Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:同軸 ( 13 ) タグの人気記事


2016年 10月 16日

サブシステム プチ改造 ネットワーク

d0138082_06173556.jpg
サブシステムのバチ子Gauss3588+4583ADW。右チャンネルのアッテネーターが不調です。
コイズミ無線で購入した新しい、アッテネーターに取り替えました。

d0138082_06193264.jpg

ついでにネットワークの回路を写します。
d0138082_06222745.jpg
コイルのインダクタンスは測定していませんが、見た感じ低域も高域も同じ物が使われていると思われます。
コンデンサはSIZUKIのフィルムコンデンサーが使われています。
結構、パーツに拘っていますね。
回路は低域も高域も1,300Hz12dB/octのようです。

アッテネーターを取り替えて、試聴をはじめました。

音抜けが良くなり、ベールが一枚はがれ、ボリュームの細かな調整ができるようになりました。
しかし、全体に明るすぎる印象です。
アッテネーターもエージング必要でしょうが、中域が張り出しすぎのような気がします。
高域のクロスオーバー周波数をもう少し上げた方が、良いのかも。

私が購入したGauss3588は、フットモニターに入っていた物で、明瞭さが求められるシステム。
そのネットワークを無改造で使っている。
音楽鑑賞用途では、もう少し陰影が出せた方が良いかも。

と言うことで、高域のコンデンサーの足をニッパーで切り、鰐口クリップを使ってJantzenAudio製のメタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサー6.8μに1μFのSPRAGUEのフィルムコンデンサーを追加しながらクロスポイントを探りました。
d0138082_07334172.jpg
今日の所、6.8+1.0μF当たりが、良さそうです。1μFのコンデンサはSPRAGUEだと、うるさくなるのでSIZUKIに変更しています。

[PR]

by okamoto-arch | 2016-10-16 22:03 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2016年 10月 08日

サブシステム プチ改造 +サブウーハー

d0138082_13181884.jpg
 メインシステムを解体して、もう1年になります。
そろそろ、何とかしなければいけないのですが・・・・・・

それはそれ、とりあえずサブシステムのグレードアップを図っています。
バチ子の上段はGaussの同軸3588がマウントしてあります。38cmウーハーと1インチドライバーが組み合わされたユニットです。
ALTECの同軸モニター620Aや612Aのユニット入れ替えを狙って開発されたのかも。
バチ子の内容量は100L少々と小さいため、低域が不足気味です。
そこで、下段にGauss4583ADWをマウントして、低域の改善を図ります。

ネットワークは6dB/octと12dB/octの両方でクロスオーバー周波数は80Hzから300Hzまでの間で色々試し、徐々に絞り込んできました。
6dB/octの場合は、クロスオーバー100Hz以下、12dB/octの場合は150Hz以下でないと、サブウーハーがちょっと目立ちます。
さりげなく低域が補強されていれば良いので、徐々にクロスオーバー周波数を下げていきました。

ここ1週間、今のセッティングで聞いていますが、かなり良い感じです。
d0138082_13414825.jpg
現在のネットワークは80Hz12dB/octです。
コンデンサはトンビさんにお借りしたムンドルフバイポーラ型電解コンデンサ150μF63Vを使っています。
インダクタンスはRコア電源トランスを使っています。
Rコア電源トランスの2次側20Vの白いケーブルの回路の直流抵抗は1Ω インダクタンスは22.8mHです。

ツイーターはGauss1502です。
4つの8Ωユニットがパラで繋がっています。
インピダンスが2Ωとなります。

今まで、使っていたEL34PPでは、少々力不足なので、久しぶりにkazzさんの6336PPを使って鳴らしています。
d0138082_14412773.jpg
電源部が強力なkazzアンプは2Ωの負荷も苦にしません。
すばらしい駆動力です。

サブシステムが充実すればするほど、メインシステムに手が付けられなくなりそうです。
でも、年内には何とかしたいな・・・・

[PR]

by okamoto-arch | 2016-10-08 14:43 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2009年 09月 09日

GAUSS 3588 その3

マルチで発進したGAUSS3588ですが、フットモニターで使われていたネットワークで鳴らしてみることに。
d0138082_7512676.jpg

ネットワークの定数を読み取っていませんが、高域と低域も12dB/octのようです。

コンデンサーはSHIZUKIのフィルムコンに統一されています。
コイルの両端が半田付けされているので、容量は測定出来ませんがコンデンサー容量jから
設定を割り出してみます。

