Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:DAC ( 109 ) タグの人気記事


2016年 05月 11日

やなさん AK4495DM DAC 2

d0138082_20194595.jpg

 やなさんAK4495DMをお借りして、はや2週間。
その間、PCMをAK4713P2DDSDに変換しAK4495DMでアナログ変換した音を聞いていました。
トンビさんのところで行ったミニoff会の時もDSDに変換して聞いてもらいました。
一度はPCMの音を聞いておかないとと思っていましたがなかなかその気になれませんでした。

今日は、無性にAK4495DMでPCMの音を聞い。
でも、なぜ今までPCMを聞かなかったのかな。
たぶん、PCMの音に対する先入観があったからだろうな。

どんな音がするのか




むむむむむむむむ・・・・
いいよ。いいよ。
たぶんDSDよりいいよ。
DSDより、若干軽くなるが、音離れが良くなり音が弾むようになった。
ドンシャリしたところがなく、ちょっと聞いた印象では、ごく普通の良い音なんだろうけど、
実に正確に再生している気がします。

 再生環境は、NAS音源をvolumioで32bit96kにアップサンプリングし、さらにAK4137P2DでPCM768KHzにアップサンプリングして
AK4495DMでアナログ変換させています。
768KHzって、とんでもない数字ですよね。
AK4495DMもすばらしいけど、AK4137P2Dのすばらしさを再認識しました。

d0138082_15190755.jpg
こりゃ、参ったな。



[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-11 16:03 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2016年 04月 25日

やなさん AK4495DM DAC

皆様お元気でしょうか。いつもまにか、春ですね。003.gif003.gif
久しぶりの更新であいすみません。

今年の冬は、雪が少なくて暖かい日が多く、山に移り住んで17年のうち、もっとも楽ちんな冬でした。

今年の薪割りは順調に進んでいます。昨年さぼったので今年は2年分の薪割りを目指しています。
残り少々。GWには終わらせたいと思っています。

d0138082_07223208.jpg

久しぶりに更新ねたです。
やなさん製作のAK4495DM DACを試聴させて頂けることになりました。
d0138082_03241604.jpg

AK4495DMは私が所有しているAK4490S DACで使われているAK4490の兄貴分チップに相当するAK4495を2枚使い1枚の基板にDMで、まとめたものです。
d0138082_03242195.jpg

AK4490S DMもとても良いDACで、今まで聞いた中で、最高の音です。
I/V変換方式を検討すればさらに良くなるだろうと思っています。

AK4495DMは、基板一枚に収められただけで基本的には大きく変らないのですが、配線の見直しがされています。
AK4490S DMは、空間表現の美しく、音の表情が深いです。絵で例えるならば、油絵でしょうか。
それに対して、AK4490DMは、さらに空間表現が美しく細部がより明確に聞き取れます。
一言で言えば、解像度が高くなっているのでしょうが、解像度意識させない、自然な音です。
AK4490は開発が新しく価格も安く、DSD再生は12.1mまで対応していますが、AK4495は、6.1Mまでしか対応していません。
もしかすると、配線の見直しが効いているのかもしれません。
現在やなさんが配布しているAK4490S・AK4490DM・AK4495S・AK4495DMは全て配線を見直ししたバージョンです。
そうなると、AK4490S DMやAK4490DMも聞いてみたいで~す。


困ったな!042.gif042.gif




[PR]

by okamoto-arch | 2016-04-25 07:43 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2015年 12月 20日

40ピン→14ピン変換基板

d0138082_13275144.jpg
Raspberry Pi 2の40ピンGPIOコネクターを14ピンに変換するための基板を製作しました。


製作と言っても、もとの基板を見ながら作っただけですが
d0138082_15464894.jpg
ノイズもなく、よい塩梅です。

そろそろ、ケーシングを考えなければ行けませんね。
[PR]

by okamoto-arch | 2015-12-20 15:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 28日

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC その後1

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC は、設定カ所が多く、電気音痴の私にはかなりハードルが高い。
やなさんに教えて頂きながら、調整を進めています。


私の覚え書きのため、現在の基本設定をここに明記しておきます。

1)入力PCMのシリアルフォーマット設定を32/16bit I2Sに
2)出力PCMのシリアルフォーマット設定を32bit I2S
3)DSDはPCMより3dB下げないとピーク時に音が歪む仕組みなので、ゲインを下げる必要があります。
  DSD入力なら、DSD in Gainを-6dBに、
  DSD出力なら、DSD out Gainを6dBに、設定します。
4)PCM 768KHz出力時は、外部クロック45/49MHzに。
  22/24MHzだと、384KHzとして出力されます。
5)DSD 12.2Mの時、ノイズが乗るようであれば、内蔵クロックの24Mを使用。
  DSD 12.2M 45/49MHzの動作は、かなりシビアなため、ノイズ対策などの技量がいるようです。

