Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

38cmバーチカルツイン D130&4583ADWその2

d0138082_1303740.jpg

屋内の排水などにVU管φ100mmをスライドソーで切断しました。
10cmx4本 15cmx4本 20~30cm先端45°カットx4本計12本のダクトを制作するのに要した時間は30分です。
以前は、サンダーで切っていたので、不正確だし時間はかかるし結構大変でしたが、とんびさんからいただいたスライドソーのおかげで、楽をさせていただきました。

d0138082_139295.jpg

さて、90°のジョイントも購入したので、いろんな長さのダクトで音の変化を確認していきたいと思います。

まずは、10cmのダクトを使って、D130の音を確認します。
今までに、15cmとVU管なし板厚だけで鳴らしました。
15cmだと、少し低域が重くなる感じがしました。低い帯域にピークができているような気がしました。
板厚のみ場合は、低域が不明瞭で100Hzから200Hz当たりにピークを感じました。
ということで、今回は10cmにしたわけですが、まずまずよい感じです。
D130の音の速さと低域感がよい感じでバランスされていると思いました。
曲によって、低位不足を感じることもありました。
バーチカルツインの下段だとちょうどよいかも。

Gauss4583ADWと比べると、大音量では4583ADWにより魅力を感じます。
夜中の小音量時はD130に魅力を感じます。小音量でも低域の解像度があるので、小音量の不満を感じません。
また、女性ボーカルが魅力的です。(^O^)
大音量時は、D130がドライバーに負けるように感じます。
感度もよく能率も高いのですが、D130がアンプのエネルギーを処理しきれず飽和状態になるような印象を受けました。
D130の場合、大音量で鳴らすときはダブルの方が良さそうです。
一方、4583ADWはアンプのパワーをしっかり受け止めて、音にしているような感じで、大音量時でも音が崩れたりしません。
安心して聞いていられます。
しかし、小音量時になると、解像度不足を感じてしまい、物足りなくなります。
少し時間はかかりますが、試行錯誤しながらバーチカルツインのウーハーを決めていきたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-30 01:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2012年 11月 27日

iphone4

d0138082_0171056.jpg

 やなさんに頂いた、iphone4で、VoyageMPDの操作ができる。
これは便利だ。
今まで、いちいち、PCを立ち上げていたが、もうその必要は無い。
やなさんに感謝!

実は、mPodなるプログラムを5日ほど前にインストールしたのだが、サーバーが認識されなかった。
それが、突然、VoyageMPDを読みにいったのである。
あら不思議

我が家はソフトバンクの電波が届かない。
なので、現在は自宅の無線ルーターを使ってWifi環境で動作させている。
本当に便利な世の中になったものだ。

やなさん ありがとう!
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-27 00:17 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2012年 11月 23日

38cmバーチカルツイン D130&4583ADW

 38cmウーハーの魅力は低域。でも、再生は難しい。
我が家のバーチカルツインのBOXの内容量が、少ないので、さらに難易度が上がる。
Gauss4583ADWでスタートした38バーチカルツインシステムだが、4583ADWが眠りから覚めると低域が暴れ出した。
ダクトを30cm・20cm・15cmといろいろ試したが、出口が見えない。
密閉にしても、低域の暴走が押さえられない。
この箱では、4583ADWは、鳴らないのかとも・・・・・・

Gauss4583ADWを諦め、JBLD130に入れ替えてみる。
最初は右スピーカーの上下で使ってみた。
予想通り、音抜けがよく、ドライバーとのつながりもよい。
特に上段がよい。床の影響を受けないからだろう。

いつも使わせていただいているエンクロジャー設計プログラムを使ってGauss4583ADWのシュミレーションしてみると、20Hzから25Hzあたりで、ダクトチューニングすると、内容量の小さいBOXの弊害である100Hzから200Hzあたりの盛り上がりが解消される。
しかし、ダクト開口を100φx2とすると、ダクト長さは45cmほどになる。
奥行き45cmのBOXでは無理。
ダクト開口を小さくしようか・・・・・
でもね。38にはこれくらいの開口がないと釣り合わないような気がするし

