Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人 ( 262 ) タグの人気記事


2015年 04月 01日

やなさん FN1214A P2D

d0138082_14472596.jpg
久しぶりにオーディオねたです。

やなさん作 リニューアルFN1242A P2Dの試聴です。

FN1242AのテストモードDSD信号を取り出します。
名刺サイズの基板にリクロック回路とジッタークリーナー回路も組み込まれている優れもの。

PCはラズベリーパイB+です。
いつかはラズベリーパイ2を購入したいのですが・・・・

早々、音出しです。
電源を入れるなりロックします。
曖昧さのない、抜けの良い音です。
前作同様すばらしい音です。
安定度が上がったように思います。

もう、voyageMPDは撤去しようかな。
d0138082_15060316.jpg
次なるステップは、P2D以降をどうするか
現在は、原理基板+ルンダールですが、221アンプとの比較もしなくてはなりません。
新しい原理基板も購入済みなので、こちらも作りたいし
また、原理基板とES9018 DMとの比較もしなくてはなりません。





[PR]

by okamoto-arch | 2015-04-01 15:21 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 23日

ラズベリーパイ

d0138082_11034120.jpg
今さらの感もありますが、話題のラズベリーパイ(Raspberry Pi)をトンビさんから、お借りして試聴しています。
6x9㎝の基盤が、ラズペリーパイBtypeという小さなパソコンです。
SDカードにVolumioというOSをインストールして使います。
ラズベリーパイの良いところは、I2S出力を備えているところです。
写真のラズベリーパイには、I2S接続でアドオンDACが乗っています。

Voluminのインストールおよび設定方法などは、asoyajiさんのPCで音楽に詳しく乗っていますので、そちらを参考にしてください。

VoluminもVoyage同様、NASに保存された音楽データーを再生します。

電源はUSBで5V電源を供給します。
初めは、USB充電池を使っていましたが、消費電気に追いつかず、不安定でした。
iphoneのACアダプタを使用。動作が安定しました。

この状態で、視聴開始。
第一印象は、ノイズがなく、すっきりくっきりな音です。
そのため、空間情報が明確です。
音の線が細めですが、とても、基本性能が良いと感じます。

次にvolumioの設定で32bit96KHzにアップサンプリングして出力してみます。
アップサンプリングによって、さらに情報量、分解能が良くなり空間情報もさらに明確になりました。

現行システムと比べると、音の深みなどは、現行システムの方が良いと思いますが、
空間表現は、ラズベリーパイ+アドオンDACが勝ります。


試しに、ACアダプタをipadに付属のものに交換しました。
あらら、音の線が太くなりました。
鉛筆の芯に置き換えると、2HからBに替わったような気がします。
現行システムとその当たりもほとんど同等の音です。
空間情報が明確なので、現行システムを超えているように思います。

追記
iphoneのACアダプタの定格出力は1A
iPadのACアダプタの定格出力は2.1A
ちなみに、ラズベリーパイには0.7A電気が流れるようです。
アドオンDACはどれくらいの電気が必要なのかわからないけど
1AのACアダプタだと、余裕がないので、音痩せするのかな
RSコンポーネントの資料を調べると、PAWER 2A と書かれているので、
継続して安定動作させるには、iPadの電源アダプタが必要でした。


ラズベリーパイとアドオンDAC合わせて8千円。
この価格で、この音は信じがたいけど、現実です。

7年前にPCオーディオを近所のT氏に誘われて、やり始めましたが
そのころと比べると、月とすっぽん以上に進歩しています。

現行システムは、PCからの音楽信号の取り出しを、USB接続でエレクトロアートのUDAで行っています。
この方法が、3年ほど前は最善の方法だったと思います。
しかし、ラズベリーパイの出現によって、PCからI2Sで信号を出力できるようになり、デジタル信号の経路がすべてI2Sになり、ノイズ面の改善に大きく寄与していると思われます。

PCオーディオは、ノイズとの戦いと言えるのかもしれません。

今後は、I2S出力を利用して、他のDACも使ってみたいと思います。

また、新たな楽しみが見つかりました。)^o^(



[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-23 12:45 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2014年 12月 18日

