Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 13日

OFF会

d0138082_00245154.jpg
恒例のOFF会です。
総裁とお友達が46㎝ウーハーシステムを持参してくれました。

音楽を聴きながら、BBQです。
d0138082_00495411.jpg
d0138082_00505078.jpg
今年の目玉は、カニ
BBQの食材を買いに行ったら、輪島港で水揚げされたズワイガニが一杯1000円ほどで売られていました。
これは、買いです。
その他は、定番料理です。

d0138082_00594843.jpg
その後、Linfof工房さんの新型スピーカーを視聴しました。
ヒノキ製のエンクロージャの出来は、素晴らしかった。
d0138082_01193700.jpg
9月にLinfof工房へお邪魔した時に聞かせていただいたリボンツイーターを我が家で聞かせていただきました。
やっぱり、いいよな。

来年もカニの季節にBBQをしましょう。






[PR]

# by okamoto-arch | 2018-11-13 00:23 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 11月 11日

ウッドデッキ

我が家に、待望のウッドデッキが完成しました。⁉101.png119.png
d0138082_23444657.jpg
構想3年、施工4日 (^_-)-☆

 材料は、これ。
火事にあって焦げたものを2年前に知り合いの大工さんから頂きました。
主に105角の米ヒバと米松材です。
d0138082_23475793.jpg

米松は少し腐食していましたが、米ヒバは腐食によるダメージがありませんでした。
d0138082_23495056.jpg
米ヒバの断面です。
2年間、雨ざらしになっていたとは思えません。
ひび割れた部分から水の侵入は見られますが、その他の部分は乾燥しているかのようです。
しかし、米松は全面に水分が侵入しています。
米ヒバが耐水性に優れているのもわかります。


大きさは、およそ7mx2.2mです。
床仕上げ・大引き・束共に105角の材料で作ります。
床材が、105角なので、大引きの間隔は1m前後で設定しています。
既存の床下換気口の位置などを考慮して設置します。
d0138082_23530370.jpg
出来るだけ、米ヒバで作ります。

d0138082_23544346.jpg
まずは、大引きと束です。全部で8本必要です。
コンクリートの水勾配を考慮して束の長さを変えました。
ただし、材料はねじれやそりがあるので、あまり神経質になってもね。
一日目はこれで終了。


二日目は、近所の友人(山暮らしの師匠)に手伝ってもらって、床材の運搬の後床材の選定と加工を行いました。
基本、床面はカンナ掛けなどの仕上げは行いません。
面をとって、ささくれを防ぐ加工だけ行いました。
一部床材を仮固定しました。

d0138082_23573759.jpg
三日目は、大引き先端部の加工と、床材の一部を固定を行いました。

d0138082_00003022.jpg
水切れを考慮して、丸のこで45度に切り目を入れて、残りをチェーンソーで垂直に切断。
切断面を、ディスクサンダーで整形しました。

d0138082_00031120.jpg
105角の床材を固定するのにタルキックL=165を使いました。
充電式のインパクトでは、負荷が大きすぎるようです。
私はコード式のインパクトで下穴をあけずに固定しました。


4日目
残りの床材の固定を行いました。使えそうなヒバが無くなりました。
雨があまりかからない、建物際の床材は米松を使いました。
また、米ヒバの間柱もあったので、2枚重ねして、パッキンをかまして使うことにしました。
床材の7割ほどを固定し終えたところで、床材の洗浄を行いました。
d0138082_00050035.jpg
デッキの洗浄のために購入した、タンクタイプの高圧洗浄機です。
デッキ洗浄用のブラシタイプの先端部もあり、汚れがきれいに落ちました。(^_-)-☆

d0138082_00064086.jpg
床材をやりくりしながら、どうにか床材を張り終えました。
しかし、タルキックが100本ほど足りませんでした。
完全に完成したとは言えませんが、自宅だし、使用には全く問題ないので一応完成としました。

さあ、これからは、デッキをもっともっと使うぞ!


d0138082_00083705.jpg

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-11-11 23:38 | 建築 | Comments(0)
2018年 10月 31日

Volumio2の音源

 我が家のPCオーディオは、Volumio2を名刺サイズのPCRaspberry Pi1 model B+にインストールして運用しています。
2014年にMODEL1 B+が発売されて、すぐに購入したような気がします。
もう5年なんですね。
Raspberry Piは既に3になり、シングルコアからクアッドコアにグレードアップしています。
消費電力は1.65Wから2.295W(MAX 5.661W)に増えています。 現状、PCM再生だけなので、Raspberry Pi1で問題ないでしょう。
d0138082_06244453.jpg

