Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人 ( 262 ) タグの人気記事


2017年 03月 04日

new事務所アンプ

d0138082_10194191.jpg
事務所で使っていたLinfof工房製のデジタルアンプのボリュームが不調のため、「Stereo誌」2014年1月号の付録アンプ LUXMAN監修 LXA-OT3を使っていた。
これがどうして、結構良いのです。事務所のスピーカーと合うのでしょうね。
基板むき出しではかわいそうにということで、Linfof工房さんが、お友達用非売品のアンプケースを送ってくれました。感謝
d0138082_10401036.jpg
彫り込み文字が、メチャかっこいいいです。

プラグもなかなかどうして結構良い感じのものが、付属していました。
得にスピーカープラグの構造が良いです。




d0138082_10443733.jpg
少しだけ基板の改造が必要です。
入出力プラグ及び電源プラグとLEDを外し、ケースのプラグと基板をつなぐ配線をします。

入力ケーブルはエレコムのケーブルを使い、出力ケーブルはWE 22GA を電源ケーブルがテフロン被服の銀メッキ線22GAを使いました。
すっきりした良い音なんだけど、私の好みではないので、ケーブルの交換をしました。

入力ケーブルはBELDEN 8412、出力ケーブルはCANARE 4S8、電源ケーブルはBeldenのスピーカーケーブル 8460 18GAに交換しました。
良い感じです。
こんな短いケーブルでも、音の違いを感じます。

d0138082_10585689.jpg
おまじないで、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加しました。
これは、効きました。
付属のACアダプターでは、ノイズ対策が不十分なんでしょうね。

3,800円の雑誌の付属品とは思えません。017.gif



d0138082_12015005.jpg
これに気を良くして、LXO-OT1も改造をしました。
まずは、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加
これだけで、かなり音の品位が上がります。
次に基板のコンデンサーをnichiconのオーディオグレード品に交換していきました。
まずは、電源部。これも、効きますね。
次に出力部。少しだけ効果あったようななかったような。
この時点で、LXO-OT3との差をかなり縮めたように思いました。
さらに、基板廻りの10μFの小さなコンデンサーも交換作しました。
さて、どうなったかな

あれれ、左チャンネルから音が出ません。042.gif
コンデンサの極性も間違いないし

コンデンサを外したときに、基板を痛めたのかな
それとも、信号が途中でグランドに落ちているのかな

うううう
私に出来る範囲で、調べたけどよくわかりません。
トンビさんに頂いたケーブルの出番もなくなりました。007.gif

晴れのち雨という結果になってしまいました。

LXO-OT3を不要な方がおいでましたら、ご一報を!!



[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-04 12:02 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 01月 08日

AK4137P2DでDSD512に変換

d0138082_23031058.jpg
やなさんのAK4137 P2DがDSD512への変換可能となりました。

これは、朗報です。
そのためには、マイコンをバージョンアップしなくてはなりません。
(たぶん、近日中にやなさんのHPで案内されると思い
また、DSD512をアナログ変換できるDACが必要です。
我が家のDACは、AK4497なので、DSD512をアナログ変換できます。
DSD256と聴き比べると、若干ですが、解像度が上がります。
DSD256でも、十分でしたが、でも聴いちゃうとね。
チェンバロのいろんな音が混ざったような微妙な音も、音数が増えより美しい音色となります。
こんなにも膨よかな音だったんですね。016.gif
ちょっと、チェンバロを見直しました。

やなさん ありがとうございました。

やなさんのAK4137P2Dを改めてすばらしいと思う今日この頃です。
我が家のデジタル再生には、無くてはならないものです。
やなさんAK4137P2Dは、AK4173EQを最高の状態で動作させることが出来る基板です。
是非、販売を継続して一人でも多くの人に、このシステムの良さを味わって幸せになって欲しいと思います。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-01-08 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 11月 30日

kazzアンプ岡本号の初段管

d0138082_00134146.jpg
4550システムのメインアンプは、低域がKazzアンプ6336Appです。
高域は、Kazzアンプ421Aps 通称岡本号です。
どちらも、友人のKazzさんに作って頂いたものです。
この二つのアンプは、マルチの高域と低域で使われることを想定して作ってもらいました。
6336Appは、MC2500の代打ではないのです。
出力管の6336Aと421Aは、どちらも双極レギュレーター管です。
初段感は、同じ真空管を使っていて、WE421Aに代表される広帯域電圧増幅3極管です。
d0138082_00353326.jpg
私が所有しているのは、4種類です。
左からRAYTHEON5842 NEC6R-H2 WE417A AMPEREX5842です。
どれもほぼ同じ規格で、差し替えが可能です。