ネットワーク仕様の3588を鳴らすアンプはトンビさんのIC4パラです。
d0138082_8302197.jpg


試聴はOrendaから
単一アンプなので、音色の統一感が出てきます。
少し、低域が薄いかな。
アッテネーターで最適な位置を探しますが、なかなか定まりません。
フットモニターの時はメモリ6だったんだけれど・・・・・・・・

時間とともに、バランスがよくなってきたような
マルチのときよりも正確に再生されているような気がします。
トンビさんのアンプとの相性もよさそうです。


あれれ トンビさんのアンプの後ろに
[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-09 08:48 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2009年 09月 08日

GAUSS 3588 その2

 フットモニターで試聴してきた3588ですが、ようやく4320のエンクロージャーに移植完了。

最近は夜中の作業ばかりで、ファーストインプレは小音量で。
今まではフットモニター内蔵のネットワークを使いトンビさんのパラで鳴らしていましたが、
今回はKazzデバ1,200Hz/18octを使ってマルチ駆動

一気に箱と駆動方法が変わってしまったのでここの要因は後日検証することに

先ずは左右のバランス位相のチェックをすませ、妙な同軸with2440の時と同じ音量設定で
HOUSTON PERSONとRON CARTERのDUO Dialogues



うう
ううう

むむ
むむむ


なにこれ
メチャンコいい
多分

なにがって
冷静に聴こうと思っても喜びが込み上げてくる
なので、コメントが出来ない。



と言うことで3588についてちょいと情報を整理してみることに
ネットで調べても以外に少ないんです。

ジャンクスピーカーの駆け込み寺 リティルマネジメンの職人さんのブログ スピーカー修理日記3588の周波数特性が掲載されています。
d0138082_1375663.jpg

これを見るとクロスオーバー周波数は1,200Hzもしくは全体の特性をフラットにするために3,000Hzぜんごかな。
でもでも、このウーハーに3,000Hzまで受け持たせるのは解像度が問題になりそうです。

その他トンビさんが送ってくれた雑誌の切り抜き
d0138082_1511818.jpg


これまた、トンビさん提供の情報ですが、DENONが昔SC-2000という型番で3588をオリジナルの箱に入れて製品化していたようです。
懐かしのスピーカー達! というHPにSC-2000が紹介されています。
カットモデルが掲載されているので、ちょいと写真を拝借
d0138082_2144345.jpg

SC-2000ではクロスオーバーが2,500Hzとなっています。
今度2,500Hzも試してみます。

SC-2000は1986年当時ペアーで130万 どうりで知らない訳だ
当時26才の私は超貧乏サラリーマン。10万を越えるオーディオには
興味がありませんでしたから。



そして昨日のお昼、短時間でしたが、かなりの音量で試聴

夜中の印象そのまま低域がさらに良いです。
ベースが弾み、中域に艶があり 音像の定位も良いです。

一瞬で妙な同軸with2440の出番はなくなりました。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-08 01:29 | オーディオ&音楽 | Comments(12)
2009年 09月 07日

GAUSS 3588

 次は同軸の大本命 GAUSSの3588をJBL4320のエンクロージャーに移植作業をします。
先ずはフットモニターに入った3588の取り出しからです。
d0138082_19076.jpg

今回は内蔵のネットワークも一緒に取り出します。
ネットワークとマルチのどちらが良いのかの検証も行いたいと思っています。

3588のシリアル番号を調べると
d0138082_1924360.jpg
0892011と0892003
連番ではありませんが、かなり近い。ほぼ、同ロットと考えてよさそうです。(^0_0^)

コーン紙も奇麗だしフレームも気になる傷も無い。
とても良い状態です。

そして妙な同軸with2440を取り外して、二つのユニットを並べて記念写真を
d0138082_1972936.jpg
初めて3588を見た時はバックかバーの大きさに驚きましたが、妙な同軸と並べるとたいしたことは無いですね!
重さで音が決まる訳ではないので、3588を取り付けます。
あれれ。
ユニットを取り付けるボルトに位置が45度ズレている。

やなさんから頂いたMA-15で止めようかと思ったのですが、Tナットが無い。
あったとしても夜中に穴あけ作業をすれば、家人から大目玉をくらいそう

と言うことで、ちょいと首を傾げたアヒルのようですが ご愛敬ということで
d0138082_19551876.jpg


さてと 3588がフットモニターとは違った音を聴かせてくれるかどうか・・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-07 19:08 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
2009年 09月 06日

