<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

kazzアンプ岡本号の初段管

d0138082_00134146.jpg
4550システムのメインアンプは、低域がKazzアンプ6336Appです。
高域は、Kazzアンプ421Aps 通称岡本号です。
どちらも、友人のKazzさんに作って頂いたものです。
この二つのアンプは、マルチの高域と低域で使われることを想定して作ってもらいました。
6336Appは、MC2500の代打ではないのです。
出力管の6336Aと421Aは、どちらも双極レギュレーター管です。
初段感は、同じ真空管を使っていて、WE421Aに代表される広帯域電圧増幅3極管です。
d0138082_00353326.jpg
私が所有しているのは、4種類です。
左からRAYTHEON5842 NEC6R-H2 WE417A AMPEREX5842です。
どれもほぼ同じ規格で、差し替えが可能です。

6336Appの初段管は、RAYTHEONの5842WAを使っています。
力強く音の輪郭がカチッとしています。
421Apsの初段管は、NECの6R-H2を使っています。
響きが美しいくソフトな音ですが、今回低域のアンプで使っているRAYTHEONに取り替えてみました。
新品なので、エージングが必要です。
1週間後に評価したいと思います。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-30 00:10 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 11月 28日

JBL 4550補強工事再開その10

d0138082_14454369.jpg
じゃ~ん!
ついに補強工事終了です。






補強工事と同時に耐震工事も行いました。

d0138082_15401110.jpg
以前はこんな感じでした。
大きな地震があると、ホーンとドライバーは床に落ちてしまうでしょう。

そこでこんなものを作りました。
d0138082_15421684.jpg
倉庫にあった手持ちの材料で作ったホーンスタンドです。
これは、JBL2440用です。
これよりも、一回り大きなJBL2482用のホーンスタンドと合わせて4台作りました。
統一感に問題がありませんが、私のスキルを考えれば上出来です。
d0138082_15464820.jpg
d0138082_15543025.jpg
2440の上にGauss1502が載せられるようにプチ工夫。
配線を済ませて・・・・







次は

d0138082_15492930.jpg
ウーハーを取り付けて
d0138082_15500238.jpg
背面バッフルを外して、正面から見ると、面白い姿を見ることが出来ました。(*^_^*)







さて、音出し準備が整いました。
d0138082_17201238.jpg
低域のパワーアンプMcIntoshのMC-2500が不調のため、kazzさんの6336App号を使います。
高域は、以前と同じkazzさんの421Aps岡本号です。

さて、どんな音がでてくるでしょうか?
低域は改善されたでしょうか?

期待と不安が交錯しています。




[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-28 21:27 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2016年 11月 26日

JBL 4550補強工事再開その9

4450の補強作業も佳境に入りました。
ホーン部の塗装をします。
マイルスも心配そうですね。

d0138082_20405698.jpg
まずは、パテ埋めをします。
硬化したら、ペーパーを掛けます。
d0138082_20444872.jpg

そしてマスキングして、塗装開始です。
仕上がりを考慮して、スプレーで塗装しました。
オーディオルームの窓を全開にして、掃除機で空中を舞う塗料を吸い取りながら作業をしました。
部屋中、シンナーが広がります。
頭がくらくらする前に外に出て新鮮な空気を吸い込みます。
思ったようには、進みませんでした。
室内でのスプレーは、ちょっと無謀だったようです。
しかし、仕上がりには、満足しています。

d0138082_20502024.jpg
塗り重ねれば、もっと綺麗になると思うけど、その前に私がいかれてしまいそうなので、これで塗装は終了です。

d0138082_20531342.jpg
一気にセッティングと思いましたが、重いホーンを持ち上げるエネルギーが無くなりました。
無理をすると怪我をしそうなので今夜はここまで


[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-26 20:37 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 11月 22日

JBL 4550補強工事再開その8

天板の取り付けが終わり、いよいよ補強工事は佳境を向えています。

エンクロージャー内部の吸音材貼りの準備です。
使わなくなった掛け布団を裁断して裁断部分をミシンで縫って吸音材にします。
d0138082_11562089.jpg
d0138082_10165328.jpg
綺麗ですね。
JBLの内部を日本の伝統的な模様で覆うのも良いかもね。
d0138082_10282599.jpg
先日製作した、不格好なズボンの様な吸音材と厚手のフェルトを使って4550内部に吸音材をタッカーで止めていきます。
タッカーで止めた部分は、へこみとなるので、音が乱反射する事をイメージしながらタッカーを打っていきます。

d0138082_10214194.jpg
結構いい感じでしょ。

残りは、フロント部分です。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-22 10:25 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 11月 17日

