Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーディオ ( 176 ) タグの人気記事


2017年 03月 19日

new事務所アンプ その後2

 new事務所アンプの記事を読んで、ちょっと〇〇〇オーディオのボロトレーンさんからメールを頂き、スピーカーケーブルに
LANケーブルを使ってみてはというアドバイスを頂いた。
 
アンプのケーシングに向けて、使わなくなったLANケーブルで試してみます。
LANケーブルは、被覆された8本のケーブルが2本ツイストx4組で構成されていました。
白いケーブルがグランドなのかな? マイナスなのかな? 電気音痴にはわかりませんが、何十メートルも引き回しが可能なLANケーブルは
ノイズに強いことは確かです。
d0138082_04241956.jpg
現在は、スピーカーからLinfof工房アンプのスピーカー端子までWEのメッキ線16GA(2.5m)を使い
そこから、new事務所アンプまで、WEの絹巻き単線を使っています。
なぜ、そんな使い方をしているかというと、
1)スピーカーとケーブルは半田付けされているので、取り外しが大変。
2)WEの16GAを直接つなぐと、音がぼやける
からです。
WEの絹巻き単線にすると、生き生きした音に変身するのです。

ちょっと変則的な使い方ですが、WEの絹巻き単線(1m)とLANケーブル(50cm)の比較試聴を行います。
d0138082_04551617.jpg
試聴アルバムは、Eric DolphyのThe Questです。
まずは8本のケーブルをばらして、ツイストされた2本のケーブルです。
悪くないですね。少し高域にバランスがシフトしますが、高域も低域も伸びているように感じます。
この状態で、半日音楽をききました。
WEの絹巻き単線に戻すと、帯域が少し狭くなるような気がします。

引き抜いた、8本のケーブルをブルーの被服に通して、元の状態に戻します。
片チャンネル1本のLANケーブルとします。ツイストされたケーブルを二組つかってプラスマイナスとします。

落ち着いた上品な音です。
じっくり聞くと、細かな音も出ています。
WEの絹巻き単線に近い音です。

個人的には、先の状態が一番好みです。
と言うことで、1本のLANケーブルで、左右のスピーカーを鳴らすことにします。
あれれ、ぱっとしません。なんだか靄がかかったような音です。
d0138082_05283921.jpg
せっかく戻した被服を再度抜き取ります。
あら、ばらばら状態の方が音の抜けが、良いですね。
新しい発見です。
ケーブルの長さと太さの関係はおおよそわかっています。
LANケーブルでも同じような違いがありました。

安価なLANケーブルですが、スピーカーケーブルとしては、かなりの実力です。
たぶん、能率の高いユニットに合うのではないでしょうか。

ボロトレーンさん良い情報をありがとうございました。







[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-19 05:41 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 17日

new事務所アンプ その後

 事務所のアンプはSTEREOのおまけアンプLXA-OT3をLinfof工房さんの素敵な木箱に入れてもの。
そのアンプをもう少しバージョンアップするため、未使用のLXA-OT3をオークションでGETしました。
d0138082_21173773.jpg
落札価格4,000円。定価は3,700円だったんだけど。
開封後さっそく、オリジナルの音を聞いてみました。
d0138082_21210387.jpg
いいね。でも、ちょっとキンキンしている。
新品だから仕方ないけど。


d0138082_21192715.jpg
電源部にコンデンサを入れると音が良くなることは、前回の改造で経験済。
今回もnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーパラってみました。
おお。激変!ちょっと大げさだけど、品位がぐっと上がります。
ノイズが減ったような・・とにかく耳障りが良くなります。

先日ケーシングしたLXA-OT3を聞き比べをしました。
おっと、今回のアンプの方が良いかも。
d0138082_10585689.jpg
前回、極太ケーブルを使ったのが、災いしたのかも。
アンプの内部配線は音への影響が大きいから難しいな!
次回は、ケーシング前にケーブルによる音の変化を確認してケーシングします。

暫くこの状態で楽しみたいと思います。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-17 21:29 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 04日

new事務所アンプ

d0138082_10194191.jpg
事務所で使っていたLinfof工房製のデジタルアンプのボリュームが不調のため、「Stereo誌」2014年1月号の付録アンプ LUXMAN監修 LXA-OT3を使っていた。
これがどうして、結構良いのです。事務所のスピーカーと合うのでしょうね。
基板むき出しではかわいそうにということで、Linfof工房さんが、お友達用非売品のアンプケースを送ってくれました。感謝
d0138082_10401036.jpg
彫り込み文字が、メチャかっこいいいです。

