タグ:DAC ( 104 ) タグの人気記事


2013年 08月 01日

やなさんDSD原理基板16TAP 完成品販売終了

d0138082_16162713.jpg
d0138082_16163969.jpg

私が使っている、やなさん原理基板32TAPにすべて移行してしまいましたので、
16TAPの完成品は使わなくなりました。
32TAPと比べると、やや見劣りしますが、でも、十分な性能だと思います。
IC違い、フィルター係数の違いで今回4機種を販売します
既に完売いたしました。
電解コンデンサはいずれもOSコンです。


d0138082_16171539.jpg

d0138082_1617462.jpg

VHC フィルタ 100kHzと200kHz 5V
d0138082_16181510.jpg

ABT フィルタ 200kHz 5V ローノイズIC
d0138082_16184425.jpg

LVC フィルタ 100kHz 3.3V ローノイズIC

価格はいずれも送料込み5000円です。

基本ノークレームノーリターンでお願いします。
ご希望の方メールでご連絡ください。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-08-01 16:21 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2013年 07月 12日

やなさん原理基盤 VHC版32TAP

d0138082_22401327.jpg

私のお気に入りIC 東芝のVHC系を使ってやなさん原理基盤32TAP版を組み立てました。
今回は、抵抗の誤差がないように、テスターでチェックしながらの作業だったので
めちゃくちゃ時間がかかりました。

抵抗の取り付け方も結構きれいでしょ


さて、音出しです。
d0138082_2202933.jpg


おおお やっぱり 私はVHCが好きだな。
かまぼこ形というかピラミッド型のバランスで、昨今の解像度重視の音とは
ひと味違い、音の厚みがあります。
でも、左側から少しノイズが
どこか、半田ミスがあるみたい
それでも、VHCは楽しめます。
中低域がたまらな~い。
音楽が楽し~い。

でも、万能ではありません。
解像度を求める人には向かないと思います。
高域の伸びが今一です。


高域の特性はフィルター回路の係数によって改善できるかもしれません。
別の方法も思いついたのですが、確認中です。

現在、16TAPの基盤で音楽を聞いていますが、なんだか音楽が表面的な感じがします。
ちょっと前までは、これで満足していたのですが。

32TAP恐るべし  かも(#^.^#)

やなさん原理基板の申し込みの締め切りが14日17時に変更になっています。
注文しようか迷っている方は、お早めに!
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-12 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 07月 04日

やなさん原理基盤32TAP版配布予約募集中

d0138082_21544293.jpg

やなさん原理基盤32TAPバージョンが完成しました。
う~ん めちゃ よいです。
ただ今、やなさんのHPで配布予約を受け付けております。
32TAP版はモノラル構成なので、2枚必要です。
16TAPも合わせて予約を受け付けております。
今回が最後の配布です。


この機会を逃したら、一生手に入らないぞ!!!









d0138082_9374722.jpg

 現在、我が家にやなさんが作られたAHC32TAPとABT32TAPがあります。(ICの違い)
やなさんが動作確認の為に組み立てた原理基板を送ってくれました。毎度のことですが感謝です。(*^_^*)

ほとんど、エージングしていない状態ですが、どちらもとてもなめらかで、エージングの
必要を感じないくらいよいです。
もっとよくなるんだろうな(#^.^#)


まずはAHCから視聴です。
最初に音が出た時、びっくりしました。何もない空間から何の予兆もなくポンと音が立ち上がってきました。
このような感覚は今までも何度か体験していますが、その度合いが今までとは、けた違いだという感じです。

私の場合、このような感覚は、聞いているうちに麻痺してわからなくなってしまうのですが、何度聞いてもドキッとします。
私のシステムが、とても感度が高いからでしょうが、他のシステムでも感じられると思います。

そして特質すべきは、中高域がとても良いことです。
男女問わず、ボーカルがとても良いです。
シンバルの減衰していく音がきれいに聞こえます。
この辺りは、うまくセッティングされたアナログに近い感じです。
低域は、迫力で聞かせる音ではありませんが、十分な帯域です。
全体的に音がすっと立ち上がってきますので、ゆったりしているのですが
ゆるく感じません。
全体域にわたり、音の個性に統一感があります。
これはとっても大事なことです。
再生ソフトを選びません。得意不得意が少ないと思います。
私の中では大人の音です。
ジェントルな音です。
もう一点、出力レベルが高いので、扱い易くなりました。

お昼休みにABTを視聴します。

ABT版をお昼休みに視聴し夕食後試聴しながらブログを書いています。
16TAPと比べて低域が力強くなり、少し明るくなった印象を受けます。
クラシックだけでなくJAZZも十分に行けます。
32TAPはフィルターの係数が違うためかもしれません。
AHCと比べると、低域に力があり、中域明るいです。
これはこれでよいです。
AHCがブリティッシュサウンド ABTがJBLサウンドという感じです。
今、アーチ・シェップのテナーを聞いていますが、なかなか良いです。
お昼より、良くなっているような気がします。午後エージングのため
連続再生させていたためかもしれません。