6336Appの初段管は、RAYTHEONの5842WAを使っています。
力強く音の輪郭がカチッとしています。
421Apsの初段管は、NECの6R-H2を使っています。
響きが美しいくソフトな音ですが、今回低域のアンプで使っているRAYTHEONに取り替えてみました。
新品なので、エージングが必要です。
1週間後に評価したいと思います。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-30 00:10 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 10月 09日

やなさん AK4497DM ver1.1

d0138082_20564184.jpg
 先日、試聴させていただいた、やなさんの最新DAC AK4497DMの製品版(REV1.1)がリーリースされました。
しかし、既に売り切れ、次回発売は未定です。
何せ、AK4497EQが入手出来ない状態だそうです。
販売されていても、べらぼうな価格なので、購入出来ないようです。困った物ですね。
旭化成もとっとと、パーツ屋さんに、販売すればいいのに。
こんなことしてると、ESS9038Proに市場を独占されてしまうような気がします。
せっかくの国産のDAC。
応援したいけど、今の状態では応援のしようがありません。
まあ、私の応援など、ゴミのような物ですが。

 のっけから、旭化成に対するぼやきとなってしまいましたが、PCM9211DAI+AK4317P2D+AK4497DMはDACとして一つの完成型だと思っています。
今まで、ずっと追い求めてきたFinal DAC
まさしく、その名に恥じない音を奏でてくれます。
やなさんに改めて感謝です。

I/V変換は、試聴の結果、LUNDAHLのLL1538XLトランスを止めて金田式221ハイブリッドアンプを使うことにしました。
中域のしなやかさが、魅力です。
しかし、電源トランスが2個・+ー電源基板が1枚・ヒーター用電源基板が1枚必要です。ケーシングの難易度が数段増しました。042.gif


[PR]

by okamoto-arch | 2016-10-09 21:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 09月 18日

AK4497DM

昨日17日の夕方。KANAZAWA JAZZ STREETヘ行こうかと思っていたら、やなさんの新しい基盤が届きました。
基盤の正体は
d0138082_04490313.jpg
そう、今話題のDACチップ
旭化成のAK4497EQを2個使ったAK4497DMです。
AK4495EQとAK4497EQの違いの中で、私が最も気になるのはDSDの再生能力です。
AK4495EQでは、6.1MHzが限界でしたが、AK4497EQは22.4MHzをサポートしています。


雨が降りだしそうなので、KANAZAWA JAZZ STREETはキャンセルして、AK4497DMを試聴する事にします。
I/V変換は、LUNDAHL LL1538XLを使います。

先ずは、AK4495DMです。
プレーヤーはGENNKIの同軸出力を使います。


P2Dの出力はAK4495DMに合わせて、6.1MHzで試聴します。

d0138082_04594964.jpg
試聴アルバムは、LEE MORGANのCANDY stereo盤です。

良いですね。
普段使っている221ハイブリッドアンプもいいけど、久しぶりに聞くLUNDAHLも力強くて良いです。



次は、AK4497DMです。
電源や入出力端子もAK4495DMと同じなので付け替えが簡単です。


d0138082_05062107.jpg
何んだ
音の密度が高く、音が飛び出してきます。
それでいて、音抜けが良い。たぶん再生帯域が広いのでしょう。
AK4495DMの音をイメージして聞くと、その変化にびっくりします。

LEE MORGANのトランペットは、ブリリアントで、美しい。
ブーミーになりがちなベースも良い感じで弾んでいます。
ブラシで叩くスネアの音は、数十本のワイヤーがスネアに張られた皮を叩いている様が感じられます。
情報量が多いのでしょう。

あまり、大げさな表現を使いたくありませんが、AK4497DMの実力はAK4495DMより、かなり上。
AKMのDACの中では価格だけでなく音においても最上位DACチップだと思います。

次にP2Dの出力をDSDの12.1MHzに変えます。AK4490SDMでは、良い変化があったのでどうでしょうか。
思ったほどの、変化がありません。
DACとしての、基本製のが良いからでしょうか。
それとも、音源によるものでしょうか。

もう、AK4495DMと比較試聴する必要はありません。
AK4497DMの圧勝です。少なくとも私の環境では。
その後、SIDE by SIDE2・BLUE TRAIN・CANTATE DOMINOを聞きました。
CDPのデジタル出力でもラズパイで96kHzにアップサンプリングしてもその良さは変りません。
どのアルバムも感動します。こんな音が聞けるなんて やなさんに感謝!


