Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーディオ ( 169 ) タグの人気記事


2017年 03月 29日

new事務所アンプ その後5 オペアンプ2

d0138082_19471605.jpg
 じゃじゃじゃじゃーん。
雑誌のおまけアンプLAX-OT3のオペアンプ用に、OPA627APx2を購入してしまいました。
オペアンプだけで、雑誌の値段とほぼ同じです。(;_;)/~~~
 アンプのオペアンプは2回路タイプなので、シングル回路のOPA627APを使うときは2set+変換基盤が必要です。
d0138082_19532727.jpg
変換基盤に足とオペアンプを半田して、トンビさんからいただいた下駄をはかせて、さっそく視聴です。
d0138082_20023733.jpg

いきなり、多少ドンシャリ気味ですが、メリハリの利いた音が出てきました。
OPA627AUより感度が高いように感じます。音量が上がったような気がしますが、気のせいでしょうか。
最も違うのは、中低域です。
今まで、聞こえなかった音が聞こえるようになりました。
音色やバランスはほとんど変わりませんが。信号の通る経路が太くなったような余裕を感じます。
プラシーボ効果かもしれませんが・・・・・・

仕事場のオーディオとしては音が良すぎます。(^^♪

これで、LAX-OT3の改造は完成とします。


追記 3月31日
OPA627APを使い始めて3日目。
オーディオ的にはAUより、メリハリがおり、音の押出も強く好みの音です。
ただし、仕事場で鳴らすには、ちょっとメリハリが強すぎるかな
APのようにさりげないプレゼンスの方が、仕事がしやすいです。
AUも購入しようかな。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-29 20:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 20日

new事務所アンプ その後4 オペアンプ

d0138082_05295264.jpg
LXA-OT3のもう一つの音遊び。
オリジナルはJRCの4558Dです。秋月電子で8個152円で購入出来ます。一個20円切りです。
オペアンプを購入したことがないので、この値段には安くてびっくりです。

オーディオ仲間のトンビさんに貸して頂いたオペアンプを使って、オペアンプによる音の違いを楽しみます。
d0138082_05591448.jpg
左上から
私でも名前だけは聞いたことがあるMUSES。型番は8920。
秋月電子では480円。
JRCの4558Dに比べると、滑らかで高級な音がします。
聴き疲れしない、良い音です。帯域バランスも私好み(*^_^*)
さすが、480円の事はあります。049.gif


右上は、NE5532Pという型番です。
いくつかのメーカーで作っているようです。
秋月電子ではJRC製の5532DD製品が100円でありました。
こちらは、滑らかで繊細な音です。
シンバルの余韻が美しいです。
空間表現が良いです。
少音量時に魅力を感じます。
音量を上げると、中域が少しうるさく感じます。
MUSES 8920の方が明るく元気な音です。
気分によって使い分けたいと思いました。


左中は、BURR-BROWN製のOPA2134PAです。
秋月電子では300円。
音のバランスはMUSES 8920に近いけど、印象はNE5532Pに近いです。
解像度は、NE5532Pほど高くはありません。
音量を上げても、うるさく感じません。
帯域・バランス・解像度はどれも平均点だけど、今一特徴に欠けるように思う。
でも、悪くない。
4558Dよりも、ノイズが少ないのか滑らかな点は評価出来る。


右中は、OP275Gです。
秋月電子では200円。
BURR-BROWN製のOPA2134PAより少し力強く感じます。
JRCの4558Dと近い印象です。
JRCの4558Dを少しマイルドにしたように感じます。

下段はBurr-Brown OPA627AU(シングル)を基板の表裏に実装した基板です。
秋月電子では、売られていませんが、yahooオークションで3000円から4000円ほどで手に入れることが出来ます。
価格は今までのものとは、別格です。
帯域バランスはNE5532Pに近く、しかしNE5532Pより明るい音です。
響きが美しい点音抜けが良い点は評価出来ますが、でも、他のものより、別格の音と言うわけでもありません。
たぶん、私のシステムでは能力が出しきれていないように思います。
低域は試したオペアンプの中で最も伸びていると思います。でも409-8Eでは確認出来ません。
なので、私のシステムでは、量感が出にくいようです。