今朝の音 20141218 SG520プチ改良


d0138082_13051465.jpg
SG520もどきフォノイコの内部の線材を見直し。
今までは、紅白の撚り線めっき導線を使用していました。
この、同線はマルツ電波で購入した、普通のケーブルです。

今回、緑色の和紙被服の単線同線を使ってみました。
この、単線もメッキされています。
この、ケーブルは、一昨年Kazzさんのことろに伺った折に、頂いたケーブルです。

今までの紅白銅線をを残して、新たに単線同線を追加し、聞き比べをしました。

d0138082_13051894.jpg
音の違いがあるかな。


ありました。大ありです。
単線ケーブルは、中低域が充実します。
反面、高域が伸びません。
この音、Kazzさん作のフォノイコの音と同じ傾向です。

これは、意外な発見です。

1次側を撚り線ケーブル 2次側を単線ケーブルにしてみました。

こりゃ、ダメだ。
両者の悪いところが、強調されます。

元の状態に戻そうかと思ったのですが、1次側を単線 2次側を撚り線にしてみました。


こりゃ いいや
充実した中低域とそれに見合った高域。

まあ、聞いてみて 自己満足だけど










[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-18 12:32 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2014年 12月 14日

フォノイコの聞き比べ(MM編)

d0138082_15462616.jpg
d0138082_15462221.jpg

フォノイコ聞き比べ第2段 今回はMM型です。
今回のエントリーは4台
上の写真左はサウンドパーツのフォノイコ
    右はSoftoneのMODEL4
下の写真左がやなさん作SG520もどき
    右がKazzさん作のLCRフォノイコです。

プレーヤーはGarrard401
アームはGrayの首ふりアーム
カートリッジはテクにクス205CⅡです。
どれも、かなりの年代物ですが、まだまだ、いい仕事をしてくれます。
d0138082_09055632.jpg
試聴アルバムは、MCの試聴に使ったLester Bowie/The Greart Pretender(ECM)とのだっちさんに頂いたSTOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYのLPです。

まずは、常用のSG520もどきです。下部が電源部です。
このフォノイコは、JBLの名機SG520の回路をやなさんがコピーしたものです。
貴重なゲルマニュー無コンデンサが使われています。
電源部は、私が改造して、ダブルトランスのとしています。
電源部を改造する時に、このシステムに合わせて音決めしただけに、とても気に入っています。
また、スピーカーの音決めにも、このフォノイコを使っています。
爽やかな中高域としっかりした低域のバランスが絶妙で、解像度もよいです。
そして、ソースを選びません。クラシックもジャズもいけます。
さてこの、音を超えるフォノイコと出会えるか・・・・・

次に、Kazzさんのフォノイコです。
kazzさん得意のLCRフォノイコです。
現在、電源部を改造中ですが参戦します。
中低域の解像度が高く、締りのある低域です。
安定感があり音楽の土台がしっかりしています。
ただ、時として、中高域が硬く感じます。たぶん、高域の伸びが少し足りないんだと思います。
中低域がよいだけに、それに見合う中高域にして、表現の幅を広げていくことが、今後の課題です。
ポテンシャルが高いので、じっくり取り組みたいと思います。


次に、Softoneです。
基本的にはMCの時と音の傾向は変わりません。
低域も高域も明瞭ですが、解像度がたりません。オーケストラでは、音が飽和状態になります。
MCもMMも聞くことが出来るし、音の基本的なバランスも悪くないので、残念だな。
ちょっと部品を変えると解像度が高くなるってなことがあればいいのですが

最後に、MCで、もっとも評価が良かったサウンドパーツのフォノイコです。
こちらも基本MCと同じ傾向の音ですが、低域の甘さが、MCの時よりも感じられます。
でも、中高域の艶は魅力的です。Lester Bowieのトランペットは、爽やかで音抜けがよいです。
ケーブルワークで、改善できるかも。
出力ケーブルをレビンソンケーブルからベルデンの8412に変更
全体的に音がまろやかになります。このフォノイコの特徴を殺しているような気もしますが
こちらの方が、好みかも。(*^_^*)
これはいいかも