JBL 4550補強工事再開その7


d0138082_14582897.jpg
d0138082_14590013.jpg
天板取り付けに作業に取り掛かります。
まずは、カンナで塗装をあらあらと落とし、出っ張り部分を削ります。
次にサンダーで簡単に磨きます。
これで、貼り付け面の準備が出来ました。

d0138082_14595917.jpg
d0138082_15003992.jpg
天板を乗せて、クランプなどで固定方法を検討します。

ホーン部分は天板から、ビス留めするので、先にビスの位置をマーキングして、下穴を開けておきます。
d0138082_05235588.jpg
次に4550の天板にネダボンドを塗ります。
欠けた部分はネダボンドを盛り、へらで平らになるように成型しながら、全体に素早く塗ります。
構造用合板の接着面は、抜け節や割れた部分を重点的に塗ります。
そして新しい天板を乗せ、位置合わせをしてクランプなどでしっかり固定したら、ひたすらビスを打ちます。
d0138082_15012018.jpg
ビス留め所要時間2時間。
作業時間3時間。
片チャンネル無事終了です。
d0138082_15020841.jpg



[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-17 22:52 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 11月 16日

JBL 4550補強工事再開その6

腰の具合が、良くないので、補強作業は中断しています。

d0138082_23325853.jpg

でも、こんな時でもやる事があります。
久し振りのミシン


d0138082_23334194.jpg
およそ25cmx35cmのクッションのような物を4つ作りました。
中に、綿を詰めてあります。




d0138082_23341066.jpg

次に不恰好な短パンのような物を作っています。
掛け布団のカバーをりようしていて、中には、同じく綿を入れています。
d0138082_23342577.jpg
d0138082_23343906.jpg

全部で8個作りました。
今思い出したけど、小学校6年生の時、家庭の評価が通信簿で5だった。emoticon-0136-giggle.gifemoticon-0136-giggle.gif
どうでもいいことだけど^^;



何に使うかわかりますか?
オーディオをやってる人は直ぐにわかると思うけど


d0138082_23352405.jpg

そうです。
4550の内部に貼る吸音材です。
オリジナルは、グラスウールですが、埃が人体に入ると健康に良くないにで、綿に変更します。
音も良いそうです。
これだけでは、全然足りません。

また、時間がある時に制作したいと思います。





そろそろ、腰の状態も良くなってきました。emoticon-0142-happy.gif
次は、天板かな
それとも、内部の改良かな

[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-16 22:12 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2016年 11月 10日

JBL 4550補強工事再開その5

4450の補強作業は、中盤にさしかかりました。
底板の次は、側板です。
役90cm角の板です。
底板と違って、ある程度見栄えも気になる場所なので表からのビス打ちは極力避けたいです。
しかし、しっかり止めなければ、板泣きを起こす可能性があります。
d0138082_11463431.jpg
底板と同じように、エンクロージャーと側板両方に、ネダボンドを塗ります。
貼り合わせたら、クランプで、締め付け、板を密着させます。
クランプが使えないところは、切り貼りをして押えます。

そして、内部からひたすらビスを打ちます。
10cmピッチで打っていきます。
d0138082_11530367.jpg
表と裏から叩いて、空隙がありそうな所をチェックしながら、ビスを増し打ちしていきます。
この作業は、手が短い私には、かなり大変です。
寝転がって状態を浮かして、インパクトを使います。
腹筋を鍛えられますが、それと同時に、腰への負担も大きいです。
一昨日、疲れが溜まったのか、ぎっくり腰になってしました。
側板3枚を取り付けたところで、暫く腰の負担になるような作業は中断します。
d0138082_11450263.jpg
でも、片チャンネルだけ、形になってきました。

この機会に天板の取り付け手順を考えたいと思います。

[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-10 12:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2016年 11月 08日

