Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人 ( 266 ) タグの人気記事


2015年 10月 23日

JBL 075 16Ω v.s 8Ω

d0138082_06585903.jpg
 JBLの有名なツイーター075には、初期型の16Ωバージョンと後期型の8Ωバージョンがあります。
さらに、16Ωバージョンには、スピーカーターミナルが大きな初期型と小さな後期型があります。
もっと違うバージョンがあるかもしれませんが・・・・
8Ωバージョンには、後期型16Ωバージョンと形状が変わらないタイプの後に、四角いバッフル板がついたものがあり、裏面のシールのデザインが変更になり全部で3種類以上のバージョンがあると思います。
さらに、1970年台に磁気回路がフェライトに変更になっています。
d0138082_11172579.jpg
 先日、馬蹄形スタンド付075の16Ωバージョンをとある方から譲って頂きました。
スピーカーターミナルが小さい後期タイプです。
ちまたで言われている、8Ωと16Ωの音の差を確かめたいと、思っていたので・・・・・・

事務所のシステムはJBL L44 Lancer with 075(8Ω)。十分良い音なんですが・・・・・・・
さほど差が無ければいいなと思う反面、手に入れたからには、激変して欲しいという思いが絡み合ってちょっと複雑な気分です。

さっそく、コンデンサの容量を0.1μから0.065μFに小さくして試聴。
ガッツのある音ですが、少し荒く感じます。
直流抵抗を計ると、16Ωも8Ωもさほど変わりません。
(クロスオーバー付近の交流抵抗を測定したわけではないので、16Ωと8Ωが同じダイヤフラムと言うことではありません。
D130も16Ωと8Ωでは直流抵抗は1Ωくらいしか変わりませんので。)
d0138082_09164256.jpg
ならばと言うことで、コンデンサの容量を0.1μFに戻してみると、
良いバランスで鳴り出しました。
(コンデンサの容量の差なのか、コンデンサの相性なのかは不明です)

この状態で1日鳴らしてから、8Ω075との音の違いを確かめてみました。
d0138082_17531208.jpg

d0138082_09144674.jpg
試聴は、下記の曲をつかいました。
Joanne Shenandoah/Orenda
 Passage (Prelude)
 Across The Sky
Kahil El'Zabar, David Murray/We Is_ Live At The Bop Shop
 One World Family
Ben Webster - Ben Webster & Strings
 Willow Weep For Me
Art Pepper Meets The Rhythm Section
 You'd Be So Nice To Come Home To
Sonny Rollins/Way Out West
 I'm An Old Cowhand
Eric Dolphy - Last Date
 You Don't Know What Love Is
Don Cherry - Art Deco
 Art Deco
Lee Morgan CANDY[MONO] 45rpm
 Candy
Miles Davis - Ascenseur Pour L'Echafaud (死刑台のエレベーター)
 Generique
Jacintha/Autumn Leaves
 Moon River

まずは、8Ω075から聞きます。
いいよね。 L44 Lancer はLE8Tとを使ったシンプルシステムだけれど、オールドJBLの音を凝縮したサウンドを聞くことが出来ます。
大型システムほどの音の密度はありませんが、JBLの音がします。


次に16Ωバージョンです。
16Ωバージョンは、力強く、中域の密度が上がります。そして、音の描写がはっきりします。
しかし、高域の不足感は感じません。
中域の密度が上がった分だけ、オールドJBLの音に、さらに近づいたように感じます。
JAZZには16Ωの方がいいかな。

youtubeにアップした動画で、違いがわかるかな?

