Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カメラ ( 28 ) タグの人気記事


2017年 06月 22日

Flektogon 20mm F2.8 red MC 試写

昨日、メンテナンスした Flektogon 20mm F2.8で早速定点撮影です。朝7時
d0138082_13081475.jpg
F=2.8ピントは奥の白い車
d0138082_13243839.jpg
F=5.6ピントは奥の白い車
開放ではソフトフォーカスですが、4つ絞るとカチッとした絵になります。
激変!(^0^)
朝日を入れて、撮影してみます。
逆光には、あまり強くはありません。
d0138082_13342087.jpg
左がF=2.6 右がF=8
絞ると、シャープな絵になり彩度が上がります。
仕事には、どうかと思いますが、こんな絵は好きです。


レンズをSEL1635Zに交換
もたもたしていたら、曇ってきました。
d0138082_13411214.jpg
SEL1635Z 左F=4 右F=22
全開放から解像度の高い絵になります。
絞り値を上げると同じように彩度が上がりますが、解像度には大きな変化がありません。
どことなく繊細で、日本的な落ち着いた色合いです。

どちらも個性があって使い分けが出来そうです。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-22 14:27 | もろもろ | Comments(2)
2017年 06月 21日

Flektogon 20mm F2.8 red MC メンテナンス


Flektogon 20mm F2.8のフォーカスリングを廻すと、無限大に近づくにつれ、妙な抵抗と音がするので、分解掃除に挑戦しました。
(自分の記録用です)
Flektogon 20mm F2.8の分解手順を検索しましたが、あまり詳しい情報を見つける事が出来ませんでした
困ったな。このまま状態で使い続けようかな。
でも、フォーカスリングに悪影響が出るだろうな。それに、気分が良くない。

Flektogon 20mm F4のメンテナンス情報 を参考に、レンズの構造を頭に入れ、作業を開始した。
d0138082_22223196.jpg
マウント面の3本のネジを外します。
d0138082_22421679.jpg
絞りリングが外れました。
真っ黒なグリスが、はみ出ています。
汚れが溜まっていますね。
現状、絞りリングはスムーズに動いていますが、はみ出た黒いグリスを取り除きオイルとグリスを混ぜ合わせたものを可動部分に塗りました。
d0138082_22550916.jpg
絞りリングとレンズのずれを防ぐ2本の爪を固定しているネジを外し、フォーカスリングを廻します。
d0138082_23005129.jpg
すると、フォーカスリングが外れます。さらにフォーカスリングの内側のレンズを固定する部分も外します。
d0138082_23040687.jpg
d0138082_23051794.jpg
目的地に到着です。
グリスが真っ黒です。
フォーカスリングの内側にもゴミがありました。

外したパーツはパーツクリーナーを綿棒やティッシュにしみこませて、汚れを取り除きます。


また、我がFlektogon 20mm F2.8は、ネット上で見かけるFlektogon 20mm F2.8で撮影した写真より、少しピントが甘いような気がします。
私のスキルの問題かもしれませんが・・

レンズの剛性も今一不足しているような気がします。
レンズ外周部にレンズを固定していますが、固定リングが緩るみ易いらしく、その部分を確認します。
どうやって外すのかな

まずは、レンズの名前が書かれたリングを取り外します。
d0138082_08500827.jpg
ちょうど、ペンキのスプレー缶のキャップがジャストサイズでした。
レンズとキャップの間に布を挟んで、圧力を掛けて廻します。
ある程度、緩んだら指3本でリングの内側から外側へ力を掛けて、廻しました。

この状態で、レンズ本体を少し廻したら、固定リングが廻ってしまいました。
案の定、レンズをロックしているリングが少し緩んでいました。
d0138082_23314695.jpg
一旦取り外して、こちらもクリーニングしてオイルタッチして元に戻します。
専用工具がないので、マイナスドライバーを使ってレンズをしっかり固定します。
ああ、すっきりした。

d0138082_23135884.jpg
ヘリコイド部分にはどんなグリスを使えば良いのかな。
我が家にあるグリスの中でよさげな物は、SHIMANOのプレミアムグリスです。
高級なオイルのはず。
自転車のグリスですが、大丈夫かな。