Volumioも2にバージョンアップして、画面はきれいなり、使いやすくなっています。
d0138082_06220112.jpg

現在、音源をHDのNASと外付けUSB DRIVEに保存して運用しています。
特段、不満はないのですが、使っていない240GのSSDが2台あるので、SSD2台を組み込める別電源タイプの外付けHDケースを購入して、よく聞く音源をSSDにコピーして、Raspberry Piに接続しました。
d0138082_08595130.jpg
PCでは、2台のSSDは、すぐに認識しましたが、Volumioでは、2台のSSDのうち1台しか認識しません。
何度もRaspberry Piをリセットしたり、外付けHDを抜き差ししたりしましたが、うまくいきません。

Volumioの設定のMy MusicのUpdateやRescanを何度か繰り返してようやく2台のSSDが認識されました。
d0138082_09003960.jpg
画面では、4台のSUBディスクが表示されますが、1台はSystem Volume Informationと表示されていて、外付けのHDではありません。

早速、HDとSSDでどのように音が違うのか確認しました。

ん? 微妙(^^♪
違うっちゃ違うけど。
目くじら立てるほどではありません。
SSDの方が高域の抜けが良いです。全体的に少し、滑らかです。
しかし、迫力はHDの方があるかな。
我が家の環境では、SSDの場合、曲間に少しノイズが聞こえます。
演奏中は、SSDの方がノイズが少ないように思いますが

SSDとHDの差は、電源ケールやラインケーブルに比べるとうんと小さいです。
どうしてもSSDにせにゃならんというほどではありません。
でも、やってみないと、その差はわかりません。
環境や好みによってその評価は変わってきます。

興味のある人は一度お試しあれ。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-31 09:14 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 10月 29日

2018アンコールの試運転


d0138082_07442456.jpg
 煙突掃除が終わり、寒さが厳しくなる前に燃焼テストを兼ねて、アンコールに火を入れました。
ドラフトも十分です。
煙の漏れもありません。

さあ、今年はどんな冬になるのかな。
ちょっぴりだけ不安ですが、めちゃ楽しみです。



少しだけ、炎を楽しんでください。

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-29 07:49 | 薪ストーブ | Comments(2)
2018年 10月 28日

煙突掃除2018

 10月下旬になると、朝晩冷え込むことが度々。
そろそろ、薪ストーブの出番です。
シーズン開幕前には、必ず煙突掃除を行います。
薪ストーブライフの基本ですからね。


d0138082_00402486.jpg
 我が家には、3台の薪ストーブがあります。
左が自宅リビング ストーブはアンコール
右が仕事場の 専門学校で作ってもらったアイアンストーブ
もう一本は、写真はありませんが、オーディオルームにも専門学校で作ってもらったアイアンストーブがあります。

自宅リビングと仕事場のストーブは、ストーブの煙道口元の自在管を外して、レジ袋をテープでしっかり止めます。


d0138082_21443118.jpg
そして、屋根に上ってワイヤーブラシを煙突の先端からいれて、上げ下げしながら煙道に付いているすすを落とします。




まずは、オーディオルームの煙突掃除です。
d0138082_23235740.jpg
毎年のことですが、チムニートップにも、ほとんどすすの付着がありません。
煙突の中も、ほとんどすすがありません。
一応、ブラッシングしました。
すすは、ストーブ内に落ちます。



次は、自宅リビングの煙突です。
d0138082_23495262.jpg
例年、煙突トップには、すすがこびりついているのですが、今年はほとんどありません。
煙突トップを取るとすすが沢山見えます。
多分、すすは、煙突のトップ付近だけのはず。

後程、レジ袋に溜まったすすの量を確かめましょう。



最後に、仕事場の煙突です。
d0138082_00040315.jpg
こちらも煙突トップのすすが例年より少ないです。
煙突から、10㎝ほど下がったところから、うっすらとすすが付いています。



仕事場と自宅リビングのストーブのすすの量を比べます。
d0138082_00170331.jpg
自宅リビングの煙突に付着していたすすは、左の小さい方です。握りこぶしほどの大きさです。
仕事場のすすは、右の大きい方です。大きなどんぶりほどの大きさです。

d0138082_00231010.jpg
すすの重さをはかります。

自宅リビングのすすは54gです。レジ袋の重量を差し引くと46gです。
仕事場の方は373gです。厚手のレジ袋の重量を引くと357gです。

すすの量に、かなり差があります。

使用時間は自宅リビングの方が圧倒的に長いです。
自宅リビングは24時間連続運転しています。
仕事場は、日によって違いますが、一日12時間ほどでしょうか

自宅リビングの煙突はすべて2重煙突。アンコールは2次燃焼方式の高性能薪ストーブ。
仕事場は、室内シングル煙突。ストーブは2次燃焼機構の無いシンプルなストーブ。

こんなところで差が出るんですね。
でも、仕事場のストーブも暖かいし、高温で燃やすことが出来るので、とても重宝しています。




天気もいいし、屋根の上からの見晴らしもいいし 気持ちいい!!
d0138082_00343287.jpg
薪の準備も整いました。もう、いつからでも使えます。
今年は、どんな冬になるのでしょうか?
楽しみです。









[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-28 00:38 | 薪ストーブ | Comments(0)