妙な同軸ユニット 調整中その4

 妙な同軸with2440の取り付け調整が終わると、達成感以上に疲労感が・・・・
やはり、最近体力が急激に落ちているな 反省!!

d0138082_6272935.jpg

はやる気持ちを抑え先ずはHOUSTON PERSONとRON CARTERのDUO Dialoguesを
d0138082_6303043.jpg

悪くないだが・・・・・・・・
なんだか冴えないな

高域が不足しているのかな。
急きょOrendaを聞いてみると
d0138082_6322947.jpg

高域の伸びが足りないようだ。
2350で聞く2440より高域が伸びていないように感じる。
妙な同軸は低域が延びているので、なおのこと高域が不足しているように感じるのかもしれない。
とりあえず1.0μFのフィルムコンデンサーと2405とを高域に加えてみた。

ふむふむ

バランスが改善されまいた。

しかし、悪くはないんだけれど。

何が良くないのか

同軸の良さが感じられない点である。
Orendaを聞くとボーカルが肥大化してしかもピントが甘い
これならメインシステムで聞くボーカルのほうが、ボーカルが目の前で立って歌っているように感じるので実態感があってよい。


チャンデバを450HzOctに交換してみることに

低域が強すぎます。
ベースが弾まない。
ベースの倍音が無いように感じます。

これは、悪い方向への変化でした。

ではではということで1,200HzOctチャンデバに交換

Orendaを聞くと女性ボーカルがスリムになり空間表現の良くなったように感じます。
HD1Aと2440を比較するとカタログ上はどちらも500Hz以上が推奨されているが使った印象では
2440は400Hzでも十分使える一方HD1Aは800Hz当たりから使う方が良いと感じている。
3インチのダイヤフラムと4インチのダイヤフラムの差なのかも
妙な同軸with2440では2440の強力な中低域が、かえってホーンの鳴きを招いているのかもしれない。





d0138082_755407.jpg
次にスピーカーの位置調整です。
スピーカーをフローリング1枚分内振りにしていましたが
1枚半に ボーカルが少し引き音場に奥行き感が出てきました。
2枚分内振りにすると、全体にピントがあってきたのか、音が立ってきました。
とりあえず、この状態で妙な同軸with2440を評価をすることに

d0138082_7543030.jpg

もっともソフトの多い50・60年代JAZZの代表としてMEETS THE RHYTHM SECTIONを聞くことに。
おおお なかなか良いのである。
ちょいとバタ臭い感じもするが、大学時代JAZZ喫茶で聴いたような音で、懐かしく感じる。
高域のボリュームをほんの少し落とすと、アルトが柔らかく良い按配になった。
Philly Joe Jones のハイハットやスネアーも切れはあって良いです。



妙な同軸with2440の音を冷静に分析するとメインシステムに近い音である。
メインシステムにおいて2440の支配力と重要性を再認識しました。



 同軸はサブシステムと考えているので、2440を同軸で使うと2440に変わるドライバーが必要になる。
また、同軸のメリットを考えるとツイーターが必要な2440を使うことは、理論上矛盾が出てくる。

しばらく2440を使って見ますが、体力と気力が整い次第、3588を使って同様の実験をしてみます。

お楽しみに

ではでは
[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-06 07:34 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2009年 09月 05日

妙な同軸ユニット 調整中その3

 いつの間にか9月
今年は涼しい夏だったが、ここにきて少し暑さが戻ってきた。


 妙な同軸(with HD1A)はアナログチャンデバの追い込みで、プチ完成です。
HD1Aの明るい中域がなかなか良い味を出しています。
GAUSS3588より音の線が太く、2インチドライバーの良さを感じる音になってきました。

 ではでは、さらに2インチらしい音を求めてHD1Aを2440に交換することに・・・・・
これが大変な作業です。
d0138082_552349.jpg

まずは2350から2440を取り外す。
ずしりと重い2440は大切に毛布の上へ

d0138082_5554840.jpg

エンクロージャーを寝かせて
妙な同軸(with HD1A)を取り外す。
d0138082_5573161.jpg


d0138082_558790.jpg

妙な同軸からHD1Aを外し

d0138082_559066.jpg

2440を取り付け


これ以降は危険な作業なので、写真はない。

HD1Aよりさらに重い2440とコンビを組んだ妙な同軸を持ち上げ、エンクロージャーのバッフル板に置き
2組のスピーカーケーブルを取り付け2440をつり上げるひもを2440に巻きつけてから、ユニットをバッフル開口へ
指をユニットとバッフル板の間にはさみ、痛みに耐えながらボルト穴を微調整