ふと思い出したのが、折り曲げダクト
ということで、作ってみました。
d0138082_10473155.jpg

コーナー部分の長さをどのように測ればいいのかわかりませんが、15cmのパイプトと先端を45°にカットした30cmのパイプと90°のコーナー材で構成されています。
Kazzさん曰く、「設備屋さんみたいだ」
確かに。
このダクトを下段のBOXに取り付け、4583ADWを鳴らしてみた。

d0138082_1174062.jpg

まずは、ベースの再生が難しいリー・モーガンのCandyを再生してみる。
低域が膨らみが、かなり改善され、すっきりした。
低域が大人しくなったように感じる。低域が伸びているためだろか。
4583ADWは97db/m D130は103db/mと能率の違いがあるため、4583ADWの音量が小さいだけかもしれないが、結果として悪い方向へは行っていないと思う。

ユニットの違いによる位相の問題や上下BOXのダクト長さの違いによる位相の問題など、解決しなくてはならないことがあるが、D130がもう1ペアーそろうまで、いろいろやってみたいと思う。

追伸
今日一日聞き続けました。
Gauss4583ADWが、D130を抜いたようです。

D130の調整がまだまだ不十分だということですね。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-23 11:20 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2012年 11月 20日

38cmバーチカルツイン トラクトリックホーン

d0138082_912168.jpg

 昨晩、友人が遊びに来てくれたので、ちょいとお願いして、左上段のBOXをかさ上げした。
友人が帰宅してから、夜遅く、左のホーンをトラクトリックホーンに交換しました。

なんだか、ぱっとしません。
2350だと、良いあんばいで鳴っていたのに・・・・・・・・・

時間も遅かったので、昨晩は作業終了。

今朝、仕事前に音量を上げて音のチェック。

あらら、左のウーハーの配線が外れていました。(^_^;)
やっぱり私は、駄耳です。

左のスピーカーは上段のウーハーしか鳴らしていないから、若干左の低域の音像が小さいような気がしますが、気にしない気にしない。


左右のホーンをトラクトリックホーンにすると、音の印象が変わりました。
小音量では、柔らかくソフトな印象です。音量を上げるにつれて、ホーン独特の明瞭な音に変わっていきます。
小音量時でも、もう少し音のエッジがはっきりしている方が好みなんだけど・・・

2日ほど前から、075を追加しています。高域が伸びていやな音が少なくなりました。
このシステムには、075だよね。 2405もあるんだけど・・・・

もう1ペアーのウーハーをどうするか。
上下のユニットを変えるのか 同じでにするのか
変えるにしてもD130と同系列のA130や2220でしょう。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-20 09:46 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2012年 11月 17日

38cmバーチカルツイン D130

かなり、よい感じでスタートしたGAUSS4583ADWx2+2440システム。
ウーハーのエージングが、進んでくるにつれて、低域が飽和状態になってきた。
ダクトを塞いでも、音の傾向は変わらない。やはり、箱が小さすぎるのだろう。
以前、4583ADWをダブルで使った経験のある方からメールをいただいたことがある。
ダブルで使うと、4583ADWのよさである、中期の厚みが悪さをして音がダブりぎみになり、
結局シングルに戻されたという内容であった。

現在は上段のウーハーしか鳴らしていない。
上段だけだとドライバーとのつながりもスムーズで帯域バランスはよいと思う。
しかし、ウーハーのシングルと2インチドライバーでは、どうしても2インチドライバーが勝ってしまう。

やっぱり、ウーハーをダブルで使いたい。
フットモニターで使っているD130なら小さな箱でもなってくれるはず。
C36や38などは80L程度
バチコは補強などを考慮すると120Lほど。たぶんいけるだろう。

ということで作業開始。右側のスピーカーだけをD130に交換。
d0138082_21344054.jpg





D130にはちょうどよい大きさかも
思った以上に低域が伸びている感じがする。
たぶん40Hzくらいしか出ていないのだろうけど
ウッドホーンの明るいキャラクターとも合うようなきがする。
左右でウーハーもホーンも違うのに、それなりに聞ける。



自分の駄耳を再認識した。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-17 21:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2012年 11月 11日

星陵大運動会&金沢市民マラソン

d0138082_5455723.jpg

11月10日、星陵大運動会が星陵大学の陸上競技場(通称ブルートラック)で行われました。
星陵大学陸上部が主催です。
学生が運営主体と行なっていて、大会を運営していくことを学ぶため、毎年この季節に行われています。

