Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 21日

最近の試聴盤

d0138082_15563884.jpg 最近、床下を工事しているので、なかなかオーディオルームでゆっくり音楽を聞く事が出来ないが、床下工事の影響が音にどの様な影響があるのか、確かめるために聞くのが、Duke Ellington&Ray Brownのデュオアルバム This one's for Blanton である。このソフトはCDで聞くことが多い。友人のオリジナルLPはメチャンコ音が良いが、私が所有している日本版はダイナミックレンジ不足。二人の巨人の演奏を堪能出来ない。良い音を知ってしまうと不幸である。
このアルバムは、エリントン楽団に在籍し、若くしてこの世を去った天才ベーシスト ジミー・ブラントン(1921?~1942)にささげるアルバムである。ジミー・ブラントンのソロはオーケストラ演奏では殆ど残されていないが、幸い4曲だけ、エリントとのDUO演奏が残されている。その演奏はALL The Duke'S Menというアルバムに、同時代にエリントン楽団に在籍していたピックアップメンバーによるコンボ演奏と一緒に納められている。
何を隠そう、私はエリントンが大好きです。コンボもオーケストラ演奏。
エリントンは自分のオーケストラだけでなく、若手とも共演して数多くの名盤を残しています。コルトレンwithエリントンやマネー・ジャングルなどがその代表作ですが、今もその輝きを失っていません。それどころは、時間の経過と共に、それらのアルバムの魅力がどんどん大きくなってきているように思います。ちょっと寂しい事ですが、現在のJAZZ界の停滞感がそのように感じさせるのかもしれません。ところで、エリントンのピアノスタイルってモンクに似てませんか?なので、モンクも大好きです。

そうそう、今日はThis one's for Blantonについて書くつもりでした。
このアルバムは、私の愛聴盤でしかも試聴盤でもあり、1年で何回聞くでしょうか。一時は車でも、常時聴いていました。演奏の良さもさる事ながら、エリントンのピアノもレイ・ブラウンのベースも生きた音がします。力強く、時には優しくそしてDUOでありながら、スケール感があり、私のためにだけに、生演奏しているような臨場感があります。しかし、昨今の超広帯域でクリヤーな音ではありません。エリントンの強力な左手を余裕をもって再生し、ベースが十分な量感と共に弾んだ音で再生出来れば、相当システムが完成されていると思われます。まだ聞いたことのない人は是非聴いてみてください。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-21 16:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 01月 20日

草庵のオートグラフとSTUDER

d0138082_3484813.jpg
 先日、久しぶりに行列の出来るおそば屋さん 草庵へ行ってまいりました。
草庵には、泣く子も黙るTANNOYのオートグラフがあります。営業中は静かに密かに鳴っておりますが、この日は、営業が終了してから行ってまいりました。もちろん、爆音の私が不足を感じない音量で聴いてまいりました。
 今回草庵へ行ったのは、サウンドデンのチューンアップ版Soul note cd-1.0を試聴するためでした。なぜ、草庵さんがSoul note cd-1.0をと思いの方もおいででしょうが、以前私がエソテリックのG-03Xを持参試聴して頂いた時の音が忘れられなかったようです。私も、G-03Wを試聴した時、クロックの精度でなぜ音が変わるのか知りたくてあれこれHPを覗いていた時に、サウンドデンのHPをみて、電話で色々質問しましたことがありました。今回のSoul note cd-1.0はその時に無かった製品で、そのパフォーマンスがどの程度なのか、STUDERのD730Ⅱを越えているのか 半年振りに行く草庵の音は・・・・etc興味はつきません。

先ずは、私が最後にお邪魔した時に聞かせて頂いた、ゲルギエフ&キーロフ歌劇場管弦楽団の交響曲第6番『悲愴』をかけてもらいました。

う~ん。悪くはないけど、オートグラフらしくはない。色んな音が聞こえてくるが音楽としてのまとまりが無い。コントラバスの音が気になったり、バイオリンの音に潤いがなかったり、スピーカーから出た音を聞くというよりCDそのものを音を聞いているようです。以前聞いた時は、広い草庵の空間に音が満ちあふれ、まるで中規模のコンサートホールで聴いているような心地よさがあったが、Soul note cd-1.0で聞くとモニタースピーカーで聴いているようで、オートグラフが死んでいるように感じた。(おいおい半年振りにいくのにそんな事言ってよいのか)

