2017年 03月 17日

new事務所アンプ その後

 事務所のアンプはSTEREOのおまけアンプLXA-OT3をLinfof工房さんの素敵な木箱に入れてもの。
そのアンプをもう少しバージョンアップするため、未使用のLXA-OT3をオークションでGETしました。
d0138082_21173773.jpg
落札価格4,000円。定価は3,700円だったんだけど。
開封後さっそく、オリジナルの音を聞いてみました。
d0138082_21210387.jpg
いいね。でも、ちょっとキンキンしている。
新品だから仕方ないけど。


d0138082_21192715.jpg
電源部にコンデンサを入れると音が良くなることは、前回の改造で経験済。
今回もnichicon製470μF50Vの電解コンデンサーパラってみました。
おお。激変!ちょっと大げさだけど、品位がぐっと上がります。
ノイズが減ったような・・とにかく耳障りが良くなります。

先日ケーシングしたLXA-OT3を聞き比べをしました。
おっと、今回のアンプの方が良いかも。
d0138082_10585689.jpg
前回、極太ケーブルを使ったのが、災いしたのかも。
アンプの内部配線は音への影響が大きいから難しいな!
次回は、ケーシング前にケーブルによる音の変化を確認してケーシングします。

暫くこの状態で楽しみたいと思います。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-17 21:29 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 16日

DSDネイティブ再生 RuneAudio

 我が家で可能なDSDのネイティブ再生方法は、SDTrans384だけ。
音はいいけど、SDカードでの運用がちょっと面倒です。

そこで、Raspberry Pi B+を使って、DSDのネイティブ再生が出来ないか挑戦です。

volumio2でも、DSDの再生は出来ますが、DoP(PCM)での再生しかできません。
これでは、高音質化が望めません。



そこで、目を付けたのが、runeaudioです。
ネット上の情報を拾い読みして、情報を集めました。

まず、DSDのネイティブ再生は、v0.4-ベータ 版のみ、対応しているみたい。
私のRaspberry Pi B+ですが、Raspberry Pi 2 B+のv0.4-ベータ版をダウンロードしました。

ダウンロードしたデータを解凍し、microSDカードにイメージファイルとコピーします。
runeaudioは、標準ではI2S出力に対応していないため、PCのエディターでboot/config.txtを開いて、device_tree_overlay=hifiberry-dacの#を外して上書きしてから、ラズパイに差し込んで起動します。

d0138082_21353570.jpg
なんの問題なく、runeaudioは起動しました。
volumioとほとんど同じ画面なので、間違えて起動したかと思いましたが、画面左上にrune audioと表示が出ていました。ほっ!
d0138082_21392024.jpg
MPD CONFIGURATIONの項目で、hifiberry-dacを選び、rebootします。
再起動後、SETTINGの項目のTIMEZONEでAsia/TOKYOを選び、SousesでNASをマウントします。
NASのマウントの仕方はvolumio2と全く同じです。
音楽データーの構築は、volumioの半分くらいの時間で終わりました。
結構優れものかも。
まずは音出しです。
d0138082_20544396.jpg
なんの問題も無く、音がでました。
安定性は、volumioより、上かも。

さて、次にDSDのネイティブ再生に挑戦です。
参考にしたのが、このページです。
d0138082_22210803.jpg
教えに沿って、PUTTYを使って「/etc/mpd.conf」を開き、audio_outputの欄に「dsd_native "yes"」と「dsd_native_type "2"」明記して保存します。
rebootするとなぜか、追記した「dsd_native "yes"」・「dsd_native_type "2"」が無くなって、元に戻っています。
d0138082_22224170.jpg
何度も同じ事を繰り返しましたが、結果は同じです。
念のため、DSDを再生するけど、PCMデーターで出力されます。

うううううう
USB出力で無いと駄目なのだろうか・・・・・







追記
コメントを頂いたkkumaxさんに教わったコマンドを実行しました。
残念なことに、rootユーザーではないようです。
d0138082_08105276.jpg
さて、次の一手が有るのか無いのか・・・・・