どちらが良いのかハイレベルな比較なので、そう簡単には優劣を決められません。(#^.^#)
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-04 22:10 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2013年 06月 17日

やなさん原理基盤聴き比べ 3

d0138082_1483053.jpg

今回、初めてやなさん原理を制作 そして音だしも無事終了。ほっとしております。

そして、やなさんが作った5VローノイズICを使った新しいバージョンと合わせて
改めてガチンコ視聴です。

写真左の赤い基盤が、やなさんの新作5Vローノイズバージョン(ABT系IC)です。
左上右上が5Vバージョン(VHC系IC)です。
これが、現在我が家のレファレンスです。
中低域が魅力で、JBLのD130からこんな低域が出るのかと感心させられます。
左下右下が、3.3Vローノイズバージョン(LVC系IC)です。
以前やなさんが作ったものを聞いていますが、今回は私が作ったもので試聴しました。
コンデンサが少し違うのと抵抗をシリーズ接続からパラレル接続に変えています。
エージングは30時間ほど。十分ではありませんが、伸びしろはおおよそ想像がつきます。
VHC系に比べると若干解像度が高いけれども中低域のスピード感が若干落ちます。
以前聞いたやなさん作のLVC系よりも若干音が弾んでいるような気がします。
コンデンサが違うためか。それともプラシーボ効果か。
いずれにしても、その差はわずかです。
あえて、その違いを言うならば、よりクラシック向きなのがLVC系 JAZZ向きなのがVHC系だと思います。
何度も言いますが、その差はわずか。システムと環境によって、評価が変わると思います。

さて、最後になりますが、今回初登場のABT系です。
我が家に来て70時間ほど、エージングをしました。
やなさんの評価は、今までの中で最も良いとのことですが、
我が家では、低域の立ち上がりが、少し鈍い印象があります。
小型1/4W抵抗が影響しているのかな
今度、確かめてみたいと思います。

システムや環境によって、評価が分かれますが、どれも十分なクオリティーがあります。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-06-17 02:38 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2013年 06月 12日

やなさん原理基板パーフェクトバージョン配布のお知らせ(完売)

d0138082_17324774.jpg

d0138082_1733658.jpg

これが最後 やなさん原理基板パーフェクトバージョンが14枚配布されます。
既に完売しました。

購入できた方はラッキーでしたね!
[PR]

by okamoto-arch | 2013-06-12 17:02 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 06月 10日

忙し1日 やなさん原理基板完成まで、もう一歩

昨日は忙しかった。
朝7:20
近くの公園の草刈り
d0138082_7572653.jpg


8:30
d0138082_75833100.jpg

小学校のプール掃除
d0138082_7585637.jpg

先生・児童・保護者・地区の方々・消防団の方々みんなで力を合わせて掃除をします。
プールの中にはいろんな生き物が暮らしていました。
最も多いのが、サンショウウオ
近くのため池に逃がしてきました。
11:00過ぎ
d0138082_803393.jpg

掃除完了。今週中に水が張られ、6月17日プール開きです。

帰宅後昼食の前後にやなさん原理基盤のはんだ付け

お昼寝の後
14:00
子供たちと小学校のグランドでサッカー
偶然小学校の近くの親戚へ遊びに来た30歳くらいの男性と小学4年生も交えてミニゲームをして汗をかきました。
飛び入り参加の30歳男性は、フットサルをやっているようで、足技がめちゃくちゃうまかった。
16:30
帰宅後、家の周りの草刈り
15:30
やなさん原理基盤の半田作業
夕食後21:00より
再び半田作業開始
日付が変わって
1:00ごろ
d0138082_8111437.jpg
d0138082_8112216.jpg

入出力端子の取付以外の作業を完了。

今日、入出力端子を注文して、音出しは週半ばを予定しています。
今回は3.3Vバージョンです。
現在使っている5Vバージョンとは抵抗の組み方が違います。
ICは先日やなさんが送ってくれたローノイズバージョンと同じもの
さて、無事に音が出るのでしょうか?
[PR]

by okamoto-arch | 2013-06-10 08:17 | いろいろ | Comments(11)
2013年 06月 02日

やなさん原理基盤製作

d0138082_17522314.jpg

 やなさん原理基盤1/8Wタイプの基盤も完成し、パーツ集めも終わりました。
さあ、作業開始と行きたいところなんですが、肝心の半田ごてが・・・・・
あるにはあるんですが・・・
極細のこて先か、C2型はいるのだけど どちらも持っていない。

この際、温度調整機能がついたこてが欲しい。
でも、かなり高額

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・困った!
[PR]

by okamoto-arch | 2013-06-02 17:52 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2013年 05月 31日

