<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 27日

4550 & バチ子 2

昨日から今日にかけて、4550もバチ子を調整したので、その記録です。

写真は4550に使う予定のウーハーの集合写真です。
d0138082_531168.jpg

お借りしているものも含めて7ペアーです。
なかなか見ごたえがあります。

その内訳は、D130 130Ax2 2220Ax2 2220B Gauss4583ADWです。

オークションで入手した2220Ax2と130Aの動作チェックも兼ねて
今まで使っていた、D130+130Aを取り外した。
d0138082_5521817.jpg

まずは2220Aのダブルで音だし
次に上段を新たに入手した130Aに交換
いずれも動作OKです。
よく見るとわかると思いますが、センターキャップがつぶれていたり
コーン紙にシミがあったり
そのおかげで、かなりお値打ち価格で入手できました。
8年くらい前にも2220Bを入手したことがありましたが、その頃はペアー7万ほどでしたので
今は半分くらいの値段です。
大物を使う人が減ってきたのか、2220の人気がなくなったのか・・・・・

D130+130Aの組み合わせと比べると、中域が落ち着きます。
D130のアルミセンターキャップのキャラクターが無くなったからでしょう。
D130は優秀なユニットですが、ウーハーとして使うと高域の伸びがかえって災いするような気がします。
また、各ユニットでの音の違いも特に感じません。
調整が煮詰まった時点で聞けば、違いがわかると思いますが、今はそのレベルにありません。
現時点では、130Aも2220Aも同じ音と考えてよいでしょう

d0138082_6362368.jpg

次にツイーターをGauss1502から075(8Ω)に変更しました。(GE 0.68μFのコンデンサー直列)
1502はとても優秀なツイーターですが、現時点での4550の音にはちょっと大人しいかな
075のスパイスの効いた音が、似あいます。

d0138082_637187.jpg

次に、チャンデバを6dB/oct(LOW450Hz Hi750Hz)から18dB/oct(500Hz)に変更しました。
予想通り、音が落ち着きます。
でも、6dB/octのストレートで明るい音も好きなんだけど、ホーンのカットオフがついてこれません。
クロスオーバー周波数ともう少しあげてみたいと思います。


昨日トンビさんが来られた時に、もう一つのシステム バチ子をKazzアンプpp号で初音だしをしました。
最初は、Kazzアンプが温まっていなかったので、今一でしたが、徐々に鳴り出しまし、
しばらくすると、4550の音を抜きました。
低位の良さ、空間の表現力 ポンと置きの状態で、かなりのレベルの音です。
Gauss3588の優秀さを再確認しました。

d0138082_76106.jpg

ツイーターは2405を使っていましたが、どうも今一ということになり、4550に使っている
1502に交換。
やはり、GaussにはGaussです。
キャラクターが一致します。

この時点では、4583ADWを鳴らしていませんでしたが、昨日同軸とパラって4583ADWをパラってならしました。
現時点では同軸もウーハーもフルレンジで鳴らしています。
しかし、ウーハーには30Ωほどの抵抗を直列にいれて、音量を落としています。
d0138082_6543852.jpg

この方法はKazzさんから、教わりました。
30Ωの抵抗を入れると、ウーハーのインピダンスは38Ωとなりますので、同軸の駆動に影響があまり出ません。
ウーハーはちょっとだけ低域の補強ができればと考えています。
現状では低域の補強というより、300Hz当たりが補強されていると思います。
そのため、相対的に低域のボリュームが小さくなっていますが、トランペットもサックスもめちゃリアルです。
シンバルも良いです。スティックはシンバルにあたった瞬間の金属と木の音を感じることができます。

おおよその抵抗値が決まったので、12db/octのネットワークを作ってウーハーの高域をカットし、中低域の補強をしたいと思います。


このGauss3588とユニットは、滅多に市場にでません。もしオークションに出品されたら、ぜひ購入しましょう。
20万出しても、安いと思います。私はその半値で購入しましたが・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-27 23:26 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 09月 26日

