タグ:電源ケーブル ( 18 ) タグの人気記事


2008年 09月 24日

改めてAET電源ケーブル聴き比べ

オークション出品者に返品しなかった電源ケーブルAETのSCR-AC/SP
吉と出るか凶と出るか 

d0138082_21164620.jpg

グランドアースがつながれていないので、プラグとの接続部分に手を入れました。
外周部の被覆を剥くと白くて薄い絶縁体らしきものが
その下は、アルミ箔でノイズをシールドしています。
+-グランドアースがそれぞれ2本。
+-の導体は国内銅の6N鏡面仕上げ。導体の中心は銅線とは別の線が使われていました。
グランドアース線はメッキされています。
その他にエアーチューブと言われている透明の細いビニールチューブが4本あり
それらを左右対称シンメトリーに配置し、大変手の込んだ作りです

d0138082_21193250.jpg

AETのプラグには2本の導線を入れることが出来ないので、手持ちのロジュームメッキの
プラグに交換し、黒く酸化した銅線を切りとり、フレッシュな状態でプラグに挿入。
2本のグランドアースもしっかり接続しました。
このプラグは、導体挿入部が二股に別れているので、4芯ケーブルの接続に、
適しています。

さて、まずはA730に使ってみました。


改造前と明らかに音が違います。
改造前は少し細めの音で、帯域バランスはHIN AC RevB/1.2mと近いが、楽器の定位が不安定でした。
しかし、改造後はふくよかで響きも美しく、しかも解像度があります。
ムターのバイオリンは優しく時には激しくそして、弓が弦を擦る瞬間が見えるようです。
ちょっとオーディオ評論家的なおおげさな表現になってしまいました。

AET HIN AC RevB/1.2mに交換すると、シャープに音像が定位し、タイトでモニターライクな音です。

AET HIN AC4芯自作ケーブル は中高域が明るく、元気のよい音ですが品位が落ちます。

AETの電源ケーブルはそのシリーズによって音に違いが有るようです。

HIN AC RevB/1.2mクールな音調で離れた位置でモニターしているような音
SCR-AC/SP暖かな音調で太めの音像、ムターの目前で演奏を聞いているかのようで
細やかな部分まで聞かせるオーディオ的に楽しい音

しかし、現状のシステムでは、音像が大き過ぎると感じることもあります。



やはり、A730とAET HIN AC RevB/1.2mはBESTカップルです。

次にSCR-AC/SPを金田式DACに使って見ました。
これがどんぴしゃり、当たりました。

各楽器の定位がよく、情報量も多い。しかし、神経質な音でなく、豪快でいて繊細
立ち上がが速くて、しなやかな音です。

いつものWE IS を聞いて思わず感動してしまいました。

個々の楽器の音の良さはもちろんのこと、演奏が終って拍手がなりだすと、
会場にいるかのような音場と空気感に包まれてびっくり。

ケーブルだけで、この音が出る訳ではありません。
最も信頼している愛機A730とやなさんの金田式DACの性能を良さを
うまく引き出した電源ケーブルtとの出会いがあってはじめて実現した音です。
この音は、偶然の産物なのかもしれません。明日も再現出来るとよいのだが・・・・・・

こんなことが、たまにあるので、オーディオは止められません。
一瞬の感動と快感のために、その何十倍もの時間を使ってああでもないこうでもと
試行錯誤しているんだと、改めて感じました。

おっと忘れそうになっていました。
AET HIN AC RevB/1.2mはご近所のT氏のもの。
近々にお返しせねばなりません。

早急に、このケーブルをGETしなくては!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-24 21:17 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 09月 23日

3種類のAET電源ケーブル

近所の友人T氏のAET HIN AC RevB/1.2mに触発され、オークションでAETの電源ケーブルを2本落札した。
その内の1本は電源ケーブル聴き比べに登場したAET HIN AC自作ケーブル。
d0138082_21202681.jpg