今朝の音20130531 やなさん原理基板1/8W_5Vバージョンで和太鼓を聞く

やなさん原理基板の視聴が終わり、チップ抵抗タイプは友人が、持って行ってしまい
1/8W_3.3Vバージョンはやなさんへお返し、我が家に残ったのは1/8W_5Vバージョンだけ。

1/8W_5Vバージョンの中低域好きなんだな。
以前もアップした和太鼓の動画を再アップ。違いが解るかな。
コンデジじゃ、解らないかもね



以前の動画は 3月31日のブログに掲載しております。こちらわも併せて聞いてください。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-05-31 10:05 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 05月 30日

やなさん原理基盤ガチンコ視聴第2弾

d0138082_361141.jpg

最新やなさん原理基板1/8W抵抗バージョン2機種を視聴しています。
それに我が家のチップ抵抗の最終バージョンを加えて、3機種でガチンコ視聴をしました。
写真左は我が家のチップ抵抗バージョンです。
右が今回私の1/4W抵抗のやなさん原理基板の音を聞きたいと実現した1/8Wバージョンです。
右下がチップ抵抗バージョンと同じICを使ったバージョンです。
右上は、今回初登場の、ローノイズIC(3.3V)を使ったやなさん原理基板です。
d0138082_365328.jpg

チップ抵抗と1/4W抵抗の違いだけで無く、コンデンサがOSコンに変わっています。
d0138082_37078.jpg

違いが解りづらいと思いますが、左が従来の5V仕様でコンデンサ容量が56μFとなっています。
右がローノイズ3.3Vバージョンでコンデンサ容量が47μFとなっております。

チップ抵抗基板は、エージングが済んでおります。
1/8Wバージョンの2つの基板は70時間ほどエージングしました。もう1日エージング出来れば・・・

何時までも、お借りしているとやなさんに申し訳ない。


さて本題の音の違いについて、

チップ抵抗バージョン
音離れが良くて、切れがあります。
良い音だ。
まずはこれをレファレンスとします。

1/8W 5Vバージョン
ノイズ感は変わりません。
1/4Wの抵抗を直列につないで、半田止めしているので
見た目、リード線の小口から、ノイズが入ってくるような気がしただけです。
建築をやっていると小口の処理が気になりるもんです。
ちょっと心配しましたが、私の環境ではいらぬ心配でした。

低域が力強くなります。それと、中低域が充実します。
エネルギーバランスが少し低域よりにシフトするので、高域ののびが無くなったように感じます。
そのためか、空間情報が少し曖昧になるような印象に感じますが、我が家では高域のボリュームを
上げることにより、解決しました。
コンデンサの容量の違いも音に影響していると感じました。
中低域を重視したい人は、56μFが良いと思います。
中高域を重視したい人は47μF以下のコンデンサを選ぶとよいと思います。
あくまでも憶測に過ぎません。

チップ抵抗と1/4W抵抗の差はあるものの、優劣を付けるほどの差ではありませんが、若干1/4W抵抗が良いかなって感じです。

次にローノイズ3.3Vバージョンです。
こちらは、ICが違うためでしょうか、音がなめらかです。よりアナログ的と言えるかもしれません。
そのため、迫力満点のプレゼンテーションを好まれる方には、5Vバージョンの方が良いと感じるかもしれません。
ただし、フルオーケストラの楽器の分離感などは3.3Vバージョンの方が上です。
耳に聞こえないノイズが減ったためだと想像しています。
また、低域は静かに伸びより、現代的な音になります。

でも、両者の差は聞き比べて解る程度で、どっちもありです。

この3つのやなさん原理基板の音の差はわずかです。
個人的な好みとして
チップ抵抗<1/4W_5V=1/4W_3.3Vです。

原理基板だけで、音が決まるわけではありませんので、
これだけのクオリティーがあれば、どのバージョンでも、満足出来ると思います。

今まで、好き勝手に、感想をやなさんに伝え、その都度改善してくれたおかげで
すばらしいDSD原理基板になったと思います。
ここまで来るのに、私が知る限り7つのバージョンがあったと思います。
開発には、大変な労力と費用がかかっていると思います。

本当に感謝です。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-05-30 03:07 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2013年 05月 24日

やなさん原理基板 1/8W抵抗バージョン 動作確認完了

d0138082_9293767.jpg

やなさん原理基板1/8Wバージョンが出来上がりました。
写真は1/4Wの抵抗を縦使いしています。
早速、やなさんに動作チェックをして頂きました。
やなさんは、始業が素早い。感謝!!!!!


コンデンサーはOSコンに変更され、チップ抵抗から1/4W抵抗に変更されたやなさん原理基板は、骨太の音だそうです。
狙い通り!(*^_^*)

今回は配布予約をされた方すべてに配布することが出来ません。
すみません。
おってこちらから連絡致します。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-05-24 09:37 | オーディオ&音楽 | Comments(0)