Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 29日

RFT L6506

d0138082_14532896.jpg
暇暇を見つけて作業していた、RFT L6506 4連スピーカー片チャンネルの試作が完成しました。

楕円の開口を開ける作業は、やっぱり大変でした。
d0138082_14504692.jpg
まずは、型板作り。
友人の大工さんに、借りた卓上糸のこを使います。
日立のFCW40SWという機種を使いましたが、とても使いやすいと思いました。
ど素人の私でも、Grundig360の型板よりずいぶんきれいに出来上がったと思います。
d0138082_14525972.jpg
大きい型板は、今回作ったGrundig360用 小さい方が、RFT L6506用です。
今回は、型板にポリ合板を使いました。型板とトリマーの摩擦を押さえるためです。
型板の小口もきれいにペーパーで磨きます。
この作業は開口の形を整えるだけでなく、トリマーのガイドとの摩擦を押さえ、穴開け作業をスムーズに行うためです。
この2点が、前に作ったGrundig360からの、改善策です。

あとは、この型板にそって、トリマーで2mmづつ掘り下げて行きます。
バッフル板は、20mmのランバーコアなので、10回の作業で貫通します。

慣し運転を始めたばかりなので、低域があまり出ません。
もうしばらく、この状態で鳴らしてから、箱の形状を考えたいと思います。

一応、現状の音をアップしておきます。






[PR]

by okamoto-arch | 2015-05-29 07:49 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2015年 05月 21日

GRUNDIG360その後4

d0138082_07381050.jpg
 縁あって、Grundig のオーバルタイプのツイーターが手に入りました。
ちょっとコーン紙に穴が空いていましたが、コーン紙の裏から、修理。
問題ないようです。

 RFTのツイーター(10cmΦ)に比べると、大きい。
ツイーターと言うより、スコーカーって感じの大きさです。
エッジの内側で15x10cmです。
どうでも良いことなんですか、2個並べると、人の顔に見えます・・・・^^;

さて、どんな音かな・・・・
見た目同様、私のイメージする高域と言うより中域が充実します。
これ、いいな。
中低域の余韻が美しいので、ギターやチェロの演奏がとても良いです。
やはり、メーカーの音というのが存在するんでしょかね。
Grundig 360に組み合わせるツイーターは決まりました。
すっきりした!




ピアノの演奏です。


バイオリンの演奏です。

ギターの演奏です。

いいでしょ!

[PR]

by okamoto-arch | 2015-05-21 08:39 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2015年 05月 21日

d0138082_06014627.jpg
我が家から、100mも歩けば、片手に持ちきれないほどのワラビを摘むことが出来ます。
この時期のワラビは、少し堅くなってきているので、誰も取らないのか、3日おきにワラビを取りに行っても、空振りなしです。
大好物のワラビご飯を週に一度は頂いています。(*^_^*)





d0138082_06073950.jpg
さて、昨日、アイアンウッドの端材でちょいとお遊びを
堅いアイアンウッドを自由錐で40Φの穴を空ける写真ですが、煙が出てきました。
やばい。刃が切れなくなってきました。

d0138082_06101640.jpg
ばりをとり、やすりとペーパーでざっくり磨いて半分に切りました。
何に使うと思いますか・・・・






d0138082_06115599.jpg
物干し竿を取り付ける為の受け材を作りました。
ちょっとだけ、妻の点数稼ぎをしました。(*^_^*)






More
[PR]

by okamoto-arch | 2015-05-21 06:15 | 建築 | Comments(0)