このケーブルはAET HINの4芯ケーブルである。AET HIN AC RevBの前の製品のようです。
導体は0.6mmx7本の導体を4本(QUAD)使っっていますが、導体を2本(TWIN)使ったものもあったようです。

もう1本はAET HINの4芯ケーブルの前日に落札したものが、出品者の対応が悪く、昨日ようやく届いた。
出品者の説明ではAET HIN AC の完成品と書かれていたが、届いたものは自作ケーブルであった
しかも、作りがお粗末。写真右のAETの完成品と比較するとその差は歴然。

d0138082_1031111.jpgd0138082_1035088.jpg
まず、グランドアースがプラグにつながれていない。AETのプラグはケーブル差込みの穴が小さいので、電線がしっかり入っていない。
また、プラグの種類も違い廉価バージョン。
返品してお金を返してもらおうかと思いましたが、廉価なプラグと言えどもAETは高価だしケーブルにはSCR-AC/SPと書かれているので、AETのケーブルだとすると、HINよりも高価なケーブル。ちょっと色気をだして、このまま残しておくことにした。




保護チューブをめくると出てきました。AETの文字が
d0138082_2123257.jpg


さてと、それぞれのケーブルの素性がわかったところで、改めて比較試聴をすることにします。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-23 09:53 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 09月 18日

電源ケーブル 聴き比べ

ヒューズ交換をして、また元気に動きだした?A730と金田式DACを使って5本の電源ケーブルを聴き比べた。
A730はメインシステムで金田式DACは事務所の三省PC+Linfofデジアン+ATC SCM7での試聴なので、同じ条件では有りません。
試聴CDはいつものムターとWE IS です。

 
エントリー1 AET HIN AC RevB/1.2m 
d0138082_1522396.jpgこのケーブルはAETの完成品で、ケーブルがHIN AC プラグが明光社のAET仕様です。
 金田式DACでは、解像度は高く、低域はタイトな印象です。
しかし、高域が強調され解析的な印象です。
ムターのバイオリンはなかなかのパフォーマンスですがテナーは線が細い。
 A730では、このケーブルの特徴が全てよい方向に出ます。
高域の解像度や低域の締まり、それと中高域にわずかな艶がのり、それが音楽を楽しくしてくれます。
WE ISの出だしのテナーは少し抑え目に吹いていますが、この当りの抑制もうまく表現してくれます。
また、音の立ち上がりが早くパーカッションが気持ちよいです。
ライブハウスの空気感がとても自然です。
 わが家では、A730に最適の電源ケーブルです


エントリー2 AET HIN AC自作ケーブル
d0138082_20271835.jpgこのケーブルは前述のAETを試聴して感触が良かったので、オークションで自作品を落札したものです。
ケーブルは同じですが、ACプラグは松下のWF5018でしたが、試聴の結果銀ロジュームメッキのプラグに交換しました。IECインレットはFURUTECH(FI-15)のレセが付いていました。
 金田式DACでは、中低域の情報量も多く、高域も素直に伸びています。神経質な感じがしません。AETの完成品と比べると中庸なバランスです。IECインレットの差でしょうか。
バイオリンのテナーもGoodです。
 A730でも同じような印象ですが、完成品に比べると少し明るく、バイオリンの微妙なニュアンスが伝わってきません。不思議です。