私の使い方では、ちまたの評価ほどの差があると感じませんでした。
通常075は2500Hzもしくは7000Hzから使われます。
私は0.1μFのコンデンサだけなので、075の最もおいしい帯域を使っていないのかもしれません。
私の耳では、違いがわからないだけかもしれません。





[PR]

by okamoto-arch | 2015-10-23 17:47 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2015年 07月 28日

やなさん AK4490 DAC デュアルモノ  

d0138082_12360355.jpg
やなさん設計 AK4490 DACデュアルモノを聞いています。
シングルDAC(ステレオ)基板を2枚使い、ディップスイッチにより、シングルとデュアルモノの切り替えが出来ます。

AK4490は旭化成の新しいICだそうで、PCMもDSDも再生出来る優れものです。

再生環境
ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL → プリ となっています。

P2DはPCMをスルーすることも出来るし、PCMをDSDに変換することも出来るし、AK4490DACと組み合わせるとPCMもDSDも両方の音を聞き比べることが出来るというわけです。
DSDの試聴では、ALIX→UDA→P2D→原理基板→221アンプやラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHALとも聞き比べしました。
おのおの少しずつ違いますが、そんなに大きな差はありません。
どれも、完成された音です。

大きな違いは無いけど、音の太さは少し違います。
太い順に、
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
音抜けが良いのは
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHA
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
でも、大差ないんだ。
ブラインドテストしたら、わからないだろうな。

DSDは、音の差が出にくいのかもしれません。
どれも、フィルターを通しているだけだからかな。

このままじゃ、AK4490 DACの存在意義が、あまりない。007.gif
実は、AK4490 DACの最大の魅力は、PCM再生です。
DSDと比較しても、甲乙付けがたい。
DSDの音と違いは、あるけど、今まで聞いたPCMのドンシャリ感は無く、明るめのニュートラルな音という印象です。
切れ、解像度が良いが、それが耳に付くことがなく、自然な音です。
スパッと音が出てきます。

AK4490はPCMに相当こだわりがあるようで、PCMの為の設定がいくつもあります。
資料をみてください。

上記の性能は、やなさんのAK4490 DACの場合、2つのディップスイッチによって制御されています。


AK4490 DACのSW設定
SW1
1,2:入力切替
0,0=PCM
0,1=DSD
1,X=オート(INコネクタの11ピンがLOW=PCM、HIGH=DSD)
3:DSDの左右CH指定(ディアルモノ時のみ有効)
0=DSDL、DSDR
1=DSDR、DSDL
4,5,6:PCM入力フォーマット
0,0,0=16bit後詰め
0,0,1=20bit後詰め
0,1,0=24bit前詰め
0,1,1=24bit I2S
0,0,0=24bit後詰め
0,0,1=32bit後詰め
0,1,0=32bit前詰め
0,1,1=32bit I2S
7,8:PCMディエンファシスフィルタ
0,0=44.1KHz
0,1=OFF
1,0=48KHz
1,1=32KHz

SW2
1:超スローロールオフフィルタ
0=ノーマル
1=超スローロールオフフィルタ
2,3:デジタルフィルタ
0,0=シャープロールオフ
0,1=スローロールオフ
1,0=ショートディレイシャープロールオフ
1,1=ショートディレイスローロールオフ
4,5:音質フィルタ
0,0=サウンド1
0,1=サウンド2
1,0=サウンド3
1,1=リザーブ
6,7:DSDフィルタ
0,0=50KHzハイパススルー
0,1=リザーブ
1,0=50KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
1,1=150KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
8:デュアルモノ指定
0=シングルDAC
1=デュアルモノDAC
※0:OFF、1:ON

現在、このDACは一般配布されていません。
でも、この実力ならば、是非配布して欲しいです。
みんなで、やなさんに配布希望のメッセージを送りましょう。

29日追記

AK4490DACの優れているとこを発見。
特にPCM再生時はS/Nが良い。AK4490DACの後に原理基盤を聞くとノイズが気になる。
配布を熱望します

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-28 13:07 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2015年 06月 23日

20150621 楽しいoff会

d0138082_04453259.jpg

 linfof工房さんとそのお友達 通称「名古屋軍団」との恒例となっているoff会です。
もう何年も前から続いている、オーディオのoff会最近。最近はメインはBBQかも。^^;
前日の天気予報が、雷雨。
BBQが出来るかどうかわからなかったので、準備は当日の朝から。

