人気ブログランキング |

Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 31日

やなさんFINAL DSD原理基盤 v.s FINAL R-2R DAC

やなさんのFINAL DSD原理基盤とFINAL R-2R DACの聞き比べを行いました。
d0138082_01150322.jpg
DSD原理基盤(左)   R-2RDAC(右)

音源はNASに保存されているPCMデーターをVolumio2がインストールされているラズベリーパイで再生し、やなさんDAI3にI2S接続しています。
そこで、DSD原理基盤の場合は、DSD24.5MにR-2R DACの場合はPCM768Kに変換して、それぞれのDACにI2S接続でデーターを送っています。
DSDデーターについてはDSDの生データでなく、DAI3に搭載されているAK4137EQによってPCMをDSDに変換しています。
I/V変換には、タムラのTF-5713を使います。
d0138082_01151750.jpg
DSD原理基盤(左)   R-2RDAC(右)

さて、DSD原理基盤から試聴します。
DSD原理基盤の良さは、アナログのような滑らかさにあると思います。
ハーモニーが美しく、神経質な感じとは、無縁の音です。

次にR-2RDACです。
DSD原理基盤に比べると、かっちりしていて、音の立ち上がりが早く感じます。
解像度も高く音場も広いです。
少し低域が甘い私のシステムとは、相性が良いです。

二つのDACは抵抗とICによって音が変わります。
メーカーによって音が変わってしまいます。
なので、私の試聴結果は参考程度とお考え下さい。



by okamoto-arch | 2019-01-31 01:02 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by BB at 2019-02-02 17:30 x
実験的でいつも進化しているでじたる関係がすごいですね!
私は時代に逆行して、若い頃に全く興味のなかった球アンプ
を学びはじめています。電圧が高いので、けっこう命がけ
ですが(笑)火花とばしながら。球アンプは、作るマニアが
高齢化で、作れる人もずいぶん減ってきているみたいです。
まあ、球のゆるいサウンドもまた良きかなと。
Commented by okamoto-arch at 2019-02-04 08:07
BBさん コメントありがとうございます。😊😊
真空管アンプ製作凄いな!
電気音痴のわたしには、踏み込めない世界です。
BBさんの真空管の音が聞けるのを楽しみにしています。

わたしのデジタル環境は、やなさんのお陰で、他力本願モードで構築されています。





<< 薪割 2019 Spring      ハ十ハ >>