エントリー3・4 ortofon 7Nスピーカーケーブル
d0138082_2050329.jpgこのスピーカーケーブルは、10年ほど前に購入したものです。確か10k/mくらいしたような
でも、私には合わなかった。
高かったので、無理して使っていた時期もありますが・・・・・・・
このケーブルに2種類のプラグを付けて電源ケーブルを作りました。
1本はAETの自作ケーブルに付いていた松下のWF5018とSchurter 4781
もう1本はオークションで入手した銀ロジュームメッキのプラグです。
 金田式DACでは2本のケーブルの音の差は、ほとんど感じませんでした。
とても聞きやすく、響きが美しいケーブルです。力感の表現は今一歩で、メリハリ感の表現は苦手のようですが、水彩画のような美しさを感じます。
 A730でも、さほど印象が変りません。音数も多くないし、帯域も狭いが、響きが美しく穏やかで滑らかですが、力感がでません。どちらかというとクラシックしかもバロックにあうと思います。松下+Schurterの方はWE ISを大音量で聞くと、音場が平面的なので、若干中域がうるさく感じます。銀ロジュームメッキの方が高域も伸び、空間情報も多くなります。その分待ったりとした良さは薄らいでしまいます。悩ましいですね。


エントリー5 MC-2500付属のベルデン製ケーブル
d0138082_22305036.jpgこのケーブルはMC2500付属のケーブルを切ってアンプ側のプラグを銀ロジュームのプラグに替えたものです。内部構造は16GAのケーブルが3本と麻紐です。20年使い込まれたケーブルです。
 金田式DACでは中域を中心としたバランスが、とても心地よく、安心して聞けます。
A730でも、これぞベルデンと言いたくなるほど、全てのバランスがよいです。やはりベルデンは標準ケーブルなのかもしれません。
しかし、高性能な電源ケーブルと聴き比べると、空間情報量や微妙なニュアンスなどでは見劣りがします。システム構成や使い方・好みによって、このケーブルの評価が大きく変わるのかもしれません。

 
 

 ケーブル全般に言えることですが、同じ傾向のケーブルで構成するよりも各々のケーブルの良さがシステム全体に生かされるような使い方がよいと思います。
そうすれば、高額なケーブルばかりを購入する必要がありません。
ただでさえ、マルチは機材が多いので、懲り過ぎると収拾がつきません。 )^o^(
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-18 10:03 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 09月 10日

やなさんDACと電源ケーブル

今日のお昼にやなさんDACの試聴をした。
昨日もそれぞれのDACの性格をつかむために軽く試聴していた。
DACの評価は本当に難しい。
というのも、電源ケーブルやトランスポートによってかなり印象や評価が変わるからだ。

という事で、音の影響が大きい、電源ケーブル選びからはじめた。
先日、A730にベストマットだったAETのケーブルをT氏から、お借りすることが出来た。
それと、もう1本。
d0138082_21362686.jpg
アクロリンクの3芯電源ケーブル6N-P4030である。T氏は続け様に電源ケーブルをオークションでGETした。電線マンに変身した。

まずは、A730に最良のケーブルは・・・AETにアクロリンクは対抗できるのか
アクロリンクは悪くない。しかし、これと言って特徴が無いのが特徴かも
電源ケーブルにおいて、重要なことかもしれない。

でも、私はAETが良いと思う。

次はDACの電源ケーブル選びです。
まずは金田式DACです。MC2500のベルデンでは、少し高域が粗い感じがします
A730の純正ケーブルも高域が少し甲高い。
次はアクロリンク6N-P4030です。
これは、行けます。滑らかさと力強さが同居した音です。
音数も多く、空間情報量も多いです。
Jazzには最適です。
ムターを聞いても情熱的な演奏ですが、情報量も多く、冷静に音楽を聞く事が出来ます。
この組み合わせは、音の温度感が高めですが、楽しく音楽を表現します。

同じ組み合わせで、藤原DACを聴くと、あまり良く有りません。
何か不自然な響きが乗ってしまいます。

そこで、A730は常用のMC2500のベルデンケーブルにもどし、DACはA730の純正ケーブルに変更。
音ががらっと変わりました。
温度感が若干低く、音の芯が少し細めですが、響きが大変美しい。

これは良い組み合わせです。金田式DACとは正反対の音です。
温度感が低くいが、冷たい感じでは有りません。淡々としていますが、音楽が楽しめる音です。

これはこれで、Jazzからクラシックまで楽しめます。


この2つのDAC 甲乙付けがたいです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-10 22:01 | オーディオ&音楽 | Comments(9)
2008年 09月 10日

