Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:JAZZ ( 39 ) タグの人気記事


2017年 10月 31日

This one's for Blanton! オリジナル

d0138082_17124415.jpg
最近、めっきりアナログネタが少なくて!
久々にLPを購入しました。
友人のO君から情報を頂き、即購入しました。

大好きなコンポーザー兼ピアニスト Duke Ellingtonとこれまた大好きなベーシストRay BrownのDUO
「This one's for Blanton」のオリジナル盤です。

d0138082_17174238.jpg
ジャケットを比較すると、写真は同じ写真だが、トレミングに違いがある。左の方が若干広いエリアを使っている。
右の写真の方がエリントンとレイ・ブラウンが近く感じる。
タイトルの書体やロゴの位置、エリントンとレイ・ブラウンの名前の書き方など似ているようで全て違う。
オリジナルのまま、使うことが出来なかったのだろうか?

さてどっちがオリジナルでしょうか?








答えは右がオリジナルです。(*^_^*)


d0138082_17253817.jpg
ブックレットの比較です。
上はLP3枚の両見開き裏表6ページ
下はLP6枚12ページ

どっちがオリジナル盤のものでしょうか?
これは、わかるよね。


オリジナルは下の12ページのもの
しかし、使われている写真は同じです。
解説も同じ内容だと思います。詳しく見てないけど^^;

さて、音比べをします。
プレーヤーはGATESのCB-500 カートリッジはDENON DL103LCⅡ フォノイコはレビンソンのNo25です。

最初は、日本盤です。
結構いいじゃ無いですか。(*^_^*)
最近は、デジタル音源ばかり聞いていたけど
次に、オリジナル盤を聞きます。


おっと、全体に重心が下がり、安定感が増します。
ゆっくり音楽が流れているように感じます。
良いです。

あまりオリジナルには拘りませんが、大好きなLPだったら、購入しても良いかな。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-10-31 21:07 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 09月 15日

Kanazawa Jazz Street 2016

d0138082_08102048.jpg
Yeah!
今年もKanazawa Jazz Streetの季節になりました。

 明日16日の夜の前夜祭から始まって、19日まで金沢市内中心部のあっちこっちでコンサートが開かれます。
今年もいかなくっちゃ。

今年はスペシャルコンサートをpassして、21世紀美術館に入り浸ろうかな。
もちろん夜は、 新天地特設会場 
超お薦め です。

Oh my goodness!
18日は息子2のサッカーの試合だった。大会の運営を息子のクラブが担当しているので、18日の日中は参加出来ないよ007.gif007.gif


17日のまちかどライブ
d0138082_16372943.jpg

18日の街角ライブ
d0138082_16375037.jpg

3連休予定のない方は、是非金沢へ遊びに来てください。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-15 08:30 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 09月 23日

Kanazawa Jazz Street 2015

今年も、Kanazawa Jazz Street 2015へ行ってきました。
19日は、仕事で行けませんでしたが、2日目20日に家族4人で行ってきました。
d0138082_22301958.jpg

 金沢駅まで電車で行き、まずは、もてなし広場で、ドラムスの丹後さんがリーダーの丹後4を聴きました。
ドラムスがうまい。かなりいい感じです。
次に東別院・近江町市場でも、ちょこっと聞いてから、尾山神社へ
ちょうど、金沢在住の伊藤望さんがリーダーを務めるFUNKITOの準備中でした。
実は、伊藤さんは、朝日小学校の「朝日の自然の歌」の作曲者なんです。
どんな演奏をしてくれるのかな。
今年は日本のトロンボーンの第一人者の向井滋晴さんが参加しています。
ドラムスは、岡田佳太。彼のドラムは叙情的で好きなんだな。
ワクワク

いいねいいね めちゃいいや
富山の丸杉さんのトランペットも野々市在住のパーカッション井上恭子さんも、めちゃ良いですね。
もちろん、向井滋春さんは最高です。


次は金沢の歯科医 溝口さんがリーダーを務めるカルテットと和田アキラのギター
和田さんのギターは個人的には好きでないし、息子達もお腹がすいたと言うし
d0138082_22302414.jpg

