Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 23日

ようやく完成

d0138082_15381671.jpg
 久しぶりに建築ネタです。昨年春ごろから、設計に入った2世帯住宅が1年ちょいかかりましたが、ようやく完成をむかえることが出来ました。
26日にオープンハウスをいたします。ご覧になりたい方は是非おいでください。
場所は金沢です。詳しくはメールで問合わせ下さい。

d0138082_23524216.jpg

[PR]

# by okamoto-arch | 2008-04-23 23:47 | 建築 | Comments(2)
2008年 04月 22日

ライントランス1

d0138082_13514345.jpg
 良くもまあ、短期間にこれだけのトランスを集めたものだと、我ながら感心したり、情けなかったりですが、ハンダもうまくなったし、音も良くなったし大満足です。
 ライントランスを購入したきっかけは、ノートパソコンを使ったPCオーディオです。
ノートパソコンのイヤホーンジャックの出力インピーダンスが低いと思われたので、アンプの入力に見合ったインピーダンスまで、昇圧したほうが、好ましいだろうというアドバイスをkazzさんからもらったのが、事の始まりです。

 PCオーディオのために3種類のトランスを用意しました。どの場合も、トランスを使った方が良い結果が得られました。イヤホンジャックの出力を使う場合は昇圧した方が良いようです。

 ここまでで、PCオーディオについてわかったことをまとめておきます。
まず、MacかWindowsかという議論に決定的な根拠がありません。ただ、聞いた中でMacBookが最も良い音でした。次いで私のDELLのノートブックでした。MacもWindowsもタワー型のものは、音が良く有りませんでした。
多分、ファンが影響しているかもしれません。
また、ノートブックは筐体がコンパクトな分振動に強いことも影響しているかもしれません。
 私はiTunesで再生しましたが、airMacEXPRESSを繋いで「複数のスピーカーから出力する」の設定にして、パソコン本体のイヤホンジャックから出力する方が良い結果が有られた。
 また、トランスで昇圧しない場合はケーブルの影響が多きので、自分にシステムにあったケーブル捜しが必要です。
わが家ではELECOMの音響用ケーブルが低価格帯の中では、よかったです。

将来的には、発熱の少ないCPUを使ってファンレスPCを組み、筐体に補強をしてオーディオ専用で使ってみたいと思っています。いつのことになるやら

誰か、セトロンの1G程度のパソコンあまってませんか。誕生日プレゼントに下さい。)^o^(
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-04-22 14:36 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 04月 21日

のだっちさんのCD

d0138082_162714.jpg
 富山のオーディオ仲間 のだっち さんから、プレゼントが届きました。前回はバレンタインデーの時だったのですが、今回は私の48回目の誕生日の直前です。)^o^(のだっちさんは、存じあげないことですが・・・・・)
今回のCDは先日のだっちさんが参加したクラシックの録音会のものです。
ホルンとピアノとフルートという構成です。
 今回の録音で特にお気に入りなのはホルンの音です。優しくしかし、曖昧さがなくとても癒されます。
のだっちさんの生録CDの特徴は、音の滑らかさと各楽器の音に癖を感じないことです。オープンリールを使ってアナログ録音されていますので、CDにすると音質が落ちるようです。
今度お邪魔する時に、オープンデッキの音を聞かせて頂こうかな!
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-04-21 01:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 17日

SさんのNewシステム

d0138082_4591583.jpg
 一昨日の夜遅くにプログでカキコしてくれる、トンビさんことS氏のオーディオルームにお邪魔しました。
目的は写真にある新しいスピーカーシステムの音を聞くためで、平面バッフルによるダイポール(無指向性)スピーカーである。
ウーハーはパイオニアの30cmをダブルで使っています。スコーカーはフォステクス(型番はわかりませんが)の12cmです。
とても、切れのよい音で、音場情報が豊富です。箱が無いので、低域が出ないかなと想像していましたが、低域の伸びに不満は有りません。それどころが、バスドラなどは抜けが良いので、聴いていて気持ちがいい。
KAHIL EL'ZABARとDAVID MURRAYのWE ISではKAHILのパーカッションの切れとDAVID MURRAYがテナーを吹きながらステージ脇から出てくる様子がわかるなど、このスピーカー特質すべき長所を確認することが出来た。

まだまだ、未調整ですが、システムとしての可能性を大いに感じました。
今後の成長を見守りたいと思います。

 偶然ですが、わが家のグルンディッヒも上に向けて鳴らしているのでダイポールと言えるでしょう。)^o^(

写真は先日S氏より送られてきたものを使わせて頂きました。一昨日は少し補強が入っており日々進化しているようです。次回訪問が楽しみです。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-04-17 05:05 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2008年 04月 16日

わらび

d0138082_184659.jpg
 鞁筒の朝晩は下界より3度ほど気温が下がるので、まだ、薪ストーブのお世話になっている。しかし、草花や木々も芽吹きもうしばらくすると新緑の季節をむかえる。
夕方、20分ほど散歩すると、片手いっぱいのわらびが採れた。
明日はわらびご飯かな。      楽しみ楽しみ
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-04-16 18:51 | 日常 | Comments(0)