プラグもなかなかどうして結構良い感じのものが、付属していました。
得にスピーカープラグの構造が良いです。




d0138082_10443733.jpg
少しだけ基板の改造が必要です。
入出力プラグ及び電源プラグとLEDを外し、ケースのプラグと基板をつなぐ配線をします。

入力ケーブルはエレコムのケーブルを使い、出力ケーブルはWE 22GA を電源ケーブルがテフロン被服の銀メッキ線22GAを使いました。
すっきりした良い音なんだけど、私の好みではないので、ケーブルの交換をしました。

入力ケーブルはBELDEN 8412、出力ケーブルはCANARE 4S8、電源ケーブルはBeldenのスピーカーケーブル 8460 18GAに交換しました。
良い感じです。
こんな短いケーブルでも、音の違いを感じます。

d0138082_10585689.jpg
おまじないで、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加しました。
これは、効きました。
付属のACアダプターでは、ノイズ対策が不十分なんでしょうね。

3,800円の雑誌の付属品とは思えません。017.gif



d0138082_12015005.jpg
これに気を良くして、LXO-OT1も改造をしました。
まずは、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加
これだけで、かなり音の品位が上がります。
次に基板のコンデンサーをnichiconのオーディオグレード品に交換していきました。
まずは、電源部。これも、効きますね。
次に出力部。少しだけ効果あったようななかったような。
この時点で、LXO-OT3との差をかなり縮めたように思いました。
さらに、基板廻りの10μFの小さなコンデンサーも交換作しました。
さて、どうなったかな

あれれ、左チャンネルから音が出ません。042.gif
コンデンサの極性も間違いないし

コンデンサを外したときに、基板を痛めたのかな
それとも、信号が途中でグランドに落ちているのかな

うううう
私に出来る範囲で、調べたけどよくわかりません。
トンビさんに頂いたケーブルの出番もなくなりました。007.gif

晴れのち雨という結果になってしまいました。

LXO-OT3を不要な方がおいでましたら、ご一報を!!



[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-04 12:02 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 09月 19日

やなさん AK4497DM PCM vs DSD

 今日は、やなさんAK4497DMのファーストインプレッションの第2弾です。
PCM768KHzとDSD12.1MHzの比較試聴です。
d0138082_15043803.jpg
d0138082_15062987.jpg


プレーヤーは、GENNKIのデジタル出力を使います。
(GENNKI→PCM9211→AK4137P2D→AK4497DM→LUNDHAL→プリ)
d0138082_14535189.jpg
今日最初の音源は、ドルフィーのLAST DATEです。

まずは、PCMで聞きます。
かなり良いです。ちょっとびっくりです。

すぐさま、DSDで聞きます。
DSDどっちが良いのかな、微妙
PCMの方が少し良いかも
音抜けはPCMの方がよいと思います。
しっとり感はDSDなんだけど、PCMもどっしりしていて、今までのようなうわずいている印象がありません。
今までの、DSDの延長線上の音です。
私の環境では、PCMが一勝です。


d0138082_15352515.jpg
次は、CANDYです。
最初は、DSDで聞きます。
いい感じです。
次にPCMです。
少し、うわずった音になります。
スネアーもトランペットも少し、ドンシャリ感が顔を出しました。
LAST DATEの印象とは、少し違いました。

d0138082_15395288.jpg
次は、CANTATE DOMINOです。
左のCDはSACDとのハイブリッド版 右は17年ほど前に発売されたCDで、音が良いと評判でした。
実際、私も以前の環境で聞き比べしたときは、右のCDの方が良い感じでしたので、今回も右のCDで試聴を始めました。

最初はPCMです。
いい感じです。
でも、ちょっとざわざわした感じです。ノイズが多いのかな。
ハイブリッド版を聞いてみます。
あっ こっちの方が、すっきり聞こえます。ハイブリッド版で試聴を再開します。

AK4497DMだと、一曲目のCantate Dominoもうるさく感じません。(*^_^*)
ただし、クライマックスに近づき、コーラスが加わりボリュームが上がるにつれ、音の輪郭が怪しくなってきて、少しうるさく感じました。

次にDSDです。
DSDの方が、パイプオルガンの低域を再生出来ています。
また、先ほどのクライマックスを迎えても、音が崩れません。
CANTATE DOMINOはDSDの方のアドバンテージが出やすいのかもしれません。
d0138082_16372946.jpg
次に、JACK DeJOHNETTEのZEBRAです。
シンセードラムの再生がポイントです。
最初はDSDです。
良い感じです。
次にPCMです。
ダイナミックレンジが広く感じるのがDSDですが、少し、濃過ぎるかも
PCMの方が聞きやすいです。
エネルギー感とボリューム感のバランスが良いです。
PCMでも十分なのでは