実は、基板の状態では、Burr-Brown OPA627AUx2が一番良いと感じていました。
しかし、ケーシングの後の試聴では、MUSES 8920が良かったかな。

一個20円で購入出来る、JRCの4558Dは荒さが少し感じられますが、その分迫力も感じます。
JRCの4558Dの音は、他のオペアンプに無い音で、少し荒いからと言って否定できない音です。

購入するとすれば、Burr-Brown OPA627AUx2かMUSES 8920でしょうか
MUSESには8920の最上級版01・02なるオペアンプもあるそうです。


3月23日追記
ここ数日、Burr-Brown OPA627AUx2がお気に入りです。
不思議ですね。
BGMで聴く場合も、ちょっと真剣に聴く場合も何か惹かれるところがあります。
OPA627x2を購入しようかな。



[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-20 08:15 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 19日

new事務所アンプ その後3

d0138082_17424862.jpg
new事務所アンプ完成。
結構いい感じです。
d0138082_17445428.jpg
スピーカーケーブルは、CANARE 4S8からLANケーブルに変更。
音の変化が大きいです。
これで、ぐっと良くなりました。
信号線はBELDEN 8412から、WEの絹巻き単線に変更。
大きな変化はありませんでしたが、少し見通しが良くなり、かつ滑らかになりました。
電源ケーブルは、前と同じBeldenのスピーカーケーブル 8460 18GAです。
電源部の電解コンデンサnichicon製470μF50Vはダブルとしました。変化はありませんでした。

オペアンプの交換をしてみたいけど、どうしようかな。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-19 18:10 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2017年 03月 19日

new事務所アンプ その後2

 new事務所アンプの記事を読んで、ちょっと〇〇〇オーディオのボロトレーンさんからメールを頂き、スピーカーケーブルに
LANケーブルを使ってみてはというアドバイスを頂いた。
 
アンプのケーシングに向けて、使わなくなったLANケーブルで試してみます。
LANケーブルは、被覆された8本のケーブルが2本ツイストx4組で構成されていました。
白いケーブルがグランドなのかな? マイナスなのかな? 電気音痴にはわかりませんが、何十メートルも引き回しが可能なLANケーブルは
ノイズに強いことは確かです。
d0138082_04241956.jpg
現在は、スピーカーからLinfof工房アンプのスピーカー端子までWEのメッキ線16GA(2.5m)を使い
そこから、new事務所アンプまで、WEの絹巻き単線を使っています。
なぜ、そんな使い方をしているかというと、
1)スピーカーとケーブルは半田付けされているので、取り外しが大変。
2)WEの16GAを直接つなぐと、音がぼやける
からです。
WEの絹巻き単線にすると、生き生きした音に変身するのです。

ちょっと変則的な使い方ですが、WEの絹巻き単線(1m)とLANケーブル(50cm)の比較試聴を行います。
d0138082_04551617.jpg
試聴アルバムは、Eric DolphyのThe Questです。
まずは8本のケーブルをばらして、ツイストされた2本のケーブルです。
悪くないですね。少し高域にバランスがシフトしますが、高域も低域も伸びているように感じます。
この状態で、半日音楽をききました。
WEの絹巻き単線に戻すと、帯域が少し狭くなるような気がします。

引き抜いた、8本のケーブルをブルーの被服に通して、元の状態に戻します。
片チャンネル1本のLANケーブルとします。ツイストされたケーブルを二組つかってプラスマイナスとします。

落ち着いた上品な音です。
じっくり聞くと、細かな音も出ています。
WEの絹巻き単線に近い音です。

個人的には、先の状態が一番好みです。
と言うことで、1本のLANケーブルで、左右のスピーカーを鳴らすことにします。
あれれ、ぱっとしません。なんだか靄がかかったような音です。
d0138082_05283921.jpg
せっかく戻した被服を再度抜き取ります。
あら、ばらばら状態の方が音の抜けが、良いですね。
新しい発見です。
ケーブルの長さと太さの関係はおおよそわかっています。
LANケーブルでも同じような違いがありました。

