人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 04日

PCオーディオ その10

d0138082_2315321.jpg
 記念すべきPCオーディオネタの10回目にして大きな(?)進展がありました。
やなさんのコメントを参考にして、昨晩、DELLnotoにASIO4ALLとFrieve Audioをインストールしました。事務所のシステムでは、iTunesとの違いがはっきりしません。多少、スッキリ聞こえる程度ですが、再生帯域が限られているシステムでは、正確な検証が出来ません。
 そこで、夕食後時間が取れたので、爆音モードで検証しました。はじめはミッシャ・マイスキーのバッハ無伴奏チェロ組曲です。ええっ。我が耳を疑いました。余韻が自然で美しい。情報量も多いのであろう、奥行感がでる。そしてこの滑らかさはどう表現したら良いのだろうか。
同じノートブックから出ている音とは思えない。要はプログラムの力なんですね。ASIOというドライバーの有無による音の違いは検証し忘れましたが、そんな事はもうどうでもよいと思わせるほど、音楽性に優れた音です。演奏に引込まれてしまいます。
色々なソフトを聴き比べたが、限りなくA730と同等の音かもしくはそれ以上であると評価できます。高級CDPと対決してみたいな!
やなさん ありがとうございました。

追伸

今後検討が必要な事は、プレーヤーソフトによる音の違いと取り込ソフトによる音の違いを検証する必要が有ります。今まではiTunesでインポートしていましたが、EACやFrieve Audioも検討したいと思います。

また、音の違いだけではなく、ライブラリーとしての使い勝手も重要です。現状ではiTunesが最も使いやすいです。しかし、重過ぎるかな。
とまあ、いくつか検討事項が有ります。

また、Frieve Audioの昨日は素晴らしく、コントロールアンプとしても使うことができます。
私には使いこなしが難しいと思いますが、少し挑戦してみたいと思います。
Frieve Audio M-Class(シェアウエア-)にはチャンデバの機能が有ります。7.1chのサウンドカードを使えば、3Wayマルチをパソコンから直接パワーアンプを制御させることも出来るようです。
デジタルオーディオ派は必見かも・・・・

# by okamoto-arch | 2008-05-04 23:40 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2008年 05月 03日

PCオーディオ その9

d0138082_5134045.jpg
 昨晩、アウトレットパソコン+airMac EXPRESSとA730のガチンコ対決をしました。
 試聴アルバムは昨日と同じです。
airMac EXPRESSをつないだアウトレットパソコンは、確実に進化を遂げておりました。A730と限りなく肩を並べているようです。A730より良いと感じる音源も出てきました。
CANTATE DOMINOなどがそうです。しかし、問題も無い訳ではない。やはり、HDの回転音が気になります。それと、高域に歪みが出る時があることです。これは取り込時のノイズかもしれませんが、今回は検証できませんでした。
 アウトレットパソコンの所有者T氏がメモリーの交換にやってきました。標準は256Mですが、ノーブランドの1Gに交換しました。交換ついでに、内部をチェックしました。
d0138082_5324057.jpg
HDの下に電源部が有ります。右手前がバッテリーです。停電時数分対応可能なようです。
PCIバスが一つ有りますが、ライザーカードを使ってもこのケースでは使えないように感じました。スロットルの位置とケースの背面のボード再着用の開口の位置が合わないように思われます。ONKYOのサウンドカードを使えると良かったんですが・・・・
IDEのスロットルも2個ありましたので、メモリーカードをHD代わりに使うことも可能だと思われます。ただ、電源がプワーなので、本体の電気を消費するUSB機器の使用は避けた方が良いかもしれません。
とにかく、このパソコンの価格でこの性能はちょっと脅威です。
PCオーディオに興味のある方いかがでしょうか。

# by okamoto-arch | 2008-05-03 05:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 05月 02日

PCオーディオ その8

d0138082_730268.jpg
 昨日に続いてPCオーディオネタです。
昨晩友人T氏が、airMac EXPRESS持参でやってきた。
まず、T氏にアウトレットパソコンの音を聞いてもらう。(変な話しだが、T氏は自分が購入したパソコンで、まだ、音出ししていません)
次にairMac EXPRESSをつないで、iTunesの設定を「複数のスピーカーから出力」に設定して、まずはパソコン本体からの音を聞きました。若干低域にボリューム感が出てきたでしょうか。次にairMac EXPRESSから出力します。こちらは結構良いですね。音の立ち上がりが速く力感もあります。Jazzにあいます。ただ、少し音が硬いです。チェロを聞くと倍音が美しいDELLノートの方が魅力的な音です。

そろそろ、お仕事なので、続きは後程

今日の午前中は金沢工大の非常勤講師のお仕事でした。週に一度若い学生と話しをすると気分がリフレッシュされます。脳も若返ればいいのだが・・・・?

