Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 15日

プチOFF会準備その2 DAC編

ジャジャジャジャーン。やなさんのFINAL R-2R DACです。
d0138082_11334817.jpg
 プチOFF会の参加者は私のつたないブログに書き込みを頂いている方で、DACに興味がある方でしたので、喜んでいただけるかしら。
オフ会の二日前に届きましたなかなか時間が取れず、調整不十分の状態でした、かなり良いですね。

 ES9038DMと比べると、音のまとまりが良く、音楽に集中できます。
帯域はES9038DMほど、広くはありませんが、音楽を聴くには十分です。
S/Nと空間情報量はES9038DMには、及びませんが、私には十分な性能です。
我が家のように低域が少しブーミーなシステムでは、R-2Rの方が良い結果になります。
逆に小型システムだと、ES9038DMの方が良かったりします。

これは、悩ましい基盤です。
ES9038DMは帯域が広く、出力も大きいので、I/V変換方法も含めて、システムチェックには良いのですが、調整不十分なシステムでは欠点が目立つこともあります。
我が家は、まさしくその状態です。

R-2R DAC基盤はiCの変更によって以前のものよりもさらに良くなっています。
もともと、 R-2R DACの音が好みでしたが、ES9038DMとは別の良さがある基盤に仕上がっています。

現在、在庫なし状態のようですが、追加販売されるとよいですね。





[PR]

# by okamoto-arch | 2019-01-15 12:04 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 01月 15日

プチOFF会準備その1 LM3886アンプ編

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

先日、プチOFF会がありました。
それに備えて、トンビさんにお願いして、LM3886アンプをお借りました。
d0138082_11002643.jpg
上段が、リニュアルされた3パラ(電源部ツインモノ化)
下段が、こちらもリニュアルされたやなさん4パラアンプ(電源部が別筐体)
どちらのアンプも以前よりも良くなっていました。
特に3パラはツインモノ化されたため、セパレーションが格段に良くなっていました。
電源部の重要性を再認識。
セパレーションに関しては、ほぼほぼ、モノラルと変わらないレベルでしょう。
やなさん4パラは、電源部を別筐体にしているので、S/Nは良くなっていると思います。
音の変化もあったと思うけど、同時に聞き比べないとわからないレベルです。
d0138082_11092981.jpg
以前やなさん4パラに使われていたケースに3パラ(ツインモノ電源)を移植
d0138082_11092677.jpg
3パラに使われていたケースにやなさん4パラ基盤とコンデンサを移植し、ツイン電源部を別ケースに


しかし、4パラでも、ダブルウーハーを駆動しきれていないような気がします。
そこで、トンビさんに、さらなる無理を言って、8パラもお借りしました。感謝感謝です。

d0138082_11174217.jpg
下段の黒いアンプです。

こりゃすごい。
Gauss4583ADWx2から放たれる音パワーがものすごいです。
部屋中、鳴きまくります。
部屋を片づけねば。
それより、制御しきれるかな。
今までとは全然違う。

高域は、やなさん4パラを使って、野人とかしたスピーカーを制御していきます。
レベル調整、位相調整などを繰り返して、どうにか、人様にお聞かせできるレベルに達したかな。
あくまでも、私レベルでの話ですが

でも、低域のある帯域がブーミーになります。
その部分は解消することが出来ませんでしたが、何とか醜くならないレベルでごまかしました。





[PR]

# by okamoto-arch | 2019-01-15 11:31 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2018年 12月 31日

ありがとうございました。

d0138082_21594505.jpg
今年も残り数時間となりました。
つたないブログへお越しいただきありがとうございました。

今年は、上下別々のエンクロージャーだったバチ子に穴を開けてあけて、300L箱に改造しました。
その後、ウーハーの調整に明け暮れて、徐々にそれらしい音になってきましたが、まだまだです。
引き続き、煮詰めていきたいと思っています。

来年も、ぼちぼちブログを続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
それでは、皆様良い年をお迎えください。


[PR]

# by okamoto-arch | 2018-12-31 22:02 | もろもろ | Comments(6)
2018年 12月 09日

プチテーブル

d0138082_17222588.jpg
ウッドデッキで使う、一人用の小さなテーブルを作りました。
寒さに負けず、出来立てのテーブルでCOFFEE BTEAK!
旨い! でも、すぐに冷めちゃいます。



