Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 16日

EL34の聴き比べ その2

d0138082_4494963.jpg
 先日からの続きです。 今回はチェコの名球TESLA3兄弟です。
左のものは茶色のベースでやや丸みのある平な頭のバルブが特徴でです。ゲッターリングが2枚斜めに傾いております。このタイプはTESLAの初期タイプだと思われます。
真ん中のものは、ベースが黒に変わり、バルブの頭も独特の丸い形状に変わっています。ゲッターリングは上下2枚が重なるように、設置されています。
右はTESLAを引き継いだJJのEL34です。このは現行管です。ゲッターリングが1枚で放熱盤もコの字型の小さな物に変わっております。作りがきゃしゃな感じがします。
 JJに関しては今まで6本購入しましたが、既に3本が使えない状態です。信頼性に疑問があります。現代管の中では音が良いと言われているので、残念です。なので、今回は試聴しておりません。でも、以前の試聴印象では少し明るめの音で、バランスが良い印象があります。解像度も問題ありません。でも、これはいいと思わせる何かがありません。エージングが進んで絶頂期をむかえる前に、異音がコイルタッチを起すのか、ビチッ という音が出て来てしまいました。

d0138082_572112.jpg さて、2種類のTESLAの聴き比べですが、頭の平べったい方は、管球大国28号でも、絶賛されていますが、解像度・低域の力強さ・音楽プレゼンスの良さ本当にバランスの良い管だと思います。RFTに比べると、上品で、チェロなどは、今回の試聴中一番心に染み渡りました。

d0138082_594955.jpg
次は、頭が丸いテスラです。目視では、基本構造は変わっていないように思います。しかし、音は違います。エージングの違いなのでしょうか。確かにこの球は使用時間が短いですが、エージングの差だけでは無いような気がします。初期タイプと比べると温度感が低く、清らかな印象です。抑揚感が少なく、なんとなく音楽が楽しくありません。音の掘りが浅い感じがします。JJのEL34に限りなく近い音です。


TESLAの真空管は作りがしっかりして、とても気に入ってます。RFTのような無骨さもなく丁寧でしかも、使っている材料の太さや厚みのバランスと加工精度の高さなど、私が持っているEL34の中で一番だと思います。気品が感じられ一番お気に入りです。特に初期型は、バルブの形状も美しく、バルブの透明感もあって、とても奇麗です。
TESLAを購入するのであれば、頭の平べったいタイプをお薦めしますが、オークションでもこのタイプはあまり見かけません。今となっては貴重品なのかもしれません。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-16 23:25 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 15日

EL34の聴き比べ その1

d0138082_2264973.jpg
 先日S氏から2種類のEL34をお借りしたのを機に、手持ちのEL34を加えて6種類のEL34を聴き比べました。
それではエントリー真空管を左から順に紹介します。
Electro Harmonixの太管 TESLAの2種 JJ RFT MullardのXf2とXf4それと松下です。
これらの試聴記を数回に分けて書込みます。
また、試聴は夜中に仕事場で、友人T氏とビールを飲みながら行ったので、酔い加減により多少評価にばらつきがあると思われます。あしからず。
試聴は仕事場のシステムで行っております。

d0138082_33393.jpgd0138082_344569.jpg
試聴CDはMATRIACHと友人が持参したミッシャ・マイスキーのバッハ無伴奏チェロ組曲です。ヨーヨー・マーよりも感情を控え目な演奏に好感が持てました。気に入りました。あれれ、JAZZが試聴盤にありませんでしたね。まあ、いいか。

d0138082_852217.jpg


d0138082_4362361.jpg まず、始めに世界標準といってもよいRFTのEL34です。世界で最も多く製造されたEL34です。主にOEM生産されたものです。RFTの自社のEL34は持っていませんので、音の違いは分かりません。私はTELEFUNKENとSIEMENSそれにAmperex3種類10本のRFT管を持っております。
RFTは、TELEFUNKENの技術と設備を継承した、旧東ドイツの国有電気メーカーで70年代になってからEL34を大量生産したので、合理化と工業化が進んだEL34の最終型と言われております。細身のバルブは直径が28mmで、プッシュプルで使われる事の多いEL34では、この細身のバルブはルックス抜群です。作りは大変しっかりしていますが、味気ないほど合理的に作られております。リングは1重で放熱板は先が広がった子の字型です。プレートは支柱が無く6ヶ所カシメ留めされていて、リブはありません。マイカは上下とも10本爪です。
で、音の方は作りを反映してか芯がしっかりしていて、とてもバランスが良く、解像度もある現代的な音でどんなジャンルの音楽もこなすオールラウンドな真空管だと思います。SIEMENSのRFTは長く使っていますが、動作に全く不安がありません。とても信頼性が高い真空管です。

