人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 27日

やなさんクロックジェネレーター基盤 その1

やなさんのクロック基盤を数日使い続けました。
クロックジェネレーター基盤を試したいけど、ついついクロック基盤効果のため、音楽を聴いてしまう。
今まで聞いた音楽を全部聞き直したい気持ちが抑えられない・・・・

でも、いつまでのお借りできないので、断腸の思いでクロック基盤を外して、クロックジェネレーター基盤をセットしました。
やなさんのクロックジェネレーター基盤はSi5340というICを使って、10MHzの入力クロックを、ワードクロック(44.1K〜384K)とスーパークロック(10M、11M〜98M、100M)の2出力出来る基盤のようです。
内部クロックは、とても小さなTCOXです。電源はLT3042とLT3045から供給されているので、期待できます
d0138082_06092569.jpg
 クロックジェネレーター基盤は3.3Vと4Vの2系統電源が必要です。
トランスとTPS7A4700基盤を2個追加しました。
クロックジェネレーターはクロック基盤と違って、電源を入れて直ぐに安定するようです。

電源を入れて設定を変更します。
DAI3のクロックは引き続きExt-Clock+Jcとし、クロックジェネレーターのOUT1から49M㎐が供給されます。
Clock selectの項目をBCLCKxnからExt-Clock98MHz に変更して、クロックジェネレーターのOUT2から98M㎐をDACに供給します。

クロック発生器がないので、クロックジェネレーターの内部クロック使って試聴を始めます。
なんだか、音が硬いです。
正確な感じがしますが、クロック基盤のような滑らかさが感じられません。
期待しすぎたかな。

クロック基盤と比較試聴をしたいけど、電源を切ったOCXOが実力を発揮するまでに数時間必要です。
私の耳では、試聴になりません。
一旦、試聴をやめ、クロック系の電源を別電源にして、電源を入れっぱなしに出来るように、プチ改造しました。
d0138082_08343230.jpg
アルミアングルにインレットとスイッチを設け、トロイダルトランスを繋ぎ替えます。
TPS7A4700基盤をもう一枚追加して、電源を3系統にしました。
d0138082_08350251.jpg
そして、クロックジェネレーター基盤とクロック基盤は、常時通電することにしました。

じっと待つこと数時間。
比較試聴を開始します。
切り替え方法は、クロック系以外の電源を切って、ケーブルを付け替えます。めちゃアナログ(^-^;。
所要時間は1分ほどでしょうか。

仕切り直して、再試聴します。
まずは、クロックジェネレーター基盤です。
最初に聞いた時よりも少し柔らかくなったように感じます。
次にクロック基盤です。
やはり、こちらの方が少し重心が下がって良い気がします。

クロックジェネレーターは、良質なクロック発信機を使って初めてその性能を発揮するのでしょうが、注文した中国製のクロック発生器が、なかなか届きません。
その間、試聴のたびにクロック基盤とクロックジェネレーター基盤を切り替えて試聴を繰り替えいました。
クロックジェネレーター基盤は、電源投入後すぐにその性能が出るようですが、前に聞いたよりも柔らかい音になっているように感じます。
クロックジェネレーター基盤の内蔵クロックは、電圧によってクロックを制御するTCOXなので、常にクロックが微妙に変動していると思います。
クロックジェネレーター基盤の内蔵クロックは、水晶振動子の持つ温度特性と正反対の特性を持つ温度補償回路を内蔵したTCOXなので、クロックの温度が安定するまでは、常にクロックが微妙に変動していると思います。
連続運転を行うことにより、クロックの温度が一定になったり、基板上のコンデンサーが安定し、クロックの変動が小さくなってくるのかもしれません。
今は、クロック基盤とクロックジェネレーター基盤の差がとても小さく、聞き分けすることが難しくなってきました。


クロック発生器早く来ないかな。






by okamoto-arch | 2019-03-27 10:25 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< やなさんのクロックジェネレータ...      やなさんクロック基盤 >>