Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 03日

d0138082_140551.jpg
 お昼休みに、春を捜しながら散歩をしました。お目当てのふきのとうを見つけ、両手いっぱいのふきのとうを持ち帰りました。今晩の夕食に1品加えてもらいます。残りは蕗味噌にします。蕗味噌は家族全員大好きです。これからしばらくは、週に一度、ふきのとうが食べられます。)^o^(
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-03 14:06 | 日常 | Comments(2)
2008年 03月 01日

3Wayマルチ

 今日から3月弥生です。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力だそうです。
 それなのに、金沢は朝から雪です。下界は雨かな。昨日は春を思わせる陽気で、日だまりでひなたぼっこをすると、とても気持ちの良い日でした。三寒四温で徐々に暖かくなるのでしょうが、わが家では、まだまだ薪ストーブが活躍します。
 今日はデジアンを加えて3Wayマルチに挑戦です。本当はEL34ppを使いたかったのですが、EL34ppは現在事務所の2階でサブシステムを駆動中。そして、オーディオルームへ行くには、一旦外へ出なくてはなりません。デジアンは持ち運びが簡単なだけではありません。高域はなかなかのものです。
d0138082_17365175.jpg

 レベル調整はいつものCandyです。始めは2wayです。やはり、シンバルが湿ってしまいます。次は2way+1502で10,000Hz当りから使ってみました。音色や質感に違和感は無いですね。これはこれで良いです。しかし、ピアノの高域が少し粗いかな。次は3Wayで下のクロスは600Hzに固定して、上のクロスオーバー周波数を10,000Hzから徐々に下げ5,000Hzまで下げました。ネットワークのときのような不自然さが無いです。所詮私のネットワーク技術なんて無いに等しいことを再認識。5,000Hzまで下げると、WE IS のデビット・マレイのテナーサックスが少し細い音になります。それに、ピアノが少しカンカンします。6,000Hz当りが良いようです。サックスの質感リー・モーガンのトランペットの音の抜けピアノの質感 どれをとっても良いです。
 試聴盤を嶋津トリオのall kind of ballardsに変えました。この、CDで音合わせをするとバランスがおかしくなりますが、音のチェックには最適です。大変オーディオにシビアな音源です。
おおお。いいですね。岡田佳太のドラムスが吠えまくります。今までよりボリュームを上げてもうるさくありません。MC2500のリミッターランプがたまに点滅します。ピークメーターのブルーの照明があかるくなったり、暗くなったりします。ブレーカーが落ちないかひやひやしながら聞きました。わが家でははじめての事です。

 これは行けます。075+2405とデジアンの相性はイマイチでしたが、1502とデジアンの相性は悪くありません。簡易ネットワークよりも完全マルチの方が良いようです。
改めて、SONATA op2の実力を知らされたような気がします。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-03-01 17:59 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 02月 29日

1502のその後2

 コイルを入れると確かに高域のギラギラ感が無くなるが、音の華やいだ雰囲気が無くなる。
多分んもう少し、容量の小さいコイルが良いのかもしれない。ピアノが痩せた感じになる。
もう少し、調整が必要です。
d0138082_8111034.jpg
d0138082_8112015.jpg

 それと、1502の位置ですが、昨日以前から使っていたツイーター台を撤去し、ドライバーの少し前に置いていたが、どうも音が濁ってしまう。少し、不格好だがツイーター台を戻し、2440と1502の振動板の位置を合わせた。ボーカルがしっかり定位オンマイク的な音像でボーカルが間近いるようです。075+2405では少し引いて音像が出来ます。どちらも良いのですが、CANTATE DOMINOなどは引いて音像が出来た方が、音場が広く感じられ、教会の空気感が伝わってくるようです。

今日で2月も終わりです。そろそろ春がやってくるのかな。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-02-29 08:22 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 02月 28日