この続きは後日
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-15 03:40 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 14日

コンデンサー

d0138082_3474462.jpg
 S氏にお借りしたコンデンサーを2個パラって1502のローカットフィルターとして使って見ました。おても素直な音です。しかも、温度感があるようです。これはよいコンデンサーですね。気に入りました。

 お借りしたコンデンサーを使う前に0.33mHのコイルで2440の高域をカットしてみました。計算上7,700Hz(6dB/oct)です。コンデンサーは2.2μF(9,000Hz)から徐々に容量を上げていきましたが、どうもバランスが悪い。高域というよりもベースの音が重くなる。
ネットワークって難しいですね。もっと修行しないといけないですね。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-14 03:53 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 13日

楽しい借り物

d0138082_3285879.jpg
 先日、いつもお世話になっているS氏にいくつかのアイテムをお借りしてきました。
0.33mHのコイルと2種類のEL34(6CA7) 松下ととエレクトロ・ハーモニックスの太管とNECの12AU7を1本お借りしてきました。
これらを使って、メインのネットワークの再調整と久しぶりにEL34の聴き比べをしてみたいとおもいます。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-13 23:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 12日

デジアンの聴き比べ

d0138082_10323426.jpg
 昨日、友人T氏のLinfof工房製チビデジアンを加えて1502の調整をしました。
このチビデジアンは事務所のシステムを鳴らすと、Myデジアンに勝るとも劣らない性能を有しているので、期待大です。

 最初はチビデジアンから試聴しました。レベル調整はいつものCandyです。
音の立ち上がりはなかなか良いです。しかし、ドラムスが少しぱさぱさします。レベルと下げると、演奏全体に活気がなくなります。ドライバーとの繋がりがうまくいきません。色々調整しましたが、time upです。
 次にMyデジアンです。改めてCandyでレベル調整です。あれあれ。レベルが低かったようです。3目盛りほどレベルを上げました。音の立ち上がりは、若干チビデジアンの方が良いようですが、重心が下がり、スネアやシンバルの音に厚みが出てきます。
 中域の厚みに違いがあるようです。チビデジアンは、Hifi感が気持ちよいのですが、多少高域にエネルギーバランスが振れているかもしれません。

当面はツイーター用のアンプはMyデジアンでいきます。


が これで全てが解決した訳では、ありません。 
デジアンのS/Nは通常のネットワークを使ったスピーカーでは全然問題ないのですが、高能率ユニットに直繋ぎするとサーノイズが気になります。もちろん日中の爆音モードでは全然気になりませんが、夜中の小音量試聴の際は、音楽と一緒にノイズが聞こえてしまいます。
わが家は山の上の建っていて、夜中は風がない日など、メチャンコ静かなんです。
騒音とは無関係の世界です。唯一の騒音は我がオーディオでしょうか。
そこで、105dB~120dBのユニットに直に繋がれたアンプは、ノイズに対して、大変きびしいです。

 当面、夜中の小音量試聴の際は2アンプ+簡易ネットワークで3Wayないし4Wayで鳴らすことになります。

 それに対して、120dBの2440を鳴らしているにカズアンプはホーンに頭を突っ込んで、ようやくノイズが聞こえる程度です。改めてカズアンプの静かさに、ノイズの少なさを確認しました。まで、市販のアンプも含めて10種類以上のアンプで2440を鳴らしましたが、カズアンプは最もノイズが少ないと思います。それとSONATA op2というチャンデバはの連続可変ボリューム&連続可変クロスオーバーでありながら、ノイズを感じません。しかも音が良い素晴らしいチャンデバです。

 早く、SONATA op2を商品化してくれ~
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-12 23:05 | オーディオ&音楽 | Comments(1)