話しをPCオーディオに戻すと、PCも音楽を再生する時はオーディオと同じ扱いをしたいと思っています。そのため、DELLノートにもLinfof工房のインシュレーターを使っております。
アウトレットパソコンにはSILTECHの高級インシュレーターを使っていました。
なんとなく、メタルタッチになっているのが、気になりだしたので、カリンのブロックに交換しました。
CDPと同じように、カリン独特の高域のきらびやかな音に変化しました。
ではではということで、Linfof工房のケヤキインシュレーターを使ってみました。
どんぴしゃです。少し、音がほぐれ、音数が増えたような感じがします。
PCと言えども、インシュレーターで音が変わる事を再発見。
これなら、結構いけそうです。
後程、オーディオルームで再度ガチンコ対決をしたいと思います。
それではまた・・・・・・

# by okamoto-arch | 2008-05-02 07:31 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2008年 05月 01日

PCオーディオ その7

 ライントランス以外何の進展も無いのに、ついにPCオーディオのタイトルも7になった。
その間に得られたものは色々あるが、でも、MacBook越えられない。
オーディオと考えれば12万はさほど高いものではないが、パソコンに文化を感じる事が出来ないので、MacBookを購入する気になれない。
出口が見えず、PCオーディオ熱も冷めかけて来た今日この頃であったが、近所住む友人T氏が変わったPCを持ってやってきた。
d0138082_03032100.jpg

アウトレット商品のようだが、XP付で2万。しかもファンレスです。これは行けるかも。
早々にセットアップしてiTunesをダウンロードして、手持ちのCDを15枚ほどインポートした。
筐体は1.2mm程度のパンチングメタルで価格から想像できない強固な作りである。HDが回転する時の乾いた音以外殆ど音が出ない。そういえば、DELLのノートはファンはあるが、HDの回転音は聞こえない。本当に静かなノートである。
このパソコンはCDROMも付いていない端末用のパソコンであるが、LANポートが2つ用意されているので、音楽専用と考えれば使えそうである。

大いに期待して、デジアンにつないだ。まずはノイズが無いかどうか。その点は合格である。解像度も充分です。PCオーディオの良い点はやはり解像度に有ると思う。DELLノートと比べると若干細身の音であるが、その可能性は十分に感じることが出来た。
iTunesで再生する場合、airMac EXPRESSを認識させた方が中低域に力感が出るのだが、アウトレットパソコンは認識させていないので、もっと音が良く鳴る可能性がある。

d0138082_0415112.jpg
 昼休みにアウトレットパソコンの性能を詳細にチェックするために、DELLノートと共にオーディオルームに持込、STUDER A730の取っ組み合いの勝負をしてしまった。
 試聴音源はCandyとCANTATE DOMINOとJoanne ShenandのMATRIACHそれに KAHIL EL'ZABARとDAVID MURRAYのWE ISとミッシャ・マイスキーのバッハ無伴奏チェロ組曲です。
どの音源を聞いても、さほど差が無い。若干アウトレットパソコンの音が細身であるが、明らかに性能が落ちると言うことは無い。情報量も充分である。しいて現状で順位を付けるとすると、A730 DELLノート アウトレットパソコン という事になるが、その差は僅差である。
不思議なことにこの3つの差は微小である。A730の電源ケーブルを交換した方が音の変化が大きいくらいである。しかし、MacBookの域には達していない。

今晩、友人T氏にお願いしてairMac EXPRESSを持参してもらうことにしよう。
もうしばらく、PCオーディオネタが続きそうです。

# by okamoto-arch | 2008-05-01 23:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 29日

かなざわウォーク・ラリー


d0138082_511564.jpg
d0138082_4533334.jpg 今日は息子1と金沢ウォーク・ラリーの10kmコースへ参加しました。
総勢4,000名近い人が参加して、3コースに別れて、金沢の名所を歩いて見て廻るイベントです。今回初参加でしたが、色んな施設に無料で入れるし、色んな意味で有意義なイベントでした。
出発地点の金沢芸術村を出発。金沢駅を経由して、横安江町商店街を通りました。 数年前まではアーケードがかかっていましたが、老朽化のため撤去されました。今日は晴天だったので、気持ちよかったですが、雪が降る金沢ではアーケードも必要だったのではとも感じましたが、どちらにしても、昔ながらの商店街が元気になってくれることを願います。
d0138082_54179.jpgd0138082_541422.jpg
横安江町商店街の個人的な魅力は大正ロマンを感じさせる建物がいくつか残っていることです。多分大正・昭和初期に建てられたものだと思います。西洋建築への憧れを感じることが出来ます。これらの建物は木造ですが、今では日本独特の風情を感じる建築様式になっていると思います。これからも、残して行きたいと思います。