買い出しから帰ってくると、すでに名古屋軍団が到着していました。
あちゃ。

今回は、鮎とホタテを用意しました。
あとは、いつものメニューでしたが、完食して頂きました。

d0138082_04585440.jpg
食事が終わった頃、土砂降りの雨。
BBQハウスで雨宿り。


今回はいつもより、沢山お酒を飲まれたようで、音楽を聴きながら皆さんぐっすりおやすみです。
d0138082_05003792.jpg
私も、日本酒を飲んで、昼間からかなり酔っ払いました。
でもでも、楽しい時間を過ごすことが出来て、本当に幸せでな気分を味わいました。

また、おいでください。

[PR]

by okamoto-arch | 2015-06-23 05:03 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 06月 16日

スピーカー内部配線3

d0138082_13010504.jpg
てにえ さんがWEの単線絹巻きケーブル24GAを送ってくださった。感謝感謝。
お願いしていた2mツインだけでなく、4mツインも送ってくださった。本当に感謝です。

手持ちのSIEMENS 単線ツイストケーブルと線材の太さを比べてみた。
d0138082_13011810.jpg
どちらも0.6mm程度 両方とも錫メッキ線の単線
WEの被服は絹と紙。SIEMENSはビニール。
さて、音の違いは


さっそく、SIEMENS1mに変えて、WEのツイン1mで試聴しました。

SIEMENSと比べると、少し音がまろやかになりますが、そう大きな違いはありません。
とりあえず、この状態で1日使ってみることに

1日経過。改めて比較試聴をおこないました。
前日と印象は変わりません。
SIEMENS1mとWE1mでは、少しSIMENSの方がエネルギーバランスが
高域よりシフトします。
その為かSIMENSの方が解像度が高いように聞こえます。
WEの音は、ケーブルが太すぎる時に感じるピントの甘さのような気がします。

そこで、4mのケーブルを半分にして、2mで試聴してみます。
被服の色は違いますが、芯材の太さも同じなので、たぶん同じものだと思います。


d0138082_16523897.jpg
スピーカーの間にアンプがあるので、ケーブルが余りすぎですが・・・・・・

アンプのスイッチを入れたとたん、ふくよかで響きのきれいな音が流れてきました。
とてもバランスがよい。
解像度も十分です。
今の状態ではWEのツイン2mが最も良いです。

現在、内部配線は、Grundig360にはWEの撚り線16GAでツイーターはWEの撚り線24GAです。
それらをWEの単線か、SIMENSの単線に交換すれば、
スピーカーとアンプの間のスピーカーケーブルは、WEの1mくらいが、ちょうど良いような気がします。
私のような、電気音痴は、このような些細なことにも目を向けて、少しでも良い音になるよう気を配らなくてはなりません。


とても、有意義な体験ができました。
てにえ さん ありがとうございました。




[PR]

by okamoto-arch | 2015-06-16 16:54 | オーディオ&音楽 | Comments(15)
2015年 04月 01日

やなさん FN1214A P2D

d0138082_14472596.jpg
久しぶりにオーディオねたです。

やなさん作 リニューアルFN1242A P2Dの試聴です。

FN1242AのテストモードDSD信号を取り出します。
名刺サイズの基板にリクロック回路とジッタークリーナー回路も組み込まれている優れもの。

PCはラズベリーパイB+です。
いつかはラズベリーパイ2を購入したいのですが・・・・

早々、音出しです。
電源を入れるなりロックします。
曖昧さのない、抜けの良い音です。
前作同様すばらしい音です。
安定度が上がったように思います。

もう、voyageMPDは撤去しようかな。
d0138082_15060316.jpg
次なるステップは、P2D以降をどうするか
現在は、原理基板+ルンダールですが、221アンプとの比較もしなくてはなりません。
新しい原理基板も購入済みなので、こちらも作りたいし
また、原理基板とES9018 DMとの比較もしなくてはなりません。