MMでも聞き比べの結果は、
SG520>サウンドパーツ=Kazzフォノイコ>Softoneです。
上位3機種の差は、わずか。
スピーカーのセッティングやケーブルワークで状況は変わるでしょう。


MCとMMカートリッジの聞き比べの結果
STOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYは、SG520もどき>サウンドパーツ(MC)
The Greart Pretenderは3機種各々良さがあり、どれが一番良かったと言い切れない

今回の聞き比べを通して、アナログの楽しさも再認識できたし、Kazzフォノイコの方向性も見えてきた。
また、SG520もどきのよさを確認できたことも大きな収穫になりました。

すえさん ありがとうございました。


[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-14 19:42 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 13日

フォノイコの聞き比べ(MC編)

d0138082_19550506.jpg
最近、アナログばかり聞いています。LPの片面の演奏時間って、私にはちょうど良い。
CD一枚はちょっと長すぎるので、ついつい、好きな曲だけ聞くことが多くなる。

ソフトの数もLPの方が、圧倒的に多いので、アナログにちょっと力を入れようと考えています。
今日は、MCカートリッジ編
DENON DL103LCⅡを使って、3台のフォノイコの音の違いを楽しみたいと思います。
エントリーは3台
d0138082_13404115.jpg
一番上が、SoftoneMODEL4 真空管MC/MM対応フォノイコ。しかもMCのインピダンスに合わせて切り替えが可能です。
2番目が、名古屋のすえさんにお借りしている、サウンドパーツ真空管MC/MM対応フォノイコ
3番目は、黒くてわかりずらいけど、レビンソンのNO.25 MC専用フォノイコです。


試聴アルバムは、Lester Bowie/The Greart Pretender(ECM)とのだっちさんに頂いたSTOKOWSKI指揮RCA VICTORYMPHONYのLPです。

まずは、常用のNo.25です。
レスターのトランペットがちょっと硬い感じがします。高域の伸びが足りないようです。
中低域は、骨格がしっかりしていて、解像度もそこそこあります。
重心がしっかりしているので、聞いていてとても安心感があります。

次にサウンドパーツのフォノイコです。
こちらは、解像度が高く、特に高域がきれいです。
レスターのトランペットがレスターの音に近いな
バイオリンの響きもきれいです。
ただ、低域の立ち上がりがゆったりしているので、テンポの速いロックなどを鳴らすのには向かないかもしれません。
あくまでも、上質な音楽を上質な音で再生するためのフォノイコだと思います。
かなり、お気に入りです。

最後に、MODEL4です。
こちらは、メリハリの効いた音で、解像度はさほど高くはありません。
クラシックには向かないけど、ロックやJazzでは使えると思います。
他の2つの製品に比べると、価格が安いけど、弱点を補えるカートリッジと組み合わせれば結構いい音で鳴ってくれそうです。

我が家の環境では、サウンドパーツ>No.25>MODEL4 です。

[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-13 20:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 12月 10日

今日の音20141210

d0138082_08464579.jpg
個人的な記録です。
2405をスーパーツイーターとして使っています。
1502のコンデンサの最終的な詰めに入りました。
SIZUKI+Wonder CapとSIZUKI+AT&Tの聞き比べです。

どっちが、いいと思いますか?
iphoneで写したので、違いが解らないかなと思いきや、結構違いますね。

SIZUKI+Wonder Cap

SIZUKI+AT&T



私の愛聴盤Eric DolphyのLAST DATEを聞きました。
d0138082_05424603.jpg
SIZUKI+AT&Tで、バスクラがどのように鳴ってくれるのかを確かめたくて

あれれ、期待していたほど、バスクラが良くないぞ
悪くは無いけど、普通です。今までと、さほど変わりがありません。
ちょっと、ドンシャリ的な音なのかもしれません。

SIZUKI+Wonder Capに戻すと
やっぱり、これです。
音の抜けが良いです。
それと、空間情報量が良いです。
スタジオの空気が伝わってきます。
ドルフィーと同じ空間にいるようで
なんだか、とてもうれしい。

30年以上も聞き続けてきたLASTDATE。
新たな感動がありました。

もう、迷うことはありません。
GAUSS1502のコンデンサは、SIZUKI+Wonder Capで決まりです。
SIZUKIのコンデンサはトンビさんに、Wonder Capはやっさんことjbl375jpさんに頂きました。
改めて、感謝です(*^-^*)!!