d0138082_5184643.jpgd0138082_519696.jpg
次に浅野川のほとりにある東の茶屋街の一つか主計 (かずえ) 町へ行きました。お茶屋さんが今でも残っております。金沢では東山のお茶屋街が有名ですが、個人的には生活感が残る主計町の方が好きです。向かいの家の軒先に手が届く距離感。いいですね。
でも、私はここでは住めません。だって爆音でオーディオ出来ないもん。
d0138082_5314111.jpg主計町をでると、ここから金沢市役所まで自由行動です。まずは、日本が生んだ有名な建築家村野籐吾の三田商店です。金沢には村野さんの設計した建物がいくつか有ったようですが、現存するのは、この三田商店と北國銀行武蔵が辻支店だけだと思います。北國銀行武蔵が辻支店も金沢の台所 近江町市場の建て替えに伴い壊されそうになりましたが、現在引き方をして、場所を少し移動して残される事になりました。
d0138082_5431761.jpgd0138082_5433222.jpg
次に蓄音器館を見学しました。まあ、これだけ多くの蓄音器をよくぞ集めたもんだと思いました。素晴らしい。でも、蓄音器の音が聞けなかったのは残念です。一日に1回しか演奏されないようですが、それでは、ただの飾りです。常時蓄音器の音を聞けるようにした方がよいでしょう。確かに、レコードはすり減ります。大切に残す事も大事ですが、今でも使われずに押入に眠っているSPはたくさん有ります。それらを集めて、常時演奏してくれたらもっと楽しいのにな・・・・・・
d0138082_551046.jpgd0138082_5542226.jpg
今回は兼六園に入らずに、息子も大好きな21世紀美術館へ向かいました。今では建築家の聖地となっております。「21美見た!」が他都市の建築家の挨拶になっているとかいないとか
21美の前の広場でサンドイッチとおにぎりを食べ腹ごしらえをしました。左手でサンドイッチを持って紙パックの牛乳を飲んでいると、後ろから突然何ものかに襲われました。
左手に持っていたサンドイッチが無くなっています。一瞬何があったのか分かりませんでした。
d0138082_601667.jpg
中へ入ると、アコーディオンとギターとチェロによる生演奏をしていました。タンゴ好きの私の血が踊りました。ギターもチェロのアンプを使っていないので、音量のバランスが良くなりませんでしたが、なかなかの腕前です。楽しい演奏でした。演奏が終り最後にかれらの自己紹介がありました。最近CDのメジャーデビューを果たしたパリ帰りのザッハトルテーというユニットでした。美術館のショップで3枚のCDが売られておりました。本当はデビューアルバムが欲しかったのですが、息子1が選んだのは、最新アルバム「おやつは3ユーロまで」でした。
なかなか野演奏ですが、録音が良くない。俗に言うドンシャリ系の音です。もう少しまともなバランスで録音して欲しいものです。(デビューアルバムが気になるな)
21美では日展が開かれていました。いつもは県立美術館で開かれているのですが、現在改修中なので、21美で行われているのかな。日展をやるようでは21美も落ちたものだ。
つくづく、悲しくなりました。
まあ、常設展で少しだけ現代アートに触れて、お茶を濁して21美を出ました。

今日の金沢は真夏のような暑さ!一体何度あったのかな
後で、調べておきましょう。
d0138082_62326.jpgその後、長町の武家屋敷後を散策しました。武家屋敷郡と市の広報では行っていますが、江戸期の建物は無いと思われます。せいぜい土塀くらいでしょうか。殆どが明治以降です。明治村のようなもんです。でも、息子1に見せていなかったので、ちょいと見せましたが、解説する本人が力が入らないので、息子1もどう感じたのか・・・・?

そろそろ、耐力の限界。出発地点の芸術村へ戻りました。


5時間あまり、歩けば、金沢の主要な観光地を見ることが出来ます。
この他にもUPしていない施設や名所も見ております。
野町の寺院郡や犀川沿いの施設を見ても1日あれば何とか見ることが出来ます。
観光でおいでる方は、自転車で2日市内観光すれば、その日から金沢通になれるはずです。
是非、金沢へおいでください。
そして、わが家へもちょいとお寄りください。(かなり離れていますが、車で25分ですのでお電話ください。)

# by okamoto-arch | 2008-04-29 18:34 | もろもろ | Comments(0)