2017年 01月 15日

今日の音20170115 Grundig360

Grundig360の音を記録しておきます。


iPhone7Plusを使って録画しました。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-01-15 21:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 01月 14日

Grundig360 その後

d0138082_20434860.jpg
好きだな360。
オールラウンダーじゃないけどね。

360を聴くと、無性にバロック音楽が聴きたくなります。
ボーカルもいい。
意外と新しい録音と相性が良い。

でも、大好きなJAZZは、それなりなんだよな。

バッフル板を無垢材で作れば、さらに良くなるだろうな。




d0138082_20080088.jpg
今日はツイーターを円形のRFTから、楕円形のGrundigに変更
d0138082_20421633.jpg
縦に置くのかな
それとも横
取り敢えず横でやってみよう
d0138082_17455095.jpg
ちょっとツイーターが、目立ちすぎます。



d0138082_22243712.jpg
コンデンサー容量を見直します。
GEの2.2μFから、GEの0.68μFx2に変更です。
良い塩梅です。
響きが美しくなり、中低域が良くなりました。



d0138082_22493216.jpg
ツイーターを縦にしました。
スピーカーの存在が無くなりました。
上下のゆにっとの指向性が、あったからでしょうか?001.gif

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-01-14 17:43 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 01月 10日

RFT L6506

d0138082_18195461.jpg

今日は、RFT L6506を聞いています。
このユニットは、RFTのいろんな製品に使われました。
映画館やスタジオ用に、 L6506を2個もしくは4個使った製品がありました。
パワーが入れられるプロ仕様のユニットです。
d0138082_20583094.jpg
始めは、片チャンネル4個パラ・シリーズ接続で聞きました。
どうも、上手くなりません。
低域を補強するために、背面にGrundig360システムを置いてみましました。
少し、バランスが良くなってきましたが、少し音が被っている様に思います。

次に、上2個をパラレルで鳴らしました。
音の被りが軽減されましたが、Grundig360には、及びません。

ただ、並べてもダメなんですね。007.gif

次は、片チャンネル1個で鳴らしました。

あら、これが一番いいです。

大音量でなければ、ユニット一個で鳴らすのが良いようです。
フルレンジは、シンプルにという事でしょうか。
低域から高域まで、バランスが良いです。帯域は狭いと思うけど、不足感を感じません。

箱を工夫すれば、もっと良くなるだろうな。003.gif







[PR]

# by okamoto-arch | 2017-01-10 20:23 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 01月 08日

AK4137P2DでDSD512に変換

d0138082_23031058.jpg
やなさんのAK4137 P2DがDSD512への変換可能となりました。

これは、朗報です。
そのためには、マイコンをバージョンアップしなくてはなりません。
(たぶん、近日中にやなさんのHPで案内されると思い
また、DSD512をアナログ変換できるDACが必要です。
我が家のDACは、AK4497なので、DSD512をアナログ変換できます。
DSD256と聴き比べると、若干ですが、解像度が上がります。
DSD256でも、十分でしたが、でも聴いちゃうとね。
チェンバロのいろんな音が混ざったような微妙な音も、音数が増えより美しい音色となります。
こんなにも膨よかな音だったんですね。016.gif
ちょっと、チェンバロを見直しました。

やなさん ありがとうございました。

やなさんのAK4137P2Dを改めてすばらしいと思う今日この頃です。
我が家のデジタル再生には、無くてはならないものです。
やなさんAK4137P2Dは、AK4173EQを最高の状態で動作させることが出来る基板です。
是非、販売を継続して一人でも多くの人に、このシステムの良さを味わって幸せになって欲しいと思います。




[PR]

# by okamoto-arch | 2017-01-08 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 01月 08日

GRUNDIG 360

d0138082_18262993.jpg
Linfof工房さんのフルレンジを聴いて、刺激を受け、我が家のフルレンジを一度しっかり聴いてみようと思います。
今日は、Grundig360です。
多分だけれど1960年前後のGrundig製最高級ラジオに使われていたスピーカーです。
Kazzアンプ 421A PSで鳴らします。
Kazzアンプで鳴らした事があったかな?

初めは、1.8m程放して、ほぼ正面に向けて鳴らしていましたが、後ろの4550のホーンの影響か、ある帯域が強調されるので、部屋いっぱいに広げて内振りに設置しました。
d0138082_20172256.jpg
こりゃ いいわ。
低域もよく出るし、力強く立ち上がりも早くなったような気がします。

オールランドに使えるけど、ボーカルとバロック音楽が、ピカイチです。
チェンバロの華やかな音もそれらしく鳴らしてくれます。
パーンと張ったコーン紙は絞りが深く、マグネットも強力なので音が飛んで来ます。
ホーンに近い感じです。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-01-08 20:13 | オーディオ&音楽 | Comments(0)