4550 & バッチ子

d0138082_819584.jpg

4550の後ろでお休みしていた、バチ子を引っ張り出して、新しいシステムを組みました。



d0138082_8381575.jpg

上段が、Gaussの38㎝同軸 3588です。下段は同じくGauss4583ADWです。
同軸とウーハーの組み合わせと言えば、UREIが有名ですが、どこまで近づけるか実験です。

現状では、上段はネットワークでウーハー部とドライバー部を鳴らします。
下段のウーハーは、簡単なチャンデバで低域をかぶせてみます。
スーパーウーハー的な使い方からスタート予定です。

鳴らすアンプは上段はKazzアンプpp号 下段はLM3886 4パラアンプの予定です。
どちらのアンプにもボリュームがついていないので、どうしようかな などと思案中です。
チャンデバにボリュームを付ければよいのでしょうが、どうしたらよいのかわかりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kazzさん教えて!


そうそう、4550はその後、徐々に調子を上げています。
瀕死の状態を脱し、徐々に回復に向かっているようです。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-26 08:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2013年 09月 20日

4550 その後3

どうも、縦置きはしっくりこない。
ウーハーとドライバーの位置が離れるためか音像が曖昧である
縦置きした4550を一人で元に戻す元気と度胸は持ち合わせていないので、
友人が来るまで、しばらく待とう。
週末は建築のイベントと社会体育大会があるので、時間が取れないだろう。
と諦めていたら、近所の友人が遊びに来た。




ラッキー!!!




ということで、友人に手伝ってもらい、4550を横置きにもどした。







d0138082_2333542.jpg
二人いれば、ユニットを付けたままでも大丈夫。
左のユニットは上下反対だが、この状態で聞き比べてみても
いいね!
やっぱり横置きの方がいいや

4550は今後、何回転するだろうか。七転び八起きで最後に笑顔になれたらよいのですが
[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-20 22:10 | オーディオ&音楽 | Comments(15)
2013年 09月 20日

4550 その後2

d0138082_11295735.jpg

4550を横置きすると、スペースファクターはよいけれど、視覚的圧迫感がある。
モデルの身長は160cm弱
ホーンの上のツイーターまでの高さは2mほど
やっぱり、高過ぎです。

低域はこっちの方が若干良いけど
誰か遊びに来たときに元に戻そう。

低域のだぶつきを解消するために、4550の点検をしました。
ありました。こりゃ修理しないとね。

d0138082_1137555.jpg

底板とホーンの接合面に浮きがありました。こりゃあきまへんな!
d0138082_1138821.jpg
背面のネットワーク廻りの合板にも浮きがあります。

屋外コンサートで雨にあったのかな
でも、一度や2度ではこうならないだろうな

この4550はどんなコンサートで使われたのかな なんて想像していると楽しくなっちゃいました。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-20 11:44 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 09月 19日

4550その後1

d0138082_20355598.jpg

徐々に、ユニットと4550がなじんできたように感じますが、依然、ベースのボンつきが改善されません。
チャンデバのクロスを変えたり、インダクタンスを交換したり・・・・・・・・


d0138082_20462436.jpg

糸口が見えません。
トンビさんに130Aをお借りして、D130とペアーを組んでみました。
かっこいい!!!)^o^(

見栄えが良くてもね。・・・・

うううう 

困った。

20時30分 ついに決心しました。
4550を縦にするぞ。
こんな山奥にこの時間友達を呼び出すわけにもいかないので、とにかく一人でやってみよう。


ユニットを外して、4550を作業スペースに引出て。
4550の底に指をかけ、腰に力を入れて、下半身で4550を持ち上げてみます。
おおお、浮いたぞ。


もうちょっとだ。


d0138082_21314713.jpg

やったー

やればできるもんですね。

でも、本当に大変だったのはこれからでした。
中腰で、1/4インチのボルトをユニットに通して4550にマウントしていきます。
遊びがないので、取付が難しい。

縦になった4550は152㎝
その上に、2440とホーンを持ち上げるのが、一苦労。
手がつりそう。ここが最も苦しかった。


セッティングが終わったのが、日付が変わった1時20分
d0138082_21404148.jpg

めちゃくちゃ疲れました。

夜中に音量を上げるわけにもいかないので、静かにCANDYを聞きました。
良くわからないけど、あまり変わんないかな・・・・・(*_*;



