Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 02日

今年の聴き始めは

d0138082_22535380.jpg

 今年の聞き始めは、E・ドルフィーのLAST DATEとミンガスの直立猿人それとM・タイナーのトライデントでした。この3枚は私がはじめて購入したJazzアルバムです。今から30年前、高校2年の時、一足先にJazzを聴き始めた友人の推薦版をレコード店の視聴コーナーで聞いたのが、初めての出会いでした。最初にLAST DATEを聞きました。ヘッドホンからバスクラの音が聞こえた瞬間、得体の知れないものを聞いてしまったという困惑と同時に、訳がわからないが、直感的に凄いと感じ片面の試聴中に、何度も背筋がぞくぞくしました。今でもその時の感動を覚えております。次の直立猿人も同じように、只者ではない雰囲気と絵画的な演奏に魅了された。その時点ではトライデントの良さがわからなかったか、先の2枚にノックアウトされた後だったので、それほどの印象はなかったが、出だしのチェンバロの響きを聴いて、変な音と思いながらも購入した。

 しばらくは、この3枚を日に何度聞いたことでしょうか。その後、ドルフィーとミンガスを聴きあさり、徐々にコルトレンへそしてマイルスへと広がって行きました。LAST DATEと直立猿人は私のJAZZの原点と言ってもよいでしょう。

 しかし、去年はあまり聞かなかったな。LAST DATEは何度か聞いたが、直立猿人とトライデントは聞かなかったかも。少なくともプリとフォノイコがNo.26SLとNo.25に変わって初めてです。聴き始めは、なんだかぴんと来ませんでしたが、フォノイコ内部のデップスイッチを入りきりしてやると俄然、音に力が出ていました。多分長年動かしたことがなかったのでしょう。入りきりすることで、接点が研磨されたのかもしれません。
d0138082_2331870.jpg

ドルフィーのフルートはLPの解説でも小鳥のさえずりの如くと書かれておりますが、ずっと私はその表現に違和感を感じておりました。ドルフィーのフルートはもっと野太い音なのではないだろうかと。今日聞いた、ドルフィーのフルートはまさしくイメージ通りいや、イメージ以上にドルフィーらしさを感じることが出来た。30年目にして初めて聞いたドルフィーの音かもしれない。
 直立猿人も5人で演奏しているとは思えない音の厚さ。ジャッキー・マクリーンもJRモントローズも大活躍しているが、なんといってもミンガスのベースがバッキングであっても、その一音一音に意味がありこの音楽になくてはならないものとなっている。そして力強くハードな音はミンガス以外では味わえない快感である。

 新年早々いいものを聞いたな。
今年はアナログの充実も目標の一つとしたい。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-02 23:41 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 01月 01日

2008年

d0138082_18172764.jpg

あけまして、おめでとうございます。
昨年も多くの方と出会えて、充実した?1年でした
本年も手綱をゆるめることなく、バンバン行きますので、笑って見ててください。
今年もオフ会やりましょうね。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-01-01 18:20 | いろいろ | Comments(0)
2007年 12月 31日

なくなったもの

 今朝の新聞に、今年亡くなった方々が掲載されておりました。
国内では植木等が亡くなったことが、印象に残っております。小さい時から何故か不思議な魅力を感じておりました。その他には、世界的なオートバイレーサー阿部典史の突然の交通事故死もショックでした。建築界では参議院選にも出馬した黒川紀章も突然亡くなったように感じました。近年の政界でのパフォーマンスは死を覚悟していたのでしょうか。その他横山ノック・羽田健太朗・宮沢喜一・松岡利勝・阿久悠・山口小夜子など、多くの方が亡くなれれています。
 世界に目を移すと3代テノール歌手のルチアーノ・パバロッティやパントマイムのマルセル・マルソー政治家ではエリツィンロシア前大統領や先日暗殺されたブットパキスタン前首相などなど・・・・JAZZ界でもオスかー・ピーターソンが亡くなった。
他にも、JAZZ界の重鎮が亡くなっているかも・・・・

