Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

気になる一品

DAC チップ ES9018 繋がりの情報です。

d0138082_3291867.jpg
これは、OPPOのBDP-95というユニバーサル3Dブルーレイプレーヤー。
このプレーヤーのDAC部はES9018を使っています。
価格は$999
高い! けど 安い ^_^;

欲しい! けど 買えない ^_^;

OPPO (尾っぽ)ってメーカーは知らないけど、ES9018を使ってこの値段は安いでしょう!
マッキンからもES9018を搭載したSACDプレーヤーが発売されるが、価格は115万円だとさ!
げげっ て感じです。

私が気になっているのは、ES9018を使っているからだけではない。
もちろん、ブルーレイで映画鑑賞するためでもない。


気になる理由その1
DSDデータを直接再生出来る事である。たぶん。
SACDは通常PCM変換されてDACでアナログ変換される
しかし、BDP-95では、DSDを直接ES9018でアナログ変換させている。
私がbuffaloIIIを購入した理由の一つもDSDのアナログ変換にある。
(もしかしたら、ES9018内でPCM変換しているかもしれませんが)

何が凄いって。よくわからないけど、録音現場ではDSDで録音されているらしい。
理由は、音がよいからだそうです。
しかし、加工がしづらいので、PCM変換して編集している様です。


気になる理由その2
USBやeSATA ポートを装備している。FLACもWAVも対応している。これは凄い。
何が

わかりませんか。

リッピングしたデータやダウンロードしたデータを再生出来るのである。

しかも、DNLAに対応しています。
という事は、NASも使える。
LINNのDSのようなものかもしれない。
高額商品のことはよくわからない。

という事は、これ1台でCDP・SACDとDACとDDCとPC(VoyageMPD)の機能があると言うことである。
強いて言えば、同軸や光入力が無いくらいである。でもこれだけサポートされていれば、実用上必要ないかも知れない。

PCオーディオには興味があるが、PCのスキルに自信が無い人
音楽は回転系がないと、納得出来ない人
ネットワーク環境が無い人
LINNは買えないけど、無理すれば90K程は何とかなる人には

お薦めの一品だと思う。
名古屋軍団の方々、如何でしょうか。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-30 04:19 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2011年 07月 29日

buffalo III

やなさんのFINAL_DAC の事を覚えているだろうか。

私にとっては、今だに忘れがたいDACである。
今までに聞いたDACの中でもっともアナログのようなしなやかさと力強さを同時に持つ素晴らしいDACだった。
私にとって、オーディオはJAZZを聴くための装置。
とにかく、JAZZが楽しくなくては、話しにならんのです。

そのFINAL_DACの正体は・・・・・






Twisted Pear Audioのbuffalo II である。
完成基盤として配布されている物を、ベースに電源とI/V変換アンプを組み込み、さらに
マイコンを使ってカスタマイズしたもの。
buffalo IIに搭載されているDACチップはES9018という最先端チップです。

d0138082_912757.jpg

buffalo IIは、現在buffalo IIIに進化しました。
先日7月24日深夜、2ヶ月ぶりに進化したbuffalo IIIの発売が有りました。
発売開始後3秒売り切れてしまったようです。
もちろん、私も挑戦しました。

HPを見ながらカウンターがゼロになった瞬間、sold outが Add TO Cart に変わり、間髪入れずに
buffalo IIIとオプションをカートに加え、この時のために登録したPayPalで支払いをすませました。

手続きが終わって、buffaloのHPに戻ると既にsold outに表示が変わっていました。
PayPalで支払い手続きに手間取ったので、本当に私のオーダーは承認されたのか不安になりました。


PayPalから、Twisted Pear Audioへの支払い手続き完了のメールが届きましたが、Twisted Pear Audioから、メールが来ない。
普通、ネットで注文したら、自動的に注文内容確認のメールが届くのに・・・・・・・・
一夜明けても、メールが来ない。



如何したらよいのだろうか。

最悪、カードの支払いを止めればよいらしいのですが・・・・・・・・





仕方なく、Twisted Pear Audioに下手くそな英文メールで問い合わせてみました。


翌々日に、やっとオーダー確認のメールがTwisted Pear Audioから届きました。

ほっ。



8日後に、また、販売されるようです。
今までは、受注してから製作していたので、商品が届くまでに1ヶ月以上待たねばなりませんでしたが、
先日の注文分は8月初旬から発送が始まるようです。