次にSDTrance384でDSD音源を再生してみます。
これまた、おったまげた。
d0138082_05151853.jpg
音を評価する言葉は色々あるけど、どう言ったら良いのかわからないほど良い。
今まで聞いていた音楽が、こんなに楽しく感動的に聞くことが出来るなんて

最も圧巻だったのが、CANTATE DOMINO
d0138082_05165782.jpg
時として、パイプオルガンがうるさく感じる時がありましたが、ふくよかでとても音数が多く、包み込まれるような優しさを感じます。
8曲目のRejoice。女性ボーカルが、ヒステリックになることなくエネルギーに満ちています。
石の教会全体に、女性の声で満たされている様子が見えるようです。感動。
12曲目の O Day Full Of Grace さらに感動。涙が出てきそうです。



もっともっと、いろんな音楽をいろんな形で聴かなければ、正しい評価は出来ません。
まだ、PCMを聞いていません。聞き忘れてしまいました。それほど、SDTrance384でDSDを再生した音はすばらしかったです。

AK4497DMの音を言葉表現するのは、簡単でないように思います。
が、あえて現時点でAK4497DMの音を表現すると、エネルギッシュで帯域が広く、情報量が多い。と言うことだと思います。
それもAK4495DMよりも数段上です。


現在AK4497EQを越える可能性があるのは、ES9038PROだけです。
でも、AK4497DMの音を聞いてしまった今、ES9038PROは必要ないのではと思えます。
もうちょっとこうなって欲しいと思うところが見つかりません。
私の理想を越えた音を聞くことが出来ました。感謝!



でも、ES9038PROも気になるけどね。(*^_^*)
やなさんよろしく!!

[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-18 05:17 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 07月 03日

やなさんPCM9211DAI基板

d0138082_17451479.jpg
やなさんのブログ で紹介されている、やなさんPCM9211DAI基板を試聴しています。
やなさんに無理を言って貸し出してもらいました。感謝!

しかし、我が家にはデジタル出力できるCDPが無い。^^;
仕方がないので、古いノートパソコンからUSB_DDCを使ってデジタルデーターを取り出すことにしました。

d0138082_17520369.jpg
接続は簡単です。
ラズパイとPCM9211DAI基板を入れ替えて、RCAコネクターにデジタル信号を入れるだけ。
電源は3.3Vです。
d0138082_18094316.jpg
さて音出しです。

44.1kHzをP2Dで6.1MHzのDSDにアップコンバートしています。
結構いい音です。
でも、何か物足りません。普通といえば普通です。
S/Nは良いです。

もうちょっと良いトランスポーターで試聴したいな




近所の友人にお願いして、ユニゾンリサーチのUnico CDPをお借りしてきました。
d0138082_22081129.jpg
このCD、派手さは無いけどいいんだよな。
バッファーアンプに真空管を使っていて、CDPの音もなかなかです。

さて、トランスポーターとして使ってみます。

d0138082_22193797.jpg
おお ノートPCと比べちゃいけないんだろうけど、かなり良いです。
プラシーボ効果もあると思うけど、明らかにこちらの方が良いです。
P2D基板の表示を見ると96kHzとなっています。
CDP内部でアップサンプリングして、出力されているようです。
何枚かCDを聞いて、ラズパイと聞き比べました。

同じ音ではありませんが、近いと言えば近い。なぜかほっとする音です。
CDPの音の傾向なのかPCM9211DAI基板の音の傾向なのかはわかりませんが、
帯域が少し狭いような気がします。

質の高いCDPだったら、ラズパイに近いクオリティーが得られることがわかりました。
良くを言えば、もう少しゆったりたっぷりしてくれるといいんだけど。


この基板も是非、発売して欲しいです。




最後に、今日の音です。久しぶり^^;