 我がオーディオ機器もわが家を去った。去ったというより、甲斐性の無いオーナーの物欲を満たすために売りに出されました。人身売買は罪になるが、幸いオーディオは罪にならない。
今年、わが家を去った機器は845+300Bシングルアンプと300BシングルアンプそれにマッキンのC40とロクサンのCaspian Phono/STDなどなど・・
d0138082_9454627.jpg



d0138082_10102373.jpg



d0138082_1011719.jpg
年末にサウンドコントローラーSONATA op1とエソテリックのクロックジェネレーターG-03Xも嫁に出て行くことが決まりました。

今年のオーディオライフは分不相応な機器を購入したため、お別れが多く、悲しい1年でした。
来年はどんな年になるのでしょうか。
それではよい年をお迎えください 。
[PR]

# by okamoto-arch | 2007-12-31 09:21 | オーディオ&音楽 | Comments(7)
2007年 12月 30日

肉厚の椎茸

d0138082_1514242.jpg
 わが家で採れる肉厚の椎茸。どう、美味しそうでしょう。今朝取ってまいりました。
でもね、金沢では椎茸の最盛期は11月と4月なんですよ。通常年末は、寒さで椎茸菌が冬眠して、殆ど取れないはずです。やはり今年の12月は暖かいのでしょう。
 今日の金沢はみぞれ混じりの荒れ模様。この風が納まると、雪に変わるようです。
今晩は取れたての美味しい椎茸を采に焼酎のお湯割りを頂きたいと思います。どんな料理がおいしいかな。
私の一押し調理法はホットプレートに少量のバター醤油と厚さ1センチほどにスライスした椎茸をのせ、蒸し焼きにします。とっても簡単でしかもメチャンコ美味しいです。ホットプレートの蓋を開けた時、湯気と共に椎茸の香りが・・・・もうたまりません。
 
椎茸も鮮度が一番。取れたては味が違うって知ってました!
[PR]

# by okamoto-arch | 2007-12-30 15:26 | 日常 | Comments(0)
2007年 12月 29日

古くて新しいカートリッジ

d0138082_139040.jpg

 私の愛機421Aパラシングルアンプの製作者で、私の親友のカズさん推薦のカートリッジSHUREのM7Dを購入。
SHUREのカートリッジではTYPEⅢを長年使っていたが、M7Dというカートリッジは聞いたことがなかった。
聞いたことがあったのかもしれないが、古い商品なので、興味がなかったのかもしれない。
 メインシステムのフォノイコはMC専用なのでM7Dは使えない。そこで、仕事場の2階に急きょ別のアナログシステムを構築。アナログプレーヤーはパイオニアのXL-1550。私が高校2年の時にかったもの。もう、30年前のもの。ああああ・・・年をとったものだ。
プリアンプはONKYOのP-306RS。イコライザーはプリ内蔵のモノを使う。パワーアンプはEL34ppでスピーカーは現在お隣さんから借りているATCのSCM7。パワーアンプとスピーカーは文句なし。しかし、プリが・・・・早く、MM型のフォノイコを入手しなくては。
現在、カズさんにMM型のフォノイコの製作をお願いしている。出来あがるのはいつになるか分からないが、色んな球で実験中である。送られた写真を見るとまるでパワーアンプのような大きさにびっくりした。
なんでも、フォノイコは電源が命のようです。

d0138082_1401499.jpg


 始めに、オスカー・ピーターソンのプリーズ・リクエストのB面を聞く。なかなか、バランスが良い。TYPEⅢよりも癖が無い。思った以上に帯域が広い。いや、音楽を聞くのに必要な帯域をカバーしていると言った方が正しいかもしれない。
音に深みがある。特にレイ・ブラウンのベースは重くなく軽くなく深みがある。出だしのシンバルのチ~ンもなかなかどうして良い音である。
ピーターソンの追悼の意味も込めて、ピーターソンのLPを数枚聞いた。針圧は3から5という事だが、私は3.3あたりがちょうど良い。ベースの音の厚みとのり、ピアノの左手の音の厚みと深みが微妙にバランスしている。
 
これは、なかなかのカートリッジである。
ロリンズが聴きたくなる音である。でもでも、今日はピーターソンを聞く事にしよう。
我慢出来るかな。
[PR]

# by okamoto-arch | 2007-12-29 02:12 | オーディオ&音楽 | Comments(0)