d0138082_2143717.jpg

翌朝、音量を上げて視聴。



ううううう・・・・
やっぱり、根本的な解決にはいたっていません。
良くなった部分もあれば、悪くなった部分もある

あんなに苦労したのに。

絶句!
[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-19 21:45 | オーディオ&音楽 | Comments(7)
2013年 09月 16日

あちゃー

こんなものを購入してしまった。(*_*;
d0138082_1472291.jpg

何考えてるんじゃ!
事の始まりは、Kazzさんのところで聞かせていただいた4560。
どうしてくれるのよ Kazzさん

当初はKazzさんのまねっこをして4560を購入予定でしたが、とある方に
「4550にしないと後悔するよ」と言われ4550GET。
オークションで安くGETできたけど、送料が、同じくらい。
これまた、あちゃーって感じ。

でも、送料がかかるのもわかります。
4tトラックの荷台の幅と同じくらいの箱が2つなんだから
d0138082_14253549.jpg

ヤマト運輸の引っ越し便のお兄ちゃん2人がとても親切で、丁寧に私の注文にこたえてくれました。
感謝です。

オーディオルームに入れたのは良いけど、90kg近い4550を、一人で動かすのは至難の業。
毛足の長いカーペットタイルの上に4550を載せると、何とか一人で動かすことができました。

ウーハーは何を使おうか
4本そろったウーハーはGaussの4583ADWしかありません。
でも、4583ADWでフロントロードホーンの箱に入れて良いものか ちょっと疑問なので
とりあえず、2220Bを左にD130を右に取付して、予定していた位置に4550を設置完了。
ドライバーは2440 ホーンは木製トラクトリックホーンです。
d0138082_17104532.jpg



チャンデバは500Hz 18db/octで鳴らします。
d0138082_1450443.jpg


さあ 音出しです。
なんだ、この音。ウッドベースがボンついて聞けたもんじゃない。
箱がやわなのかな

裏ぶたを外し、背面の圧力を逃がしましたが、どうにもこうにも治まりません。
小音量で鳴らしても、同じ傾向の音がします。。
ホーンに体を突っ込んでウーハーから出ている音を直接聞いても、やっぱりボンついています。
ステンレス製のインシュレーターで4550を浮かせても、ボンつきが収まるところか、
さらにひどくなりました。

どうしたらよいのだろうか ・・・・・・・・・

途方に暮れ、チャンデバをスルーしてフルレンジで鳴らすと、ボンつきが軽減されました。)^o^(
これは、いけるかも

バーチカルツイン用にチューニングしたチャンデバと4550の相性が良くないのかも
そういえば、Kazzさんも最初は450Hz18db/octで鳴らしていたけど、私が行った時に
6db/octのチャンデバに交換してから、ぐんと良くなりました。
クロスは1800Hz位だったかな

ということで、6dB/octのチャンデバに交換。
低域は1800Hzほど 高域は2400Hz位から初めて、容量の小さなマイカコンデンサーを加えながら、
徐々にクロスを下げていくと、4550がようやく、歌いだしました。
d0138082_1713181.jpg


まだまだ、人様にお聞かせできるほどではありませんが、それなりに楽しめる音になりました。

搬入から4日目の音です。
音源は、Jack DeJohnetteとLESTER BOWIEのDUO ZEBRAです。

[PR]

by okamoto-arch | 2013-09-16 18:25 | オーディオ&音楽 | Comments(8)