再追記
rootユーザーのようですが、なぜだかmpd.confを編集しても、rebootとすると元に戻ってしまいます。
現状では、Raspberry Pi+I2S環境でDSDのネイティブ再生は出来ないようです。
残念です。




[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-16 22:10 | オーディオ&音楽 | Comments(9)
2017年 03月 10日

Grunndig360 その後

d0138082_20304619.jpg
久しぶりのオーディオルーム。
Grundig360の横にRFTの4連を再度バッフルとして置いています。
こうすると、中低域のスケールが増します。
JAZZを今までよりも、いい感じで鳴らしてくれます。
ただ、箱がいい加減なので、なんとかしたいな。






[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-10 20:29 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 08日

volumioの画面 その2

 先日事務所のRaspberry Piにインストールしたvolumio2のバージョンは、0.979-2016-08-20Pi でした。
昨年の夏にダウンロードしましたが、使用しなかったようです。
d0138082_16450224.jpg
バージョンからすると暫定版だったようです。
Volume Options のMixer Control Controlが使えないなど、ちょっと不都合もあります。
d0138082_16501564.jpg
Play Queue は、アルバム写真が表示され、ちょっとおしゃれです。
音的には、悪影響があるかもしれませんが、事務所のシステムでは、不問とします。



最新版のVolumio 2が気になり、Vomumin-2.114.2017-03-02Piをダウンロードしました。

さて、動作するか。
認識してくれないな。
もう一度、SDカードにコピーし直して
おっと、認識したぞ。
綺麗な夕焼けに変わっているぞ。
個人的には、前の写真の方が好きなんだけど
d0138082_20191771.jpg
設定は、ほとんど必要ありません。
Playback OptionsのOutput Devisだけ設定してrebootすれば、音が出ます。
簡単です。

NASの認識もMy Musicから画面を見ながらマウス操作だけで出来ます。
設定が、簡略化され、ハードルがかなり下がりました。

d0138082_20262028.jpg
Software Volume Control で設定できます。
さて、音は出るかな。
d0138082_20294458.jpg
いい感じです。
d0138082_20275021.jpg
以前は、音飛びすることがあった、ハイレゾ音源も問題なく再生出来ます。
ただ、ハイレゾ音源は、少し腰だけになるような気がします。


d0138082_20583707.jpg
設定のAPPEARANCEで画面が選べるみたいです。
ますます、気に入りました。


[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-08 20:19 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 06日

volumioの画面

d0138082_03130291.jpg
 事務所のRaspberry Piは、初期型の1 Model B type
日曜の朝、音楽再生が終わった後、認識しなくなってしまった。
再起動しても認識しない。
ついに、壊れたかなと思ったけど、オーディオルームの
Raspberry Pi Model B+のM-SDカードで起動すると、難なく認識しました。

 
Raspberry Piの故障でなく、メモリーカードが原因でした。
PCに残っていたvolumioをSDカードにコピーして、
事務所のRaspberry Piを起動すると、今までとは画面デザインが違うvolumioが立ち上がった。
 設定のしかたも、少し変わっていたけど、少し設定すると音がでました。
設定項目が減っています。以前は出力クロックを変更出来たのに、無くなっています。

しかし、特に問題ので、良とします。

画面デザインが美しくなり、アルバムジャケットの写真が表示されるようになっていました。
事務所では、主にPCで操作するので、ちょっと楽しいかな。

最新のRaspberry Piは3 ModelB+と言うモデルになっています。
事務所のRaspberry Piは、骨董品か?
オーディオルームで使っているのも、一つだけ新しいモデルの1 Model B+です。
別に不自由はしていないけど、気になるな。

volumioの最新版は?どうなっているのかな
VERSION: 2.114が最新のようです。
以前使っていたのは、1.55だったかな

では、今回インストールしたのは・・・
d0138082_03401754.jpg
CREDITSを見てもバージョンは書かれていないかな
しかし、volumio2となっている。
もうちょっと調べる必要があるようです。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-06 03:42 | オーディオ&音楽 | Comments(0)