安価なLANケーブルですが、スピーカーケーブルとしては、かなりの実力です。
たぶん、能率の高いユニットに合うのではないでしょうか。

ボロトレーンさん良い情報をありがとうございました。







[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-19 05:41 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 17日

new事務所アンプ その後

 事務所のアンプはSTEREOのおまけアンプLXA-OT3をLinfof工房さんの素敵な木箱に入れてもの。
そのアンプをもう少しバージョンアップするため、未使用のLXA-OT3をオークションでGETしました。
d0138082_21173773.jpg
落札価格4,000円。定価は3,700円だったんだけど。
開封後さっそく、オリジナルの音を聞いてみました。
d0138082_21210387.jpg
いいね。でも、ちょっとキンキンしている。
新品だから仕方ないけど。


d0138082_21192715.jpg
電源部にコンデンサを入れると音が良くなることは、前回の改造で経験済。
今回もnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーパラってみました。
おお。激変!ちょっと大げさだけど、品位がぐっと上がります。
ノイズが減ったような・・とにかく耳障りが良くなります。

先日ケーシングしたLXA-OT3を聞き比べをしました。
おっと、今回のアンプの方が良いかも。
d0138082_10585689.jpg
前回、極太ケーブルを使ったのが、災いしたのかも。
アンプの内部配線は音への影響が大きいから難しいな!
次回は、ケーシング前にケーブルによる音の変化を確認してケーシングします。

暫くこの状態で楽しみたいと思います。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-17 21:29 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 04日

new事務所アンプ

d0138082_10194191.jpg
事務所で使っていたLinfof工房製のデジタルアンプのボリュームが不調のため、「Stereo誌」2014年1月号の付録アンプ LUXMAN監修 LXA-OT3を使っていた。
これがどうして、結構良いのです。事務所のスピーカーと合うのでしょうね。
基板むき出しではかわいそうにということで、Linfof工房さんが、お友達用非売品のアンプケースを送ってくれました。感謝
d0138082_10401036.jpg
彫り込み文字が、メチャかっこいいいです。

プラグもなかなかどうして結構良い感じのものが、付属していました。
得にスピーカープラグの構造が良いです。




d0138082_10443733.jpg
少しだけ基板の改造が必要です。
入出力プラグ及び電源プラグとLEDを外し、ケースのプラグと基板をつなぐ配線をします。

入力ケーブルはエレコムのケーブルを使い、出力ケーブルはWE 22GA を電源ケーブルがテフロン被服の銀メッキ線22GAを使いました。
すっきりした良い音なんだけど、私の好みではないので、ケーブルの交換をしました。

入力ケーブルはBELDEN 8412、出力ケーブルはCANARE 4S8、電源ケーブルはBeldenのスピーカーケーブル 8460 18GAに交換しました。
良い感じです。
こんな短いケーブルでも、音の違いを感じます。

d0138082_10585689.jpg
おまじないで、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加しました。
これは、効きました。
付属のACアダプターでは、ノイズ対策が不十分なんでしょうね。

3,800円の雑誌の付属品とは思えません。017.gif



d0138082_12015005.jpg
これに気を良くして、LXO-OT1も改造をしました。
まずは、電源部にnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーを追加
これだけで、かなり音の品位が上がります。
次に基板のコンデンサーをnichiconのオーディオグレード品に交換していきました。
まずは、電源部。これも、効きますね。
次に出力部。少しだけ効果あったようななかったような。
この時点で、LXO-OT3との差をかなり縮めたように思いました。
さらに、基板廻りの10μFの小さなコンデンサーも交換作しました。
さて、どうなったかな

あれれ、左チャンネルから音が出ません。042.gif
コンデンサの極性も間違いないし

コンデンサを外したときに、基板を痛めたのかな
それとも、信号が途中でグランドに落ちているのかな

うううう
私に出来る範囲で、調べたけどよくわかりません。
トンビさんに頂いたケーブルの出番もなくなりました。007.gif

晴れのち雨という結果になってしまいました。

LXO-OT3を不要な方がおいでましたら、ご一報を!!