おお・・・。滑らかさのと適度な重さ。
上品なタッチに激変しました。


元に戻すのは、分解の3倍大変でした。(^^;
悪戦苦闘の末、絞り・ピント共に改善されました。
良かった。(*^_^*)


覚え書き
絞りは22の状態で、絞りリングをレンズに取り付けしたほうが、うまくいきます。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-21 23:58 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 20日

New レンズ

d0138082_22355302.jpg
一昨晩、オークションで出会ったレンズ
タイミングよくアダプターと一緒に届きました。
d0138082_23015613.jpg
このレンズは、CARL ZEISS MC FLEKTOGON 20mm/2.8 JENA DDR です。
d0138082_23043535.jpg
外観はあまり綺麗じゃありませんが、お値打ち価格だったので良とします。

d0138082_23041448.jpg
α7Ⅱと組み合わせて普段使いしたいと考えています。



我が家のリビングで、画像確認です。
d0138082_23101819.jpg
SEL1635Z 16mm
d0138082_23103434.jpg
FLEKTOGON20mm


16mmには、敵わないけど、普段使いには十分な画角がです。
ただ、今回はシャッタースピードが1/5
レンズに手ぶれ補正がななためか、若干ぶれているような気がします。

このレンズ、どことはいいにくいけど、良いレンズだと思います。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-20 23:09 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 18日

試写

2台のカメラを使って、家の廻りで試し撮りしました。

d0138082_09480743.jpg

d0138082_14173307.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO 35mm/2.4
ぼけ味は、なかなかです。



d0138082_14382484.jpg
α7Ⅱ+Pentacon 29mm/2.8


d0138082_14411164.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z 35mm/4.0
全開F4で撮影。
背景がぼけてくれました。
ぼけ具合も良い感じです。


d0138082_14450678.jpg
d0138082_14463313.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO


d0138082_14471219.jpg
d0138082_14474187.jpg
α6000+FLEKTOGO
マクロレンズに近い使い方が出来ます。
甘い汁におぼれた蜂。蓮の花に抱かれて天国に召されました。



d0138082_14504740.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z 16mm/4.0



d0138082_14515485.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO



d0138082_14534910.jpg
d0138082_14545115.jpg
α7Ⅱ+Pentacon


d0138082_14560685.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z


少しずつですが、特徴がつかめてきました。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-18 14:57 | もろもろ | Comments(2)
2017年 06月 14日

SEL1635Z試写

1日遅れてSEL1635ZのフィルターKenko PRO1Dが届きました。
遅い!
d0138082_21282968.jpg
d0138082_21285523.jpg
早速、自宅で試写。
レンズの実力を確認するため、絞り全開手持ちで撮影しました。
まずは、リビングを

d0138082_21320499.jpg
d0138082_21330720.jpg
16mmなんだけど、歪みが感じられません。



次は、自宅前の定点撮影
d0138082_21340996.jpg
絞り全開とは思えない解像度



夜のリビング
d0138082_21392597.jpg
夜の子供部屋
d0138082_21401198.jpg
最後にオーディオルーム
d0138082_21424773.jpg
手持ち撮影でしたが、手ぶれ補正機能のおかげで、ぶれはあまり感じません。
シャッタースピードは1/15前後で、この写り。
技術の進歩に驚いています。

凄いね!


[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-14 21:45 | 日常 | Comments(0)
2017年 06月 13日

SEL1635Z購入

d0138082_18535963.jpg
初めてのデジタル対応35mmレンズSEL1635Zを購入。
でかいな!
d0138082_18555443.jpg
APS-Cフォーマットの55-210mmズームレンズSEL55210と較べても長さは同じくらいだけど二回りほど太い。
口径はSEL55210の49mmに対して、SEL1635Zは62mm。

まだ、フィルターが届いていないので、試し撮りはしていません。
d0138082_19014297.jpg
α7Ⅱには、似つかわしくないぶっとさです。
正直、重い。私には

でも、どんな写真が写せるのか楽しみです。
フィルターよ。早く来い。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-13 19:34 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 08日

