Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 31日 ( 1 )


2018年 08月 31日

6336App号の真空管選び

d0138082_01362402.jpg
じゃじゃ~ン!
桐ダンスから出てきた真空管。
これは、kazzさんに作っていただいた6336App号の出力管の予備です。
d0138082_01354983.jpg
いっぱいあるね。
こんなにため込んじゃったのか(^_-)-☆
残りの人生を考えると、こんなに要らないな・・・
息子たちは、このアンプの価値がわからないだろうし

先日までは、6336Aのハイμ管TUNG-SOLの6528を使っていたんだけど、Raytheonの6336Aに変えると音量は小さくなるけど、低域の質もよいし、バランスも良い感じです。
でも、左の6336Aはゲッターが小さくなっていて、右に比べると出力も小さいです。
比較的Raytheonの6336Aは入手しやすく、音もよいので予備管は6本持っています。
d0138082_01500447.jpg
箱に鉛筆で数字が書かれています。どうやら135Vと250Vの電圧がかかった時に流れる電流値のようです。
2本いっぺんに交換するのであれば、近似値の2本を使うことになりますが、右の6336Aはまだまだ使えるので、左の一本だけ交換します。
さて、どれにしようかな。自己バイアス回路なので、どれでもよいのですが


Raytheonの6336A以外にNECの6336Aを4本 作りの良いCETRONの6336Bを4本
6336Aのハイμ管6528は、TUNG-SOLを3本 CETRONを2本持っています。
d0138082_02011667.jpg
d0138082_02012616.jpg
d0138082_02014231.jpg
少し時間をかけて、聞き比べを行いたいと思います。

[PR]

by okamoto-arch | 2018-08-31 02:08 | オーディオ&音楽 | Comments(0)