AK4497DMでは、DSDとPCMの差が蚊4495DMよりも小さくなっていると思います。
AK4497DMになって、エネルギー感が増したこと、それと帯域が広がり、DACとしても基本性能が上がったことによって
PCMとDSDの差が小さくなったように思います。
また、音源や再生装置によって、評価は変ってくると思います。
傾向としては、PCMは切れが良く音像がシャープです。
ただ、バランスが良く、上付いた印象はありません。AK4495DMでのDSDの延長線上にある音だと思います。
より、DSDはしっとりしていて、低域と大音量の再生に闌けていると思います。

トータルで、少しDSDの方が優位かな。


CDの音をもっと良い音で聞く方法がないのか。
CDの音源をPCでDSDに変換して、SDTrance384で再生したら、どうだろうか。
d0138082_16570773.jpg

PCでの変換ソフトは、KORGのAUDIO GATEを使います。
音源はLAST DATEです。
d0138082_17002635.jpg
最初は、PCMです。
PCMをDSDに変換して、またPCMに変換する。アップサンプリングされているとは言え、良い音になるわけがありません。
でも、聞いてみないとわかりません。

うう やっぱりだけです。なんだか、がちゃがちゃしています。
d0138082_17005601.jpg
DSDです。
いい感じですね。
でもCDPからの同軸をDSDに変換した物と、さほど変りません。
低域が少し良くなったかな



[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-19 17:15 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2016年 09月 01日

CDP v.s volumio v.s SDTrance384



d0138082_22273561.jpg
AUDIO LABの名盤 八代一夫ピアノトリオによる「SIDE by SIDE 2」SACDとCDのハイブリット版を使って、3種類の再生方法による音の違いを聞き比べました。


1)CDP(LINNEのGENKI)のディジタルアウト
d0138082_22594819.jpg
2)リッピングしたデータをラズベリーパイを使ってVolumio で96kHz変換して再生
d0138082_23010778.jpg
3)SACDのDSDのデータをSDTranceでネイティブ再生
d0138082_23023456.jpg



3種類の再生方法で、どれくらい音が違うのかを検証してみました。
DAC部分は共通です。PCMはDSD6.1MHzに変換されAK4495DMでアナログに変換されます。
DSDは2.8MHzからDSD6.1MHzに変換され同じくAK4495DMでアナログに変換されます。

CDP(GENKI)同軸→PCM9211DAI
帯域バランスが良く、音楽がゆったりと流れるように感じます。
CDPのアナログ出力と比べるとDAC部の差と言うことになりますが、AK4137P2D+AK4495DMの優秀さを再確認出来ます。

CDをリッピングしたNASのデータをvolumioをインストールしたRaspberry Pi2 Bで96kHzにアップサンプリング(I2S)→PCM9211DAI基板
同軸に比べると、少しHiFi感が出てくる。ただし、高域が少し伸びきっていないような気もする。
悪く言えば、ドンシャリ気味のような気もするけど、決して悪くない。

SACDのDSDデータをSDカードにコピー(たぶん違法)し、SDTrance384でDSDをネイティブ再生(I2S)→PCM9211DAI基板
帯域バランスが良く、全体的に滑らかで自然な感じである。
CDP(GENKI)同軸の延長線上の音だが、薄いベールがはがれ、しかも、アナログに近い音ような気がします。
やっぱり、これが一番良い。音源の差かもしれません。

ただ、どれもかなり良く、その差もわずかです。
この音源だけで、優劣を決めるのは無理があるような気がします。





ということで、次にBLUE TRAINで聞き比べをしました。
d0138082_22005062.jpg
CDP(GENKI)同軸→PCM9211DAI
出だしのユニゾンが団子状態で聞こえます。
解像度が足りないのかな。
各楽器のソロは、いいんだけどな。

CDをリッピングしたNASのデータをvolumioをインストールしたRaspberry Pi2 Bで96kHzにアップサンプリング(I2S)→PCM9211DAI基板
CDでは、今一だったユニゾン部分は、改善されます。
情報量の違いかな。
テナー・トランペット・トロンボーン・ピアノも良い感じです。
BLUE TRAINだと、CDPよりよいと思います。

SACDのDSDデータをSDカードにコピー(たぶん違法)し、SDTrance384でDSDをネイティブ再生(I2S)→PCM9211DAI基
volumioとかなり近いです。
ほとんど差が無い。

