Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 06日

仕事場のアイアンストーブ

d0138082_14330146.jpg
 週末2日間ストーブに火を入れなかった週明け月曜日の朝の仕事場は、寒い
こんな日は、細かい建築廃材を多めにくめて、一気にストーブの温度を上げます。
こんな乱暴な使い方が出来るのが、ローテック・アイアンストーブの良いところです。

d0138082_14364057.jpg
 着火時の炎、いきよい良く燃えているときの炎、おきの炎 それぞれ表情が違います。
また、煙突からでる煙の状況も違います。

 着火時は盛大にグレーの煙が出ます。
しかも、臭いもします。不完全燃焼状態です。^^;

 いきよい良く燃えているときも、煙突から煙が見えます。
しかし、臭いはほとんどありません。
完全燃焼に近い状態ですが、木に含まれる水分が水蒸気となって排出されるので、着火事より白い煙となります。
煙の量も減ります。

 おきの状態になると、煙突から、出ている煙は見えません。
水分もなくなり、排出されているのはほとんどが二酸化酸素となっています。
この状態が理想の燃焼です。
吸気口も絞ります。

 如何におきの状態を長く維持するかが、薪ストーブ使いの目標です。
ただ、薪の状態は一定ではなく、樹種も違うので、セオリーがなく自分で経験するしかありません。
建築廃材のほとんどが、針葉樹で、堅木ではありません。
軽い薪は、おきの状態が短いという欠点はありますが、入手しやすく燃えやすく、急激に温度を上げることが出来ます。
空間や使い勝手に合わせて、薪ストーブを選ぶとよいと思います。





[PR]

by okamoto-arch | 2017-02-06 14:59 | もろもろ | Comments(0)