[PR]

by okamoto-arch | 2015-04-01 15:21 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 23日

ラズベリーパイ

d0138082_11034120.jpg
今さらの感もありますが、話題のラズベリーパイ(Raspberry Pi)をトンビさんから、お借りして試聴しています。
6x9㎝の基盤が、ラズペリーパイBtypeという小さなパソコンです。
SDカードにVolumioというOSをインストールして使います。
ラズベリーパイの良いところは、I2S出力を備えているところです。
写真のラズベリーパイには、I2S接続でアドオンDACが乗っています。

Voluminのインストールおよび設定方法などは、asoyajiさんのPCで音楽に詳しく乗っていますので、そちらを参考にしてください。

VoluminもVoyage同様、NASに保存された音楽データーを再生します。

電源はUSBで5V電源を供給します。
初めは、USB充電池を使っていましたが、消費電気に追いつかず、不安定でした。
iphoneのACアダプタを使用。動作が安定しました。

この状態で、視聴開始。
第一印象は、ノイズがなく、すっきりくっきりな音です。
そのため、空間情報が明確です。
音の線が細めですが、とても、基本性能が良いと感じます。

次にvolumioの設定で32bit96KHzにアップサンプリングして出力してみます。
アップサンプリングによって、さらに情報量、分解能が良くなり空間情報もさらに明確になりました。

現行システムと比べると、音の深みなどは、現行システムの方が良いと思いますが、
空間表現は、ラズベリーパイ+アドオンDACが勝ります。


試しに、ACアダプタをipadに付属のものに交換しました。
あらら、音の線が太くなりました。
鉛筆の芯に置き換えると、2HからBに替わったような気がします。
現行システムとその当たりもほとんど同等の音です。
空間情報が明確なので、現行システムを超えているように思います。

追記
iphoneのACアダプタの定格出力は1A
iPadのACアダプタの定格出力は2.1A
ちなみに、ラズベリーパイには0.7A電気が流れるようです。
アドオンDACはどれくらいの電気が必要なのかわからないけど
1AのACアダプタだと、余裕がないので、音痩せするのかな
RSコンポーネントの資料を調べると、PAWER 2A と書かれているので、
継続して安定動作させるには、iPadの電源アダプタが必要でした。


ラズベリーパイとアドオンDAC合わせて8千円。
この価格で、この音は信じがたいけど、現実です。

7年前にPCオーディオを近所のT氏に誘われて、やり始めましたが
そのころと比べると、月とすっぽん以上に進歩しています。

現行システムは、PCからの音楽信号の取り出しを、USB接続でエレクトロアートのUDAで行っています。
この方法が、3年ほど前は最善の方法だったと思います。
しかし、ラズベリーパイの出現によって、PCからI2Sで信号を出力できるようになり、デジタル信号の経路がすべてI2Sになり、ノイズ面の改善に大きく寄与していると思われます。

PCオーディオは、ノイズとの戦いと言えるのかもしれません。

今後は、I2S出力を利用して、他のDACも使ってみたいと思います。

また、新たな楽しみが見つかりました。)^o^(



[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-23 12:45 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2014年 12月 18日

今朝の音 20141218 SG520プチ改良


d0138082_13051465.jpg
SG520もどきフォノイコの内部の線材を見直し。
今までは、紅白の撚り線めっき導線を使用していました。
この、同線はマルツ電波で購入した、普通のケーブルです。

今回、緑色の和紙被服の単線同線を使ってみました。
この、単線もメッキされています。
この、ケーブルは、一昨年Kazzさんのことろに伺った折に、頂いたケーブルです。