どれが良いのか、わからなくなってきました。
どれも良いと言うことかな^^;




[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-01 23:02 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 08月 27日

やなさんPCM9211DAI基板 REV_1.3

d0138082_16423867.jpg
7月にやなさんにお借りしたPCM9211DAI基板が、さらに改良され、昨日、配布が開始されました
配布開始時点で、既にREVが1.3です。
それだけに、大いに期待が持てます。

前回の試聴したものと、どれほど音が違うか気になります。
さっそく、組み込んでみました。
d0138082_16503456.jpg





何じゃこれはってな感じですね。
では、ちょっと別図で解説します。
d0138082_07235713.jpg
PCM9211DAI基板の入力機は、3つ
写真にはありませんが、CDP(LINNEのGENKI)のデジタルアウト(SPDIF)
Raspberry Pi 2(I2S)
SDTrance387(I2S HDMI受信基板を使用)
PCM9211DAIの入力の切り替えは、トグルスイッチを使って切り替えることにしました。

PCM9211DAI基板の下にAK4137P2D基板があり、PCM9211DAI基板から出力されたデーターをDSD6.1MHzに変換します。

そのデーターをAK4495DM DACでアナログに変換し、その上の221A/V変換アンプを通ってプリアンプに入ります。

この装置にために、電源が凄いことになっています。
トランスは全部で6個
ケーシングを考えると、ぞっとします。

221A/Vアンプは電源部が一番のネックかな。



さて、どんな音がなってくれるでしょうか。
注目はCDPのデジタルアウトです。
前回試聴したREV1.1では、若干音がやせる傾向がありました。
今回、クロックをTCXOとし、クロック電源に電解コンデンサが追加されたそうです。
それが、音にどのように反映されるか・・・楽しみです。

まずは、CDPのアナログアウトを聞きます。
ライントランスを通しているので、それなりに良い感じです。

それでは、CDPのデジタルアウトを聞いてみます。

ありゃ。前回試聴した時は、御近所さんのUnico CDPでしが、その時の印象とかなり違います。
REV1.1の音やせは、全く感じません。
DSDらしい、まったりとした良い音です。

同じ音源をRaspberry Pi から聞いてみると、これはこれで良いけど、ちょっと音が堅い感じがします。
まったりした感じは、CDPの同軸の方が上です。

もう少しじっくり聞いてみないと、判断できませんが、曲によってはRaspberry Pi よりも良いと感じることもあります。
PCオーディオも便利で良いけど、操作が味気ない。
趣味としてのオーディオは、やっぱり手間が掛かった方が良い気がします。


そうなると、トレー式より、STUDERのような方式が良いな
以前使っていたA730が欲しい!

[PR]

by okamoto-arch | 2016-08-27 17:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 07月 13日

LINNのCDP GENKI

d0138082_21143670.jpg
 LINNEのCDプレーヤーを購入した。一度はLINNを使って見たかった。昔からの憧れです。
モデル名 GENKI
LINNE最後のCDプレーヤーで、高級機CD12やIKEMIの技術を取り入れた廉価版。
それなりに、力が入っているのではと予想される。
GENKIの由来は元気でなくて、原器を意味しているらしい。
おお 名前はすばらしい!(*^_^*)



d0138082_21142133.jpg
 背面をいると左からREMOTE IN・OUT DIGITAL OUT VARIABLE OUTが2系統 FIXED OUTが2系統 
そんなに沢山アナログアウトは不要です。ノイズの混入が気になります。
私が使うのはDIGITAL OUT。CDのデジタル信号をやなさんAK4317P2D+AK4495DMでアナログに変換再生するため。
批判しても仕方がないが、背面の構成をみると、音質へのこだわりが希薄なような気がしてきました。


やなさんのPC9211DAIはすでに、お返ししたので、FIXED OUTの音を聞いてみた。
むむ エージング無しでも、結構いい感じです。ただ、少しノイズっぽい。
無理もない。
現システムはノイズ感がないからな。
冷静に聞くと、私がイメージしているLINNEの音ではありません。
少し、ドンシャリ気味です。文字通り元気な音です。
LINNEの音は弾むような中低域が魅力なんだけど、ちょっと当てが外れたかも

GENKIの定価は270,000円でした。音的には半値ほどの音。
LINNは好きだけど、価格設定が高すぎます。と思うのは私だけでしょうか。
でも、お金を出しても欲しい何かが存在するのも、否定できません。
LINNのデザインも音も人には優しいけど、懐には厳しいというのが、一般的な評価ではないでしょうか。

