人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 20日

STIHL 034AV SUPER メンテナンス

d0138082_09060010.jpg
 私が鞁筒に引っ越した時に、師匠のIKさんより、譲り受けたSTIHL 034AV SUPER
   型式:034AVEQW 振動加速度:15.7m/sec2 製造年月日:不明だが1990年前後 騒音レベル:98.6dB 排気量56.4m3 重量:5.5kg
   
師匠が自宅のログハウスを作るのに使ったもの。
譲り受けてから、早20年。
師匠が使っていた期間も含めると、25年は超えるビンテージ品。

最近は40㎝越えの大きな丸太以外は、軽量安価なHusqvarna 137を使用しているので、使用頻度は少ないけど、いざという時に無くてはならない大事なチェーンソーです。
 10年ほど前に、師匠にメンテナンスをしてもらったけど、それ以来簡単な掃除だけしかしていませんでした。
無性に、機械いじりをしたくなり自分で出来る範囲でメンテナンスをしました。


まずは、キャブレーター周りです。
d0138082_09212582.jpg

フィルターをガソリンに浸けて、コンプレッサーでも取れないこびりついた汚れを落とします。
d0138082_09222582.jpg
おお、結構汚れが、たまっていました。

次にスターター及びフライホイル廻りの清掃です。
d0138082_09262739.jpg
げげっ!
オイルまみれの木くずでいっぱいです。
杉板を細く割いて、木くずをかき出し、コンプレッサーで吹き飛ばします。
この作業を何度も繰り返して、問題ないだろうレベルまで、きれいにしました。
d0138082_09461397.jpg
d0138082_09461775.jpg
ぷラグのチェック。
d0138082_16371988.jpg
BOSCHですね。ということは、購入時のままかな
汚れが付着しています。使用頻度が少ないので、古い燃料を使うことが多くなるからかも。
気を付けないと。
もうそろそろ、交換したほうが無難です。

刃とバーをチェック。
バーにかえりがありましたので、やすりでかえりを取り除き、メンテナンス終了です。


年に一回、しっかりメンテナンスをしないといけませんね。
反省です!


by okamoto-arch | 2019-05-20 10:39 | 日常 | Comments(0)
2019年 05月 18日

ウッドデッキ

d0138082_08510491.jpg
 昨年の晩秋に作ったウッドデッキ。まだ、いくつか工事が残っています。
その一つに、デッキ端部の仕上げです。
とりあえず、曲線で仕上げようかな。
油性ペンで書いてみます。
切るとしたら、チェーンソー。
私の腕じゃ、あまり複雑な曲線は無理だろな。
簡単な曲線にカットすることにします。

d0138082_08573104.jpg
切り落とした床材は、来年の薪にします。




次にカット面を整えます。
d0138082_08591102.jpg
d0138082_10132528.jpg
木工用ディスクサンダーで面を取って、ランダムサンダーで磨きます。
一番右側のみ、試しにカット面を整えました。仕上げはザックリでよいかな。
でも、ランダムサンダーで一磨きした方が、小口からの水の侵入が少なくなります。


その次に、デッキ材の割れやあばれによって出来た危険個所をディスクサンダーで削ります。
d0138082_09013570.jpg
d0138082_09013357.jpg

d0138082_09030749.jpg
d0138082_09043733.jpg
こんな感じで磨いてみました。
とりあえず、良しとしよう。

最後に掃除です。
掃除には、これこれ
d0138082_09063851.jpg
高圧洗浄機の出番です。先端をデッキブラシタイプのアタッチメントにしてデッキで磨きながら水洗いします。
d0138082_09082530.jpg
こりゃいいわ。汚れがどんどん取れます。
こんなにも、汚れていたんですね。
d0138082_09083867.jpg
きれいになりました。(^_-)-☆
最近雨が降らないので、一日で乾燥。

d0138082_09101494.jpg
椅子とテーブルを戻して
気持ちイイ。
今年も、気持ちイイを沢山経験したいな。





d0138082_10344798.jpg
心なしか、メダカ達も喜んでいるような(^_-)-☆



by okamoto-arch | 2019-05-18 09:11 | 建築 | Comments(0)
2019年 05月 17日

メダカの赤ちゃん誕生

d0138082_09412252.jpg
GR DIGITAL 3
d0138082_16491016.jpg

GR DIGITAL 3 + GW-2
早朝、メダカのエサをやってから、赤ちゃんメダカ鉢をチェック。
いました。
今年最初の孵化です。ヒメダカ4匹・黒メダカ2匹
明日の朝には、もっとたくさん生まれているだろうな。


by okamoto-arch | 2019-05-17 09:44 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 05月 16日

刈り残し

d0138082_05433454.jpg
CONTAX Vario-Sonnar 4/80-200

例年GW前に行う草刈りをさぼってしまい、GW最終日に行った。
この10日間ほどの間に、雑草が大きく育ってしまい、一回の草刈りでは、きれいに刈ることが出来なかった。


その時に刈った草も枯れてきて、2回目の刈り時なんだけど、刈り残しの雑草が、花を咲かせてしまった。
きれいなんだけどね。

君の名は? 
私の中では、野菊なんだけど 
野菊とは、特定の種を示すのではなく一般的通称です。
正式名称は、たぶんハルジオン。
花言葉:追想の愛
どうでもいいけど、自分には似合わね~!