1502のその後

d0138082_45249100.jpg

 1502がわが家へ来て一週間が経ち、徐々に1502の実力が明らかになってきた。1.0μFのコンデンサーだけの簡単ネットワークでスタートしましたが、その後2.2μF3.2μFと徐々にカットラインを下げました。それにつれ、中低域が厚く音の輪郭がしっかりしてきました。色んなHPでGAUSS豪快な音と片付けられていることが多いようですが、私の感想は違います。確かに耐入力も大きく音の輪郭もしっかりしているので、そのような一面性はありますが、それだけでは、1502の本当の姿を伝えていると思えません。1502の凄さは前述以外にアンプから出た信号を正確に音として出せることではないかと感じています。1502なりの個性はありますが、その癖は限りなく中庸だと思います。
 075は魅力的な音が出る反面モニターとして使うには、高域に個性を感じてしまいます。そして、高域の伸びが、十分ではないので、我がシステムでは2405が必要不可欠です。
1502は075+2405の帯域をカバーし、より正確に力強い表現が可能です。だた、1502が全ての面で075+2405を越えているかというとそうではない。シンバルのシュワン シュワン というな粉っぽい余韻は075の方が表現がうまい。実際のシンバルの音を美化したような表現だが、オーディオとしては、捨てがたい音である。2405の空間描写力も捨てがたい。1502は横方向の広がりが自然だが、奥行き感は2405に敵わない。1502にはスパーツイーターというグレードアップがお似合いかも。しかし、高品位なスーパーツイーターでないと1502に良さをスポイルしてしまう可能性があるので、要注意である。

 コンデンサーの容量アップと共に高域が物足りなくと思う事がありました。そのため、カズアンプの初段管を見直しました。075+2405にはWE417AでもRCAやレイセオンの5842でもない第3の真空管を使っておりました。これは、当面秘密です。今となっては希少な真空管なので、価格上昇が懸念されるので、当面伏せてきたいと思います。この第3の真空管は見事に075の癖を押え、より075を魅力的に鳴らしてくれました。しかし、1502にはあいませんでした。結果的にはWE417Aが1502の良さを引き出してくれました。高域の情報量と音の明瞭さなど、全ての面で他の真空管より良かったです。不思議なもんです。075+2405の時はWE417Aは一番評価が低かったのですから。真空管の音の善し悪しなんてこんなもんなのかもしれません。あてになりません。

 今の状態でもかなり良いと感じながらも、もう少し1502を低い帯域から使いたいと思ったのですが、これ以上低い帯域から1502を使う時は2440の高域をカットした方が良いと感じていた。3.2μFでも、若干高域に音の荒れ(にじみ)を感じます。
d0138082_4234813.jpg

 そこでSさんに相談。Sさんから0.44mHと0.56mHのコイルをお借りしました。写真左のものが0.44mHのコイルです。1.0mHのコイルをほどいてくれた物で、線材も太く良い音がしそうです。右のものは空芯コイルで既製品の0.56mHです。コイルの容量は線の太さと長さで決まってくるんですね。線材が太いと容量が下がるんですね。電気音痴の私ははじめて知りました。
d0138082_4441236.jpg

早々、お借りしたコイルを使ってネットワークを組んでみました。ネットワークは最も簡単な6dB/octです。2440には0.44mHのコイルを繋ぎ(机上の計算上5750Hz)1502は3本のコンデンサーをパラって4.06μF(4,900Hz)としました。クロス附近のインピーダンスがはっきりしないので、この当りはカットアンドトライしか方法がありませんが、フラットにすればよいというものではないので、聴感で決めて行きたいとおもいますが、現状で、中高域のうるささが無くなりました。行けます。
今後、コイルの容量を替えて2440のカットラインを決定し、コンデンサーの容量で微調整して追い込んでいきたいと思います。
Sさんありがとうございます。しばらくお借りします。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-02-28 04:49 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 02月 27日

ブログの更新ままならず

 ブログの更新がなかなか出来ません。仕事と模型展の疲れとが重なって、少し風邪ぎみです。今はなるべく睡眠時間を長くとるようにしています。
しかし、やることはやっていますよ。書きたいことは山のようにあります。おいおい書いていきたいと思います。
d0138082_8214294.jpg

 キッチンとコラボレーションした今回の模型展も昨日で終りました。来場くださった方、ありがとうございました。
また、秋頃にやりたいと思いますので、ご来場ください。
[PR]

# by okamoto-arch | 2008-02-27 08:22 | もろもろ | Comments(0)