Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 28日

やなさんAK4493DMセカンドインプレッションとAK4497DM2改

 AK4493DM+LT3042を1日連続運転させて、改めて試聴しました。
まじか!ってくらい良くなっています。
音の立上がりに力強さが備わってきました。
DSD24.5MHzはぎりぎりって感じですので12.2MHzの方が、DSDらしい落ち着いた滑らかな音です。
PCM768KHzは全く問題ありません。
PCMとDSDの音の差が、今までのDACに較べると少ないです。
一個1,000円だからといって侮れないAK4493EQ


 それじゃ、最上級期KA4497EQはどうなの
やなさんのAK4497DM2改も送られてきましたので、急いで試聴します。
ちなみに、AK4497DM2の電源部にはADM系のICが使われています。
d0138082_09105105.jpg
 たぶんエージングが必要だろうけど、あえてファーストインプレッションは、基板修正前とあまり変わりません。
パワー感があるけど、ピントが合っている感じはAK4493DM+LTかな。

 しかし、試聴を続けると徐々にAK4497DM2改の実力が出てきました。最上級DACに恥じないスケールの大きな音が出るようになってきました。
でも、もう少しエージングしてから、評価した方が良さそうです。

12時間後
 連続演奏していたので、DACは十分に暖まっています。パワーアンプもプリアンプも真空管なので、最初は少音量で15分間軽く演奏させます。
このような状況でも、昨晩よりスケール感が増しているのがわかります。

さて、フルボリュームで聞きます。
最初にPCM768KHz。
d0138082_09452534.jpg
良いですね。前回試聴時より、ピントが合っているので、音の立上がりが明確になってます。
最近は、Grundig360を使って試聴しているので、音像の明瞭さに敏感です。
また、音場は以前同様スピーカーラインに展開します。
d0138082_09460087.jpg
次に、DSD24.5MHzで聞きます。
AK4493DM_LTと、最も違うのは、DSD24.5MHzを再生です。
優雅で堂々としていて、滑らかな音です。
これぞ、最上級DACという音がします。
スピード感を重視するならPCM。
ゆったり美しい響を重視するならDSDでしょうか。
でも、その差はさほど無いんだけど。

AK4497DM2改によって、本来のAK4497EQの性能が発揮できたように感じます。

AK4497DM2の電源ICをLTに替えたらどうなるのだろうか?などと妄想しています。101.png



[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-28 18:19 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2018年 02月 27日

やなさんAK4493DMファーストインプレッション

d0138082_09211861.jpg
 旭化成の新しいDACチップAK4493EQを左右それぞれ1個つづ搭載した、やなさんAK4493DMを試聴します。
AK4493EQはAK4490EQに変わるDACでAK4497EQの下位DACの位置づけです。
性能的にはAK4495EQを越え、限りなくAK4497EQに近いです。
 この基盤では、電源供給を全て3端子レギュレータ基板から行っていて、お好みの電源ICが使えるので音の調整幅が広くなっています。
d0138082_09324201.jpg
今回の試聴のために送って頂いた三端子レギュレータはADM715XとLT3042です。
d0138082_09341305.jpg
まずは、ADM715Xです。
まずはPCM768kHzで試聴します。
廉価版と見くびっていましたが、ちょっとびっくりの音です。
音の立上がりが早く、すっきりした明るい音です。
次にDSD24.5MHzを聞きます。
PCMとの差が小さいです。
これが廉価版?
AK4495DMと同等の音だと感じます。

d0138082_09460728.jpg
次に三端子レギュレータをLT3042に取り替えました。
おっと、音の立上がりが早いです。
音抜けが良くなり、限界ボリュームも大きくなります。
2クラス音が良くなります。
LT3042を使ったAK4493DMは、AK4495DMを越え、限りなくAK4497DM2に近づいていると思います。

電源でこんなに違うのか。

使い始めて間もないので、しばらく連続運転をして、再試聴をします。
これは面白いDACです。




[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-27 18:51 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2018年 02月 20日

やなさん R-2R基板聞き比べ中

d0138082_11242278.jpg
やなさんの新旧R-2R基板それぞれ2種合計4つのR-2R基板を聞き比べしています。
左側が32Bit版R-2R DAC基板で、右側の一回り大きな基板が4パラR-2R DAC基板で2枚使った差動出力となっています。
DA変換のロジックICは左下段がHCタイプ、左上段がVHCタイプ、右下段がVHC、右上段がAHCです。
さて、どれほどの違いがあるでしょうか。
試聴結果は、随時アップしていきます。

試聴記
4パラR-2R基板のエージングにそれぞれ3日ほど連続運転をしてから、試聴を行いました。
再生方法は、ラズパイ→DAI3でPCM44.1kHzを368kHzに変換→分配基板→R-2R基板→トランス
まずは、常用のHCです。
ほんの少しだけ、荒さはありますが、帯域バランスが自然でそこそこ解像度もあります。
この基板を基準として、他の基板を評価します。