[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-10 08:56 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 10月 19日

off会20141018


昨日、Linfof工房様ご一行がお越しになりました。♪(*^-^*)♪
早々に挨拶を済ませて、恒例のBBQから、off会が始まりました。
d0138082_11265312.jpg
今回のメニューは、椎茸のあぶり焼き・ナスの田楽・焼き肉・キャベツとベーコンの煮込み・シーフードピラフ・ピザ・骨付きソーセージ・干物の燻製と焼きカニでした。
今回の目玉メニューは焼きカニでした。
ちょっと品数が多すぎたため、皆さんとお話をする時間が、少なくなってしまったのが残念です。

腹ごしらえを終え、試聴会の始まります。
今回は、Linfof工房の目玉親父でいろんなソースで試聴しました。
d0138082_11420868.jpg
目玉親父のエンクロジャーはカリンです。
Linfof工房さんが、丹念に旋盤で削りだしているので、寸分の狂いもありません。
さすが、師匠です。これは、工芸品の粋です。
ユニットはALPAIR7 MAOPです。もう絶版なのかな。
出来たてほやほやなので、まだまだ、評価が出来ませんが、緻密でエネルギー感があり、空間表現がきれいでした。
今朝、目玉親父の記憶が残っている内に、我が家のAlpair7を聞きました。
我が家のAlpair7は、エージング終わっているので、低域は我が家のAlpair7の方が出ますが、音の密度とエネルギー感
そして空間表現は、すでに及びません。
まあ、非売品なので、欲しくても買えませんが・・・・・



d0138082_11565827.jpg
GB-500+Kazzアームでテラーク爆音レコード再生しました。
Linfof工房さんもM総帥もこのレコードは音飛びして再生出来ないとおっしゃっておりましたが、
我がシステムは、なんの問題も無く再生出来ます。(ё_ёどや)
爆音部分のレコードの溝です。
あり得ない、溝にびっくりです。

d0138082_13175201.jpg


今回のoff会のもう一つの目的

d0138082_13432998.jpg
それは、こいつです。Linfof工房さんで使われていたにボール盤を頂きました。
今まで使っていたボール盤もLinfof工房さんで使われていたものです。
それは、トンビさんの所へ嫁ぎました。
大切に使わせて頂きます。


[PR]

by okamoto-arch | 2014-10-19 13:13 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2014年 10月 02日

やなさん原理基盤


久しぶりの書き込みとなりました。でも、システムの変更はありません。
ちょこっと、スピーカーの位置を調整したり、ホーンの位置を調整したり
写真では、変化がほとんどありません。
でも、ちょっとだけその成果はあるかな

今日は、やなさん原理基盤とやなさん221アンプの写真をアップします。
d0138082_19335782.jpg
d0138082_19334071.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2014-10-02 19:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2014年 09月 17日

kanazawa JAZZ STREET 2014

金沢市の中心部が、JAZZであふれる Kanazawa Jazz Street 2014へ行ってきました。
今年は、和歌山からKazzさんが、来てくれたので、3日間JAZZにどっぷり浸かっていました。

前夜際にも行きたかったけど、オーディオルームの掃除とセッティングが済んでいなかったので、行けませんでした。



初日
d0138082_863675.jpg
今年のJazz Streetは、109前で行われた友人の浜ちゃんの演奏から始まりました。

その後、尾山神社へ移動。
マヤ・ハッチ・グループの演奏を聞きました。
なんか、よかったよ。
メンバーが演奏を楽しんでいる。
それが、演奏のスパイスになっている。
カッコよかった。

マヤ・ハッチを調べてみると、納得の経歴。今後注目のアーティストです。
オフィシャルHP動画要チェックです。




次は、お目当ての、Vladimir Shafranov TRIO
すばらしい演奏に、感動!

