人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 26日 ( 1 )


2017年 07月 26日

Lundahl LL1524 その2


d0138082_03241734.jpg
 真空管プリアンプのバランス出力用トランスLUNDAHL LL1524を組み込む前に、トランスを外付けとしてテストを行いました。
おっと。ノイズがすごい。バランス出力のグランドはトランスの2次側の中点としましたが、これじゃダメなようです。
問題点がもう一点。
ボリュームがかなり小さいです。困ったな。
LL1524は1+1:1+1のトランスなので、単純にプリアンプのアンバランス出力をトランスでバランス出力に変えればよいと思っていましたが、それじゃダメみたい。


 
d0138082_03462646.jpg
とにかく別のトランスで試してみるよう。
ということでLL1538XLでバランス出力を試してみました。
あれれ、ノイズがありません。ボリュームはアンバラと比べると、少し小さいけど、実用範囲。
でも、マイクトランスのため耐入力不足なのか、悪くないけど良いとは言えない。
アンバランスより、悪い気がする。
LL1524ではノイズが出るのにLL1538XLでは、ノイズがでない。
どこに原因があるのだろうか。

トランスの回路 それともインピダンス  ????

d0138082_08060611.jpg
10kΩ:600Ωのタムラ製の古いトランスで、10K受け600出しで試してみます。
これも、ノイズがありますが、LL1524ほどではありません。
音量は、少し上がりました。

トンビさんの助言をもとに、バランスのグランドをプリのシャーシからとりました。

おっと、嘘のようにノイズが無くなりました。
感謝感謝!
高域は伸びていませんが、結構いい感じです。
低域の迫力は、レビンソン以上かも

ノイズ問題は、これで解決しました。

残りは音量問題です。
トランスのインピダンスが影響していることは、想像出来ます。
ただ、LL1538XLは200:5kΩです。
タムラの古いトランスは600:10kΩです。
偶然LL1538XLがベターマッチだったのでしょうか?

では、ベストマッチを求めて
d0138082_09411595.jpg
以前、asoyajiさんから頂いた、10k:600Ωトランスです。
音量はタムラの古いトランス(10kΩ:600Ω)と変りありません。
音に関しては、帯域が上下とも少し狭いように感じます。

次は、これ
d0138082_09472852.jpg
これも、タムラの古いトランスです。
1次側が2k・1.5k・750・600Ωの4種類から2kを2次側は600Ωとしました。

音量は、LL1524ほどではありませんが、やはり少ないです。
音に関しては、ここまでで聞いたトランスの中では、最も良いです。
音の立上がりが早く、力強いです。
高域も音に芯があって、漂うな音とは正反対の音ですが、私好みです。
ただ、このトランスは大きすぎて、ケースの中には入りません。
あと、プリのボリュームをMAXで、爆音状態になります。
プリのボリュームがMAXというのも、どうなんでしょうか。
ケースの中に入らないのは、良としても、ボリュームは何とかしたいな

音量に関しては、1次側のインピダンスに影響を受けることは、ほぼ間違いないようです。
トランスの一次側の直流抵抗を測定すると、
LL1538XLは1,050Ωほど
タムラ(10k:600)は278Ω
タムラ(2k:600)は52Ω
asoyajiさんから頂いたトランスは652Ω
ちなみにLL1524は15Ω
直流抵抗値に比例して、音量も大きいような気がします。

20K:20kΩほどのトランスがあれば、良さそうだけど
段間トランスを探して見ます。


by okamoto-arch | 2017-07-26 13:40 | オーディオ&音楽 | Comments(5)