2017年 04月 03日

volumioの音源

d0138082_16461373.jpg
 どうでも良いことかもしれませんが・・・・・
事務所のラズパイは、遠く離れたオーディオルームに設置してあるNASの音源をLAN経由で使っています。
今日、音楽データーをUSB_HDDにコピーして、ラズパイに直接つないで音出ししました。

 ほんのわずかですが、音抜けが良く、重心が少し下がり、聞きやすくなりました。
低域も弾むし、
でも、大きな差じゃないですよ。

事務所の音源はUSB_HDDを使うことにします。
遠くのNASより、近くのUSBと言うことでしょうか。


事務所で、良い結果が得られたので、オーディオルームでも試してみます。
オーディオルームにNASを設置してあり、ラズパイと同じスウィッチングハブにつないであります。


さほど、NASとUSB_HDは、差がないと思います。

ちょい待てよ。
2015年1月号のSTEREOに付属していたノイズフィルターES-おt4をHDDとラズパイの間に入れて聴いてみます。
d0138082_20581060.jpg
あらら、これは効果大です。
USBノイズクリーナーを入れると、きめ細やかになります。
外すとざらざらした音に聞こえます。
麻と絹の肌触りの違いに似ています。
オーディオルームのHDの調子が今一なので、新しいHDにすればもう少し良くなるかもしれません。
当面、音源はNASとUSB_HDDを併用します。







[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-03 19:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 29日

new事務所アンプ その後5 オペアンプ2

d0138082_19471605.jpg
 じゃじゃじゃじゃーん。
雑誌のおまけアンプLAX-OT3のオペアンプ用に、OPA627APx2を購入してしまいました。
オペアンプだけで、雑誌の値段とほぼ同じです。(;_;)/~~~
 アンプのオペアンプは2回路タイプなので、シングル回路のOPA627APを使うときは2set+変換基盤が必要です。
d0138082_19532727.jpg
変換基盤に足とオペアンプを半田して、トンビさんからいただいた下駄をはかせて、さっそく視聴です。
d0138082_20023733.jpg

いきなり、多少ドンシャリ気味ですが、メリハリの利いた音が出てきました。
OPA627AUより感度が高いように感じます。音量が上がったような気がしますが、気のせいでしょうか。
最も違うのは、中低域です。
今まで、聞こえなかった音が聞こえるようになりました。
音色やバランスはほとんど変わりませんが。信号の通る経路が太くなったような余裕を感じます。
プラシーボ効果かもしれませんが・・・・・・

仕事場のオーディオとしては音が良すぎます。(^^♪

これで、LAX-OT3の改造は完成とします。


追記 3月31日
OPA627APを使い始めて3日目。
オーディオ的にはAUより、メリハリがおり、音の押出も強く好みの音です。
ただし、仕事場で鳴らすには、ちょっとメリハリが強すぎるかな
APのようにさりげないプレゼンスの方が、仕事がしやすいです。
AUも購入しようかな。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-29 20:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 03月 24日

金沢ヨハネ教会・聖ヨハネ保育園の鉄骨建方

d0138082_18404284.jpg
 久しぶりに、仕事ねたです。
現在工事中の物件の鉄骨建方の様子です。
組み上がるまでは、不安定な作業が続きます。
高いところが苦手な私は、足場の上でさえ、びびっています。
鳶の方は、やっぱり凄い!
完成は8月の予定です。


[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-24 18:45 | 建築 | Comments(0)
2017年 03月 20日

BBQ

d0138082_20404626.jpg
d0138082_20410205.jpg




今日は、今年最初のBBQをしました。
今回は魚介類をメインとしました。
うまかった。


今年は、何回できるだろうか?


[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-20 20:43 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2017年 03月 20日

new事務所アンプ その後4 オペアンプ

d0138082_05295264.jpg
LXA-OT3のもう一つの音遊び。
オリジナルはJRCの4558Dです。秋月電子で8個152円で購入出来ます。一個20円切りです。
オペアンプを購入したことがないので、この値段には安くてびっくりです。

オーディオ仲間のトンビさんに貸して頂いたオペアンプを使って、オペアンプによる音の違いを楽しみます。
d0138082_05591448.jpg
左上から
私でも名前だけは聞いたことがあるMUSES。型番は8920。
秋月電子では480円。
JRCの4558Dに比べると、滑らかで高級な音がします。
聴き疲れしない、良い音です。帯域バランスも私好み(*^_^*)
さすが、480円の事はあります。049.gif


右上は、NE5532Pという型番です。
いくつかのメーカーで作っているようです。
秋月電子ではJRC製の5532DD製品が100円でありました。
こちらは、滑らかで繊細な音です。
シンバルの余韻が美しいです。
空間表現が良いです。
少音量時に魅力を感じます。
音量を上げると、中域が少しうるさく感じます。
MUSES 8920の方が明るく元気な音です。
気分によって使い分けたいと思いました。


左中は、BURR-BROWN製のOPA2134PAです。
秋月電子では300円。
音のバランスはMUSES 8920に近いけど、印象はNE5532Pに近いです。
解像度は、NE5532Pほど高くはありません。
音量を上げても、うるさく感じません。
帯域・バランス・解像度はどれも平均点だけど、今一特徴に欠けるように思う。
でも、悪くない。
4558Dよりも、ノイズが少ないのか滑らかな点は評価出来る。


右中は、OP275Gです。
秋月電子では200円。
BURR-BROWN製のOPA2134PAより少し力強く感じます。
JRCの4558Dと近い印象です。
JRCの4558Dを少しマイルドにしたように感じます。

下段はBurr-Brown OPA627AU(シングル)を基板の表裏に実装した基板です。
秋月電子では、売られていませんが、yahooオークションで3000円から4000円ほどで手に入れることが出来ます。
価格は今までのものとは、別格です。
帯域バランスはNE5532Pに近く、しかしNE5532Pより明るい音です。
響きが美しい点音抜けが良い点は評価出来ますが、でも、他のものより、別格の音と言うわけでもありません。
たぶん、私のシステムでは能力が出しきれていないように思います。
低域は試したオペアンプの中で最も伸びていると思います。でも409-8Eでは確認出来ません。
なので、私のシステムでは、量感が出にくいようです。

実は、基板の状態では、Burr-Brown OPA627AUx2が一番良いと感じていました。
しかし、ケーシングの後の試聴では、MUSES 8920が良かったかな。

一個20円で購入出来る、JRCの4558Dは荒さが少し感じられますが、その分迫力も感じます。
JRCの4558Dの音は、他のオペアンプに無い音で、少し荒いからと言って否定できない音です。

購入するとすれば、Burr-Brown OPA627AUx2かMUSES 8920でしょうか
MUSESには8920の最上級版01・02なるオペアンプもあるそうです。


3月23日追記
ここ数日、Burr-Brown OPA627AUx2がお気に入りです。
不思議ですね。
BGMで聴く場合も、ちょっと真剣に聴く場合も何か惹かれるところがあります。
OPA627x2を購入しようかな。



[PR]

# by okamoto-arch | 2017-03-20 08:15 | オーディオ&音楽 | Comments(0)