Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:友人 ( 265 ) タグの人気記事


2017年 08月 21日

念願のGauss HF4000 その2

d0138082_11203337.jpg
友人のMさんが使っていないHF4000を送ってくれました。
外観は、私がGETしたものより綺麗です。
感謝!101.png
直流抵抗で11.2Ωなので、インピダンスは16Ω
私が入手したモノと一緒です。

よく見ると、スロートに傷があります。
これはかなり傷が深いです。
実は私の2440にも、かすかなひび割れがあったのですが、修理してもらって使っています。
d0138082_11270756.jpg
これを修理するとなると結構大変かも。

念のため、ダイヤフラムもチェックしてみます。
おっとセンター付近が少し変形していますが、許容範囲でしょ。
d0138082_11305557.jpg
あれ、ロールエッジが
d0138082_11420058.jpg
破断していました。
これでは、十分な性能が出ませんね。

HF4000は限界点が高い強力なユニットなので、ついついボリュームを上げたくなるのでしょうね。
屋外の使用で飛ばしちゃったのかな。
残念無念!103.png


オリジナルダイヤフラムが見つかるまで状態の良い方を使ってみます。






[PR]

by okamoto-arch | 2017-08-21 13:49 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 08月 14日

真空管アンプのアウトプットトランス

d0138082_10131233.jpg
トンビさん製作の真空管プリアンプは非常に音が良いのですが、メインシステムにつなぐとノイズが出てしまいます。
原因はメインシステムのパッシブチャンデバにあると思います。
しかし、パッシブチャンデバは、電源部がないので、ノイズ対策に限界があります。
バランス転送にすれば、ノイズがでないことは、実証済なのでプリアンプにバランス出力を組み込むため、
いろんなトランスを試してきました。

インピダンスは600Ωから10kΩ。有名トランスもあれば無名トランスある。
小さなモノもあれば、大きなものもある、古いモノもあれば新しいモノもある。

この中から、最終的に選んだのが、
d0138082_10345095.jpg
有名な国産トランスメーカー タムラの古くて大きなトランスを採用する事にしました。
型番は、P6935。
2KΩ:600Ωで使います。

しかし、この大きなトランスをプリアンプに組み込むのは、かなり無理があります。
d0138082_11371726.jpg
パワーアンプならトランスを天板の上に載せる方法も考えられるが、私のデザインイメージと違うので、却下。

d0138082_11394039.jpg
やっぱり、無理矢理トランスを納めよう。
考えられるのは、この2パターン。

電源トランスからの影響をなるべく回避するには上のレイアウトか。
トランス自体ノイズの発信源でもあるので、回路への影響を回避するには下のレイアウトか。

どちらも組み込み難易度が高い。
私に出来るだろうか?105.png

[PR]

by okamoto-arch | 2017-08-14 11:53 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 07月 31日

やなさんAK4173P2D

d0138082_21203221.jpg
 長くお借りしていた、やなさんDAI2を返却し、久しぶりにAK4137P2Dを使いました。



おっと、かなり音が違います。
9211DAI+AK4137P2DからDAI2へ交換したときはさほど大きな違いは感じませんでしたが、今回は9211DAIを省略して
ラズパイ→P2D→R-2Rのシンプルな構成としました。

d0138082_21204011.jpg

どう違うのか

まず低域がどばっと出るのはP2Dを使った方
高域が伸びているのがDAI2の方。
解像度が高のがDAI2。
奥行き感があるのは、DAI2。
センターでしっかり定位するのがP2D
(もしかして、団子状態なだけかも)


[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-31 08:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 07月 28日

Lundahl LL1524 その3

プリアンプの製作であるトンビさんに教わって、信号の取り出し位置を変更しました。
d0138082_01112776.jpg
 ゲイン調整の抵抗の前から音声信号を取り出しました。
アンバランス回路を切った方がよいかもしれませんが、取り合えず、バランス出力の場合のゲインを確認します。
トランスは、タムラの2kΩ:600Ωです。
おっと。ボリューム復活です。
時間が遅いので、大きな音は出せませんが、夜中の視聴では、ボリュームはワンクリックで十分です。
少し、ゲインが高すぎるかも
この状態でも、低域がやせることなく、とても良い感じです。

d0138082_17455732.jpg

次に、Lundahal LL1524で音出しです。
タムラより少し音量が下がりました。
プリのボリューム1クリック弱だけ、小さくなりました。
1:1なんだけどインピダンスの影響で、ボリュームが若干小さいのかな。

さて肝心の音は

ううう低域が薄いです。
夜中の視聴だけど、この音では採用できないな。
抵抗をぱらって調整してみようかな。

とりあえず、一歩前進です。
トンビさん、ありがとうございました。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-28 01:44 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2017年 07月 22日

New レンズ

d0138082_00130070.jpg
こんなレンズ、見たことありますか?
私は、始めてみました。
友人のトンビさんが持参してくれたレンズです。
 
 