今までの紅白銅線をを残して、新たに単線同線を追加し、聞き比べをしました。

d0138082_13051894.jpg
音の違いがあるかな。


ありました。大ありです。
単線ケーブルは、中低域が充実します。
反面、高域が伸びません。
この音、Kazzさん作のフォノイコの音と同じ傾向です。

これは、意外な発見です。

1次側を撚り線ケーブル 2次側を単線ケーブルにしてみました。

こりゃ、ダメだ。
両者の悪いところが、強調されます。

元の状態に戻そうかと思ったのですが、1次側を単線 2次側を撚り線にしてみました。


こりゃ いいや
充実した中低域とそれに見合った高域。

まあ、聞いてみて 自己満足だけど










[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-18 12:32 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2014年 12月 14日

フォノイコの聞き比べ(MM編)

d0138082_15462616.jpg
d0138082_15462221.jpg

フォノイコ聞き比べ第2段 今回はMM型です。
今回のエントリーは4台
上の写真左はサウンドパーツのフォノイコ
    右はSoftoneのMODEL4
下の写真左がやなさん作SG520もどき
    右がKazzさん作のLCRフォノイコです。

プレーヤーはGarrard401
アームはGrayの首ふりアーム
カートリッジはテクにクス205CⅡです。
どれも、かなりの年代物ですが、まだまだ、いい仕事をしてくれます。
d0138082_09055632.jpg
試聴アルバムは、MCの試聴に使ったLester Bowie/The Greart Pretender(ECM)とのだっちさんに頂いたSTOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYのLPです。

まずは、常用のSG520もどきです。下部が電源部です。
このフォノイコは、JBLの名機SG520の回路をやなさんがコピーしたものです。
貴重なゲルマニュー無コンデンサが使われています。
電源部は、私が改造して、ダブルトランスのとしています。
電源部を改造する時に、このシステムに合わせて音決めしただけに、とても気に入っています。
また、スピーカーの音決めにも、このフォノイコを使っています。
爽やかな中高域としっかりした低域のバランスが絶妙で、解像度もよいです。
そして、ソースを選びません。クラシックもジャズもいけます。
さてこの、音を超えるフォノイコと出会えるか・・・・・

次に、Kazzさんのフォノイコです。
kazzさん得意のLCRフォノイコです。
現在、電源部を改造中ですが参戦します。
中低域の解像度が高く、締りのある低域です。
安定感があり音楽の土台がしっかりしています。
ただ、時として、中高域が硬く感じます。たぶん、高域の伸びが少し足りないんだと思います。
中低域がよいだけに、それに見合う中高域にして、表現の幅を広げていくことが、今後の課題です。
ポテンシャルが高いので、じっくり取り組みたいと思います。


次に、Softoneです。
基本的にはMCの時と音の傾向は変わりません。
低域も高域も明瞭ですが、解像度がたりません。オーケストラでは、音が飽和状態になります。
MCもMMも聞くことが出来るし、音の基本的なバランスも悪くないので、残念だな。
ちょっと部品を変えると解像度が高くなるってなことがあればいいのですが

最後に、MCで、もっとも評価が良かったサウンドパーツのフォノイコです。
こちらも基本MCと同じ傾向の音ですが、低域の甘さが、MCの時よりも感じられます。
でも、中高域の艶は魅力的です。Lester Bowieのトランペットは、爽やかで音抜けがよいです。
ケーブルワークで、改善できるかも。
出力ケーブルをレビンソンケーブルからベルデンの8412に変更
全体的に音がまろやかになります。このフォノイコの特徴を殺しているような気もしますが
こちらの方が、好みかも。(*^_^*)
これはいいかも

MMでも聞き比べの結果は、
SG520>サウンドパーツ=Kazzフォノイコ>Softoneです。
上位3機種の差は、わずか。
スピーカーのセッティングやケーブルワークで状況は変わるでしょう。


MCとMMカートリッジの聞き比べの結果
STOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYは、SG520もどき>サウンドパーツ(MC)
The Greart Pretenderは3機種各々良さがあり、どれが一番良かったと言い切れない