やなさんDAC

 昨日、やなさんから荷物が届いた。
中にはやなさん自作のDACとオークションで入手したDAC
それと三省PCが入っていた。
d0138082_18553118.jpg

やなさん自作DACは2台 1台は金田式DAC(モザイク) もう1台は黒のアルミケースに入った藤原式DACです。
両方とも、自作マニアには有名なDACです。
金田式DACは、完成させるつもりが無かったようですが、無理を言って空き缶で仮組して頂きました。
これはこれで、味わいがあるのですが、ご本人は少々恥ずかしいとおっしゃっていたので
モザイクで登場。
モザイクの方が怪しいか。
マコーマックの上にのっているのが、オークションで出品されている1.5万のDAC。
やなさんは電源部を改造したようです。

試聴記は又お伝えしますので、お楽しみに!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-10 18:48 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 09月 08日

オリジナルLP と 電源ケーブル

今日は、2人の友人が遊びに来てくれた。
一人は高校時代から腐れ縁のO君。かれこれ30年の仲。
彼が私をJazzへ導いた水先案内人。
と言っても、私より1ヶ月先にJazzを聞き始めただけですが
しかし、この事が、たまたま私のその後の人生に大きな影響を与えることに
なったのでした。

まあ、そんな話しは置いておいて、O氏が前回わが家へ来たのが
昨年の春。かれこれ1年半経過している。
その頃とは、プリがNO・26SLにかわり、ツイーターが1502に
アナログプレーヤーはPL-70に変わっている。

彼は超アナログ派
しかも、オリジナルにこだわっている。

今日も7・8枚のオリジナル盤を持参してくれた。
すえさんのフォノイコとNO.25を使い分けてアナログ三昧の時間を過ごした。
d0138082_2221544.jpg

彼が2枚のLPを貸てくれた。
ジミー・ジェフリーもアンドリュー・ヒルも大好きなミュージシャン
しかし、2枚とも聞くのははじめて。
録音の良さもさる事ながら、演奏がメチャンコ良い。
特にヒルのCOMPULSIONは感動した。A面出だしのパーカッションが鳴った時
背筋がぞくぞくした。
なんと表現したら良いのだろうか。言葉にならない。

彼曰く「わが家ではこうはならないな」
ようやく、わが家のシステムもオリジナル盤の良さが発揮できるようになったようだ。)^o^(

もう一人、近所の友人T氏。
先日DA10をお借りした時に、電源ケーブルによってDA10の音がかなり変わることを
聞いてもらったら、早速オークションで中古の電源ケーブルを入手。
今朝、届いたばかりのケーブルをわが家へ持って来てくれた。

d0138082_875834.jpg
AETのHIN AC/SP Rev B と書かれている。
表記から察するに、電源ケーブルとしてだけではなく、スピーカーケーブルとしても
使えるのかな。
まずはLinfof工房のデジアンで使ってみた。フルテックよりも高域が伸びている。
午前中は、エージングも兼ねて、そのまま事務所で使い続けた。

午後は友人O氏が来るのでオーディオルームでA730で音の傾向をチェックした。

むむむ 低域に力が有り、高域も伸びている。色んなケーブルを試したが
A730との相性は今までで一番良いかも知れない。
常用のMC2500の付属ケーブルに交換すると、デビッドマレイのテナーが演歌っぽく聞こえる。
ありゃりゃ。どうしよう。

オークションに同じようなケーブルが出品されています。
思わず、ポチッとしてしまった。
このままで終るとは思えないが、出来ることなら入手したいな。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-08 23:05 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 09月 06日