今、刈るべきか刈らざるべきか







実は、草刈りがどうにも好きになれない。
こまめに草刈りをすればよいのですが。
草刈りに、喜びを見いだせないので、なんだかんだ理由をつけて、先送りしてしまう。
刈り時を逃してしまい、一度で終わる作業が2度行うことになる。
悪循環を繰り返している。

わかっているけど、どうにもならない。

誰か、草刈りの楽しみ方教えて~!




by okamoto-arch | 2019-05-16 06:31 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 05月 15日

つぼみ

d0138082_13491733.jpg
スイレンの蕾が出てきました。(^_-)-☆
昨年は、13個の花が咲きました。
今年はいくつ咲いてくれるでしょうか?
この写真のスイレン鉢には、3つの蕾が顔を出しています。

d0138082_13491405.jpg
写真じゃ一つしか見えない思うけど、よく見ると、この鉢でも二つ。
今年は、昨年以上に咲いてくれそうな予感がします。

そろそろ、追肥しなきゃ。


by okamoto-arch | 2019-05-15 07:17 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 05月 12日

つるつる


d0138082_10331369.jpg
スイレンの葉の隙間から顔を出して、井戸端会議。
「最近、雨が降らないわね」
「そうね、スイレンの葉っぱも汚れているし。」
「雨が降れば、きれいになるのに なぜこんなに汚れているの?」
「ご主人様が、薪割していたからよ」
「ご苦労様だね。 ところで雨降らないのかな」
「しばらく、降らないみたいよ」

d0138082_10332451.jpg

ならば、ご主人様が、メダカ鉢に水を足してあげよう。

d0138082_10430885.jpg
d0138082_10425736.jpg

d0138082_10430001.jpg
こんなにいっぱいにしなくてもよさそうなんだけど。




Sony α7Ⅱ+Contax Planar 1.4/50


by okamoto-arch | 2019-05-12 10:44 | 鞁筒の自然 | Comments(2)
2019年 05月 09日

CONTAX Makro-Planar 2.8/100mm

COTAX Makro-Planar 2.8/100mm は、等倍マクロだが、あまり接写しないので、もっぱらポートレートやオーディオの撮影に使っています。

d0138082_21343663.jpg
山影の朽ちそうなクレーン車
少し逆光気味だったので、解像度は今一だな
d0138082_19511351.jpg
早朝のマイカー。
適度な圧縮効果が気に入ってます。
ウエットな白が美しい。

d0138082_21363364.jpg
私の腕では、Makro-Planarの実力を引き出すことが出来ません。
もっともっとこのレンズを使って、かっこいい写真を撮影せんなんね。
頑張りま~す。




by okamoto-arch | 2019-05-09 20:20 | もろもろ | Comments(2)
2019年 05月 07日

HELIOS-44-2

d0138082_19492630.jpg
d0138082_19492199.jpg

d0138082_19510164.jpg
d0138082_20004030.jpg
この4枚の写真は、一本の単焦点レンズで撮影したものです。
マクロから、遠景そして、奇妙なボケ。
決して、高解像度でないけど、十分な解像度。

何より、こってりとした色ノリがお気に入りです。










d0138082_19584145.jpg
d0138082_19584765.jpg
レンズの正体は、ロシア製のHELIOS-44-2です。
f2/58㎜スペック的にも復旧品のレンズですが、痘痕も靨的魅力を備えています。
最近、ヤフオクでも値が下がり気味。5,000円前後で購入できます。

楽しいレンズだと思うけど。

ヘリコイドアダプターと組み合わせると、使い勝手がとても良いです。


by okamoto-arch | 2019-05-07 20:17 | もろもろ | Comments(0)
2019年 05月 06日

Rubidium Reference Clock v.s OCXO 中華 Clock

 やなさんのクロックジェネレーター基板もシステムに加わり、次なるアップデイトはクロック発生器。
現在、私が使っているのは、OCXOクロックを使った中華製クロック発生器です。
比較対象するものが無いので、何の疑いもなく使っています。
d0138082_20393006.jpg

 友人のトンビさんもクロックジェネレーター基板を使うために、ルビジウムのクロック発生器を購入しました。
電源を入れた当初は、中華製クロック発生器とさほど差が無く、ほっとしていました。
でも、ルビジウムクロック発生器が本領を発揮するのは3日後。

d0138082_20451933.jpg
比較試聴開始
三日前はあまり差が無かったのに、ルビジウムが覚醒したようで、中華クロック発生器より良いです。(;^_^A
隣の芝が良く見えているだけなのか、ルビジウムという名に惑わされていないか・・・・

午前に一度、午後に再度確認。
本当にプラシーボ効果でないのか

やっぱり、ルビジウムクロックの方が良いようです。103.png103.png103.png
音の輪郭が明瞭で力強い。
ボリュームが上がったように聞こえます。



むむむむ
音が良いクロック発生器とは・・・・・何ぞや?





by okamoto-arch | 2019-05-06 20:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 05月 03日

やなさんのクロックジェネレーター基板 RETURN

d0138082_22484394.jpg
やなさんクロックジェネレーター基板が、戻ってきました。
やっぱり必要です。

by okamoto-arch | 2019-05-03 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(0)