人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 09日

CONTAX Makro-Planar 2.8/100mm

COTAX Makro-Planar 2.8/100mm は、等倍マクロだが、あまり接写しないので、もっぱらポートレートやオーディオの撮影に使っています。

d0138082_21343663.jpg
山影の朽ちそうなクレーン車
少し逆光気味だったので、解像度は今一だな
d0138082_19511351.jpg
早朝のマイカー。
適度な圧縮効果が気に入ってます。
ウエットな白が美しい。

d0138082_21363364.jpg
私の腕では、Makro-Planarの実力を引き出すことが出来ません。
もっともっとこのレンズを使って、かっこいい写真を撮影せんなんね。
頑張りま~す。




# by okamoto-arch | 2019-05-09 20:20 | もろもろ | Comments(2)
2019年 05月 07日

HELIOS-44-2

d0138082_19492630.jpg
d0138082_19492199.jpg

d0138082_19510164.jpg
d0138082_20004030.jpg
この4枚の写真は、一本の単焦点レンズで撮影したものです。
マクロから、遠景そして、奇妙なボケ。
決して、高解像度でないけど、十分な解像度。

何より、こってりとした色ノリがお気に入りです。










d0138082_19584145.jpg
d0138082_19584765.jpg
レンズの正体は、ロシア製のHELIOS-44-2です。
f2/58㎜スペック的にも復旧品のレンズですが、痘痕も靨的魅力を備えています。
最近、ヤフオクでも値が下がり気味。5,000円前後で購入できます。

楽しいレンズだと思うけど。

ヘリコイドアダプターと組み合わせると、使い勝手がとても良いです。


# by okamoto-arch | 2019-05-07 20:17 | もろもろ | Comments(0)
2019年 05月 06日

Rubidium Reference Clock v.s OCXO 中華 Clock

 やなさんのクロックジェネレーター基板もシステムに加わり、次なるアップデイトはクロック発生器。
現在、私が使っているのは、OCXOクロックを使った中華製クロック発生器です。
比較対象するものが無いので、何の疑いもなく使っています。
d0138082_20393006.jpg

 友人のトンビさんもクロックジェネレーター基板を使うために、ルビジウムのクロック発生器を購入しました。
電源を入れた当初は、中華製クロック発生器とさほど差が無く、ほっとしていました。
でも、ルビジウムクロック発生器が本領を発揮するのは3日後。

d0138082_20451933.jpg
比較試聴開始
三日前はあまり差が無かったのに、ルビジウムが覚醒したようで、中華クロック発生器より良いです。(;^_^A
隣の芝が良く見えているだけなのか、ルビジウムという名に惑わされていないか・・・・

午前に一度、午後に再度確認。
本当にプラシーボ効果でないのか

やっぱり、ルビジウムクロックの方が良いようです。103.png103.png103.png
音の輪郭が明瞭で力強い。
ボリュームが上がったように聞こえます。



むむむむ
音が良いクロック発生器とは・・・・・何ぞや?





# by okamoto-arch | 2019-05-06 20:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 05月 03日

やなさんのクロックジェネレーター基板 RETURN

d0138082_22484394.jpg
やなさんクロックジェネレーター基板が、戻ってきました。
やっぱり必要です。

# by okamoto-arch | 2019-05-03 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 05月 02日

Rubidium Reference Clock

d0138082_10062359.jpg










違いが判るだろうか?


# by okamoto-arch | 2019-05-02 10:09 | オーディオ&音楽 | Comments(2)