その後、赤羽ホールでThe Quartet Legendを聞きました。
いつ見ても、ロン・カーターはカッコいいな!
初めて、ゴルソンを生で聞きましたが、10年前に聞きたかったな。
後半の「I Remember Clifford」や「BLUES MARCH」では、めちゃ、頑張っていましたが。

さすがに大御所達。
随所に、うなりたくなる演奏もありましたが、でも、ちょっと新鮮みに欠けていました。

コンサートが終わり、KazzさんとYORKで、空腹を満たして、新天地へ移動。
ちょうど初日最後のステージが始まる直前でした。
出演は、THN-TOWNというトランペットとベースとギター二人のグループ。
このグループ。いいです。中間派的な演奏スタイルです。
音を本当に大事にして、演奏していると感じました。
ちょっと感動。
コンサート終了後、CDを購入。
メンバー全員のサインを頂きました。
d0138082_044196.jpg

CDもなかなかよかったです。

 
  
  
2日目
d0138082_843595.jpg





チケット購入したもう一つのコンサートを聞くため、昨晩も来た赤羽ホールへ
第一部は、Vladimir Shafranov のSOLOを聞きました。
最前列、真ん中より少し左寄りの席。ステージまで1.5m Shafranovまで3mのところで、聞きました。
昨日以上の感動。
めちゃいいやん。
澤野工房からCDが発売されているので、興味のある方は是非聞いてみてください。

Shafranovのコンサートが終わり、ホールでCDの販売が行われていました。
サインと握手を頂き、Kazzさんと三人で記念写真。
見ず知らずの方に、写真を撮ってもらいました。感謝。

d0138082_0251739.jpg
 
 
第二部は、チャリートという女性ボーカルのグループです。
演奏が進むにつれ、チャリートさんの調子が上がってきて、期待以上に楽しむことができました。
コンサートは、予定時刻より50分オーバーの4時20分に終了。
その他の会場をちらっと見て2日目のJazz Street会場を後にして、近江町市場へ寄り、甘エビその他を購入
夜は、我が家で家族と一緒に再会を祝いました。
いつもの事だけど、遅くまでお酒とJazzとAUDIOで話が尽きません。
楽しい、一時でした。

 
 
 
 

3日目
d0138082_8324751.jpg

香林坊ラモーダ3FでJames.K さんを聞きました。
いいよ この人。
日本にも、こんなボーカルがいたんだ。
ファンになっちゃった。

それと、ギターもよかった。

その次のセットは、普段爆音で音楽を聴いている私が、くらくらするくらいの爆音のため、そそくさと会場を出て、尾山神社に逃れました。
ちょうど、出演者の入れ替わりのタイミング

藤村麻紀&荒竹雄一郎3の演奏を聞きました。
藤村麻紀さん、美人だし、頭は切れるし、MCがめちゃうまい。
荒竹さんもベーシストもなかなかうまい。

とても楽しいコンサートでした。

今年はたっぷり見たな。
来年も、どんなミュージシャンと出会えるかな。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-09-17 00:27 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2014年 09月 13日

off会準備 久しぶりのやなさん原理基盤

d0138082_4564992.jpg

今日から数日、お客様が我が家でお泊まりになります。
最近、BuffaloⅢ DMの片チャンネルが壊れてしまい、デジタル系を再構築中。



久しぶりに、やなさん原理基盤をと使ってみました。
やなさんの221アンプと初めて組み合わせてみます。
d0138082_5182728.jpg




いい感じです。
音抜けがよく、音が活き活きとしています。
チップはVHCなので、高域に少しLPのようなノイズがありますが、気にしないことにします。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-09-13 01:12 | オーディオ&音楽 | Comments(2)