Sony α7 Ⅱ 試し撮りその2

試し撮り 第二段 
早朝4時半頃の近景テストです。
d0138082_07330144.jpg
1)NIKKOR-H Auto 2/50mm
全開放
このレンズ、個人的には気に入っています。
でも、よくわかりません。

d0138082_07332397.jpg
2)NIKKOR 1.4/50mm
全開放
さすがに、よく似ています。

d0138082_07334261.jpg
3)G.ZUIKO AUTO-S 50mm/1.4
全開放
背景のぼけ方が、ちょっと不自然です。
絞りを一つ絞れば自然なぼけに具合になりますが
NIKONよりもソフトなタッチです。

3本の50mmレンズ。
何本も持っていても仕方ないので、どれか1本残して処分しようかな。
どれを残すべきか



d0138082_07341412.jpg
4)FLEKTOGON 35mm/2.4
全開放
35mmなので、少し寄って撮影しています。
少し、赤みがかっています。



時間が経過して、夕方の撮影です。
d0138082_21360257.jpg
5)Pentacon electric 2.8/29mm
ピントが狙ったところにぴったり来ています。
解像度・発色ともに良好です。


近景に関しては、私程度のスキルでもSonyのレンズを必ずしも必要とは思わない。
ピント合せ等の操作は、オールドレンズの方が、好みかな。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-08 21:40 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2017年 06月 07日

睡蓮鉢開花2

ありがたや ありがたや
蓮じゃないけど、ありがたい気分になります。
d0138082_17443420.jpg
FLEKTOGON2.4/35mm
夕方の睡蓮の花


d0138082_15064576.jpg
FLEKTOGON2.4/35mm

中に、虫がいました。
アブかな。

危ない!
もうじき、花が閉じられます。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-07 17:46 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2017年 06月 06日

Sony α7 Ⅱ 試し撮りその1

d0138082_20111970.jpg
新しいカメラSony α7Ⅱは届いたけれど、専用レンズは、未購入。
と言うことで、手持ちのオールドレンズとAPS-C専用レンズを使って試し撮りをしました。


1)OLYMPUS G.ZUIKO AUTO-W 28mm/3.5 アダプターはK&f
d0138082_21492436.jpg
d0138082_20175707.jpg
絞り開放 ピントは無限大
残念ながら、ピントが合っていません。アダプターの調整が出来ないタイプです。


次は、白い車にピントを合わせました。
ほぼほぼ良い感じになりました。

2)Pentacon electric 29mm/2.8 アダプターは名無し
d0138082_21500238.jpg

絞り開放 ピントは無限大
ほぼほぼピントが合っています。
良い案配です。

次は、白い車にピントを合わせました。


3)Carl Zeiss FLEKTOGON 35mm/2.4 アダプターはK&F


d0138082_20403587.jpg
絞り開放 ピントは無限大
どこにも、ピントがあっていません。
何度も調整していますが、調整しきれません。
次は、白い車にピントを合わせました。
今度はばっちりですね。
狙ったピントで合えば、良いとしましょう。
絞りは開放なのに、被写体深度が深いです。
解像度もなかなかです。



4)Nikon NIKKOR 50mm/1.4 アダプターはK&F
d0138082_15202039.jpg


絞り開放 ピントは無限大
どこにも、ピントがあっていません。
絵画の様な絵です。
d0138082_20495831.jpg
次は、白い車にピントを合わせました。
今度はばっちりですね。
これまた、狙ったピントで合えば、良いとしましょう。


5)OLYMPUS G.ZUIKO AUTO-S 50mm/1.4 アダプターはK&f
d0138082_21510814.jpg
d0138082_15210991.jpg
絞り開放 ピントは無限大
どこにも、ピントがあっていません。
まさに絵画です。^^;
d0138082_15213553.jpg

次は、白い車にピントを合わせました。
これもばっちりですね。
ただ、近景のぼけ具合がちょっと不自然です。

6)最後にSonyのAPS-C専用レンズ SEL16F28です。
モデル名でわかるように、 16mm/28です。35mm換算で24mmとなります。
こちらはAFで撮影。
絞り開放 ピントは白い車の左奥。
d0138082_21512401.jpg
レンズが小さい。そしてメチャクチャ軽い。
d0138082_15221422.jpg