以下は、木工技術が無くても出来る、出費0円テーブルの製作の記録です。
d0138082_17290078.jpg
大工さんにもらったケヤキの端材。厚さ25㎜ほど。
少しだけ丸のこと、ディスクサンダーで、形を整えました。
d0138082_17484718.jpg
80番のペーパーで磨きます。
あれれれ
帯鋸の跡が、浮き出てきました。
困ったな!
磨いても磨いても帯鋸の跡が消えません。
軽く電気鉋をかけましたが、跡は消えませんでした。
でも、少し表面が平滑になりました。
今度は、ランダムサンダー使って120番のペーパーで磨きます。
一時間ほど磨きましたが、それでも帯鋸の跡を完全に消すことはできませんでした。
240番のペーパーで磨くと、凸面だけが光って帯鋸の跡がまたもや目立ってしまいました
平滑にするのは無理とあきらめ、ランダムサンダーを少し斜めにして帯鋸の凹面を磨いて跡を消します。
こりゃいいや。
次に400番のペーパーで、磨きます。
d0138082_18173115.jpg
結構いい塩梅にありました。
さらに、ウエスで磨き、1000番のペーパーで磨きました。
そして、リボス・アルドボスを塗って天板は完成です。

さて、足は・・・・・・
倉庫に眠っていた、ずん切りの先端に四角いプレートが溶接されてものを使います。
d0138082_18502873.jpg
我が家は、以前ログハウスメーカーの加工場でした。その時使っていたと思われるものです。
ノッチ組した丸太を上下で締め付けるために使っていたと思われます。
このずん切りをディスクサンダーでカットして、着色しました。
d0138082_18563397.jpg
着色工程は、錆び取の後、プライマー3回塗り、アクリルペイント5回塗りです。
足の着色に3日間もかかりました。
一晩養生して足の取り付けを行いました。
d0138082_18593245.jpg
足は4本作りましたが、3本の方が、見た目のバランスはよさそうです。
でも、テーブルの端っこに、荷重をかけると、ひっくり返ってしまいます。
いつかやらかすだろうな。(^_-)-☆




[PR]

# by okamoto-arch | 2018-12-09 19:05 | 建築 | Comments(3)
2018年 12月 02日

やなさんNew DSD原理基盤

d0138082_18061510.jpg
 やなさんの新しいDSD原理基盤を視聴させていただいています。
DSD原理基盤、懐かしいな。

5年前と大きく変わったのは、抵抗がチップ抵抗となったことと、ロジックICが74574から7454になったことです。
NewやなさんDACの目玉は、その7454ロジックICです。
1ビット毎に差動出力出来る7474ロジックICを採用する事で、正確な差動出力を実現しました。


さて、音出しの準備です。
電源は、5.5V 2系統のみ。しかも消費電力は150mAと省エネです。(^_-)-☆

Raspberry Pi Model b+(Volumio2)→DAI3(DSD24.5Mに変換)→分岐基盤→New!DSD原理基盤→トランスと繋ぎ音出しです。
d0138082_18061827.jpg

おっ ES9038DACと、大きくは変わりません。(いい意味で)

ES9038より滑らかで、自然な響きです。
フィルター回路が良いのでしょうね。
FIRフィルタは抵抗値によって変えることが出来ますが、今回はやなさん原理基盤の標準値となっているようです。
帯域は、ES9038DACの方が、広いように感じます。もしかすると、滑らかなのでそう感じるのかもしれません。
どちらにせよ、帯域の不足感は感じません。

S/Nは、若干ES9038DACより劣りますが、十分静かです。
DSD原理基盤の場合は、ケーシングすれば、S/Nの改善が見込めますので、全く問題ないと思われます。

音が弾む感じで、音楽を楽しく聞くことができます。
嫌な音が出ない。
言葉にするのは難しいけど、何かよいです。

ES9038は、とにかく正確無比です。
現存するDACチップの頂点に君臨しています。
そのDACに迫るNewやなさん原理基盤は、凄いと思います。

チップ抵抗のはんだ付けが大変そうだけど、腕に自信のある方は、ぜひ挑戦してください。
d0138082_10054705.jpg

[PR]

# by okamoto-arch | 2018-12-02 08:19 | オーディオ&音楽 | Comments(2)