Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 16日

睡蓮花

d0138082_09552874.jpg
今年四つ目の睡蓮花。
今まで咲いた三つの花よりも小ぶりです。

他の睡蓮は、まだ花が咲きません。
元気そうなんだけどな。




[PR]

# by okamoto-arch | 2017-07-16 10:00 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2017年 07月 15日

New レンズ

 またもや、レンズを購入しちゃいました。
レンズの泥沼にはまってしまい、なかなか抜け出せません。
d0138082_07392075.jpg
今回購入したのが、これ

これじゃ、わかんないよね


d0138082_07412796.jpg
これで、わかるかな





これなら、わかるでしょう。
d0138082_08495183.jpg



50mmはNIKONのNIKKOR f=1.4を持っていて、とてもお気に入りなんだけど、ちょいと浮気してみました。
d0138082_08001240.jpg
果たして、写りの差はあるのだろうか

まずは、いつもの定点撮影で比較します。
ピントは白い車 露出は全開放で撮影しました。
まずはNIKON。
d0138082_08140369.jpg
色乗りは良いけど、ハレーション気味
手前のぼけが、ちょっと不自然な気がします。




次にPlanar
d0138082_08203120.jpg
こちらも、緑が綺麗です。奥の車にピントが合っていて、手前のぼけ具合も自然な気がします。
多少、プラシーボ効果があるかと思いますが・・・・・・

でも、絞りを一段絞ると、両レンズの差は、ほとんど感じません。(*^_^*)


次に、最短距離・全開放で使用感満載のFLEKTOGONを撮影してみました。
ピントは、いずれも絞りの数字に合わせたつもりです。^^;

まずはNIKON
d0138082_08244640.jpg
中心部の絞りの数字にはピントが合っていますが、画面下のアダプターの文字のピントが甘いような気がします。
レンズ周辺部のピントが甘いのかな。
それとも、解放時の被写体深度がかなり薄いのかも
もしそうだとすれば、面白い写真が写せそうだけど、私の技量では無理かな


次にPlanarです。

d0138082_08294770.jpg
NIKONに較べると、黒と白の対比が明快です。
アダプターの文字もくっきりです。


今回の撮影では、ピントを最短距離に固定して、カメラを前後してピントを合わせました。
開放維持のピントの深さはPlanarの方が深いようです。
多少ピークがわかりにくいのですが、ピークに幅があり、扱いやすいとも言えます。
この当たりに差がありましたが、どちらも良いレンズだと思います。

でも、SonyのPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA(19万+税)がどんな写りなんでしょうか。見たことも触ったこともないので知りません^^;。
気になるけど、買えません。
1/8の価格で同じ写りだったら、かなり嬉しいな!
しかし、SonyのPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAは手ぶれ補正機構もないのに、高過ぎません。

持っている人いませんか????
[PR]

# by okamoto-arch | 2017-07-15 08:47 | もろもろ | Comments(0)
2017年 07月 13日

HC AHC VHC版 R-2R基板試聴2

d0138082_22125602.jpg
 半日づつエージングをしたAHC版R-2RとVHC版R-2Rを再度試聴しました。
まずはAHC版R-2Rから(DAI2でPCM768kHzに変換)
前日と大きく変わったことはありません。やなさんに伺うとAHC版は試聴に使っていたので、少しエージングが進んでいたようです。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudを聞くと、教会の外を通るバスの音が聞こえ、しっかり低域が出ていると思います。
空間の情報も多く、教会の空気感が伝わってくるような気がしました。

次にVHC版です。
こちらは、6時間ほどしかエージングをしていません。
それでも、音の深みというか、前日より音の冴えが出てきました。
コンデンサーが目を覚ましたのでしょうか。
低域は前日より出るようになりましたが、もうちょっと出て欲しいかな。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudを聞くと、バスの音がそれらしく聞こえません。
しかし、中高域以上は、相変わらずすばらしいです。
表現に幅があり、暗い曲も明るい曲もしっかり雰囲気を再現してくれます。

ついでにHC版を聞きます。(DAI2でPCM384kHzに変換)
やっぱり、低域が良く出ます。
AHCやVHCと較べると高域が伸びていません。
較べればの話ですが
ライブ録音が得意です。
We isや島津健一のAll Kinds Of Balladsなどは、他の2つより迫力があって好きです。


