Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 22日

I/V変換トランス FINAL R-2R DAC編

d0138082_11304657.jpg
やなさんのFINAL R-2R DAC用のI/V変換トランスを検証中です。
今使っているTF5713より良いトランスはないものだろうか
d0138082_14054537.jpg
LUNDAHL1538・1538XL・1524もまずまずだけど、今一歩。

d0138082_11305029.jpg
てなわけで、試してみたのがTF1S。
インピダンスが70Ω:300Ωx2

とりあえず、1次側を70Ω2次側を600Ω(シリーズ)で音出し。
ハイ上がりな音です。中低域がスカスカです。
インピダンスの不整合が原因かな?

次に1次側を600Ω2次側を70Ωにします。
おおお
いい感じです。
こんなに違うんだ。

低域の伸びは、TF5713に一歩及びませんが、中高が充実していて、高域が穏やかです。
これは、可能性があります。
ただし、ゲインが不足気味。
d0138082_14224058.jpg
プリのボリュームをMAXにしなくてはなりません。
ボリュームの弊害が少なくなるから良いのかもしれないけど・・・・・
ちょっと不安。
300Ωx2をパラレルで使ってみてはどうだろうか。
ということは、1次側が150Ω、2次側が70Ωとなります。
もしかすると1次側の耐入力が倍になるのかも
d0138082_14264100.jpg
とりあえず、1次側をリード付きワニ口クリップで簡単シリーズ接続で聞いてみます。
この音は・・・・・



TF5713にかなり近いです。
ボリューム位置も実用範囲内かな
でも、TF5713同等では意味がありません。TF5713を越えてもらわなくては・・・・




もう一度シリーズ接続に戻します。
d0138082_14264787.jpg
これはこれで、良いですね、TF5713とは、少し違った良さを発見。
2番手のトランスとしてTF1S(600Ω:70Ω)をノミネートします。

このトランス昭和38年4月に製造されています。
現在55歳です。(^_-)-☆



# by okamoto-arch | 2019-02-22 20:05 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2019年 02月 22日

メダカ

d0138082_15554078.jpg
今日は、気温の上がり気持ちの良い日になりました。
冬の間、冬眠状態だった大きめのメダカ達も目を覚まし、ゆっくり泳いでいます。
ここ数日は天気がよさそうです。
少し、エサを与えます。
今年もたくさん赤ちゃんを産んでください。



# by okamoto-arch | 2019-02-22 16:01 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 02月 17日

今朝の鞁筒 20190217

d0138082_08274145.jpg
今朝はうっすら雪化粧。
モノトーンの世界。



d0138082_08274422.jpg
今年は、暖冬だけれど、例年とあまり変わらない薪の消費量。
大変だけれど、薪ストーブの暖かさは、体の芯まで達し心地よいので、やめられない。
いつまで、続けられるであろうか?

なんてことは考えずに、薪集めを楽しもう‼



# by okamoto-arch | 2019-02-17 08:32 | 鞁筒の自然 | Comments(4)
2019年 02月 06日

薪割 2019 Spring

d0138082_09450541.jpg
今年の薪割がスタートしました。今年の原木は昨年の秋に集めたもの。
既に45㎝ほどに切られているので、3月中に作業を終えたいな。

近隣の林道には、雑木の倒木が何本かありました。
雑木とは、失礼なんだけど、葉っぱも無いので樹種が特定できません。
堅木ではないけど、そのまま放置していれば腐るだけ。
森の為にも、天気の良い日にもらってきます。



# by okamoto-arch | 2019-02-06 09:53 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2019年 01月 31日

やなさんFINAL DSD原理基盤 v.s FINAL R-2R DAC

やなさんのFINAL DSD原理基盤とFINAL R-2R DACの聞き比べを行いました。
d0138082_01150322.jpg
DSD原理基盤(左)   R-2RDAC(右)

音源はNASに保存されているPCMデーターをVolumio2がインストールされているラズベリーパイで再生し、やなさんDAI3にI2S接続しています。
そこで、DSD原理基盤の場合は、DSD24.5MにR-2R DACの場合はPCM768Kに変換して、それぞれのDACにI2S接続でデーターを送っています。
DSDデーターについてはDSDの生データでなく、DAI3に搭載されているAK4137EQによってPCMをDSDに変換しています。
I/V変換には、タムラのTF-5713を使います。
d0138082_01151750.jpg
DSD原理基盤(左)   R-2RDAC(右)

さて、DSD原理基盤から試聴します。
DSD原理基盤の良さは、アナログのような滑らかさにあると思います。
ハーモニーが美しく、神経質な感じとは、無縁の音です。

次にR-2RDACです。
DSD原理基盤に比べると、かっちりしていて、音の立ち上がりが早く感じます。
解像度も高く音場も広いです。
少し低域が甘い私のシステムとは、相性が良いです。

二つのDACは抵抗とICによって音が変わります。
メーカーによって音が変わってしまいます。
なので、私の試聴結果は参考程度とお考え下さい。



# by okamoto-arch | 2019-01-31 01:02 | オーディオ&音楽 | Comments(2)