チビ助DACの電源ケーブル

チビ助DAC改造第一段(第二段があるかどうかは不明)
チビ助DACの最重要懸案事項(おおげさな)に着手しました。
オーディオは電源に始まり電源に終る。
チビ助DACの電源ケーブルはその筐体に合せた(?)プワーなケーブルでしたが
あまりにもひどい。(音ではありませんよ。見た目と気分)
d0138082_4533644.jpg

ようやく思い腰をあげました。
手持ちのケーブルで使えそうなのが、アクロリンクの6N-P4020ⅡとフルテックFP-314AG です。
ソケットを使って2つのケーブルを試聴。

フルテックは中低域の量感は良いのですが、高域の伸びが足りません。
アクロテックは元気いっぱいに鳴ります。
どちらも今一歩ですが、付属ケーブルよりも、爆音時低域がもたつく感じが有りません。

しばらくは、アクロリンクで鳴らしてみます。

追伸
電源ケーブルを変えて良い点は、小~中音量時つやっぽい音がします。
大音量では、それがあざとなってしまい、中高域が少しうるさいと感じる曲もあります。

悩ましいです。

d0138082_244093.jpg

取りあえず、付属のケーブルとの見た目の差だけでも満足です
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-06 23:34 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 07月 30日

電源ケーブル FURUTECH&BELDEN&名無しの権兵衛

LAVRY DA10を聞いて、PCオーディオの完成型を見てしまったような気がします。
その後、PL-70の調整をしていたこともあり、バッタ君の電源を入れる頻度が激減。
そろそろ、良いDACが欲しいな!しかも、格安の

今日は以前から気になっていたA730の電源コードの試聴を再開しました。
今まで、FURUTECHやGOLDEN STRADAや自作ケーブルなどを試しましたが
どうも納得出来ず、結局A730に付属していた純正ケーブル(?)を使っていました。

ただ、A730は中古で購入したので、このケーブルが純正かどうかは断言できない。
d0138082_546379.jpg

写真右上の紙のタックが付いた物です。この紙には「CONNECTED FOR 100V 50/60Hz OPERATION」と書かれています。私にもわかる英語です。(^○^)

ケーブルにはメーカー名の明示はないようで、「E24642 TYPE SJT W・A 105 14/3 LL44377 CSA ・・・・」と刻印が打たれている。
このケーブルは、悪くはないが、音が少し硬く、何を聞いても元気いっぱいなのである。
もう少し、表現の幅があればと思うのだが・・・・・・

まずは、以前も試聴した写真の左上のFURUTECHのFP-314AGです。現在MC2500にも使っています。
音がまろやかになります。高域も奇麗です。
でも、解像度が少し不足気味です。惜しいな。

次に、前々から気になっていたMC2500の純正ケーブルを使ってみることにしました。
ケーブルにタックがついていて、小さくBELDEN C と書かれています。

MC2500は受けのコネクターの形状が違うためICコネクターに付け替えなくてはいけません。
幸いというか、MC2500純正ケールは絶縁体が所々ひび割れしているので、3mのケーブルを1Mと2Mに切り分け1MのケーブルにICコネクターを取付て、試聴しました。
写真では下に写っているケーブルです。

このケーブルはしばらく使っていませんでしたが、今まで10年以上使い続けられていたので、エージングは不要でしょう。

劇的な変化は有りませんが、高域の伸びもよく、解像度もあります。
とてもナチュラルな音です。FURUTECHよりも音は硬く、高域の伸びも充分。
解像度もあり、音の立ち上がりも早いです。
A730純正ケーブルよりも高域が優しく伸びやかで、押しつけがましいところが有りません。
俗に言う、使いこなされたケーブルの良さなのかもしれません。

ムターのバイオリンは太筆のようなタッチですが、エッジがしっかりしていて、響きも美しいです。
CANTATE DOMINOを聞いても女性の声がヒステリックにならず、バックコーラスとの対比と調和もちょうど良い塩梅です。
CANDYのアートテーラーのスネアーはもう少し小気味良くなった方が良いかな。
でも、トランペットの音の抜けは良く、響きも美しいです。
WE ISのデビッド・マレーは太く優しくそれでいて緊張感があり、荒々しさが少なくなりました。
多分、これが本当なのでしょうね。
生でデビッド・マレイを聞きたいな