全開口笑で夕食を頂きました。
うまかった。

そして、私だけ予定を変更して、新天地特設会場へ
妻と子供達は、犀川の明かりフェスタへ
私はどうしても、もう一度、FUNKITOを聞きたかったのよ。

尾山神社でも良かったけど、新天地では、さらに良い。
みんなノリノリです。

今日は、FUNKITO&向井滋晴さんを聞くことが出来て良かった。

d0138082_21471156.jpg
21日
坂田明とスガダイローを聴きに赤羽ホールへ
相変わらず、坂田さんは元気だった。ちょっとうれしかったな。
スガダイロウーはCDで聞くより、ずっと良かったな。
この日は予定があり、このコンサートだけを聞いて会場を後にしました。

来年も楽しみです。

[PR]

by okamoto-arch | 2015-09-23 22:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 01月 05日

ノイズフィルター

d0138082_00362762.jpg
2015年最初のオーディオネタは、USBノイズフィルターについて。
PCオーディオをやっている方は、ご存じだと思うけど、USBは結構ノイズに弱いんです。
そこで、登場したのが、USBノイズフィルターです。
写真のノイズフィルターは、オーディオ雑誌ステレオの付録。
d0138082_00363397.jpg
1月号恒例の付録。
スピーカーユニットに始まり、デジタルアンプと続き、今年はノイズフィルターです。
ちょっと地味ですが、これがなかなかの代物。

私のシステムの場合は、PCとUDA(DDコンバーター)の間に入れます。
今回は、PCからUSBケーブルで給電しています。
別電源にすると、もっと良いのでしょうが・・・・(*_*;

さて、何を聞こうかな・・・・・・
バイオリンかピアノがいいな

ということで、最近試聴に使っていなかったミラバッシのANANTIを聞きます。
d0138082_01003851.jpg
意外とこのCDは再生が難しい。我が家では、満足な音で鳴ったためしがない。
さてどうかな。


悪くない


たぶん


聞ける
いつもは2・3曲で耳についていやになるんだけど
GONZALO RUBALCABAのTHE BLESSINGも聞いてみる。
いいよ
ピアノの響きがきれいなんだと思うけど、確証はない。
3,000円の雑誌の付録というより、私には、フィルターの付録に雑誌がついてくるといった方が正確なんだけど。

とにかく、USBオーディオをやっている人は、購入すべきです。
まだ、売ってるかな?
私ももう一冊 いや もう一個欲しい。

今回、30㎝のグースネックタイプUSBケーブルを2本新調した。
グースネックの外皮は金属 たぶん(*_*;)
金属ということは、雑音に強いかも
おまけに、USBノイズフィルターを空中で保持でき、コネクターに掛かる力を軽減してくれます。

試しに、ラズベリーパイ+アドオンDACと聞き比べをしましたとは。



あらら ラズベリーパイ+アドオンDACの完敗です。
ラズベリーパイ+アドオンDACが、こんなにつまらない音だった。







[PR]

by okamoto-arch | 2015-01-05 01:24 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 11月 23日

音楽力注入

d0138082_04321843.jpg
 久しぶりに、CD購入。

Bernardo Sassetti TRIO MOTION 
ERIC DOLPHY OUT TO LUNCH!
           LAST DATE

今回、初めて聴いたのが、写真一番手前の Bernardo Sassetti TRIO MOTION。
ヨーロッパ的響きの演奏なのだが、どう表現して良いのかわからない、独特のスイング感がいい。
時には激しく時には優しく、私の心を揺さぶる演奏です。
この、CDは、金沢でcowry coffeeを経営している、若きオーナーに教えて頂きました。
YouTube でも聞くことが出来ます。

 ERIC DOLPHYの二つのアルバムは、LPで持っているのですが、仕事中に聞けないので、何かのついでがあれば購入しようと、ずっと考えていました。
そういう意味からすると、念願のCDと言えるかも(*^-^*)。
 特にLAST DATEは、私が高校2年の時に、初めて購入したアルバム。
この演奏を聴いて、Jazzを聞くようになった記念のアルバム。もし、このアルバムを聴いていなかったら、私の人生は、どうなっていただろうか?
 DOLPHYのアルバムの中で、最も絵画的演奏なのか OUT TO LUNCH。
同時に、最も評価が分かれるのも、このアルバムです。
100点満点の評価をする人もいれば、0点の評価をする人もいる。
確かに、評価が難しいアルバムである。
このアルバムは、それでいいのである。
不安や苦悩 喜びや快楽 人間のいろんな感情が描かれている演奏なのである。
DOLPHYの演奏スタイルは、基本的に変わらないが、このアルバムの共演者は、他のアルバムに比べて格段に優れているため、それまでの演奏よりもDOLPHYの音楽が、より明確に表現されていると感じる。
BOBBY HUTCHRSONのvibもRICHARD DAVISのbass そしてANTHONYのdsが効いている。特にANTHONYが加わった効果は絶大である。
そのため、不安や焦りといった人間にとって不快な感情にさらされ、いたたまれなくなる。
私も、当初はこのアルバムをなかなか最後まで聴くことが出来なかった。
でも、この年になると、感性が鈍るので、ちょうど良い刺激になるようで、とても心地よいのである。(*^-^*)