まずは、トンビさん製作のVHC盤です。
d0138082_13574803.jpg
この基板は最終段のフィルター抵抗に、高級カーボン抵抗が使われています。
この抵抗の効果でしょうか、以前聞いたやなさん製作のVHCよりも音が良いと思います。
我が家のHCと較べると、滑らかで荒さが感じられません。
帯域バランスも良いし、上品な音です。
決してHCが下品な訳ではありませんが、トンビさんのVHC盤に負けています。
私も最終段の抵抗を高級カーボン抵抗に交換しようかな。

次に、同じVHC4パラR-2R基板を聞きます。
d0138082_15555915.jpg
ダイナミックレンジが広がり、VHCの緻密さに力強さが加わっています。
これは良いですね。
しかし、シングルも捨てがたい。
感度の良いシステムならトンビさんのVHCでも良いかも。
低域の出にくいシステムなら、4パラがよいと思います。
この当たりは、システム構成によって違ってくると思います。

続いて、AHCの4パラを聞きます。
VHCよりも明るくて元気な音です。
迫力があってドバーッと音が出てくる感じがします。
明らかに、Grundig360が悲鳴を上げています。
ICの4パラ化によってインピダンスが下がって、駆動力が上がるからでしょうか
大型システムと合いそうです。
じっくり聞き込むと、少々問題点も感じられました。
少し、音像が大きくなることです。
ピントが少し曖昧になります。
そのことをやなさんに連絡すると、部品が足りなかったのでメーカーが混在しているようです。
4パラを製作するときは、ICの特性管理が出来ると良くなるだろうな。




[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-20 13:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 02月 09日

つらら

d0138082_11112411.jpg
自然が作り出す美しい形。
厳しさ故の美。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-09 11:14 | 日常 | Comments(5)
2018年 02月 07日

今朝の鞁筒20180207

昨日のどか雪もなんとかしのぐことが出来たけど、今朝はどうだろうか?
d0138082_16053685.jpg
良かった。今朝は2・30cmほどの新雪でした。
雪も降っていないし、さっさと除雪を済ませました。

除雪作業が終わったころから、急に横殴りの雪が降り出しました。
d0138082_14500000.jpg
あれよあれよという間に、20cm以上つもりました。
やってられません と言いながら、テンションが上がっています。
d0138082_14523162.jpg
学校は休校なので、息子達と除雪をしました。
玄関前から、BBQハウスの方へのスロープは雪捨て場を確保するためです。
スロープは軽く2mを越えています。
d0138082_14410948.jpg
昨日に続き、積雪量を測定。
なんと1.6mに達しています。
凄い!
d0138082_16042588.jpg

雪すかしで、体中筋肉痛だけど、雲の合間から太陽が顔を出すと、メチャ気持ちよいです。
d0138082_15000923.jpg

メダカ鉢は完全に埋もれています。
救出します。
薄氷が張っているけど、大丈夫みたい。
d0138082_15442902.jpg





午後3時前から、停電になりました。
簡易水道なので、停電になると、水道も止まります。
困ったな。

北陸電力の停電情報だと復旧予定が6時になっているけど、ホームページの更新が遅れ遅れになっている。
飲料水は、あるけど少し水を確保した方が良さそうです。
d0138082_15533453.jpg
雪を溶かして水を作ります。
薪ストーブがあると便利です。

6時を過ぎても復旧しそうにありません。
ホームページでの復旧予定時刻は7時半になっています。

d0138082_15541189.jpg
がんがん、薪を燃やして、暖と明かりを確保します。
d0138082_15571532.jpg
テーブルの明かりはろうそくを使います。
妻はスマホのライトで料理を作っています。
ガス調理器で良かった。101.png
7時半が過ぎても、電気が復旧しません。
d0138082_16074184.jpg
やることがないので、家族で大富豪をして盛り上がりました。
8時過ぎだったかな、突然電気が復旧しました。

雪と停電に見舞われ、大変な一日でした。


[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-07 23:42 | 日常 | Comments(2)
2018年 02月 06日

今朝の鞁筒20180206

d0138082_10024640.jpg
d0138082_10024931.jpg
朝、6時玄関の扉を開ける
真っ暗だけど、何もかも雪で埋もれているのはわかる。

どこから手を付けて良いやら、一瞬、途方に暮れる
山へ引っ越して19年。一晩で降った雪としては、一番多いかも。

手をこまねいていても、らちがあかない。
とりあえず、又まである雪をスコップとスノーダンプで少し少しどけて、雪を運ぶ道を確保。
休校で家にいる息子達と一緒に除雪を行いました。
7時頃になると、お隣さんが除雪機で県道までの悪雪道路を除雪開始。
私は、県道出口の雪の壁をどかしたりして、午前9時にアクセス道路の除雪が終了しました。
d0138082_10310000.jpg
休憩後、車廻りの除雪を開始
d0138082_10332690.jpg
現在、積雪は1.4mです。
結構降ったな。

d0138082_12195780.jpg
バルコニーは、屋根雪で埋まってしまいそうです。
d0138082_12200099.jpg
2台の車を救出が終わったのは、午後2時。

もう、写真を撮影する元気がありませんでした。
除雪作業にお疲れ様でした。




[PR]

by okamoto-arch | 2018-02-06 17:36 | 日常 | Comments(2)