冬支度 アンコール点検

d0138082_18521779.jpg
天気予報では、明日から冷え込むようです。
そろそろ、薪ストーブの稼働時間が長くなりそうなので
その前に、薪ストーブのメンテナンスを行いました。
リビングのストーブは、バーモンドキャスティング社のアンコールと言います。
今では、数少ない触媒による二次燃焼方式のストーブです。
触媒と二次燃焼室の点検をしましたが、触媒は異常なし。
背面バッフルの耐熱ロープが外れていたので、耐火ボンドで修理して、さぎょう終了です。
ふ〜emoticon-0128-hi.gif

実は、元に戻すのが、大変なんです。
毎年、悪戦苦闘していますが、今年は、20分ほどで、元に戻す事が出来ました。
15年目にして、初の快挙です

事務所とオーディオルームのストーブは、今年もノーメンテです。
と言うか、メンテナンスをするところがありません。




[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-08 18:51 | 鞁筒の自然 | Comments(2)
2016年 11月 07日

冬支度 煙突掃除2016

d0138082_10180966.jpg

今日は、午後から風も止み穏やかな日になりました。
北陸の11月だと、こんな日は貴重です。
d0138082_19330233.jpg
こんな日に、今年の薪ストーブライフを始動しました。
まずは、煙突掃除です。
左がリビングの2重煙突の自在管に付いていた煤です。ごく少量です。
右が事務所のシングル煙突の自在管に付いていた煤です。
ご飯茶碗一杯分くらいでしょうか。

d0138082_19375845.jpg
当然、煙突の煤の量も違います。
左がリビングの煤です。私の拳より一回り大きいです。
右が事務所の煤です。サッカーボールほどの大きさでしょうか。
重さを量ると493gに対して71gでした。およそ1/7です。

事務所の稼働時間は、リビングの1/3ほどでしょうか。
リビングの薪は堅木 事務所の薪は建築廃材
それにしても多いな。
煙道に付く煤の量は、2重煙突にすると少なくなると思います。

オーディオルームの煙突には、今年もほとんど煤がありませんでした。
使用時間が短いけど、ほとんど煤が付かないのはなぜかな?

不思議です。

次は薪小屋で乾燥させた薪を倉庫に入れます。
晴れて乾燥した日がベストですが、今からじゃ、そんな日はほとんどありませんね。






[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-07 19:46 | 鞁筒の自然 | Comments(0)
2016年 11月 07日

JBL 4550補強工事再開その4

d0138082_06091223.jpg
一昨日は、底板の取り付けを行いました。
取り付けに、使う道具です。
接着とビス止めを併用します。
接着剤は、ネダボンド ネダボンドを均一に広げる為のへら
それと、板を押えるためのクランプです。
その他に、インパクト2台と引き寄せ力のあるビスを用意しました。
d0138082_06115892.jpg
スピーカーの底面にネダボンドを塗り、へらで均一に伸ばします。
傷やへこみがある部分は埋めるようにします。
ネダボンドの良い点は、乾燥しても収縮が少く、空隙が発生しにくいからです。
それと、価格が安い点です。
d0138082_06120597.jpg
底板の接着面にもネダボンドを塗り、同じように一様に伸ばします。
裏面はサンダー掛けしていないので、少し厚めに塗りました。
d0138082_06124919.jpg
新たな底板を貼り合わせて、急いでクランプ押えます。
d0138082_06144813.jpg
ホーンの部分は、スピーカー内部からビス留め出来ないので、底板の表からビスで止めていきます。
事前にホーンの形状とビスの位置をマーキングしておきました。
ビスの間隔は縦横共10cmです。
打ち終えたら、4550を寝かせます。
この状態で、4550の重量は110Kgほどです。
失敗したら、大けがです。ちょいと緊張します。
d0138082_06162781.jpg
寝かせたら、スピーカー内部から、ビス打ちです。頭が入らないので、かなり窮屈な体勢でビスを打ちました。
こちらも10cm間隔を基本としますが、適当です。
d0138082_08020692.jpg
4550補強工事一番難関を越えました。emoticon-0109-kiss.gifemoticon-0109-kiss.gif

[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-07 08:08 | オーディオ&音楽 | Comments(0)