Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 22日

ウーハーの実験 その後

d0138082_1723299.jpg ウーハーの実験のその後です。1週間使い続けて音が落着いたところで、アイソバリック方式の駆動方法の検証を行っています。

その前にアイソバリック方式の簡単な説明です。
2つのウーファーを向かい合わせに設置し、逆相で駆動させることによって、2つのウーハーが同じ動きをします。
この方式の利点は何でしょうか。
トンビさんによれば、コーン紙の重量が2倍になるが、駆動力も2倍になる。よって、Qoが下がるが、音が重くならない
という事らしい。
確かに・・・・・・

でもでも、見た目がね! と多くの人が思っているでしょうね。
私も同感です。


1週間振りに、シングルウーハーに戻して鳴らしてみました。
あれれ、低域が全然出ない。出ていないように聞こえるのかな。

音の輪郭 音の強さが全然違います。今までのこんな音を聞いていたの?

そんなはずは無い。
でも、ふにゃふにゃな低音に聞こえる。
これは一体どうしたことだろ。

私のダブルウーハー構想の練り直しが、必要かも


あちゃ~!やっちゃいました。大失態!



夜中に、アイソバリック方式に戻そうと作業をしていると、何と片チャンネルのウーハーの・・・・・・・・・

d0138082_650380.jpg

写真を見てわかるかな


もう少し、わかりやすい写真をUPします。
d0138082_15563749.jpg

わかりましたか。


 わかりにくくてごめんなさい。
本当につまらないことなので、恥ずかしくなってきました。
もっと簡単に誰かが指摘してくれると思ったのですが・・・
引っ込みがつかなくなってしまいました。

音が変だった理由は、ウーハーを止めるボルトを1つしか止めていなかったためでした。
これではコーン紙が前後する際にユニットが反対方向へ動こうとするのと、BOX内の空気漏れがあるので、音に締まりがなくなるんでしょうね

本当につまらない事で、申し訳ない。
気になってご飯が喉を通らなかった人がいたら、どうしよう。


しかし、ウーハーをボルトで固定してもアイソバリック方式の優位は変りません。
低域の解像度と音の強さは魅力的です。
ただ、JBLの箱には、荷が重いかな。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-06-22 00:26 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2008年 06月 21日

ノイズ対策あれこれ

kazzのさんの教えに従い、トランスのノイズ対策をしました。
まずはナチトラです。
1次側2次側共に1番と4番ピンにそれぞれプラスとマイナスのケーブルをつないでおり、トランスのボディーにアースを落しておりません。(改善前はこちらをポチッとしてください。)
音楽信号を入れずに、ボリュームだけ上げて行くと1時頃から中音のブーンノイズが感じられます。(普段の試聴は11時ぐらいです。)

1次側のアースと2次側のアースをそれぞれ単独にトランスのボディーにアースを落してもさほど改善されませんでしたが、
両方のアースピンからボディーにアースを落すと、ぴたりとノイズが無くなりました。
(白いケーブル追加)
これで、フルボリュームでも、一切ノイズが無くなりました。)^o^(
ナチトラに見合ったケーブルを物色中です。やはりWEの単線エナメルメッキ絹被覆線でしょうか。
d0138082_9124761.jpg


次にバッタ君の出力に使っているタムラの70:600Ωのトランスです。現在友人T氏にお借りしているサウンドカードから出力していますが、試聴レベルでもノイズが聞こえます。
他の600:600Ωのトランスやピンケーブルだけの場合は、ノイズが有りません。
1次側のアースピンからボディーにアースを落すと、ぴたりとノイズが止まりました。)^o^(
d0138082_9195411.jpg


次に、もう一点気になることが有ります。
それはバッタ君です。プチ改造してから、バッタ君の電源を落すと、ブーンというノイズが発生するようになりました。
改造前は、無かった現象です。
d0138082_933380.jpg

マザーボードの基盤が、何層かになっているということを思い出したので、MBを取付る際、ビスが取付穴と密着するようにして、固定しました。
ただそれだけのことでしたが、ノイズが無くなり、すっきりしました。

やなさんによれば
一般には、表面の穴の周りにパターン(銅箔)があって、
これと多層内部が接続されているので、パターンにネジ頭
をしっかり食い込ませれば良いはずですが、VIAは手抜き
しているのかな。
という事ですので、MBを止めるビスをゆるめた際は記を付けてください。

また、やなさんが新たな展開を見せております。こちらも必見です。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-06-21 09:13 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 06月 20日

のだっちさんのCD

d0138082_16365414.jpg
 本日、のだっちさんが収録した録音会のCDが届きました。いつも、ありがとうございます。

のだっちさんご自身のコメントでは、今回の収録は失敗だったと聞いていたのですが、
聞かせて頂いた限り、素晴らしい内容と録音でした。

お蔵入りしなくてよかった。

今回はピアノとバイオリンそれにボーカルという編成です。
ボーカルの収録が失敗だったようですが、さほど気になりません。
そんな事が気にならないくらい、演奏が素晴らしいです。

今回は録音の関係で、マルチマイクの録音と
ワンポイントマイクの録音が収録されていました。
どちらも、それぞれ魅力が有ります。
音のエネルギー感はマルチマイクが好いです。
ワンポイントマイクは、少し穏やかな感じです。

d0138082_16463745.jpg
また、レアな音源も同封されておりました。
何と日野元彦トリオです。たまりません。
こちらも演奏内容が素晴らしいです。録音の方は各楽器のバランスがよいです。
白根録音研究所秘蔵録音とかいてあるので、プロの録音でしょうか
しかし、音の鮮度ではのだっちさんの録音の方が、上かな!
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-06-20 16:48 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 06月 19日

ナチトラ 出撃

d0138082_9245199.jpg
いよいよナチトラ出撃の準備が整いました。只今、エージング中。お昼休みに爆音で試聴します。
トラトラトラ関係ないけど、ついつい。)^o^(

続きは下記のMoreをクリックしてください。!

More
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-06-19 09:27 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2008年 06月 17日

バッタ君

d0138082_254126.jpg
d0138082_2565787.jpg久しぶりにバッタ君が登場。しかし、無残な姿。果たして元に戻せるのであろうか。
バックパネルを取り外し、HDDを外部へ、バッテリー撤去、その他不要と思われるものを撤去して、通風をよくしました。
また、やなさんに頂いた、スイッチも取付作業に入りました。
d0138082_2595122.jpg

取りあえず動作確認と久しぶりに音出しをしました。
これはこれで、とっても良い音です。多分!
日中爆音で再度チェックしてみます。


続く


爆音で聞くと、S/Nが少し好くないですね。
DELLノートの方がS/Nが好いです。
少し、低い帯域でざわざわした感じが有ります。

電源廻りのノイズ対策が必要かもしれません。
やなさんPCは対策を講じていたので、バッタ君よりもざわざわ感が有りません。
マザーボードの性能差も有るかもしれません。

しかし、クラシックを聞くとA730よりも、好ましいです。
A730は音が前出てきます。PCは総じて引いて音場が展開します。
なので、音場が広い印象です。

現在、サウンドカード待ち状態です。
オークションで色々狙っているのですが、強敵に阻まれております。

プチ改造でオンボードのサウンドチップでも、結構いけてる音が出るようになり、
その上、S氏やT氏から、サウンドカードやインターフェースをお借りしましたので
サウンドカードの購買意欲が薄らいできました。でも、とある2機種のサウンドカードが
出品されれば、行きますよ。今後も狙っています。

話しは変り、やなさんが新たな一歩を歩みだしております。
こちらの動向も気になる所です。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-06-17 02:59 | オーディオ&音楽 | Comments(0)