもしれないけど

和紙の袋を開けると、丸めて乾燥された素麺が出てきました。
驚きと同時に、なぜかしら感動。
普段食べる棒状の素麺は機械化された素麺。こちらは、手作り感満載です。
d0138082_14195174.jpg
d0138082_14195705.jpg
調べると、完全乾燥する前に、この形状に折り畳み、袋の入れてから何日もかけて本乾燥させるようです。

下記にYoutubeの動画を貼り付けました。


ちょっと季節外れですが、お昼に頂きました。
シンプルに出汁と、おろししょうがとネギの薬味だけ。

普段食べる揖保乃糸よりも、太く腰があって、小麦の味が濃い。
めちゃ旨い。
氷見うどんの腰と、つるっとしたのど越し感が味わえます。
乾燥に時間をかけるからでしょうか!
癖になりそうです。
シンプルに頂くのもよいけれど、付け合わせと一緒に頂いても、素麺が負けません。
次は、天ぷらや煮物と合わせて食べてみたいと思います。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-24 01:19 | もろもろ | Comments(0)
2018年 10月 23日

やなさんLM3886アンプ

やなさん設計のLM3886 4パラパワーアンプ基盤を使って、トンビさんがステレオパワーアンプを製作しました。
出来たばかりで、調整がまだ完全ではないけど、トンビさんが出張中、エージングを兼ねてこのアンプの実力を試す機会を頂きました。(^_-)-☆
d0138082_10453126.jpg
内部写真です。電源部が中央にあり、左右にアンプ基盤が配置されています。
大きなトロイダルトランスが目を引きます。
d0138082_07332290.jpg
片側は、基盤を逆さまにして、左右の信号経路をそろえています。
流石です。
ステレオ用に反転した基盤があるとよいかも。(でも、回路を反転させると、磁界の関係で音が変わるという話を聞いたことがあります。)

d0138082_06581377.jpg
トンビさんLM3886アンプ2パラに変えて、やなさんLM3886アンプ4パラをマルチシステムの高域に使います。
ふむふむ
違いますね。音の輪郭がしっかりします。
高域が分厚くなります。
シンバルを聞くと違いがよくわかります。
曖昧さのない濃い音です。
でも、固いというのともちょっと違うような気がします。
音色はトンビさんLM3886アンプ2パラと、さほど変わらないんだけど
同じICなので、大きく違わないんですね。たぶん。

いろんな曲をきくと、低域の輪郭も明瞭になっていることに気づきました。
低域の倍音が影響しているのでしょうね。

もうしばらく、お借りできるので、いろいろ試したいと思います。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-23 08:40 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 10月 16日

憧れのGauss HF4000 その後

d0138082_09383681.jpg
ツイーターのコンデンサ容量をアップして、2440に無くてHF4000にあるものが得られてと思ったけど、HF4000を使うと、やっぱりHF4000の方がずっと良いように感じる。
d0138082_09383364.jpg
d0138082_09382968.jpg
何がどう違うのか、説明できないけど



[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-16 02:06 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 10月 15日

バチ子 ダクト調整

d0138082_09375071.jpg
最近、バチ子の低域が出すぎなので、ダクトを調整しました。
今までは、100Φの塩ビパイプ長さ10㎝でしたが、塩ビパイプを取り外しました。
そして75Φの紙管製純正のダクトを取り外して、ダクトカバーの開口を95Φにしました。
d0138082_09374563.jpg

一般的には、100Φなんでしょうが、取り外し可能なダクト開口部の大きさと、ダクトから出る低域の量を考慮して95Φとしました。
こんな明細な作業は、私にはできませんので、Linfof工房さんにお願いしました。
ダクトは、3枚の板で構成されています。
ダクト開口から順番に、95Φx18㎜ 次に100Φ24㎜ 次に110Φ24㎜となっています。
板厚の合計が65㎜となります。
d0138082_12105069.jpg
ダクト開口寸法を一番小さな95Φとして、シミレーションすると、
ダクトの共振周波数は35.78㎐から37.27㎐に上がります。
focは78%になり、ダクトの依存度が下がるので、自然な再生音が期待できます。

さて、音出しです。
いい感じです。
重低音の迫力は、少し無くなったけど、超低域を必要としない通常の音楽を聴くには、今の方が良いです。
少し、間口が広がったように感じます。




[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-15 12:22 | オーディオ&音楽 | Comments(0)