<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

仕事場の音楽事情

d0138082_04222160.jpg
しばらくお休みしていたGrundigを、昨日から事務所で再稼働。
L44も、いいけど。

なぜ ・・・・・
なぜかな・・・・・・

改めてGrundigを鳴らして、気がついた。
Grundigにあって、L44に無い物。

音の立ち上がりの早さ
音の飛び
でしょうか。
Grundigが、奏でる音はホーンに近い。

Grundigの堀の深いホーンのような形状のコーンによるものだと想像しています。

L44も、少ししっかりした台に乗せれば、改善できるだろうけど・・・・・
もちろんL44には、Grundigに無い物がある。
要は、どちらもいいけど、2つの個性は、フルレンジというシンプルな構成であるがゆえ
互いの良さを取り入れようとすると、本来の良さを失う結果になる。

2つのシステムをどのように同居させるか
もしくは、2つの個性を超えた新たなシステムを構築するか
今後の課題である。


なぜ、昨日Grundigを鳴らしたか
実は、ツイーターのローカットフィルターに使うコンデンサを入手したためである。

d0138082_07431102.jpg

今までは、0.68μFのコンデンサを4個パラって、使っていました。
このコンデンサはGE製ですが、私が、最も信頼しているコンデンサです。
スピーカーのネットワークやチャンデバに使っています。
このコンデンサは、以前オークションで購入したものですが、今は入手が困難です。どこかに売ってないかな。
海外に、似ているコンデンサを見つけましたが、私が購入した5・6倍の金額で売られているので、購入する気になれません。

ということで、もう少し容量の大きなGE製のコンデンサを探していたら、以前からお世話になっているバンテックで、2.2μFのGE製のコンデンサを見つけました。
耐圧も600VDCと同じだし、コンデンサのデザインも似ているので、勝手に同じシリーズの容量違いだろうと言うことで4個購入しました。
d0138082_05294260.jpg
GEのコンデンサと一緒に、SPRAGUE製1.0μF 630VDCも4個ゲット
GEもSPRAGUEも桁違いに大きいです。



d0138082_05350357.jpg
今回、上記のコンデンサ以外にも色々買い込んでいます。
この大半は、とある方に送って、あるモノを製作して頂くために使われます。

さて、どんな音が聞けるかな



[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-31 04:24 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2015年 07月 28日

やなさん AK4490 DAC デュアルモノ  

d0138082_12360355.jpg
やなさん設計 AK4490 DACデュアルモノを聞いています。
シングルDAC(ステレオ)基板を2枚使い、ディップスイッチにより、シングルとデュアルモノの切り替えが出来ます。

AK4490は旭化成の新しいICだそうで、PCMもDSDも再生出来る優れものです。

再生環境
ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL → プリ となっています。

P2DはPCMをスルーすることも出来るし、PCMをDSDに変換することも出来るし、AK4490DACと組み合わせるとPCMもDSDも両方の音を聞き比べることが出来るというわけです。
DSDの試聴では、ALIX→UDA→P2D→原理基板→221アンプやラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHALとも聞き比べしました。
おのおの少しずつ違いますが、そんなに大きな差はありません。
どれも、完成された音です。

大きな違いは無いけど、音の太さは少し違います。
太い順に、
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
音抜けが良いのは
1.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D → AK4490 DACデュアルモノ → LUNDHA
2.ラズベリーパイB+ → FN1242A P2D →原理基板→LUNDHAL
3.ALIX→UDA→エレアトP2D→原理基板→221アンプ
でも、大差ないんだ。
ブラインドテストしたら、わからないだろうな。

DSDは、音の差が出にくいのかもしれません。
どれも、フィルターを通しているだけだからかな。

このままじゃ、AK4490 DACの存在意義が、あまりない。emoticon-0106-crying.gif
実は、AK4490 DACの最大の魅力は、PCM再生です。
DSDと比較しても、甲乙付けがたい。
DSDの音と違いは、あるけど、今まで聞いたPCMのドンシャリ感は無く、明るめのニュートラルな音という印象です。
切れ、解像度が良いが、それが耳に付くことがなく、自然な音です。
スパッと音が出てきます。