[PR]

by okamoto-arch | 2017-03-04 12:02 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 09月 19日

やなさん AK4497DM PCM vs DSD

 今日は、やなさんAK4497DMのファーストインプレッションの第2弾です。
PCM768KHzとDSD12.1MHzの比較試聴です。
d0138082_15043803.jpg
d0138082_15062987.jpg


プレーヤーは、GENNKIのデジタル出力を使います。
(GENNKI→PCM9211→AK4137P2D→AK4497DM→LUNDHAL→プリ)
d0138082_14535189.jpg
今日最初の音源は、ドルフィーのLAST DATEです。

まずは、PCMで聞きます。
かなり良いです。ちょっとびっくりです。

すぐさま、DSDで聞きます。
DSDどっちが良いのかな、微妙
PCMの方が少し良いかも
音抜けはPCMの方がよいと思います。
しっとり感はDSDなんだけど、PCMもどっしりしていて、今までのようなうわずいている印象がありません。
今までの、DSDの延長線上の音です。
私の環境では、PCMが一勝です。


d0138082_15352515.jpg
次は、CANDYです。
最初は、DSDで聞きます。
いい感じです。
次にPCMです。
少し、うわずった音になります。
スネアーもトランペットも少し、ドンシャリ感が顔を出しました。
LAST DATEの印象とは、少し違いました。

d0138082_15395288.jpg
次は、CANTATE DOMINOです。
左のCDはSACDとのハイブリッド版 右は17年ほど前に発売されたCDで、音が良いと評判でした。
実際、私も以前の環境で聞き比べしたときは、右のCDの方が良い感じでしたので、今回も右のCDで試聴を始めました。

最初はPCMです。
いい感じです。
でも、ちょっとざわざわした感じです。ノイズが多いのかな。
ハイブリッド版を聞いてみます。
あっ こっちの方が、すっきり聞こえます。ハイブリッド版で試聴を再開します。

AK4497DMだと、一曲目のCantate Dominoもうるさく感じません。(*^_^*)
ただし、クライマックスに近づき、コーラスが加わりボリュームが上がるにつれ、音の輪郭が怪しくなってきて、少しうるさく感じました。

次にDSDです。
DSDの方が、パイプオルガンの低域を再生出来ています。
また、先ほどのクライマックスを迎えても、音が崩れません。
CANTATE DOMINOはDSDの方のアドバンテージが出やすいのかもしれません。
d0138082_16372946.jpg
次に、JACK DeJOHNETTEのZEBRAです。
シンセードラムの再生がポイントです。
最初はDSDです。
良い感じです。
次にPCMです。
ダイナミックレンジが広く感じるのがDSDですが、少し、濃過ぎるかも
PCMの方が聞きやすいです。
エネルギー感とボリューム感のバランスが良いです。
PCMでも十分なのでは


AK4497DMでは、DSDとPCMの差が蚊4495DMよりも小さくなっていると思います。
AK4497DMになって、エネルギー感が増したこと、それと帯域が広がり、DACとしても基本性能が上がったことによって
PCMとDSDの差が小さくなったように思います。
また、音源や再生装置によって、評価は変ってくると思います。
傾向としては、PCMは切れが良く音像がシャープです。
ただ、バランスが良く、上付いた印象はありません。AK4495DMでのDSDの延長線上にある音だと思います。
より、DSDはしっとりしていて、低域と大音量の再生に闌けていると思います。

トータルで、少しDSDの方が優位かな。


CDの音をもっと良い音で聞く方法がないのか。
CDの音源をPCでDSDに変換して、SDTrance384で再生したら、どうだろうか。
d0138082_16570773.jpg

PCでの変換ソフトは、KORGのAUDIO GATEを使います。
音源はLAST DATEです。
d0138082_17002635.jpg
最初は、PCMです。
PCMをDSDに変換して、またPCMに変換する。アップサンプリングされているとは言え、良い音になるわけがありません。
でも、聞いてみないとわかりません。

