人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 08日 ( 1 )


2019年 04月 08日

和斧の柄 交換

 昨シーズンから使っている和斧の柄が、ミスヒットによって裂けるように折れてしまった。
d0138082_23251798.jpg
困ったな。年々体力が無くなっているので、今後さらい和斧を使うことが多くなるだろうし・・・・・

とりあえず、ググるとAMAZONで似通った柄を発見。
何でもあるんだな。
2000円少々か。
8800円で新品の和斧が購入できるので、微妙な価格ですが、ヘッドは全く問題なので、柄だけを購入することにしました。
d0138082_23290961.jpg
d0138082_23292166.jpg
長さは、ほぼ同じだけど、先端部分は一回り太いようです。
難儀だな (^-^;

まずは、和斧のヘッドを外さないとね。
d0138082_23320316.jpg
ドリルで柄の先端に穴をあけると、良い塩梅に緩み、ハンマーでヘッドを叩くと外れました。



d0138082_23333969.jpg
柄の先端部分を比較すると、かなり大きさが違います。どうやってヘッドの開口に合わせようか?
d0138082_23365763.jpg
まずは高さを合わせるために、先端部分を丸のこで7㎜ほど切断しました。

次に厚みを落とします。
d0138082_23385430.jpg
d0138082_23390479.jpg
両面に5㎜の鋸目をいれ、のみでざっくり削ります。
d0138082_23422168.jpg
そして、次に木工ディスクで削り、ヘッドの開口断面形状にざっくり合わせなます。
d0138082_23423768.jpg

少し先端が入った時点で、ランダムサンダーで、慎重に先端部分の形状を整えます。
d0138082_23472976.jpg
いい感じになってきました。この時点で柄の先端がヘッド開口に1cmほど入ることを確かめ、柄の先端にくさびを入れるための切込みを入れます。
d0138082_23500241.jpg
長手方向の切り目には木のくさびを入れ、短手方向には鉄のくさびを入れます。
先端に切込みを入れると、柄の先端の動きに余裕が出来るので、ヘッドを上にして柄のグリップ側で土間コンクリートをトントンと叩くと、すんなり入りました。
d0138082_23571623.jpg
木のくさびはケヤキの端材で作ります。
厚み5㎜の板の先端をランダムサンダーで細くとがらせます。

そして長手方向の切り目にケヤキのくさびを打ち込みます。
d0138082_23575597.jpg
3㎝ほど入ったかな。
d0138082_23592041.jpg
ヘッドから突き出た柄の先端をくさびごとカットします。

いい感じ(^_-)-☆。


d0138082_00001131.jpg
そして金属くさびを打ち込みます。

これで完璧とにんまり(^_-)-☆。


d0138082_00012729.jpg
あれれ、ひびが。金属くさびを入れるための切込みが短かったようです。

さほど影響は、ないと思うけど。
タイトボンドを注入します。

d0138082_00024104.jpg
最後に柄を保護する鉄板を取り付けて、作業終了です。102.png102.png102.png
試し割りをしましたが、問題なさそうです。

柄の形状が変わると、慣れるまでに少々時間が必要ですが、残りの薪をGW前に割り終えるよう頑張ります。



by okamoto-arch | 2019-04-08 00:06 | 鞁筒の自然 | Comments(0)