当面はこのケーブルでいこうと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-07-30 07:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 10日

電源ケーブルの試作その2・3

d0138082_1657164.jpg 今日は先日の試作ケーブルの線材組み替え実験をしました。
まずは、アース配線を取止めて、3芯をまとめて2芯ケーブルとしました。
試作1よりも若干中域のボリューム感が増えるように感じます。女性ボーカルの中域当りのボリューム感が出てきます。スピーカーケーブルでも同じ傾向の変化になりますので、想像していた通りでした。もしかして、経験からそのように感じているのかもしれません。どちらにしてもさほど差を感じません。このケーブルを試作2とします。

d0138082_16575139.jpg
 次に各々のケールの白・黒・緑の線をまとめて3芯ケーブルとしました。聴いてしばらくは、さほど違いが分かりませんでしたが、よく聞くと若干、空間情報が不足し、音場の見通しが悪くなるようです。
これは却下です。このケーブルを試作3とします。

 総合点で試作1がバランス・見通しもよく、とても良い感じです。中域のボリューム感が必要な場合は試作2も良いかもしれません。

 次に今まで使っていたプロケーブルのベルデンのシアターモデルに交換しました。
私のシステムではベルデンより音の抜けバランス共に試作ケーブルの方が良いです。
このケーブルのIECコネクターはドイツ製の、K + B 社のものですが、ケーブルを止めるにはコネクターが必要です。このコネクターが良くないのかもしれません。また、プロケーブルの仕様ではシールド線が両方向ともアースに接続されています。IECコネクター側は接続しない方が良いと思うのですが。

試作1・2・3ケーブルの電源プラグは マリンコ Marinco 5266BL IECコネクターはシューター4781です。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-10 16:58 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 08日

電源ケーブルの試作その1

d0138082_6203024.jpg  電源ケーブルの試作品1号機です。ケーブルは以前使っていたプロッターの電源ケーブルです。
ケーブルにはTA NSING ☆ 344002 と VCTF 〒12-8358 TAIKO D.D 0.75mm2 1996 -F-  と書かれている3芯ケーブルです。導体は黄色掛かった茶色でかなり細い線を数十本集めて断面積0.75mm2となっているのでしょう。
TAIKOと書かれているのが、ケーブルメーカーでしょうか。検索してもTAIKOというケーブルメーカーはヒットしませんでしたが、各種コネクターを作っている会社がありました。一般に販売しているかどうかは不明ですが、将来お世話になるかも。


d0138082_6332855.jpg コネクターを取り除き、ケーブルを半分にカットして2本依り合わせてオリジナルケーブルを作ってみました。配線は各々のケーブルの3芯のうち2芯をよって、それぞれホットとコールドとし、各々のアースケーブルをよりってGRAUNDとしました。
早速試聴してみました。試聴は事務所のシステムでアンプをデジアンに替えて行ないました。
ちょっとびくびくしながら電源オン。普通に音が出てきました。
試聴は最近お気に入りのCDインディオ系の女性ボーカルJoanne ShenandのMATRIACHです。決して悪くないですね。とてもバランスが良いです。特に悪い所が見当たりません。なんとなく、ホットしました。中庸の良さとでも言えばよいのでしょうか。

 このケーブルの3芯の組み合わせを替えて音がどう変わるのか試してみたいと思います。
3芯をまとめ断面積を0.75x3mm2したり、各々のケーブル内の白と黒の芯線を依り合わせて使ってみるなど、取り回しのしやすい細いケーブルだからこそ出来ることがあります。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-08 07:01 | オーディオ&音楽 | Comments(0)