<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 29日

仕事場の音楽事  JBL L44 Lancer with 075

d0138082_13442921.jpg
仕事場のシステムを再構築し始めて、どれくらいたっただろうか。
ドイツのビンテージユニットを聞き始めたのが発端だが、同時に、家庭の事情なども微妙に絡んでいる。
実は、息子1が高校受験を迎え、勉強部屋の横にあるオーディオルームで爆音を鳴らせない。
となると、なるべく仕事部屋で良い音で聞きたいという欲求が湧いてくるのである。
今までは、少~中音量で良かったが、これからは少~大音量までをバランス良くならさなくてはいけないのである。
しかも、少音量時は、仕事がしやすい音で鳴り、しかも細部は明瞭で無くてはならない。
中大音量時は、オーディオルームで求める音楽の楽しさを再現できなくてはならない。

これは、かなり難しい要求です。

Grundig360とRFT L6506で色々試してきましたが、私の試作したシステムでは、少音量時に低域がやせてしまいます。

RFT L6506x4は大音量時は、とても魅力的に鳴ってくれます。フルレンジ4発のエネルギー感と立ち上がりの早さは
特質すべき特徴です。

Grundig360は、中程度の音量で聞くとバランスが良いです。少音量時も大きくバランスが変わりませんが、大音量で
鳴らすと、解像度が落ちるというか、ユニットのキャパを超えてしまうようです。

L44は、少中音量時のバランスがよく、075を追加することによって、高域の不足感もなく、解像度もよいです。
大音量では、少しうるさく感じるところもありますが、聞けないことも無いし、少中音量時の再生が良いので、
現時点でのもっともバランス良く要求を満たしてくれている。
それと、JAZZ好きの私に合っているというか、ずっとJBLを聞いてきたので、メインシステムの代用にはちょうどいいのかも

と言うことで、RFTとGrundigは仕事場から、退散してもらいます。

最後に今日の音です。いろんなJAZZを掛けてみました。
仕事中は、もう少し小さい音でならしています。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-08-29 13:46 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2015年 08月 22日

iPhone6の録音環境 その2

d0138082_13062991.jpg
ステレオミニジャックの延長ケーブルを購入しました。
メーカーはマイクと同じaudio-technicaのAT645L/0.5です。
d0138082_13095028.jpg
ジャック部分はアルミ製で、なかなかの質感です。
ピンジャックの付け根の黒い部分が細いので、iPhoneをiFaceに入れたままでも、ジャックが刺せるのではと期待して購入しました。
ちょんと、刺せるかな。
d0138082_13180851.jpg
ばっちりです。
d0138082_13191938.jpg
何年も前に、TOTOさんからいただいた、フレキシブルクリップを使って、マイクを固定。
これで、iPhoneの録画環境が整いました。003.gif003.gif003.gif



[PR]

by okamoto-arch | 2015-08-22 13:21 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2015年 08月 20日

iPhone6の録音環境

d0138082_09521499.jpg
こんなことをしたくって、こんなモノを購入してみました。
d0138082_09540599.jpg
audio-technicaのAT9910というステレオコンデンサマイクとダイソーで購入のスマホスタンドとスマホの端子を汎用マイクとヘッドホンに振り分ける変換アダプターです。
iPhoneに直接接続出来るマイクはありますが、価格と満足度のバランスが悪いのと、デジカメでも使いたいので、汎用のマイクを使うことにしました。
変換アダプター購入の際に、yuotubeの動画を参考にしました。
ここで、紹介されているSSA ST35-SM35Fは、安くて良いけど、作りが悪いので、スターテック.com ヘッドフォン/マイク用ヘッドセット対応アダプタ MUYHSMFFを購入。

物が揃ったところで、さっそく試し撮りをしました。
動画では、ヘッドホンを接続しないとマイクを認識しないと言っていましたが、無くてもマイクは認識してくれました。
しかし、iPhone6のマイクより、音量が小さい。
ケーブルに抵抗が入っているのかな。
ううう残念。SSA ST35-SM35Fなら、問題なかったのかな・・・・^^;

ダメ元で、AT9910をiPhone 6に直接つないでみました。
あれ、ちゃんと認識します。
試し撮りをすると、音量も十分です。
このマイクだと変換ケーブルが不要なの?
それとも、iPhoneかOSの仕様変更があったのかな?

とりあえず、AT9910を接続して動画を撮影してみました。
最初はマイクなし、2番目がマイクありです。




違いがわかっていただけましたでしょうか。
iPhoneは本体の底に、マイクがあるので、直接音を収録しにくく、間接音が多くなります。
自分の環境では、マイクを付けた方が、実際の音に近いと思いので、マイクを使って録画する事にします。

もう一点、問題があります。
普段、iPhoneはケースに入れて使っています。
d0138082_10453950.jpg
おっちょこちょいの私には必需品ですが、ケースに入れているとマイクが刺せません。
変換ケーブルは、ケースに入れていても、刺せるのですが・・・・^^;
d0138082_10525904.jpg
ジャックのプラスチック部分の太さが違う。変換ケーブルは6.5MM。マイクは9MM。2.5MMの差なんだけど。
出来れば、今使っているiFaceを使いたいので、ジャックのプラスチック部分が細い延長ケーブルを物色しなければ・・・・



[PR]

by okamoto-arch | 2015-08-20 13:10 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 08月 07日

仕事場の音楽事情


d0138082_22041643.jpg
RFT L6506 4発をオーディオルームから事務所へ移動。
何ヶ月ぶりかな。
d0138082_21183434.jpg
置き場がないので、まずは、Grundigの両脇に置きます。

エネルギー感が凄い!
中高域の音の密度が濃い!
でも、低域がバスレフっぽい^^;

次に、Grundigをどけて、RFTの間隔を少し狭めます。
音抜けと音の立ち上がりは抜群によい。
でも、低域に粘りがない。

と言うことで、Grundigを一台挟んでRFTを両脇に
低域が充実するけど、少し、音が濁るようです。
でも、悪くない。

GrundigとRFTの間を少しあけてみる。
いいんじゃ無いかな。
充実した中域に見合った低域になってきたぞ。



高域が少し音が細いので、リボンツイーターから075に



いいよたぶん



追伸 8月12日
d0138082_08390226.jpg
075のローカットフィルターのコンデンサーを今まで使っていたSPRAGUE製1.0μFからGEの2.2μFに変更した。
クロスは約10,000Hz。
どうも、1.0μFから2.2μFの間に最適な値があるように思う。
現在は少し075の個性が勝ちすぎているようなきがする。シンバルやスネアは気持ちいいんですが・・・・
でも、このシステムのメインはRFT L6506。
いかにRFTの能力を最大限に引き出せるか。

もっと実力はあると思う。



追伸 8月13日
d0138082_07244140.jpg
どんなバランスで鳴らすのが良いのだろうか。
コンデンサをGEの0.68μFに変更(計測値は0.62μF)

やっぱり、おまえが一番。
偶然思うけど



[PR]

by okamoto-arch | 2015-08-07 22:30 | オーディオ&音楽 | Comments(4)