 

 
 



d0138082_00141327.jpg
フィルターで有名なKenkoのミラーレンズなるものです。
APS-C専用で500mm f=6.3の超望遠
35mm換算で750mmです。

こんなレンズじゃ、手写しは無理だろうな
でも、三脚をいちいち持って歩くほど、写真にはまっているわけではない。

感度を2000に上げて外部でなら写せるかな


d0138082_00203873.jpg
私の腕前でも、何とかなりそうです。
いつもの定点撮影。
手前の緑のぼけ
このミラーレンズ独特の中抜けした球体。まるでシャボン玉のようです。
d0138082_00223212.jpg
背景の花壇のぼけが、かわいいですね。
絞りは無く、f6.3通しなんでしょうね。
ピントが浅く、風で揺れる花を撮影するのはかなり難しい。
d0138082_00241967.jpg
ぼけ味だけでなく、圧縮効果を利用した写真にも挑戦したいですね。
愛車のリアビューを写してみました。


望遠レンズを日頃あまり使わないので、これを機会に、もっと色々挑戦したいと思います。

ちなみに、トンビさんは、別のカメラに移行されたのでこのレンズは使えないそうです。
しばらく、使わせて頂きます。
感謝!感謝!

[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-22 00:39 | もろもろ | Comments(8)
2017年 07月 18日

HC AHC VHC版 R-2R基板試聴3 マルチシステムで



d0138082_22271106.jpg
やなさんR-2R基盤3種類をマルチシステムで試聴しました。

 最初にVHC版です。VHC版は3日間連続運転させていました。
Grundigで聞いた印象とかわりません。
美しい中高域が特徴です。空間情報も十分です。
Grundigで感じた低域不足感は軽減されます。
曲によって、低域不足と感じる場合と感じない場合があります。
徐々にその実力が開花しつつあるようです。

 次にAHC版を聞きます。
こちらも、Grundigと印象は変わりません。
明るくメリハリ感のある音です。
高域が少し詰まったように感じる時もあります。
高域がもっと伸びていたらもっと良いのだけど
残念だな。

次にHC版です。
HC版は、PCM768KHzを再生出来ないので、384kHzとします。
空間情報量は、減りますが、音の密度が凝縮され濃厚な音です。
それでいて、音抜けも悪くない。
たぶん、帯域バランスが良いのでしょうね。
個人的には、この音は好きです。
そして、ノイズもほぼ無くなりました。101.png

また、HC版のC6・C11のコンデンサの両極をショートさせて、コンデンサによる音の影響を確認しました。
HC版のC6・C11のコンデンサは、nichiconのMuse47μF25Vです。
ほんの少し音が変わります。どうかわるのかと聞かれて明確に答えられないような変化ですが・・・・
C6・C11は、本来DCカットの働きを担ってますが、音への影響もほんの少しあるようです。
プラシーボ効果だったらすみません105.png




[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-18 23:06 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2017年 07月 13日

HC AHC VHC版 R-2R基板試聴2

d0138082_22125602.jpg
 半日づつエージングをしたAHC版R-2RとVHC版R-2Rを再度試聴しました。
まずはAHC版R-2Rから(DAI2でPCM768kHzに変換)
前日と大きく変わったことはありません。やなさんに伺うとAHC版は試聴に使っていたので、少しエージングが進んでいたようです。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudを聞くと、教会の外を通るバスの音が聞こえ、しっかり低域が出ていると思います。
空間の情報も多く、教会の空気感が伝わってくるような気がしました。

次にVHC版です。
こちらは、6時間ほどしかエージングをしていません。
それでも、音の深みというか、前日より音の冴えが出てきました。
コンデンサーが目を覚ましたのでしょうか。
低域は前日より出るようになりましたが、もうちょっと出て欲しいかな。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudを聞くと、バスの音がそれらしく聞こえません。
しかし、中高域以上は、相変わらずすばらしいです。
表現に幅があり、暗い曲も明るい曲もしっかり雰囲気を再現してくれます。

ついでにHC版を聞きます。(DAI2でPCM384kHzに変換)
やっぱり、低域が良く出ます。
AHCやVHCと較べると高域が伸びていません。
較べればの話ですが
ライブ録音が得意です。
We isや島津健一のAll Kinds Of Balladsなどは、他の2つより迫力があって好きです。


3つのR-2R基板
HCは、ライブを聴いているような迫力があります。しかし、高域は他の基板ほど伸びがありません。
AHCは、明るくオールマイティーな音です。
VHCは、音に深みがあり、低域があまり入っていない曲には、一押しです。
我が家では、One GuitarやOrendaを聞くと最も良いです。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudもバスの音が聞こえにくいだけで、人の声は最も良いです。

どれか1つを選ぶのは、難しいです。
曲によって切り替えられると良いのだけど

DAI2基板のI2S出力は1系統ですが、3系統あったら3つの基板を切り替えて使いたいところです。(*^_^*)