AK4490はPCMに相当こだわりがあるようで、PCMの為の設定がいくつもあります。
資料をみてください。

上記の性能は、やなさんのAK4490 DACの場合、2つのディップスイッチによって制御されています。


AK4490 DACのSW設定
SW1
1,2:入力切替
0,0=PCM
0,1=DSD
1,X=オート(INコネクタの11ピンがLOW=PCM、HIGH=DSD)
3:DSDの左右CH指定(ディアルモノ時のみ有効)
0=DSDL、DSDR
1=DSDR、DSDL
4,5,6:PCM入力フォーマット
0,0,0=16bit後詰め
0,0,1=20bit後詰め
0,1,0=24bit前詰め
0,1,1=24bit I2S
0,0,0=24bit後詰め
0,0,1=32bit後詰め
0,1,0=32bit前詰め
0,1,1=32bit I2S
7,8:PCMディエンファシスフィルタ
0,0=44.1KHz
0,1=OFF
1,0=48KHz
1,1=32KHz

SW2
1:超スローロールオフフィルタ
0=ノーマル
1=超スローロールオフフィルタ
2,3:デジタルフィルタ
0,0=シャープロールオフ
0,1=スローロールオフ
1,0=ショートディレイシャープロールオフ
1,1=ショートディレイスローロールオフ
4,5:音質フィルタ
0,0=サウンド1
0,1=サウンド2
1,0=サウンド3
1,1=リザーブ
6,7:DSDフィルタ
0,0=50KHzハイパススルー
0,1=リザーブ
1,0=50KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
1,1=150KHzハイパススルー&ボリュームバイパス
8:デュアルモノ指定
0=シングルDAC
1=デュアルモノDAC
※0:OFF、1:ON

現在、このDACは一般配布されていません。
でも、この実力ならば、是非配布して欲しいです。
みんなで、やなさんに配布希望のメッセージを送りましょう。

29日追記

AK4490DACの優れているとこを発見。
特にPCM再生時はS/Nが良い。AK4490DACの後に原理基盤を聞くとノイズが気になる。
配布を熱望します

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-28 13:07 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2015年 07月 25日

おいしい一日。

d0138082_04073948.jpg
今日は森中サッカー部3年生のBBQでした。
朝6時から、準備開始。
まずは、ピザ生地作りです。

d0138082_04074489.jpg

その後プラント3へ買い出し。
参加生徒のご父兄のご厚意でご実家の能登和牛が届きました。
「ハナクソ」ほどと言うことでしたが、牛・豚あわせて3kgも
d0138082_04195449.jpg
会場設営終了
d0138082_04353228.jpg
ナナフシは、子供達の襲来に備えて、逃げだそうとしているのか、
子供達を迎えようとしているのか

d0138082_04074740.jpg
肉・魚介類・ピザ・ピラフ・サラダ
焼き場は大変です。
d0138082_04354063.jpg

あっという間に、食事終了。
今度は、朝日小学校のグランドでサッカー

そして、これまた、ご父兄から頂いたスイカ
メチャうまい。
でも、子供達はあまり食べない。
今の子供は、スイカを食べないのか
どうなんだろう。

d0138082_04075230.jpg
夕方、友人から大きな岩牡蠣を頂きました。
20秒ほどボイルして、お刺身で
あっさりしていて、これまた、うまい。

今日は一日、食べ続けていました。(*^_^*)



[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-25 23:42 | もろもろ | Comments(0)
2015年 07月 20日

Lancer L44 with ツイーター選び

d0138082_10505406.jpg
d0138082_09211108.jpg
d0138082_10505673.jpg
d0138082_09211460.jpg
さて、どっちにしようか