[PR]

by okamoto-arch | 2016-07-03 22:47 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 05月 22日

もう一枚のAK4495DM


d0138082_21361251.jpg
やなさんがもう一枚AK4495DMを送ってくれました。

なんで


へへへへ

d0138082_07050436.jpg
知る人ぞしる、AK4490EQAK4495EQの選別品 AK4490SEQAK4495SEQを使ったAK4490DMAK4495DMである。





d0138082_21402891.jpg
早々に音だしです


いいよ。ゆったりしていて音空間が広がったように感じる。
OSコンのエージングには1週間程度掛かるようです。



d0138082_21403505.jpg
最近のハイスペックDACの実力を出し切るには、やっぱりこれが無くっちゃ、宝の持ち腐れ
CDを直接アナログ変換しても、良い音だと思うけど、AK4137 P2DでPCM768KHzやDSD12.1MHzにアップサンプリングした方が、滑らかで解像度が高い。
やなさんのAK4137 P2DはPCMとDSD双方向変換及びサンプリング変換が自由自在
その上、アドオン基板を使って外部クロックも使え、ジッタークリーニングもしてくれるので、とても信頼感がある。
また、SCLKを生成するので、ラズベリーパイの劣悪SCLKを使わなくても良いなど利点が多い。

音にこだわったやなさんAK4137 P2Dなくして、今後進化していくDACの性能を発揮することができないと思う。
早く、やなさんDAI基板が完成するといいな。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-22 21:45 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2016年 05月 22日

久しぶりのAK4490SDM

d0138082_21171026.jpg
久しぶりにAK4490SDMを聞いてみました。
先日から、I/V変換を221ハイブリッドアンプで行っているが、AK4490SDMと組み合わせも試しておきたかった。


早々に結果を言うと、AK4495以上にAK4490と221アンプの相性がよいと思う。
AK4495SDMのメリハリのきいた音に深みを加えてくれる。

また、DSDの6.1Kと11.2Kの違いがはっきりとわかる。
もちろん11.2kの方が良い。

221アンプはトランスより解像度が高いのかもしれません。

AK4490SDMを聞くならば、221ハイブリッドアンプで決まります。




[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-22 21:26 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 05月 17日

やなさん AK4495DM DAC 3+221ハイブリッドI/V変換アンプ

d0138082_18284845.jpg
はや3週間もお借りしているやなさんAK4495DM DAC I/V変換は、LUNDAHL LL1538XLを使ってきましたが、今日は金田式221ハイブリッドI/V変換アンプを使ってみました。
真空管は絵になるね。

d0138082_18360273.jpg
さてとどんな音かな
おお、以外と言っちゃ失礼に当たるが、癖の無い良い音です。
なんだか、トランスより良いかも

パーツを見直せば、もっと良くなりそうです。
金田式と言えば、SEコンにスケルトン抵抗ですね。

でも、高いよな〜。



[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-17 18:38 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 05月 11日

やなさん AK4495DM DAC 2

d0138082_20194595.jpg

 やなさんAK4495DMをお借りして、はや2週間。
その間、PCMをAK4713P2DDSDに変換しAK4495DMでアナログ変換した音を聞いていました。
トンビさんのところで行ったミニoff会の時もDSDに変換して聞いてもらいました。
一度はPCMの音を聞いておかないとと思っていましたがなかなかその気になれませんでした。

今日は、無性にAK4495DMでPCMの音を聞い。
でも、なぜ今までPCMを聞かなかったのかな。
たぶん、PCMの音に対する先入観があったからだろうな。

どんな音がするのか




むむむむむむむむ・・・・
いいよ。いいよ。
たぶんDSDよりいいよ。
DSDより、若干軽くなるが、音離れが良くなり音が弾むようになった。
ドンシャリしたところがなく、ちょっと聞いた印象では、ごく普通の良い音なんだろうけど、
実に正確に再生している気がします。

 再生環境は、NAS音源をvolumioで32bit96kにアップサンプリングし、さらにAK4137P2DでPCM768KHzにアップサンプリングして
AK4495DMでアナログ変換させています。
768KHzって、とんでもない数字ですよね。
AK4495DMもすばらしいけど、AK4137P2Dのすばらしさを再認識しました。

d0138082_15190755.jpg
こりゃ、参ったな。



[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-11 16:03 | オーディオ&音楽 | Comments(4)