3つのR-2R基板
HCは、ライブを聴いているような迫力があります。しかし、高域は他の基板ほど伸びがありません。
AHCは、明るくオールマイティーな音です。
VHCは、音に深みがあり、低域があまり入っていない曲には、一押しです。
我が家では、One GuitarやOrendaを聞くと最も良いです。
CANTATE DOMINOのfrojda dig ,du kristi brudもバスの音が聞こえにくいだけで、人の声は最も良いです。

どれか1つを選ぶのは、難しいです。
曲によって切り替えられると良いのだけど

DAI2基板のI2S出力は1系統ですが、3系統あったら3つの基板を切り替えて使いたいところです。(*^_^*)




[PR]

# by okamoto-arch | 2017-07-13 06:30 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2017年 07月 11日

HC AHC VHC版 R-2R基板試聴1

やなさんから送って頂いた、AHC版とVHC版のR-2R基板と、今使っているHC版のR-2R基板の聞き比べをしました。
AHC版とVHC版は、音だしチェックしかしていないようで、エージングが必要です。やなさん曰く100時間のエージングが必要だそうですが・・・・

なので、今後の試聴によって評価が変わることもご了承願いたい。

試聴アルバムは、OrendaとCANTATE DOMINO・We is・One Guitar・Archie SheppのTURE BALLADSなどなど
試聴は、Grundig+kazzアンプ2号機で行いました。

d0138082_22103009.jpg
 まずは、今使っているHC版を聞きます。
低域が良く出て、中低域と中心とした情報量が多くとても良い感じです。
でも、高域の伸びが今一かな。
ピラミッド型の帯域バランスです。
問題点は、HCは我が家の環境ではノイズが出やすいです。出力方法に工夫が要ります。
また、PCM384kHzまでしか再生出来ません。





d0138082_22344088.jpg
VHC版と聞きます。
おっと、低域が控えめです。コンデンサーのエージング不足です。
VHC版は、DCカット用のC6・C11がパスされています。トランスでI/V変換するのであれば、必要ないとやなさんは判断されました。
音への影響も大きなトランスなので、不要ならばない方が良いでしょうね。納得!
また、シフトクロック用のロジックICの電源用コンデンサが100μFから1,000μFに変更されています。

DSD原理基板では、このコンデンサの容量は音への影響がありました。ある範囲までは、容量を上げた方が低域の性能が向上しますが、必要以上に上げても、音が鈍くなり適正値があるのではないかと感じました。私が使ったOSコンの性能がたまたま良くなかっただけかもしれませんが

そうこうしているうちに、徐々に音が冴えてきました。
ノイズ感が向上しています。HCから切り替えた直ぐだと、物足りないと感じるくらいノイズがありませんでした。(*^_^*)
(今まで、ノイズを情報量と勘違いしていたかも)
帯域バランスがHCに較べると、フラットに近い。
低域が出にくいGrundigでは、低域が少し物足りなさを感じますが、声の帯域以上はすばらしいです。




d0138082_22344727.jpg
次にAHC版を聞きます。
C6・C11はパスされ、シフトクロック用のロジックICの電源用コンデンサはHC同様、100μFです。

こちらは、最初から良い音が出てきました。
低域はVHCとHCの間くらい出ています。
ノイズ感はVHC版と同等です。
中高域も良く伸びて良いです。
少し、明るめの表現で、今日聞いた中では一番良いかな。
d0138082_22345302.jpg
次に、DAI2の設定を変えて、出力をPCM768KHzとします。

よっしゃー!ノイズ感なし。
帯域バランスは、ほとんど変化無し。でも空間の空気感が感じられるようになりました。
情報量が多くなっているんだろうな。


一通り聞いた音に、HCに戻しました。
おっと、低域は出ますが、高域が伸びていませんね。
こんな音だっけ???



次回は、20時間ほどエージングした状態を聞きたいと思います。



[PR]

# by okamoto-arch | 2017-07-11 22:35 | 建築 | Comments(0)
2017年 07月 10日

AHC・VHC版 R-2R基板 見参

d0138082_23272911.jpg
やなさんが、AHC版R-2R基板とVHC版R-2R基板を送って頂いた。
土曜日のoff会の日に届いていたのですが、私が気付かずお披露目できませんでした。

AHCやVHCのロジックICはDSD原理基板でも評価が高かったので、期待が持てます。
我が家のHC版R-2Rと合わせて3種類を聞き比べを近日中に行います。

どのロジックICにしようか迷っている方、参考になるかもしれません。
d0138082_23330798.jpg
AHCロジックIC


d0138082_23325491.jpg
VHCロジックIC

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-07-10 23:34 | オーディオ&音楽 | Comments(0)