息子1は、100mと1000mを走りました。
6年生にとってはこれが最後のトラック競技です。
それぞれの思いを胸に実力を出し切ったと思います。

息子1は自己新を目指して1000mに出場
自己新はなりませんでしたが、精一杯走りました。


今日は、金沢市民マラソンです。
心配していた天気ですが、午前中は何とかもちそうです。
息子1は2日続けての競技になりますが、たぶん問題ないでしょう。
私は10kmを走ります。スタートは8時。
息子1のスタートは9時5分。
息子1のレースを見るためには、1時間以内にゴールしなければなりません。
頑張らなくては。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-11 06:00 | ランニング | Comments(0)
2012年 11月 05日

38cmバーチカルツイン 発進

d0138082_231456.jpg

 ようやく、38cmバーチカルツインで音だししました。
ホーンの音の違いを確認するために、ツイーターを使わずに、2WAYとしています。
まずは、普通によい音でなっているので、ほっとしています。

 このシステムの最大の問題点は、GAUSS4583ADWにとっては、エンクロージャーの容積の小さいことです。
でも、はじめとしては、そんなに悪くない低域です。
小さい箱の欠点を、長いダクトで無理矢理低域の補正しているので、たぶん弊害もあるでしょう。
今後、鳴らしこんで音が落ち着いてから、調整したいと思います。

 最も興味があったホーンによる音の違いも、さほど大きくありません。
もちろん違うには違うのですが、2397から2350に変えた時ほどの違いは無いように思います。

これまで、協力をしていただいた方々に感謝です。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-05 00:13 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2012年 11月 02日

メインスピーカー

d0138082_17511660.jpg

ようやく、メインスピーカーをくみ上げました。
ここまでの、道のりは長かった。

友人の悪魔のささやきにほだされ購入した、30cmウーハーx2のバーチカルツインの
BOXを購入したのが、迷宮入りの始まりでした。
JBLのE-120が、うまく鳴ってくれません。
30cmウーハーに見切りを付けて、38cmウーハーに変更するため、ユニット開口を
大きくしました。
そして、手持ちのGAUSS4583ADWをマウント
全く、ウーハーが歌いません。
やっぱり30cmウーハー用のダクトでは、お話にならないようです。
d0138082_22252951.jpg

ダクト径の変更の為のパーツの製作です。
28mmの構造用合板を使って表と裏から、開口径を変えて穴あけ、100φのVU管をダクトとして使うことにしました。
d0138082_8174310.jpg

今回は左右のスピーカーでダクトの形状を変えて設置します。
左のスピーカーには先端を45度にカットしたものを
右のスピーカーは垂直にカットしたものを使います。

d0138082_22262471.jpg

そして、BOX内部の吸音材の張り替え
このバーチカルツイン内部はスタイロフォームの反射板で覆われていました。
30cmウーハーでも、中域がダクトから駄々漏れでした。
フルレンジなら、まだしもウーハーには吸音材がよいと思います。
今回はダクト周りだけ、吸音材に変更しました。

ウーハーはGAUSS4583ADW(カタログにはこの型番が載っていません。)
たぶんアルニコ(マグネットカバーの形状から推測)

ドライバーはJBL2440
d0138082_12472395.jpg

ツイーターはGAUSS1502
で左右共通です。

ホーンは左がJBL2350です。
以前から使っていたので、このホーンの特性は知り尽くしています。
帯域も広くとても使いやすいホーンです。
解体前の音は、このホーンの音といってよいほどです。
d0138082_827582.jpg

右のホーンは、友人のlinfof工房さんに作ってもたっら、ウッドホーンです。
ホーン曲線はカットオフ300Hzトラクトリック型としています。
ホーン曲線の作図は私が行いましたが、果たしてどんな音が出てくるのか
楽しみにしています。
今回は、左右のホーンを変えて、ホーンの音の違いを確認しながらのスタートです。

d0138082_12464338.jpg

チャンデバはkazz式パッシブチャンデバです。
この、チャンデバはパーツに敏感ですが、パーツ選択がうまくいけば市販のチャンデバよりも
ずっと音がよい。
少なくともA社よりもずっと音はよいです。

駆動するアンプは、以前と同じアンプ構成でスタートします。
低域はマッキンMC2500 高域はkazzアンプPS号です。

メインシステムは1年をかけて、じっくり作りこんでいきたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-11-02 17:54 | オーディオ&音楽 | Comments(2)