 そこで、しばらく電気が入っていなかったSTUDERに入替えてもらいました。確かに、音のピントが甘いです。この原因はSTUDERによるものではなく、置き方ではないだろうかと思いました。というのも、私も同じ経験をしていたからです。四角い木箱を作ってSTUDERのトレイを水平にすると、設置した時は音が良くなるが、徐々に音が甘くなっていったからです。わが家へ遊びに来た友人に、木の音がすると言われて、初めて気が着きましたが、徐々に音が柔らかくなっていくようです。この原因は箱の狂いのため、木の響きが乗るためかもしれません。
 草庵のSTUDERを魔法の木箱から取り出して、聞くと ピントがあった、生きた音が甦りました。その時点ではCANTATE DOMINOの6曲めを聴いていました。女性の独唱から始まる曲ですが、女性の体からでた声が教会の空間のひろがりホールトーンとなって聞こえます。
しかし、決してピントが甘いわけではありません。Soul note cd-1.0で聞くそれは、確かに声ははっきり聞こえますが、細身でホールトーンも少なく、箱庭的です。
多分、Soul note cd-1.0は俗に言うハイエンドオーディオで、威力を発揮するかもしれませんが、オートグラフとは合いません。
草庵さんが、Soul note cd-1.0 v.s STUDER D730Ⅱにどんな結論を出すのでしょうか。

追伸です。
草庵さんから、メールが届きました。Soul note cd-1.0には、興味があるものの、今回はG-03Xを購入して、STUDER D730Ⅱをグレードアップして鳴らされるようです。G-03Xは導入後2週間は音が良くないので、辛抱してください。まあ、徐々に音が変わっている様を楽しむのも良いと思います。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-20 23:40 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 01月 19日

オーディオルームの床 その4

今日は一日良い天気でした。
冬の北陸では珍しい好天気にも関わらず、私は1日床下で土とセメントにまみれて、地盤改良をしておりました。

床の穴をふさいで床下に入りますが、それでも、セメントが室内に舞ってしまいます。
日の入らない床下でもくもくと地盤改良をしていたお陰で、改良面積は13.5帖に達し、半分を越えました。明日頑張れば来週末には地盤改良が終了します。

セメントの粉は体によくないので、早く終らせて、一日でも早く床を塞ぎたいと思っております。

d0138082_2252244.jpgd0138082_22523868.jpg

午後、トンビさんがお花を持って陣中見舞に来てくださいました。
奇麗なお花ありがとうございました。家が一気に明るくなりました。
午前中、現在スピーカーが置かれている部分の地面を改良していたので
昨日より、少し音がゆるく感じがしました。1・2日経てばもっと締まった音に
なると思います。
お暇があれば、来週も来てください。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-19 22:54 | 建築 | Comments(0)
2008年 01月 19日

この木なんの木?

この木なんの木、気になる気になる木は ケヤキ でした。

この木は3年ほど前に入手しました。崖の途中に生えていたようですが、成長して崖を崩していたために切られたようです。私は切られてから1年後に谷底から50mほど抱えて持ち上げた思い出深い蒔きです。(めちゃくちゃしんどかった。今はその馬力が無いな)
このしわしわも、傾斜地に生えていたために無理な力が掛かり出来たのかも。

d0138082_8114150.jpg
右側の木がその時一緒に谷底から引き揚げたケヤキです。
ちなみに左側があら樫という木です。小さなどんぐりを付けます。。この木も大格闘の上、切り倒した思い出深い木です。ものすごく重い木です。鉋の台や鍬の柄になったりします。繊維が入り組んでいて、割れにくく、狂いも少ないのかもしれません。

自力で、薪の調達をすると、色んな木と出会えて楽しいのですが・・・・けどしんどいです。
オーディオをしている時間がなくなります。今年はオーディオ的にも仕事的にも正念場。
なんせ、年男ですから!

正解者がいなかったので、プレゼントはありません。 残念!
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-19 08:24 | もろもろ | Comments(2)
2008年 01月 18日

この木は何でしょうか?

d0138082_983684.jpg
 今朝の鞁筒は風が無いものの昨日以上に冷え込みました。ぶるっるん
道路は氷でバリバリです。雪解け水が凍って路面の所々に黒光しているカ所があります。寒さの厳しい地域にお住まいの方はくれぐれも車の運転に気を付けてください。
この4・5日の薪の消費量は今までの1.5倍。暖かい冬に慣れると、少し寒くなるだけで、薪の消費量が増えてしまいます。
 今朝、薪棚から変わった形をした薪を発見。サイの鼻の当りのような質感。なんでこんなしわが出来たのでしょうか。生前この木は苦労したのでしょうか。

問題 サイの体の一部のような形をしたしわしわの木の樹種はなんでしょうか
正解者にはもれなく・・・・・・・
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-18 09:16 | もろもろ | Comments(4)