上記の設定にする事により、PCMは768kHz DSDは12.2MHzの再生が可能となりました。
この数字、凄すぎます。

d0138082_21271524.jpg
d0138082_21260497.jpg
d0138082_21254788.jpg

圧巻は外部クロック45/49MHzのPCM 768KHz出力時の音です。
昨日、清らかな音とコメントしましたが、外部クロック45/49MHzを使うと、重心がさがり、安定感が増したように感じました。
これは、良いです。
CDだからといって、44.1kHzにこだわっている人がいますが、この音を聞けばその差は歴然です。
昔、PCでハイサンプリング化した音は、聞けた物ではありませんでしたが、AK4137EQ P2Dでの、ハイサンプリングされた音は悪くなる部分が感じられません。

DSD再生も、出力ゲイン調整によって、とても良くなりました。
PCMとの差も小さくなり、出力フォーマットをどれにしたらよいか悩みそうです。
我が家の環境では、DSD5.6以上は、ほとんど違いがわかりません。
DSD本来の色づけのない自然な音だと思います。

d0138082_21253493.jpg
メインシステムは休止状態なので、サブシステムで試聴をしています。

ラズベリーパイにとって、リクロック作用もあるAK4137EQ P2Dは鬼に金棒的装置だと思います。




[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-28 22:02 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 11月 27日

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC始動

d0138082_13440841.jpg
やなさんAK4137EQ P2DAK4490S dual mono DAC の音だし成功。
待ちに待った旭化成のAK4137EQを使ったP2Dで音だし成功です。
ラズベリーパイB+で、96kHzにアップサンプリングされたデータをAK4137EQ P2Dに送ります。

AK4137EQ P2DはPCMデーターを再サンプリングしたり、DSDに変換したりまた、その逆も可能です。
d0138082_13525714.jpg
PCM768kHzにもDSD5.6Mに変換出来ます。
DACは、旭化成のAK4490Sを2個使ったdual mono構成のDACです。

PCMとDSDでは、音が違います。
清らかなPCMと音の線が太いのDSD
音の違いが、P2Dによる物なのか、DACのよる物なのかはわかりません。
でも、PCMの音は解像度が高く、清らかで蒸留水のごとく、味付けを感じません。
PCMもこんなに音が良かったんだ。003.gif
今まで聞いた、最も良いPCMの音かもしれません。
この組み合わせは、PCMが良いかもね。


DSDの音の評価は、次回、DACを原理基板に替えて、評価します。
同時にFN1214A P2Dとの音の比較をすれば、おおよそ、AK4137EQ P2Dと AK4490S dual mono DACの音がわかると思います。


プッシュスイッチ接続部の写真をアップします。
d0138082_11553343.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-27 14:39 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
2015年 11月 25日

やなさん AK4137EQ P2D基板配布開始

やなさんがAK4137EQを使ったP2D基板の再配布を始めました。

興味のある方は、急げ!

[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-25 07:35 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 18日

やなさん AK4137EQ P2D と AK4490S dual mono DAC

d0138082_17435895.jpg
やなさん AK4137EQ P2D と AK4490S dual mono DAC です。
AK4137EQは旭化成の最新チップです。

さて、間違えずに接続できるかな。



[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-18 17:52 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 10日

やなさん AK4137EQ P2D基板配布開始

やなさんがAK4137EQを使ったP2D基板の配布を始めました。

興味のある方は、急げ!



追伸
AK4137EQを使ったP2D基板
売り切れました。
次回配布は、11月後半だどうです。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-10 16:48 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 07月 28日

やなさん AK4490 DAC デュアルモノ  

d0138082_12360355.jpg
やなさん設計 AK4490 DACデュアルモノを聞いています。
シングルDAC(ステレオ)基板を2枚使い、ディップスイッチにより、シングルとデュアルモノの切り替えが出来ます。

AK4490は旭化成の新しいICだそうで、PCMもDSDも再生出来る優れものです。

再生環境
ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL → プリ となっています。

P2DはPCMをスルーすることも出来るし、PCMをDSDに変換することも出来るし、AK4490DACと組み合わせるとPCMもDSDも両方の音を聞き比べることが出来るというわけです。
DSDの試聴では、ALIX→UDA→P2D→原理基板→221アンプやラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHALとも聞き比べしました。
おのおの少しずつ違いますが、そんなに大きな差はありません。
どれも、完成された音です。