あら~
絞り開放なのに、近景もそこそこの解像度です。
d0138082_21134856.jpg
次は、白い車にピントを合わせました。
AFなので、あまり絵に違いが出ませんね。

APS-Cのレンズなので、CCDを2/3ほどしか使っていませんが、解像度が高く感じます。

私のように、スキルの無い人間には、Sonyのレンズの方がいいようです。
でも、ファインダーを覗き、ピントの位置や絞りの調整をしながら撮影するのも楽しいです。

Sonyのレンズでも出来ないことはないけど、マニュアル感があまりない。
絞りを変えても、液晶画面に反映されません。


改めて、へぼにはSonyのレンズの方が失敗が少なく良いかなとおもいました。





[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-06 21:52 | 建築 | Comments(4)
2017年 05月 27日

フルサイズ一眼レフ

d0138082_07522369.jpg
 今、使っているカメラは、昨年購入したSONYのα6000です。
オールドレンズも使えるし、私の低レベルな要求をほぼ満足してくれるのです。
でも、イメージセンサーがAPS-C故に広角が弱い。
仕事上、広角レンズを使って室内の写真撮影をすることがあるが、フルサイズの画像と見比べると、奥行き感が不自然に感じます。
当然と言えば当然なのですが、フルサイズの24mmレンズでの画とAPS-Cの16mmレンズの画がほぼ同じエリアを写します。
でも、焦点距離が違うので、APS-Cの画では、近くの物はより近く、遠くの物はより遠く見えます。
この違和感に、ずっと目を閉じてきましたが、もう我慢できなくなってきました。
単に私の思い込みだったようです。


 
 そこで、フルサイズ一眼レフの購入を検討しています。
今までのレンズ資産を活かすには、やはりSONY α Eマウントのカメラ。
d0138082_08124264.jpg
d0138082_08131239.jpg
SONY Eマウントはα9を頂点に各種α7が存在する。
余裕があれば、迷うことなくα9を購入するのだが、いかんせん無い袖は振れない。
建物の写真をメインとするならば、7SⅡや7Sは候補から外しても良さそうだ。
まあ、7SⅡは価格面で無理だけど^^;
そうなると7RⅡもしくは7Ⅱないし7Rと7。
性能的には7RⅡが最も欲しいカメラだが・・・・・・無理です。
7は手ぶれ機構もないし、候補から外します。
7Rか7Ⅱか
7Rの方が画素数が多いけど、手ぶれ補正機構がない。
撮影時には、三脚を使うことはあるけど、手持ちの時も結構あります。
へぼな私には、手ぶれ補正機構を優先した方が、メリットが大きいように思います。



 さて、レンズはどうしよう。
とりあえず、今のAPS-cのレンズも使えるようですが、それじゃフルサイズを購入する意味がありません。

幸い、Eマウントは、他社のレンズも使えるアダプターを、多くのメーカーが作っています。
AFを諦めれば、さらに選択肢は広がります。

へぼ故、レンズは良い物が欲しい。へぼをカバーしてくれる。
カメラは日進月歩だけど、レンズはそうでもない。
SONYのレンズの中では、SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS が良さそうです。
20mmほどの単焦点レンズでも良いのですが、SONYのEシリーズにはラインナップがありません。
価格を調べると、
d0138082_08425366.jpg
無理をすれば、なんとかなりそうな価格。
シグマのレンズにアダプタを付けても10万ほど。でも、レンズの性能は落ちます。
SEL1635Zは逆光にも強いようで、しかもツァイス。

これかな。
おっと SONYのHPにSEL1635Zと同じ焦点距離の新しいレンズが

d0138082_08482382.jpg
高い。2倍の価格。なぜ
d0138082_08494623.jpg
明るいレンズですね。
広角の単焦点レンズでも、なかなか無いF2.8
納得の価格。
それでは と言いたいけど やはり無い袖は振れない。

もう暫く、悶々とします。

追伸

d0138082_08513310.jpg
私が気になっていることを絵にしてみました。
画角は、APS-Cの方が小さくなると言うことでしょうか。
だとすると、狭い部屋だと、APS-Cの方が画角が押えられて、自然な感じに写るのでしょうか?
ますます、わからなくなってきました。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-05-27 08:52 | 建築 | Comments(11)