<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

今朝の鞁筒

d0138082_5383925.jpg

7月の終わりだと言うのに、北陸はまだ、梅雨。
ここのところ、ゲリラ豪雨で地盤も緩んでいるので、急な斜面はちょっと危険かも

今朝の我が家は、霧に包まれて、ちょっといい感じ(*^_^*)
早く梅雨明けしてほしいけど、こんな景色が見られるんだったら、梅雨もいいかな
日中は晴れて、夜中に雨が降ってくれれば、最高なんだけど。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-30 05:44 | 建築 | Comments(2)
2013年 07月 29日

長くて楽しいハードな1日

昨日7月28日は超ハードな1日でした。
d0138082_9562271.jpg

徹夜で仕上げた模型を朝6時 クライアントに届けました。
3時頃からは眠さと時間との戦いでした。
月曜日から作り始めましたが、今週は何かと忙しく、ぎりぎりの提出となってしまいました。反省(^_^;)

急いで帰って朝食を流し込み、7時から始まる資源回収に参加。
担当地区を回って8時に終了。

次にクリーンキャンペーン。
今回は子供達が中心となって、通学路のゴミ拾いとカーブミラーの清掃をしました。
9時から防災訓練です。
消防の方に、地域防災のあり方の講演として頂き、その後消化器の使い方の実施訓練をしました。
d0138082_957255.jpg


d0138082_1013577.jpg

最後は栄養士の方に、ライフラインが止まった時や避難場所でも出来る料理教室です。
ポリ袋に小分けして、大鍋で煮ます。一度の何種類もの料理が出来るし、飲料水で無くても、調理できます。
大変勉強になりました。

d0138082_9595190.jpg

防災訓練が終わってから、少連主催のBBQをしました。
飲んで食ってしゃべって楽しい時間でした。

5時ごろBBQの後片付けをしてから、子供達とサッカーをしました。
酔っ払いには辛~い!けど、楽しい!
午後6時、子供達はもっとサッカーをしたいようでしたが、大人は限界。
ということで、すべての行事が無事終了しました。

皆様、ご苦労様でした。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-29 10:00 | いろいろ | Comments(2)
2013年 07月 21日

やなさん原理基盤 & I/V変換アンプ

 今日、やなさん原理基盤32TAPが届きました。
今回は4SET購入。
どのICと組み合わせようかな

原理基盤と一緒にLH0032を使ったI/V変換アンプも送っていただきました。 
d0138082_20151520.jpg


I/V変換に使っているLUNDAHL LL1538と比較試聴をします。
前にも別のオペアンプで比較試聴していますが、今回はオペアンプの名器LH0032ということで
大いに期待しています。

第一印象は、さほど変わらないと思いました。
どちらも、正確にI/V変換が行われているのでしょう。

でも、細かなところは違います。
S/Nは1538の方が若干良いと思います。
低域の力感はアンプの方があります。LH0032の特徴が音に反映されているように思います。
少し、表現過多な部分はありますが、より音楽が楽しいのはアンプの方です。

どちらが良いということはできませんが、解像度を求める人はLUNDAHL
楽しく音楽を楽しむ人にはLH0032を使ったアンプかな

でも、組み合わせによって、評価が変わりそうです。
似通った部分も多いのに、目的とする音が違うような印象です。
また、一つ欲しいものが増えてしまいました。(*_*;
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-21 20:35 | オーディオ&音楽 | Comments(11)
2013年 07月 12日

やなさん原理基盤 VHC版32TAP

d0138082_22401327.jpg

私のお気に入りIC 東芝のVHC系を使ってやなさん原理基盤32TAP版を組み立てました。
今回は、抵抗の誤差がないように、テスターでチェックしながらの作業だったので
めちゃくちゃ時間がかかりました。

抵抗の取り付け方も結構きれいでしょ


さて、音出しです。
d0138082_2202933.jpg


おおお やっぱり 私はVHCが好きだな。
かまぼこ形というかピラミッド型のバランスで、昨今の解像度重視の音とは
ひと味違い、音の厚みがあります。
でも、左側から少しノイズが
どこか、半田ミスがあるみたい
それでも、VHCは楽しめます。
中低域がたまらな~い。
音楽が楽し~い。

でも、万能ではありません。
解像度を求める人には向かないと思います。
高域の伸びが今一です。


高域の特性はフィルター回路の係数によって改善できるかもしれません。
別の方法も思いついたのですが、確認中です。

現在、16TAPの基盤で音楽を聞いていますが、なんだか音楽が表面的な感じがします。
ちょっと前までは、これで満足していたのですが。

32TAP恐るべし  かも(#^.^#)

やなさん原理基板の申し込みの締め切りが14日17時に変更になっています。
注文しようか迷っている方は、お早めに!
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-12 22:54 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2013年 07月 04日

やなさん原理基盤32TAP版配布予約募集中

d0138082_21544293.jpg

やなさん原理基盤32TAPバージョンが完成しました。
う~ん めちゃ よいです。
ただ今、やなさんのHPで配布予約を受け付けております。
32TAP版はモノラル構成なので、2枚必要です。
16TAPも合わせて予約を受け付けております。
今回が最後の配布です。


この機会を逃したら、一生手に入らないぞ!!!









d0138082_9374722.jpg

 現在、我が家にやなさんが作られたAHC32TAPとABT32TAPがあります。(ICの違い)
やなさんが動作確認の為に組み立てた原理基板を送ってくれました。毎度のことですが感謝です。(*^_^*)

ほとんど、エージングしていない状態ですが、どちらもとてもなめらかで、エージングの
必要を感じないくらいよいです。
もっとよくなるんだろうな(#^.^#)


まずはAHCから視聴です。
最初に音が出た時、びっくりしました。何もない空間から何の予兆もなくポンと音が立ち上がってきました。
このような感覚は今までも何度か体験していますが、その度合いが今までとは、けた違いだという感じです。

私の場合、このような感覚は、聞いているうちに麻痺してわからなくなってしまうのですが、何度聞いてもドキッとします。
私のシステムが、とても感度が高いからでしょうが、他のシステムでも感じられると思います。

そして特質すべきは、中高域がとても良いことです。
男女問わず、ボーカルがとても良いです。
シンバルの減衰していく音がきれいに聞こえます。
この辺りは、うまくセッティングされたアナログに近い感じです。
低域は、迫力で聞かせる音ではありませんが、十分な帯域です。
全体的に音がすっと立ち上がってきますので、ゆったりしているのですが
ゆるく感じません。
全体域にわたり、音の個性に統一感があります。
これはとっても大事なことです。
再生ソフトを選びません。得意不得意が少ないと思います。
私の中では大人の音です。
ジェントルな音です。
もう一点、出力レベルが高いので、扱い易くなりました。

お昼休みにABTを視聴します。

ABT版をお昼休みに視聴し夕食後試聴しながらブログを書いています。
16TAPと比べて低域が力強くなり、少し明るくなった印象を受けます。
クラシックだけでなくJAZZも十分に行けます。
32TAPはフィルターの係数が違うためかもしれません。
AHCと比べると、低域に力があり、中域明るいです。
これはこれでよいです。
AHCがブリティッシュサウンド ABTがJBLサウンドという感じです。
今、アーチ・シェップのテナーを聞いていますが、なかなか良いです。
お昼より、良くなっているような気がします。午後エージングのため
連続再生させていたためかもしれません。

どちらが良いのかハイレベルな比較なので、そう簡単には優劣を決められません。(#^.^#)
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-04 22:10 | オーディオ&音楽 | Comments(4)