うう やっぱりだけです。なんだか、がちゃがちゃしています。
d0138082_17005601.jpg
DSDです。
いい感じですね。
でもCDPからの同軸をDSDに変換した物と、さほど変りません。
低域が少し良くなったかな



[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-19 17:15 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2016年 09月 01日

CDP v.s volumio v.s SDTrance384



d0138082_22273561.jpg
AUDIO LABの名盤 八代一夫ピアノトリオによる「SIDE by SIDE 2」SACDとCDのハイブリット版を使って、3種類の再生方法による音の違いを聞き比べました。


1)CDP(LINNEのGENKI)のディジタルアウト
d0138082_22594819.jpg
2)リッピングしたデータをラズベリーパイを使ってVolumio で96kHz変換して再生
d0138082_23010778.jpg
3)SACDのDSDのデータをSDTranceでネイティブ再生
d0138082_23023456.jpg



3種類の再生方法で、どれくらい音が違うのかを検証してみました。
DAC部分は共通です。PCMはDSD6.1MHzに変換されAK4495DMでアナログに変換されます。
DSDは2.8MHzからDSD6.1MHzに変換され同じくAK4495DMでアナログに変換されます。

CDP(GENKI)同軸→PCM9211DAI
帯域バランスが良く、音楽がゆったりと流れるように感じます。
CDPのアナログ出力と比べるとDAC部の差と言うことになりますが、AK4137P2D+AK4495DMの優秀さを再確認出来ます。

CDをリッピングしたNASのデータをvolumioをインストールしたRaspberry Pi2 Bで96kHzにアップサンプリング(I2S)→PCM9211DAI基板
同軸に比べると、少しHiFi感が出てくる。ただし、高域が少し伸びきっていないような気もする。
悪く言えば、ドンシャリ気味のような気もするけど、決して悪くない。

SACDのDSDデータをSDカードにコピー(たぶん違法)し、SDTrance384でDSDをネイティブ再生(I2S)→PCM9211DAI基板
帯域バランスが良く、全体的に滑らかで自然な感じである。
CDP(GENKI)同軸の延長線上の音だが、薄いベールがはがれ、しかも、アナログに近い音ような気がします。
やっぱり、これが一番良い。音源の差かもしれません。

ただ、どれもかなり良く、その差もわずかです。
この音源だけで、優劣を決めるのは無理があるような気がします。





ということで、次にBLUE TRAINで聞き比べをしました。
d0138082_22005062.jpg
CDP(GENKI)同軸→PCM9211DAI
出だしのユニゾンが団子状態で聞こえます。
解像度が足りないのかな。
各楽器のソロは、いいんだけどな。

CDをリッピングしたNASのデータをvolumioをインストールしたRaspberry Pi2 Bで96kHzにアップサンプリング(I2S)→PCM9211DAI基板
CDでは、今一だったユニゾン部分は、改善されます。
情報量の違いかな。
テナー・トランペット・トロンボーン・ピアノも良い感じです。
BLUE TRAINだと、CDPよりよいと思います。

SACDのDSDデータをSDカードにコピー(たぶん違法)し、SDTrance384でDSDをネイティブ再生(I2S)→PCM9211DAI基
volumioとかなり近いです。
ほとんど差が無い。

どれが良いのか、わからなくなってきました。
どれも良いと言うことかな^^;




[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-01 23:02 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 08月 27日

やなさんPCM9211DAI基板 REV_1.3

d0138082_16423867.jpg
7月にやなさんにお借りしたPCM9211DAI基板が、さらに改良され、昨日、配布が開始されました
配布開始時点で、既にREVが1.3です。
それだけに、大いに期待が持てます。

前回の試聴したものと、どれほど音が違うか気になります。
さっそく、組み込んでみました。
d0138082_16503456.jpg





何じゃこれはってな感じですね。
では、ちょっと別図で解説します。
d0138082_07235713.jpg
PCM9211DAI基板の入力機は、3つ
写真にはありませんが、CDP(LINNEのGENKI)のデジタルアウト(SPDIF)
Raspberry Pi 2(I2S)
SDTrance387(I2S HDMI受信基板を使用)
PCM9211DAIの入力の切り替えは、トグルスイッチを使って切り替えることにしました。