さて、リッピングも終了した。
しばらくは、仕事中に3枚のアルバムを聴くことになるだろう。


Bernardo Sassetti
ググってみると、かなりイケメン
ポルトガル出身のピアニスト。
動画もたくさんアップされています。
motion以外にも2枚のアルバムがあります。
いずれ、購入しようかな。
将来に期待です。

[PR]

by okamoto-arch | 2014-11-23 05:57 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 09月 17日

kanazawa JAZZ STREET 2014

金沢市の中心部が、JAZZであふれる Kanazawa Jazz Street 2014へ行ってきました。
今年は、和歌山からKazzさんが、来てくれたので、3日間JAZZにどっぷり浸かっていました。

前夜際にも行きたかったけど、オーディオルームの掃除とセッティングが済んでいなかったので、行けませんでした。



初日
d0138082_863675.jpg
今年のJazz Streetは、109前で行われた友人の浜ちゃんの演奏から始まりました。

その後、尾山神社へ移動。
マヤ・ハッチ・グループの演奏を聞きました。
なんか、よかったよ。
メンバーが演奏を楽しんでいる。
それが、演奏のスパイスになっている。
カッコよかった。

マヤ・ハッチを調べてみると、納得の経歴。今後注目のアーティストです。
オフィシャルHP動画要チェックです。




次は、お目当ての、Vladimir Shafranov TRIO
すばらしい演奏に、感動!

その後、赤羽ホールでThe Quartet Legendを聞きました。
いつ見ても、ロン・カーターはカッコいいな!
初めて、ゴルソンを生で聞きましたが、10年前に聞きたかったな。
後半の「I Remember Clifford」や「BLUES MARCH」では、めちゃ、頑張っていましたが。

さすがに大御所達。
随所に、うなりたくなる演奏もありましたが、でも、ちょっと新鮮みに欠けていました。

コンサートが終わり、KazzさんとYORKで、空腹を満たして、新天地へ移動。
ちょうど初日最後のステージが始まる直前でした。
出演は、THN-TOWNというトランペットとベースとギター二人のグループ。
このグループ。いいです。中間派的な演奏スタイルです。
音を本当に大事にして、演奏していると感じました。
ちょっと感動。
コンサート終了後、CDを購入。
メンバー全員のサインを頂きました。
d0138082_044196.jpg

CDもなかなかよかったです。

 
  
  
2日目
d0138082_843595.jpg





チケット購入したもう一つのコンサートを聞くため、昨晩も来た赤羽ホールへ
第一部は、Vladimir Shafranov のSOLOを聞きました。
最前列、真ん中より少し左寄りの席。ステージまで1.5m Shafranovまで3mのところで、聞きました。
昨日以上の感動。
めちゃいいやん。
澤野工房からCDが発売されているので、興味のある方は是非聞いてみてください。

Shafranovのコンサートが終わり、ホールでCDの販売が行われていました。
サインと握手を頂き、Kazzさんと三人で記念写真。
見ず知らずの方に、写真を撮ってもらいました。感謝。

d0138082_0251739.jpg
 
 
第二部は、チャリートという女性ボーカルのグループです。
演奏が進むにつれ、チャリートさんの調子が上がってきて、期待以上に楽しむことができました。
コンサートは、予定時刻より50分オーバーの4時20分に終了。
その他の会場をちらっと見て2日目のJazz Street会場を後にして、近江町市場へ寄り、甘エビその他を購入
夜は、我が家で家族と一緒に再会を祝いました。
いつもの事だけど、遅くまでお酒とJazzとAUDIOで話が尽きません。
楽しい、一時でした。

 
 
 
 