大きな違いは無いけど、音の太さは少し違います。
太い順に、
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
音抜けが良いのは
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHA
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
でも、大差ないんだ。
ブラインドテストしたら、わからないだろうな。

DSDは、音の差が出にくいのかもしれません。
どれも、フィルターを通しているだけだからかな。

このままじゃ、AK4490 DACの存在意義が、あまりない。007.gif
実は、AK4490 DACの最大の魅力は、PCM再生です。
DSDと比較しても、甲乙付けがたい。
DSDの音と違いは、あるけど、今まで聞いたPCMのドンシャリ感は無く、明るめのニュートラルな音という印象です。
切れ、解像度が良いが、それが耳に付くことがなく、自然な音です。
スパッと音が出てきます。

AK4490はPCMに相当こだわりがあるようで、PCMの為の設定がいくつもあります。
資料をみてください。

上記の性能は、やなさんのAK4490 DACの場合、2つのディップスイッチによって制御されています。


AK4490 DACのSW設定
SW1
1,2:入力切替
0,0=PCM
0,1=DSD
1,X=オート(INコネクタの11ピンがLOW=PCM、HIGH=DSD)
3:DSDの左右CH指定(ディアルモノ時のみ有効)
0=DSDL、DSDR
1=DSDR、DSDL
4,5,6:PCM入力フォーマット
0,0,0=16bit後詰め
0,0,1=20bit後詰め
0,1,0=24bit前詰め
0,1,1=24bit I2S
0,0,0=24bit後詰め
0,0,1=32bit後詰め
0,1,0=32bit前詰め
0,1,1=32bit I2S
7,8:PCMディエンファシスフィルタ
0,0=44.1KHz
0,1=OFF
1,0=48KHz
1,1=32KHz

SW2
1:超スローロールオフフィルタ
0=ノーマル
1=超スローロールオフフィルタ
2,3:デジタルフィルタ
0,0=シャープロールオフ
0,1=スローロールオフ
1,0=ショートディレイシャープロールオフ
1,1=ショートディレイスローロールオフ
4,5:音質フィルタ
0,0=サウンド1
0,1=サウンド2
1,0=サウンド3
1,1=リザーブ
6,7:DSDフィルタ
0,0=50KHzハイパススルー
0,1=リザーブ
1,0=50KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
1,1=150KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
8:デュアルモノ指定
0=シングルDAC
1=デュアルモノDAC
※0:OFF、1:ON

現在、このDACは一般配布されていません。
でも、この実力ならば、是非配布して欲しいです。
みんなで、やなさんに配布希望のメッセージを送りましょう。

29日追記

AK4490DACの優れているとこを発見。
特にPCM再生時はS/Nが良い。AK4490DACの後に原理基盤を聞くとノイズが気になる。
配布を熱望します

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-28 13:07 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2015年 06月 30日

仕事場の音楽事情

d0138082_16453262.jpg
 最近は、ドイツビンテージユニットを鳴らしていましたが、事情があって、取っ払い、409-8Eを復活させました。
075をツイーターに加えた、409-8Eは、いいです。
シンバルの音がそれらしく聞こえます。
ジャズはこうでなくてはね。

アンプはlinfof工房製のアンプ。
詳細はわかりませんが、仕事中に聞くには十分なクオリティーがあります。
プレーヤーはラズベリーパイB+volumioです。
DACはPCM5102A搭載のアドオン基板
先日、UTCのA-20を通してアンプに出力したところ、音が生まれ変わり、にんまり010.gif010.gifしてます。
d0138082_16452918.jpg
ライントランスを通すきっかけは、トンビさんが、ES9023という小さなDACから、ルンダールLL1538をとおして出力されていたからです。
d0138082_05105721.jpg
私も、ES9023DACに、ルンダールLL1583XLとUTC A-20をつないで、音比べをしました。
ES9023DACには、ルンダールの方が合います。
帯域が広く、響きがきれいで、空間の見通しが良いです。
UTCだと、中域が厚くなりますが、高域の延びがないためか、中高域がうるさく感じます。




PCM5102AアドオンDACは、もともとハイ上がりな音なので、UTCによって、帯域バランスが是正されるからか
ルンダールよりも、帯域バランスがよく、音楽が楽しめます。


ES9023DACは、オークションで2,480円。
興味ある方は、どうぞ。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-06-30 04:59 | オーディオ&音楽 | Comments(0)