PCM9211DAI基板の下にAK4137P2D基板があり、PCM9211DAI基板から出力されたデーターをDSD6.1MHzに変換します。

そのデーターをAK4495DM DACでアナログに変換し、その上の221A/V変換アンプを通ってプリアンプに入ります。

この装置にために、電源が凄いことになっています。
トランスは全部で6個
ケーシングを考えると、ぞっとします。

221A/Vアンプは電源部が一番のネックかな。



さて、どんな音がなってくれるでしょうか。
注目はCDPのデジタルアウトです。
前回試聴したREV1.1では、若干音がやせる傾向がありました。
今回、クロックをTCXOとし、クロック電源に電解コンデンサが追加されたそうです。
それが、音にどのように反映されるか・・・楽しみです。

まずは、CDPのアナログアウトを聞きます。
ライントランスを通しているので、それなりに良い感じです。

それでは、CDPのデジタルアウトを聞いてみます。

ありゃ。前回試聴した時は、御近所さんのUnico CDPでしが、その時の印象とかなり違います。
REV1.1の音やせは、全く感じません。
DSDらしい、まったりとした良い音です。

同じ音源をRaspberry Pi から聞いてみると、これはこれで良いけど、ちょっと音が堅い感じがします。
まったりした感じは、CDPの同軸の方が上です。

もう少しじっくり聞いてみないと、判断できませんが、曲によってはRaspberry Pi よりも良いと感じることもあります。
PCオーディオも便利で良いけど、操作が味気ない。
趣味としてのオーディオは、やっぱり手間が掛かった方が良い気がします。


そうなると、トレー式より、STUDERのような方式が良いな
以前使っていたA730が欲しい!

[PR]

by okamoto-arch | 2016-08-27 17:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 07月 13日

LINNのCDP GENKI

d0138082_21143670.jpg
 LINNEのCDプレーヤーを購入した。一度はLINNを使って見たかった。昔からの憧れです。
モデル名 GENKI
LINNE最後のCDプレーヤーで、高級機CD12やIKEMIの技術を取り入れた廉価版。
それなりに、力が入っているのではと予想される。
GENKIの由来は元気でなくて、原器を意味しているらしい。
おお 名前はすばらしい!(*^_^*)



d0138082_21142133.jpg
 背面をいると左からREMOTE IN・OUT DIGITAL OUT VARIABLE OUTが2系統 FIXED OUTが2系統 
そんなに沢山アナログアウトは不要です。ノイズの混入が気になります。
私が使うのはDIGITAL OUT。CDのデジタル信号をやなさんAK4317P2D+AK4495DMでアナログに変換再生するため。
批判しても仕方がないが、背面の構成をみると、音質へのこだわりが希薄なような気がしてきました。


やなさんのPC9211DAIはすでに、お返ししたので、FIXED OUTの音を聞いてみた。
むむ エージング無しでも、結構いい感じです。ただ、少しノイズっぽい。
無理もない。
現システムはノイズ感がないからな。
冷静に聞くと、私がイメージしているLINNEの音ではありません。
少し、ドンシャリ気味です。文字通り元気な音です。
LINNEの音は弾むような中低域が魅力なんだけど、ちょっと当てが外れたかも

GENKIの定価は270,000円でした。音的には半値ほどの音。
LINNは好きだけど、価格設定が高すぎます。と思うのは私だけでしょうか。
でも、お金を出しても欲しい何かが存在するのも、否定できません。
LINNのデザインも音も人には優しいけど、懐には厳しいというのが、一般的な評価ではないでしょうか。

まあ、私は、中古を購入しているので、懐にも優しいけどね。(*^_^*)





私の目的はあくまでも、デジタルアウト。


早くPCM9211DAIの改訂版出来上がらないかな。

d0138082_22234395.jpg


[PR]

by okamoto-arch | 2016-07-13 22:23 | オーディオ&音楽 | Comments(2)