[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-13 06:30 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2017年 07月 10日

AHC・VHC版 R-2R基板 見参

d0138082_23272911.jpg
やなさんが、AHC版R-2R基板とVHC版R-2R基板を送って頂いた。
土曜日のoff会の日に届いていたのですが、私が気付かずお披露目できませんでした。

AHCやVHCのロジックICはDSD原理基板でも評価が高かったので、期待が持てます。
我が家のHC版R-2Rと合わせて3種類を聞き比べを近日中に行います。

どのロジックICにしようか迷っている方、参考になるかもしれません。
d0138082_23330798.jpg
AHCロジックIC


d0138082_23325491.jpg
VHCロジックIC

[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-10 23:34 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 07月 07日

new プリアンプ

d0138082_01354202.jpg
レビンソンの上に積まれているのは、友人のトンビさんに作って頂いたECC82(12AU7)を使ったプリアンプです。

d0138082_01401464.jpg
何とも綺麗な配線です。左側に電源関係がまとめられていて、右側に信号部分がまとめられ、電源部と十分なセパレーションが確保されています。
入力6系統 出力はアンバラ1系統・バランス1系統ですが、トランスはまだ、置いてあるだけで現状はアンバラ1系統のみの出力となっています。

d0138082_01451935.jpg
d0138082_01454012.jpg
さて、トンビさんと一緒に音出しをしました。

良い音ですね。プリアンプはあまり個性が強すぎない方が良いです。
それと、情報量が多く、帯域バランスが良い事はとても大切です。
レビンソンと較べても音楽の品位が下がることはありません。
音の立上がりなどはさすがにレビンソンには敵いませんが、高域の美しさ帯域バランスがレビンソンより良いように感じました。

次に真空管EC82C(12AU7)の聞き比べをしました。
納入時はELECTRO-HARMONIです。
これを基準とします。
次に聞いたのが、TELEFUNKENの無印です。
少し、カチッとして、音楽のプレゼンスが堂々としてきたように感じますが、大きな違いはありません。


ここで、トンビさんは帰宅されました。忙しい中、ありがとうございました。


d0138082_08512123.jpg
次にSIEMENSです。
響がさらに美しく端正な音です。
細かな音までしっかり再現してくれます。
迫力というか元気度は、ELECTRO-HARMONIやTELEFUNKEN無印の方が良いと思いますが、滑らかで情報量が多く、美しい音色となり、レビンソンでは得られない音だと感じました。



d0138082_02082214.jpg
最後にとっておきの真空管です。
印刷が消えかかっていますが・・・・・
d0138082_02101167.jpg
d0138082_02105647.jpg
これだけでわかる人にはわかる、TELEFUNKENのダイヤマーク付です。
ペアーで2万から3万ほどで取引されているようです。
私が入手したのは10年以上前なので、1万もしなかったと思います。
でも、とっても貴重品。
我が家のEL34PPの初段管と位相反転管にECC82を使っていますが、どちらもSIEMENSです。
以前、ダイヤマークを初段に使ったりと位相反転管に使った事がありましたが、位相反転管で使った時に特に音が良くなった記憶があります。
それだけ、ECC82内部の二つの回路の誤差が少ないのではないでしょうか
さて聞いてみます。

軽やかで重厚な音です。
軽くて重い。これぞドイツ。
多少プラシーボ効果があると思うけど、間違いなく良いのである。
こりゃ参ったな。

使わずに箪笥にしまっておくのももったいないので、このプリの真空管はTELEFUNKENのダイヤマーク入りに決まりです。
たぶん(*^_^*)

[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-07 02:27 | 建築 | Comments(2)
2017年 07月 06日

やなさん DAI2基板 WIFI接続

d0138082_18404489.jpg
やなさんDAI2基板のWIFI機能を確認しました。
まずは、P9をショートオープンにしてDAI2を立ち上げます。

自宅のWIFIルーターのWPSボタンを長押しします。
WIFILEDが点滅し、暫くすると点灯に変わります。
これで、WIFIに接続完了です。
メチャ簡単です。



次にやなさんにメールで送ってもらったマイコンのアップデートファイルとを使って、マイコンのアップデートを行いました。
P2スイッチを押したまま電源を入れます。

Update Process
Wifi wait・・・
と表示されその後
Update Start
DAI2
と表示されます。

iphoneのsafariで、URLをDAI2.local/と入力
d0138082_01171334.png
「ファイルの選択」からやなさんに送って頂いた、アップデイトファイルを選択します。
d0138082_01194648.png
そして、Updateをクリック

アップデート中は、ERROR LEDが点滅しているようですが、あっという間に
アップデイトが終わりました。
d0138082_01221304.png
マイコンのアップデートも簡単です。
これは良いですね。


そのまま、音楽が聴けます。
OKです。

これは、便利だ。124.png



[PR]

by okamoto-arch | 2017-07-06 01:26 | オーディオ&音楽 | Comments(0)