Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 16日

憧れのGauss HF4000 その後

d0138082_09383681.jpg
ツイーターのコンデンサ容量をアップして、2440に無くてHF4000にあるものが得られてと思ったけど、HF4000を使うと、やっぱりHF4000の方がずっと良いように感じる。
d0138082_09383364.jpg
d0138082_09382968.jpg
何がどう違うのか、説明できないけど



[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-16 02:06 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 10月 15日

バチ子 ダクト調整

d0138082_09375071.jpg
最近、バチ子の低域が出すぎなので、ダクトを調整しました。
今までは、100Φの塩ビパイプ長さ10㎝でしたが、塩ビパイプを取り外しました。
そして75Φの紙管製純正のダクトを取り外して、ダクトカバーの開口を95Φにしました。
d0138082_09374563.jpg

一般的には、100Φなんでしょうが、取り外し可能なダクト開口部の大きさと、ダクトから出る低域の量を考慮して95Φとしました。
こんな明細な作業は、私にはできませんので、Linfof工房さんにお願いしました。
ダクトは、3枚の板で構成されています。
ダクト開口から順番に、95Φx18㎜ 次に100Φ24㎜ 次に110Φ24㎜となっています。
板厚の合計が65㎜となります。
d0138082_12105069.jpg
ダクト開口寸法を一番小さな95Φとして、シミレーションすると、
ダクトの共振周波数は35.78㎐から37.27㎐に上がります。
focは78%になり、ダクトの依存度が下がるので、自然な再生音が期待できます。

さて、音出しです。
いい感じです。
重低音の迫力は、少し無くなったけど、超低域を必要としない通常の音楽を聴くには、今の方が良いです。
少し、間口が広がったように感じます。




[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-15 12:22 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2018年 10月 09日

台風25号の宴

d0138082_18453480.jpg

台風25号が近づいてきた6日の夜、ご近所さんのBBQに行ってまいりました。
うれしい。
今回は、今が旬のサンマとハタハタやヤリイカなどを頂きました。
d0138082_18104975.jpg
d0138082_18105786.jpg


酔いがまわってきたころには、結構な風が吹いていましたが、お酒の勢いに任せて、時折吹く突風をも楽しみながら夜遅くまでデッキで楽しみました。
遅くまで、すみませんでした。
これに懲りず、また、誘ってください。(^_-)-☆

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-09 18:31 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2018年 10月 09日

PCブルースクリーン

d0138082_08501624.jpg
それは、仕事中に突然やってきた。

何度か、自動修復プログラムで修復を試みているようでしたが、ついに、停止してしまいました。

windows が立ち上がれば、修復ポイントまでさかのぼれるのだが、それが出来ない。
リカバリーDVDが見当たらない。管理ミスです。

仕方なく、予備のSSDにクリーンインストールしましたが、フォーマットをしても以前のオペレーションシステムの痕跡が残っているのか
起動時にオペレーション選択の画面が出てきてしまいます。
ちょっと気持ちよくありません。

起動時にOSの選択画面を表示させない設定があるようです。3秒待てない人は、試してください。

また、windowsには、PCモニターの機能があるようで、コントロールパネル→システムとセキュリティ→セキュリティとメンテナンス→メンテナンス→信頼性モニターで最近のPCの状態が確認できます。

d0138082_09191506.jpg
信頼性の詳細を表示すると、7日10時15分ごろに起きたことがわかりません。
前日には、Windowsの自動アップデイトが3項目行われています。
モニター結果を見ると、信頼性が下がる前日にwindows のアップデイトが行われています。
自動アップデイトの見直しが必要かもしれません。
アップデイトの前に復元ポイントの作成をしておくと、リスクが軽減できます。

アプリをインストールしていくと、古いアプリでインストール出来ないものがありました。

困りました。

ダメもとで、ブルースクリーンになってしまった、SSDで再度起動しました。
F9キーで別のオペレーション選択が出来るようになりました。
そして、無事windows 10が起動しました。
なぜ、今回は起動できたのでしょうか?
起動時にOSの選択画面を表示させない設定をしたり、PCの診断をしましたが、特にこれといったエラーがありません。
一応、復元ポイントの作成をして作業終了。
遠回りしたな。

自動アップデイトを通知のみとして手動でアップデイト出来るようにしたいのですが、まだ、行っていません。
アップデイトを行う前に復元ポイントを作成するようにしたいです。
でも、今回のように、windows が立ち上がらないとどうにもなりません。
やはり、リカバリーディスクの作成が必要です。

d0138082_08502039.jpg
ついでに、PCのお掃除です。
吸気ファン・CPU冷却ファン・排気ファン・電源のファンがあるためか、PC内部は埃でいっぱいです。
昨年末に掃除していますが、半年に一度は掃除しないとあかんな!


2日半格闘しました。いろいろな情報が得られました。
OSをインストールするドライブは、SSDよりHDの方が、信頼性が高いのかな。
それとも、OSの問題なのかな。
立ち上がりは、間違いなくSSDの方が早いけど

もうしばらく、検討します。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-09 10:14 | もろもろ | Comments(2)
2018年 10月 04日

Western Electric マイカコンデンサ


JBL2440に無くて、Gauss HF4000あるもの
JBL2440にあって、Gauss HF4000に無いもの
個性が少し違うけど、どちらもよいドライバーだと思う。
JBL2440は自分のものだけど、Gauss HF4000はMさんのもの
今のうちにHF4000の良いところを吸収しておかねば


d0138082_21262526.jpg
ということで、ツイーターのGauss1502のカットオフ周波数を少し下げるため、コンデンサを追加しました。
d0138082_22074373.jpg
まずは、癖の無いスチコンを追加しました。7000Jと記載されています。
0.007μFだと思いますが、テスターで計測すると0.01μFほどでした。
Jは精度を表すそうで、±5%以内ということのようです。
少し計算が合いませんが、気にしないことにします。


d0138082_11334364.jpg
それと秘蔵のWestern Electricのマイカコンデンサです。
10220μμFと表記されています。テスターで計測すると0.01μFです。
スチコンとほぼ、同じ容量ですが、かなり音が違います。
スチコンは柔らかく無個性ですが、WEのマイカコンは、エッジがたった音です。
でも、WEの良いところは、音が痩せないところです。
それどころか、高域が太くなります。
癖の無いスチコンとWEのマイカコンは良い組み合わせです。

しばらくの間、HF4000と2440を聞き比べて、自分の音に近づけたらいいな!!

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-10-04 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(3)