7/22追記
075を使い始めて、2日経過。
いいみたい。
帯域が広がって、中域が希薄になることもなく、LE8Tの特徴をそのままに、中低域の解像度が増し、全体のクオリティーが上がったような印象です。
ローカット用のコンデンサはロシア軍放出0.27μFのフィルムコンデンサです。
このコンデンサ、ちょっとうるさいコンデンサなんだけど、075と組み合わせると、しっとりした音になる。
組み合わせの妙です。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-20 10:51 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 07月 20日

羽蟻

d0138082_03410743.jpg
 夜中に仕事をしていると、ぱちぱち壁に何かが当たる音がした。
オーディオが置かれている打ち合わせスペースへ行くと、何匹もの羽蟻がいました。げげっ。
でもシロアリでなくて、良かった。 ホッ

ドアに目をやると、かなりの数の羽蟻の姿が映っていました。げげげっ。
iPhoneをもって別の出入り口から、仕事場のドアへ行くと・・・・
気持ち悪くなるくらいの無数の羽蟻が。
iPhoneで照らすと、あっという間に、よってきました。げげげげっ。



クロアリは、害虫ではないので、得に心配する必要がないが、家の中に入ってきては困る。
申し訳ないけど、侵入者は、死んでもらうことに。
羽蟻は大小2種類
大きい方は、9mmほど
小さい方は3mmほど
たぶんクロアリだと思うけど

夜中に仕事をしたために、光に誘われて立ち寄ってしまったようだ。
なんか、申し訳ないな。

ちょっと調べてみると、クロアリはシロアリの天敵だそうです。
だとすると、家の周りにすんでもらった方が良いのかな
今もいくつかクロアリの巣がある。

ここらは、昆虫たちが、我々より先に生活していた場所。
私が引っ越してきて、たかだか16年。

昆虫たちに敬意を表し、昆虫のことをもっと知って、人間と昆虫の共存に心がけよう。

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-20 04:04 | 建築 | Comments(0)
2015年 07月 14日

JBLとAltec

d0138082_21021044.jpg
JBLとAltec 共存させようかそれとも・・・・・
悩ましい。
コーナー型のエンクロージャーにLE8TとPR8マウントしてみるのも良いかも。




妄想中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-14 21:10 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2015年 07月 11日

JBL L44 Lancer その後

d0138082_14474668.jpg
土曜の午後。今日は真夏のような蒸し暑さ。
仕事をしながら、JAZZを聞いています。
L44も徐々に調子を上げてきています。
30年来、JBLでJAZZを聞いてきたせいか、私にはJBLが合うようです。
邪道だけど、ツイーターを追加して、暑さを押えています。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-11 14:52 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 07月 09日

JBL L44 Lancer

d0138082_13395355.jpg
仕事場のシステムを模索中です。
今のままでも良いのだけれど。
ちょっと真剣に音楽を聴く時、もう少し良い音で鳴って欲しい。
仕事中に真剣に音楽を聴くこと自体、ナンセンスなんだけど。

でも、良い音だからといって困ることも無いと思うので・・・・・^^;

今日は、JBL L44 Lancerで音楽を聞いています。
このL44は、のだっちさんから譲っていただいたもの。
ユニットは、有名な20cmコーン型フルレンジスピーカーLE8Tと20cmコーン型パッシブラジエーターPR8です。
メインのマルチシステムが泥沼にはまった時に使用する、我が家のスタンダード。

残念なことにネットがありませんが、山水の箱と違ってこちらは布ネットなので、簡単にネットが作れそうですが。

普段使っていないので、本調子まで、1・2日かかりそうですが


とりあえず、今日の音です。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-09 15:37 | Comments(0)
2015年 07月 06日

iphone6にしてけれど

d0138082_23482910.jpg
iPhone 5からiPhone 6に、機種変更。
だけど、微妙。
質感・ホームボタンのクリック感は、5の方が好きだな。
ケースは今回もiFaceなので、見えなくなってしまうが、カチッとした質感の5の方が高級感がある。
iPhoneの入っていた紙の箱も5のほうが、できが良い。
一昔前の中国の模造品みたい。