今回の聞き比べを通して、アナログの楽しさも再認識できたし、Kazzフォノイコの方向性も見えてきた。
また、SG520もどきのよさを確認できたことも大きな収穫になりました。

すえさん ありがとうございました。


[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-14 19:42 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 13日

フォノイコの聞き比べ(MC編)

d0138082_19550506.jpg
最近、アナログばかり聞いています。LPの片面の演奏時間って、私にはちょうど良い。
CD一枚はちょっと長すぎるので、ついつい、好きな曲だけ聞くことが多くなる。

ソフトの数もLPの方が、圧倒的に多いので、アナログにちょっと力を入れようと考えています。
今日は、MCカートリッジ編
DENON DL103LCⅡを使って、3台のフォノイコの音の違いを楽しみたいと思います。
エントリーは3台
d0138082_13404115.jpg
一番上が、SoftoneMODEL4 真空管MC/MM対応フォノイコ。しかもMCのインピダンスに合わせて切り替えが可能です。
2番目が、名古屋のすえさんにお借りしている、サウンドパーツ真空管MC/MM対応フォノイコ
3番目は、黒くてわかりずらいけど、レビンソンのNO.25 MC専用フォノイコです。


試聴アルバムは、Lester Bowie/The Greart Pretender(ECM)とのだっちさんに頂いたSTOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYのLPです。

まずは、常用のNo.25です。
レスターのトランペットがちょっと硬い感じがします。高域の伸びが足りないようです。
中低域は、骨格がしっかりしていて、解像度もそこそこあります。
重心がしっかりしているので、聞いていてとても安心感があります。

次にサウンドパーツのフォノイコです。
こちらは、解像度が高く、特に高域がきれいです。
レスターのトランペットがレスターの音に近いな
バイオリンの響きもきれいです。
ただ、低域の立ち上がりがゆったりしているので、テンポの速いロックなどを鳴らすのには向かないかもしれません。
あくまでも、上質な音楽を上質な音で再生するためのフォノイコだと思います。
かなり、お気に入りです。

最後に、MODEL4です。
こちらは、メリハリの効いた音で、解像度はさほど高くはありません。
クラシックには向かないけど、ロックやJazzでは使えると思います。
他の2つの製品に比べると、価格が安いけど、弱点を補えるカートリッジと組み合わせれば結構いい音で鳴ってくれそうです。

我が家の環境では、サウンドパーツ>No.25>MODEL4 です。

[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-13 20:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 10日

今日の音20141210

d0138082_08464579.jpg
個人的な記録です。
2405をスーパーツイーターとして使っています。
1502のコンデンサの最終的な詰めに入りました。
SIZUKI+Wonder CapとSIZUKI+AT&Tの聞き比べです。

どっちが、いいと思いますか?
iphoneで写したので、違いが解らないかなと思いきや、結構違いますね。

SIZUKI+Wonder Cap

SIZUKI+AT&T



私の愛聴盤Eric DolphyのLAST DATEを聞きました。
d0138082_05424603.jpg
SIZUKI+AT&Tで、バスクラがどのように鳴ってくれるのかを確かめたくて

あれれ、期待していたほど、バスクラが良くないぞ
悪くは無いけど、普通です。今までと、さほど変わりがありません。
ちょっと、ドンシャリ的な音なのかもしれません。

SIZUKI+Wonder Capに戻すと
やっぱり、これです。
音の抜けが良いです。
それと、空間情報量が良いです。
スタジオの空気が伝わってきます。
ドルフィーと同じ空間にいるようで
なんだか、とてもうれしい。

30年以上も聞き続けてきたLASTDATE。
新たな感動がありました。

もう、迷うことはありません。
GAUSS1502のコンデンサは、SIZUKI+Wonder Capで決まりです。
SIZUKIのコンデンサはトンビさんに、Wonder Capはやっさんことjbl375jpさんに頂きました。
改めて、感謝です(*^-^*)!!


[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-10 08:56 | オーディオ&音楽 | Comments(2)