<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 28日

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC その後1

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC は、設定カ所が多く、電気音痴の私にはかなりハードルが高い。
やなさんに教えて頂きながら、調整を進めています。


私の覚え書きのため、現在の基本設定をここに明記しておきます。

1)入力PCMのシリアルフォーマット設定を32/16bit I2Sに
2)出力PCMのシリアルフォーマット設定を32bit I2S
3)DSDはPCMより3dB下げないとピーク時に音が歪む仕組みなので、ゲインを下げる必要があります。
  DSD入力なら、DSD in Gainを-6dBに、
  DSD出力なら、DSD out Gainを6dBに、設定します。
4)PCM 768KHz出力時は、外部クロック45/49MHzに。
  22/24MHzだと、384KHzとして出力されます。
5)DSD 12.2Mの時、ノイズが乗るようであれば、内蔵クロックの24Mを使用。
  DSD 12.2M 45/49MHzの動作は、かなりシビアなため、ノイズ対策などの技量がいるようです。

上記の設定にする事により、PCMは768kHz DSDは12.2MHzの再生が可能となりました。
この数字、凄すぎます。

d0138082_21271524.jpg
d0138082_21260497.jpg
d0138082_21254788.jpg

圧巻は外部クロック45/49MHzのPCM 768KHz出力時の音です。
昨日、清らかな音とコメントしましたが、外部クロック45/49MHzを使うと、重心がさがり、安定感が増したように感じました。
これは、良いです。
CDだからといって、44.1kHzにこだわっている人がいますが、この音を聞けばその差は歴然です。
昔、PCでハイサンプリング化した音は、聞けた物ではありませんでしたが、AK4137EQ P2Dでの、ハイサンプリングされた音は悪くなる部分が感じられません。

DSD再生も、出力ゲイン調整によって、とても良くなりました。
PCMとの差も小さくなり、出力フォーマットをどれにしたらよいか悩みそうです。
我が家の環境では、DSD5.6以上は、ほとんど違いがわかりません。
DSD本来の色づけのない自然な音だと思います。

d0138082_21253493.jpg
メインシステムは休止状態なので、サブシステムで試聴をしています。

ラズベリーパイにとって、リクロック作用もあるAK4137EQ P2Dは鬼に金棒的装置だと思います。




[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-28 22:02 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 11月 27日

やなさん AK4137EQ P2D & AK4490S dual mono DAC始動

d0138082_13440841.jpg
やなさんAK4137EQ P2DAK4490S dual mono DAC の音だし成功。
待ちに待った旭化成のAK4137EQを使ったP2Dで音だし成功です。
ラズベリーパイB+で、96kHzにアップサンプリングされたデータをAK4137EQ P2Dに送ります。

AK4137EQ P2DはPCMデーターを再サンプリングしたり、DSDに変換したりまた、その逆も可能です。
d0138082_13525714.jpg
PCM768kHzにもDSD5.6Mに変換出来ます。
DACは、旭化成のAK4490Sを2個使ったdual mono構成のDACです。

PCMとDSDでは、音が違います。
清らかなPCMと音の線が太いのDSD
音の違いが、P2Dによる物なのか、DACのよる物なのかはわかりません。
でも、PCMの音は解像度が高く、清らかで蒸留水のごとく、味付けを感じません。
PCMもこんなに音が良かったんだ。emoticon-0102-bigsmile.gif
今まで聞いた、最も良いPCMの音かもしれません。
この組み合わせは、PCMが良いかもね。


DSDの音の評価は、次回、DACを原理基板に替えて、評価します。
同時にFN1214A P2Dとの音の比較をすれば、おおよそ、AK4137EQ P2Dと AK4490S dual mono DACの音がわかると思います。


プッシュスイッチ接続部の写真をアップします。
d0138082_11553343.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-27 14:39 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
2015年 11月 25日

やなさん AK4137EQ P2D基板配布開始

やなさんがAK4137EQを使ったP2D基板の再配布を始めました。

興味のある方は、急げ!

[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-25 07:35 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 19日

JBL 075 ドレスアップ

16Ω075に比べて、8Ω075は、美しくない。
8Ωの075はエンクロージャーのバッフル板に取り付けることを前提としたデザインとなっている。
d0138082_19255120.jpg
16Ω075の機械的な美しさに比べると
なんとかならないものだろうか・・・・・・・・・




8Ω075のバッフル板を外すと
d0138082_19314128.jpg
結構、いけてるルックスに変身します。
このデザインに似合うスタンドを制作しなくては


金属加工の技術も機械もないので、木を使うしかない。


自分で加工出来るデザインを模索して、結局は良くあるデザインになってしまった。


素材は木だが、イメージは金属。
d0138082_08205325.jpg


d0138082_21325869.jpeg

プラシーボ効果だと思うけど、音が良くなったような気がします。

[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-19 19:45 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 11月 18日

やなさん AK4137EQ P2D と AK4490S dual mono DAC

d0138082_17435895.jpg
やなさん AK4137EQ P2D と AK4490S dual mono DAC です。
AK4137EQは旭化成の最新チップです。

さて、間違えずに接続できるかな。



[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-18 17:52 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 10日

やなさん AK4137EQ P2D基板配布開始

やなさんがAK4137EQを使ったP2D基板の配布を始めました。

興味のある方は、急げ!



追伸
AK4137EQを使ったP2D基板
売り切れました。
次回配布は、11月後半だどうです。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-10 16:48 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 11月 08日

パッシブアッテネーター

d0138082_18230320.jpg
夏頃、とんびさんに頂いた50kΩ 2連ボリュームを使って、パッシブアッテネーターを作りました。
このボリュームは抵抗を切り替える方式で、抵抗はDaleの1/8Wのようです。
ボリュームによって音が変わると聞きますから、興味津々です。
パッシブアッテネーターは、ノイズが気になるけど、電気音痴の私には電源のないので、助かります。
内部配線は、信号線にWEの単線をグランド線にOFCの銀メッキ線を使いました。

ケースは薄いアルミ製の市販品にウォールナットの善板を取り付けました。
これだけで、ちょっと高級感が出ます。
ウォールナットの化粧板は、フローリングの見本を使いました。
厚さ15mmのフローリングを電気かんなで削り、片面を曲面に仕上げています。
ボリュームのつまみは、アイアンウッドにしました。
d0138082_18220648.jpg
まずは、動作チェックです。
linfof工房のアンプとDACの間で使ってみました。

ノイズが少し減り、なんだか音が良くなったような
プラシーボ効果かな(*^_^*)

気を良くして、もう少し手を加える事にしました。
ホームセンターで2.6mmの化粧ボルトを探しましたが、見当たらず3mmの六角ボルトを購入しました。
タップ切り直しして、アルミケースに黒のつや消し塗装をしました。
ちょっと高級感がアップしたでしょうか?

d0138082_18280532.jpg
これで、ボリュームの無い、パワーアンプが使えます。(*^_^*)




[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-08 18:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)