6Sの発売を持った方が良かったかな。

[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-06 23:59 | いろいろ | Comments(0)
2015年 07月 05日

草刈り機

 3週間前の話だが、16年使い続けた草刈り機をちょっとしたミスから壊してしまった。
草刈り作業終了後、車の後ろに草刈り機を置きっ放ししてしまい、そのことをすっかり忘れて、車をバックさせてしまった。

車が何かに乗り上げても、草刈り機だと気づかず、前タイヤでも引いてしまった。
d0138082_21004456.jpg
プラグが折れ、ガソリンタンクが外れ、カバーの一部も割れていた。
ハンドルの裏側もへこんでいる。
購入当時、ホームセンターで最も安価だった商品で、9,980円で購入したのを今でも覚えている。
よく、16年間も働いてくれたものだと感謝しつつ、次なる草刈り機を物色していました。



今朝、不燃物として捨てるために解体しようと思ったが、よく見ると、エンジンへのダメージが無いようだ。
車でひいてしまった時は、ショックと、タンクもとれてプラグも折れ写真より、ずっと悲惨な状態だったので
動くなどど考えもしなかった。
しかし、見れば見るほど、エンジン周りは、奇跡的に損傷がすくない。
キャブレーター周りも問題なさそうだし・・・

もしかして、動くかもしれない。
タンクとエンジンの間のチューブを繋ぎ、スターターを軽く引くと、コンプレッションも問題なさそうです。
d0138082_21133856.jpg
折れたプラグの代役にチェーンソーのプラグを取り出すと、BOSCHの文字が。
さすがに、STHEIL 抜かりがありません

折れたプラグとは規格表示が違ったが、見た感じはかなり似ているので、BOSCHのプラグを草刈り機に取り付けて
スターターのロープを何度か引くと、エンジンがかかりました。

ありがたい!めちゃうれしい。罪悪感から解き放たれた。

あとはタンクの固定方法。
タンクを固定していた、スターターのカバーが曲がってしまい、タンクを押さえきれない。
そこで、スターターのカバーにアルミアングルを取り付けて、タンクを支えることにした。
d0138082_21190260.jpg
なかなか、良い案配です。
これで、完全復活です。

夕方、ホームセンターへプラグを買いに行ったら、なにやら面白そうなものを見つけて衝動回してしまった。
d0138082_21132777.jpg
プラグと草刈りの時に身につける汚れ防止のサロペットはわかるとして、オレンジ色の熊手のようなもを、購入した。
何かわかりますか?

これは、ナイロンロープを使って草刈りをする時に使うモノ。
これを草刈り機の先端部分に取り付けることにより、ロープの先端部分が草に当たるため、ロープの遠心力がフルに使え
作業効率が上がり、燃費もよくなるという代物です。

さっそく、草刈り機に取り付けてみました。
こんなもので、本当に効果があるのか、心配になりますが、理論的には納得できる。
d0138082_21285214.jpg

ヘルニアが再発して、腰が痛いけど、好奇心を押さえることが出来ず、プラグを交換してエンジンスタート。
プラグが新しいくなったためか、直ぐにエンジンがかかりました。
以前より、調子がいいかも。emoticon-0102-bigsmile.gif

さっそく、草刈りを始めました。

これ、確かにいいです。笹も切ることが出来ます。
細めのくずのツルも切ることが出来ます。


成長した雑草を刈るには、チップソーの方が、良いのですが、我が家は障害物も多いので、チップソーでは、刈り残しが多くなります。
今までは、チップソーで刈った後にナイロンロープに付け替えていましたが、これからは、長期間草刈りをさぼらなければ、ナイロンロープだけでも大丈夫そうです。

ナイロンロープを使って草を刈っている方は、購入を検討されてはいかがでしょうか。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-07-05 21:39 | もろもろ | Comments(0)