<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

良い年を

 今年は念願のオーディオルームの床補強工事を行い、38cmダブルウーハーシステムの構築に着手出来ました。
完成の域には、ほど遠い状態ですが、音楽を楽しむことが出来るまでになったので、ほっとしています。

 今年もいろんな方々の助けていただき、感謝しております。
また、来年以降もよろしくお願いします。

それでは、良い年をお迎えください。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-31 15:45 | いろいろ | Comments(10)
2012年 12月 24日

メリー・クリスマス

d0138082_22275226.jpg
メリー・クリスマス
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-24 22:31 | いろいろ | Comments(0)
2012年 12月 22日

38cmバーチカルツイン プチ調整

d0138082_23263668.jpg

今日、一日かけて、上下のboxの位置調整
ダクト固定ビスを2本から4本に増やし、ダクトに吸音材を入れた。
ツイーターの位置変更

ツイーターを、上段のウーハーboxから下ろした方が、エネルギー感がでる。


少し、良くなった。


位相のチェックをした。

Gaussは正相 JBLは逆相
今までは、JBLを基準にGaussのプラスマイナスを入れ替えて接続していました。
試しに、Gaussを基準JBL2440のプラスマイナスを入れ替えて接続した。
なんだか、こっちの方がよい。なめらかというか、つながりが良いのである。
不思議だな。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-22 23:49 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2012年 12月 20日

38cmバーチカルツイン ダクト調整

ウーハーboxの懸案だった、不揃いのダクト達を切りそろえました。
d0138082_363963.jpg

ダクトを切りそろえる作業は、大型スライドソーがあるので、30分ほどの作業なんですが・・・・・



4つのウーハーを外し、ダクトを8本外し、8本のダクトのジョイントを外す。
d0138082_3131282.jpg

長さ調整したダクトと短いダクトおのおの8本ををコネクターの奥まで差し込んで固定。
そして、8本のダクトをウーハーboxに取り付けて、4本のウーハーを取り付けて完了。
一つのウーハーには8本のボルトがあるので合計32本のボルトを外したり止めたりしたことになる。
まあ、インパクトがあるので、たいしたことではないのだが・・・・・・
でも、ウーハーは重い。
特に上段のウーハーを取り付けるが大変だった。


まあ、愚痴を言っても仕方がない。自分で選んだ道なんだから

さて、本題の音の方だが・・・・・・






なんだか、あまり変わらないぞ・・・・・(^^;)





低域の切れが良くなったわけでもない。
正直、期待外れだった けど・・・・・・・・・・・・

1日経って、高域がきれいになっているように感じる。
え ウーハーのダクトで高域が・・・・
もしかしたら、関係ないかもしれませんが

試しに、ドライバーのハイカットフィルターコイルを外してムターのバイオリンを聞いてみた。
いいじゃないですか。今まで、ハイカットしないと五月蠅く感じていたバイオリンが良い案配で鳴っています。
しばらく、この状態で・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-20 03:56 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2012年 12月 17日

38cmバーチカルツイン ツイーター選び

メインシステムは、最近大きな変化はない。ほどほど良い状態が続いている。
ウーハーboxのダクト調整は手をつけていないが、ボリュームを上げすぎなければさほど気にならない。
ドライバー帯域は良い状態で安定していると思う。
Kazzアンプと2440の組み合わせはとても良いのである。
d0138082_8195291.jpg

私がマルチにこだわる理由は、2440をKazzアンプで鳴らすためだと言い切っても過言ではない。
他のシステムでは、なかなか味わえない音だと思う。

次は高域の調整をしなければならない。
以前はGauss1502を使っていたけれど
今はトラクトリックホーンに変わったので、もう一度ツイーター選びから行う必要がある。
手持ちのツイーターは、Gauss1502とJBL075及び2405である。
d0138082_8212482.jpg

こうしてみると、いずれ劣らぬ名器だ。(^_^)/~  めちゃ自己満足!

d0138082_3331436.jpg

まずは、Gauss1502で視聴です。
コンデンサーをとっかえひっかえしながら、良い案配を探ると、GEの0.68μFのフィルムコンが良いようです。
1502の特徴は、特徴がないこと。味付けがないので、とても使いやすい。
そして、2,500Hzから使えるのも心強い。
ドライバーの音が、そのまま高域方向に伸びたような感じです。
音楽が安定し、どっしりします。