まあ、私は、中古を購入しているので、懐にも優しいけどね。(*^_^*)





私の目的はあくまでも、デジタルアウト。


早くPCM9211DAIの改訂版出来上がらないかな。

d0138082_22234395.jpg


[PR]

by okamoto-arch | 2016-07-13 22:23 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 07月 11日

SDTrance 384

d0138082_18463726.jpg
 ここ暫く使っていなかったSDTrance384を引っ張り出しました。
それというのも、やなさんのPCM9211DAI基板を使えば、何台か入力装置を使うことが出来るからです。
I2S接続が2系統。S/DIFが2系統。
I2S接続の第一候補は、まずはラズベリーパイ。第二候補は、PCで無い物を・・・・と言うことで、SDTrance384を試しました。
SDTrance384のI2S信号の出力はHDMI端子です。
AK4137P2Dは、HDMI端子を持っていないけど、やなさんのHDMI-I2S転送基板の受信基板を使えば接続可能です。
d0138082_18594010.jpg
ちょっと見づらいかな
HDMIで受けて14ピンで出力します。
これは、便利な基板です。
I2Sは、オーディオ機器内の転送規格なので、ケーブルを長くすることが出来ません。
でも、やなさんのHDMI-I2S転送基板を使うとケーブルを長くすることが出来ます。


d0138082_19033116.jpg
SDTrance384はWAVデータとDFFデータを再生する事が出来ます。
volumioでは再生出来ないDSDをネイティブで再生する事が出来るんです。


d0138082_19073933.jpg
AK4317P2DでPCMもDSDもDSD6.1Mに変換して出力させます。
これで、PCMとDSD両方が同じ環境で再生出来るようになりました。

さて、SDTrance384の音ですが、以前も良いと感じていましたが、AK4317P2D+AK4495DMになって、よりその真価を発揮できるようになったようです。
S/Nが抜群に良いです。ラズベリーパイも良いと思っていたけど、比べると違いがはっきりとわかります。

一時は、SDカードによる、データ管理が難しので、破棄しようと思っていたSDTrance384ですが、PCM9211DAI基板があれば、他の再生機器と共にそれぞれの利点を生かしたオーディオ環境が構築できます。
SDTrance384はDSD再生と入力装置のリファレンスとして活躍してくれるのではと期待しています。



[PR]

by okamoto-arch | 2016-07-11 20:43 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 07月 11日

久しぶりのRFT L6506

d0138082_13413769.jpg
久しぶりに仕事場のスピーカーをRFT L6506にしました。
4発はさすがに動作が難しい。
特に2パラ・シリーズはどうも・・・・
4パラなら、動作が揃うかもしれませんが、アンプには厳しい。

と言うことで、上2発をパラレルで鳴らしています。

あら、いい感じですね。
さんざん2パラシリーズで試行錯誤しましたが、2パラで十分ということなんでしょうね。
密閉にして下をドロンコーンとして使うことも出来るけど、マグネットがあるので駄目かな

時間があるときに、2パラのバッフル板を作る事にします。
平面バッフルが理想ですが、後面開放とし、トール型とします。
バッフル板は、タモ材にしようかな。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-07-11 14:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 05月 31日

今日の音20160531 PCM768KHz V.S DSD6.1MHz

d0138082_22081086.jpg
久しぶりの夜JAZZ
メインスピーカーは、未だ改造が進んでいません。と言うより最近、全然やっていません。(^_^;
なので、もっぱらサブシステムのGauss3588同軸システムを聞いてます。

パワーアンプはEL34PPです。ずいぶん前に、オークションで購入したものです。未だに、球を替えていません。
とても作りが良いアンプです。
入力系は、ラズベリーパイ→やなさんAK4137P2D→やなさんAK4995DM→やなさん221ハイブリッドアンプ

今日はAK4137P2Dで、PCM768KHzとDSD6.1MHzに変換した音をそれぞれ聞いてみたいと思います。
まずは、PCM768KHzです。

次は、DSD6.1MHzです。

違いがわかったかな

このくらいになると、どっちが良いかじゃなくて、どっちが好みかと言うレベルだと思います。
PCMは切れの良くさわやかな印象を受けます。それに比べるとDSDは滑らかでゆったりした感じがします。
どちらにせよ、CDの16bit44.1KHz の音源でも、滑らかさや余韻もアナログと遜色のない音で再生出来ていると思います。

[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-31 23:14 | オーディオ&音楽 | Comments(0)