そしてボルト止め
2440をつるし上げ

エンクロージャーを起こす。

アンプに火を入れ
位相とボリュームチェックをして2時間の重労働を完了

妙な同軸の最大の欠点は重量であることにようやく気付いた。

もっと早く気付けよ
[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-05 00:55 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
2009年 08月 25日

妙な同軸ユニット 調整中その2

 デジタルチャンデバで調整していた妙な同軸(HD1Aバージョン)だが、私の技量では、煮詰めきれない。
イコライザーを使って調整すると、音の鮮度が失われて行くように感じます。

もう一度原点に戻るために、チャンデバをKazzデバ450Hzに戻すと、音に艶があり、音楽が楽しい。

やっぱり、使い慣れたチャンデバが私には合っているようです。
デジタルチャンデバで24dB/octの優位性は確認しましたが、18dB/octとの差はごく僅か。
アナログの場合、素子が1つ増えるぶんだけ、音が劣化する可能性があります。

と言うことで、妙な同軸用のチャンデバを作ることにしました。

先ずはGAUSS3588でも使えるように1,200Hzで組んでみることに
音を想像しながら部品を選ぶのは結構楽しいですね。

あまり帯域を欲張らないで、充実した中域を目標に部品を選びました。

1時間ほどで組み上がった1,200Hz/octの音は・・・・・・・・・・・・



簡単にボリューム調整をして試聴開始です。
試聴アルバムはいきなりOrendaです。
ほどよい帯域でバランスも良いようです。
ボーカルの定位はデジチャンの方がすぐれているかな
空間情報はKazzデバの方が多い。
何よりも音に艶があり音楽が楽しいです。
よくよく聞き込むと、クロス付近が少し薄く感じます。
ウーハーのインダクタンスを調整するとウーハー帯域のエネルギーバランスが少し上の帯域へシフトし全体のバランスがよくなったようです。
ムターもCANTATE DOMINOも構行けます。

気持ちよく音楽を聴きながら今度は800Hzバージョンを組み立てました。

ともに、以前組んだチャンデバをばらしての作業なので所要時間のほとんどは各部品の測定に費やされます。
こちらも1時間ほどで完成です。

さてと、またもやOrendaを聴きます。
ボリューム設定は変えていません。

こちらの方が定位がしっかりします。分解能が良いようです。
高域のGEのコンデンサが効いているのかな

床から50cmほどの高さのところに同軸ユニットの中心がありますが、
ボーカルは人が立って歌っている位置に定位します。
これは気持ちよいです。
1,200Hzバージョンよりも情報量が多いように思います。

夜中から始めた作業ですが、外が白々としてきました。
夜中の試聴では800Hzバージョンの方が好みの音でした。

家人も起き、朝食をすませてから30分ほど通常の音量で聴きました。
800Hzバージョンはある音量を越えると中高域がうるさく感じる帯域があります。
これは、デジチャンの時も同じで、多分2,500Hzだと思います。
これはホーンが影響しているのかな

今度は1,200Hzバージョンです。
こちらは2,500Hz付近の歪み感はほとんど感じません。
しかし、800Hzバージョンよりもフォーカスが甘いです。
左右の特性が微妙に違っているのかな

新品のコンデンサーを2本使っているのでエージングが進めばもう少しよくなるかも

とりあえず、デジチャンよりも私好みの音に本日は大満足
しかし、自作の機器の音の判断には時間をかけて冷静に判断せねばなりません。

各パーツの見直しも含めてもう少し様子を見たいと思います。

d0138082_2333894.jpg

まん中が800Hzバージョン 両サイドが1,200Hzバージョンです。
パッシブチャンデバなので、回路は単純
音の純度が高いのは構成パーツが少ないからでしょう


この回路を教えてくれたKazzさんに改めて感謝!!
[PR]

by okamoto-arch | 2009-08-25 13:06 | オーディオ&音楽 | Comments(12)
2009年 08月 21日

妙な同軸ユニット 調整中

妙な同軸(+HD1A)を鳴らしはじめて3日が経過。
ウーハーの鳴りぷりもよくなってきました。

当初、Kazzデバ450Hz号(18dB)で鳴らしはじめ、その後650Hz(12dB)1,200Hz(12dB)とクロスポイントを上げていきましたが、予想に反して450Hz号が一番まとまりがよい。