しかし、問題がないかと言われると・・・・・・
高域の伸びがもう一歩欲しいと感じるときがあります。
空間の緊張感みたいな部分の表現がいまいちかな

d0138082_3371553.jpg

075に変えると、音が明るくなります。
コンデンサーは結局GEの0.68+0.33μFとなりました。
075で聞くシンバルは、なかなか他のツイーターでは出ないと思います。
金属と木がぶつかる音、チンチンでもシャンシャンでもない微妙な音。
惹かれるけど、ウーハーのキャラクターと合わないような気がします。
やっぱり、D130との組み合わせると、力を発揮するんだろうな

d0138082_1361753.jpg

最後は2405を聞いてみる。2405は、1502や075よりも上の帯域を得意とする。
いろいろ、コンデンサーを試したが、いまいちしっくりこないけど、GEの0.68μFが一番よいかな。
2405の良さは、なんと言っても空間がきれいに提示されることです。
JacinthaのAutumn LeavesからMoon Rivreを聞くとスピーカーの間にJacinthaがいるように感じる。
そして、そこにはオーディオルームとは別の空間があるように感じる。
オーディオの醍醐味と言えるかも
たが、根本的に2440とはエネルギー感が違う。相性が悪い。
2405をダブルで使えば・・・・・などと、妄想してみたが
2405は、1インチドライバーと組み合わせると、とても良い仕事をする。
以前、2420と組み合わせて使ってとてもよい仕事をしてくれた。
今は、Gaussの3588同軸と組み合わせて使うととても良い案配です。
2405がもう1セット入手できたら、もう一度トライしたいと思います。

結局、ツイーターは以前同様1502が一番良いようです。
しばらくは、2440と1502のクロスのさせ方を調整していきたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-17 08:23 | オーディオ&音楽 | Comments(7)
2012年 12月 15日

VoyageMPD楽々操作

VoyageMPDをiphoneにインストールしたMPoDで操作していますが、演奏中の曲のジャケット画面でもいろいろ出来ることを発見。
たぶん、使っている人はみんな知っているだろうけど。


Playlistの曲を次々と演奏したり、ボリュームの操作や一時停止にプレイ
それに早送りや巻き戻しといろいろ出来て楽しいです。
しかも、ソファーに寝そべり指一本。
極楽極楽!
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-15 22:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2012年 12月 12日

今朝の鞁筒

d0138082_7534597.jpg
昨晩も10cm以上積もったようです。この時期にしては、多い積雪。そして重い。


下界は雪が降ったのだろうか。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-12 07:57 | もろもろ | Comments(0)
2012年 12月 12日

38cmバーチカルツイン Gauss4583ADW

 10月にスタートしたメインスピーカーの再構築。
2ヶ月たってそこそこよい状態になってきた。
しかし、バーチカルツインを目指してスタートしたが、現在は下段の4583ADW1本しか鳴っていない。
これでは、バーチカルツインとは言えない。

この状態で、楽しくお正月を迎えたいところだが、それではなんかね!
男の子なら、初心貫徹でしょう。
ということで、上段4583ADW化を開始
d0138082_4593054.jpg
D130は、しばらくお休みしてもらいましょう。
メインスピーカー構築のあと、君にはもっとすてきな家をプレゼントしてあげますよ。

d0138082_585377.jpg

上段のダクトは、下段と同じ40cmほどの折り曲げダクト

箱の中に入れると
d0138082_512410.jpg

有効容積がさらに少なくなっている。実質100Lほどかも。
でも、ダクトを外に出すのは、みっともないよね。

d0138082_4514230.jpg

組み込み完了。
そうそう、いつもの試聴曲を聴きながらダブルウーハー化による音の変化をチェック。

なんだか、低域がふわっと出る感じです。
ウーハーboxを大きくしたときの変化に近いかな

鈴木勲のBLUE CITYの出だしのベースソロが流れたときに、鳥肌が
弦の震え、胴なりがはっきり感じられる。
そしてスタジオの空間までもがわかる。
今まで、何度も聞いてきた曲なのに、全然違った印象。

低域の情報量が多くなったようだ。コーン紙の振幅が少なくなるからだろうか。

でも、良いことばかりではありません。
ボーカルが少しビックマウス的鳴り方をすること
フルオーケストラを聴くと空間が広がらないこと

原因がいくつか考えられる。
1)ダクトのジョイント部分は、テーパーがかかっていて、差し込んだダクトが一定の位置で止まっていないこと
2)上下のboxが分かれているために、床からの影響に違いがあるため、上下のウーハーから出ている音が違うため。
1)は何とかなるが、2)はこの箱ではどうすることも出来ないか(^^;)
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-12 04:52 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2012年 12月 11日

今日の鞁筒

12月の上旬だと言うのに、良く降ります。


ついででもないのですが、息子2のサッカーの練習風景です。
シザースがまだうまく出来ません。がんばれ!
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-11 17:43 | もろもろ | Comments(0)
2012年 12月 09日

jazzな一日

d0138082_4164550.jpg
昨晩から、たくさんの曲を聴いた。
iphoneで選曲してVoyageMPDで再生する。好きな曲だけをジャケット写真で確認しながら聞くことが出来る。
しかも、ソファーに寝そべりながら、最高の音質で。
ちょっと、今までとは違うリスニングスタイルである。

外は雪 でも、とっても楽しく有意義な一日だった。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-09 23:15 | オーディオ&音楽 | Comments(2)