3日目
d0138082_8324751.jpg

香林坊ラモーダ3FでJames.K さんを聞きました。
いいよ この人。
日本にも、こんなボーカルがいたんだ。
ファンになっちゃった。

それと、ギターもよかった。

その次のセットは、普段爆音で音楽を聴いている私が、くらくらするくらいの爆音のため、そそくさと会場を出て、尾山神社に逃れました。
ちょうど、出演者の入れ替わりのタイミング

藤村麻紀&荒竹雄一郎3の演奏を聞きました。
藤村麻紀さん、美人だし、頭は切れるし、MCがめちゃうまい。
荒竹さんもベーシストもなかなかうまい。

とても楽しいコンサートでした。

今年はたっぷり見たな。
来年も、どんなミュージシャンと出会えるかな。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-09-17 00:27 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 09月 02日

kanazawa JAZZ STREET 2014 あるよ~!

d0138082_18551833.jpg

今年もkanazawa JAZZ STREET が、開催されます。
9月13・14・15日は、金沢市内のいろんなところで、JAZZを聞くことが出来ます。
この3日間だけ、体が3つほど欲しいです。

ロン・カーターとベニー・ゴルソンが聞きたい。
ベニー・ゴルソンの甘ったるいテナー 結構好きなんです。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-09-02 18:59 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 07月 20日

今宵は

エレクトリック マイルス

メインシステムで、ようやくエレクトリック マイルスを聞けるようになった。

ライブ感が、たまらない!
[PR]

by okamoto-arch | 2014-07-20 23:05 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 03月 31日

3人でベイシー! at 福光教会

今日は3月最後の日。
でも、明日から消費税がアップするので、普通の月末とちょっと違った心境です。
d0138082_618382.jpg

3月25日、私が設計をさせていただいた、「日本基督教会 福光教会」のこけらおとしに行ってきました。
教会の献堂式は、4月末なのですが、その前に行われたのが、谷口英治(cl)と有田純弘(g)とイケメン若手ベーシススト楠井五月によるjazzコンサートでした。

実は、あまり期待していなかったのですが、予想に反して、とてもすばらしいコンサートでした。
演奏も谷口さんのしゃべりも楽しい。
自分が設計した建物だということを差し引いても、やっぱりすばらしいかった。
演奏の合間に、谷口英治さんに「この空間は音が良く、演奏していて気持ち良い」とお褒めのお言葉をいただき、ちょっと感激!
d0138082_6234381.jpg


リーダーの谷口さんはもちろんのこと、共演者お二人が、これまた、すばらしいプレーヤーでした。
ギターの有田さんは、只者ではないですね。
タル・ファローとベニー・ケッセルとフレディー・グリーンを足したような歌心をテクニックを兼ね備えたプレーヤーでした。
d0138082_50231.jpg

ベースの楠井さんは、1985年生まれとと言うことなので、とてもお若い。ベースを初めてまだ、間もないけど、とてもセンスがいいし、テクニックもしっかりしていると感じました。とても良いベーシストだと思います。
このまま、成長していけば、近い将来、日本を代表するベーシストになるのでは・・・
期待と共に応援していきたいと思います。

出来れば、お酒を飲みながら、聞きたかった。(^_^;)


d0138082_6461572.jpg

コンサートから、帰ってからずっと、事務所では、コンサートで購入した谷口さんのCDがエンドレスで流れています。(*^-^*)
[PR]

by okamoto-arch | 2014-03-31 06:46 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2012年 09月 17日

金沢 Jazz Street 2012 2

芝生に寝そべって聞くJazz、いいもんですね。
 
d0138082_633566.jpg
d0138082_634759.jpg
d0138082_635879.jpg

d0138082_6301366.jpg
鈴木勲初生にちょいと感激。TBMの名作は今も色あせないすばらしい演奏です。
d0138082_64828.jpg
d0138082_64187.jpg

がしかし、息子2が帰りたいと、だだをこね出し、大野俊三が聞けなかった。
大野俊三のドラマスの岡田佳大が聞きたかった。
岡田佳大は、今もっとも注目しているドラマーなんです。
以前島津健一トリオで聞いたが、センシティブでアグレッシブでスケールの大きな演奏に感心した。
今、どんな演奏をするのか聞きたかった。
今日も夕方演奏するので、一人で行ってこようかな。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-09-17 06:06 | オーディオ&音楽 | Comments(4)