しかし、小さなホーンで450Hzでクロスしていては精神衛生上良くない。

そこで、トンビさんにお借りした、デジタルチャンデバBEHRINGER DCX2496を使ってクロスポイントを探ってみた。
d0138082_2132380.jpg
DCX2496はメチャンコ多機能。とりあえず、クロスポイントとスロープ曲線の変更だけで音だししてみました。


d0138082_371143.jpg
それにしても、楽しいチャンデバです。
再生中に、クロスポイントとスロープ曲線を自由変えることが出来、しかもそれを
液晶画面で目視出来るので、クロス状態を視覚的に把握出来るのはありがたい。

d0138082_2561325.jpg

先ずは最近お気に入りのHOUSTON PERSONとRON CARTERのDUO Dialoguesを聴きながら
クロスポイントを変えていくと、500Hzから2,000Hzの間であれば、そんなに大きな音の差はありません。
さらに聞き込むと650Hzから1,500Hzの間に適正なクロスポイントがありそうです。

しかし、1,500Hzでのクロスでは2インチドライバーを使う意味がない。
やはり、650Hzから1,000Hzの間で使いたい。

d0138082_315561.jpg

試聴アルバムをOrendaに変え、男性と女性両方の声を聴きながらさらに聞き込むと
音量を上げた時に、中低域に音の滲みがでる。

スロープ曲線を変更するとクロスポイントを変更するよりも音の変化が大きい。
18dB/octから24dB/octに変えると音が立ってきて、滲みも若干和らぐが
根本的な解決には至らなかった。
スロープ曲線は48dB/octだとさらに音が立ってくるが、音の一体感が崩れる。
18dB/octから24dB/octの組み合わせがよさそうです。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-08-21 02:13 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2009年 08月 19日

妙な同軸ユニット 発進

昨晩遅くに、ようやく音だし。
d0138082_7375487.jpg

 
 
 
 
 
 
 


d0138082_744782.jpg

妙な同軸 ウーハー部だけ聞くと、重心が低く20Hzを再生します。
コーン紙は表面がプレスされていて、軽そうな気がしますが、指で弾くと
ボンボンという鈍い音です。GAUSS3588も4583ADWもぱんぱんという音なので
ドライバーとうまく組み合わせられるか
ちょいと心配


ユニットを取りつけようと4583ADWを取り外すと、補強桟が
d0138082_812444.jpg

ウーハー部だけなら問題ありませんが、ドライバーが取りつけられた状態では
間違いなくドライバー部が当たってしまいます。

しまった と一瞬思いましたが、補強時の記憶がよみがえり、この補強は最後に
入れたもの。しかも効果確認をした際、音の変化が感じられなかったので
ビス止めだけでおわっているかも


私の記憶が正しかった ほっ!


 
 
 
d0138082_842360.jpg

懸案のドライバー部の重量負担の軽減方法はとってもローテック
HD1Aのマグネットの保護のためのゴム製のリングに梱包用のひもを巻き
それをステンレスワイヤーで吊り下げる方法とした。

ユニットの取りつけはエンクロージャーを寝かせて行い、2組のスピーカーケーブルと
ステンレスワイヤーを取り付け、ボルトで固定してから、ステンレスワイヤーを引っ張りあげて
エンクロージャーを起こした。

バッフル版に異状は無いようだ。


ではでは音だしです。
とりあえず、ホーンの形状からして1000Hz以下は減衰してしまうと思われますが
Kazzデバ岡本号(450Hz/18dB)を使い、ウーハー部はMC2500 ドライバー部はKazzアンプです。

どきどきわくわくしながら、ボリュームを調整をします。

さすが2インチドライバー
GAUSS3588とは一味違った余裕のある音です。
ゴリゴリのウーハーと爽やか系のHD1Aとの相性が心配でしたが、
組み合わせの妙と言えばよいのですが、双方の良さがうまくブレンドされた感じで
私の駄耳では、違和感を感じません。
とりあえず、小音量では合格点です。

後日、ゆっくり聞き込んでみたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-08-19 08:37 | オーディオ&音楽 | Comments(2)