みなさんも、最先端DACチップ ES9018に挑戦してみては
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-29 09:20 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2011年 07月 22日

土用の丑の日

d0138082_10181863.jpg

 昨日は、土用の丑の日。
土用の丑の日 定番のうなぎをいただきました。
うまかった。

そして、狸爺さんに頂いた、大吟醸も香りが良かった。
もちろん味もGOODでした。

台風6号の影響か、少し気温が下がりましたが、暑さの本番はこれからでしょう。

夏バテには気を付けて、暑い夏を楽しく乗り切りたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-22 10:18 | 日常 | Comments(6)
2011年 07月 18日

なでしこJAPAN 優勝 おめでとう

 いやはや、やってくれましたね。
凄いです!

もしかして、なんて思っていましたが、現実になるとは・・・・・・・・


昨夜は、日中の仕事で疲れ果て、早くに就寝。
2時半に起床。
3時からテレビにかぶりつきました。

後半、アメリカが先制した時、つい大声を出してしまい
妻が目を覚ました。

その後宮間の同点ゴールでまたもや大声を出してしまい
息子1が目を覚ました。

延長線の澤の同点ゴールは3人が大声を出したので
息子2も目を覚ました。

PK選は家族全員で応援しました。 

速さ・強さ・それと美しさ 女子サッカーの要素全てにおいて勝っている相手に、
怯むことなく粘り強く戦った なでしこジャパン
奇跡の勝利だと思います。

こうゆう奇跡がおこりうるのが、サッカーなのかも知れません。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-18 08:13 | もろもろ | Comments(6)
2011年 07月 16日

new items YAMAHA YS-50

d0138082_8473259.jpg

 new itemsは、YAMAHAのぼんせんべいYS-50です。
BOXはオリジナルではなく、自作されたもので、オリジナルより奥行きのある後面開放です。

このYS-50は、のだっちさんから譲っていただきました。
のだっちさんがHP上でコレクションの一部を処分した品です。

当初は、とんびさんが譲り受けることになっていたのですが、私がその権利を
略奪し、先週末にのだっちさんのお宅に取に伺いました。

のだっちさん  とんびさん 感謝感謝。

さて、2日ほど鳴らして、ユニットの特徴もわかってきました。
良くも悪くも低域に特徴があります。スピード感は有りませんが
その代わり、ゆったりとしたスケールの大きな低域です。
振動面が大きいからでしょうか。

また、スピーカーの前後で逆位相の音が同時にでるからでしょうか
置き場所の影響が大きいです。
壁面から離した方が、音の空間がきれいに再現されます。

この特徴を活かして、クラシックのオーケストラを再生するととてもよいです。

ALTECの409-8Eでは、このスケール感は出ないです。

その反面、古いJAZZのベースの音が濁ってしまいます。
設置場所も含めて部屋の影響も有ると思いますが、箱を交換してみます。

d0138082_8511918.jpg

このBOX?(スタンド)はとんびさんの自作で、以前実験用に作ったものを
お借りしてきました。
少し低域は改善されましたが、思った程ではありません。
後面開放のBOXの奥行きが深過ぎるのかと思ったのですが・・・・

ユニットのバランスの問題なのかもしれません。

そこで、ツイーターを追加しました。
取り合えず、409-8Eで使っているJBLの075をのせます。

d0138082_8584869.jpg

これはよいですね。

低域の抜けが随分改善されたし、音に力が出てきました。
YS-50の良さを残しつつウエルバランスに近づいたように思います。

しばらく、この状態で鳴らしてみます。
 
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-16 08:59 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2011年 07月 14日

太郎丸のケーシング その6

 注文してあった六角スペーサーが、ようやく届いたので、太郎丸のケーシングを再開しました。
六角スペーサーも馬鹿にならない金額。
金沢のマルツ電波の1/4の価格でネット購入しました。
注文から2週間ほどかかりましたが、背に腹はかえられません。
他にも、やることがたくさん有ったので良しとします。

 組み立てながら、パーツの位置や組み立て手順・強度を確認しました。
何ヶ所か手直しをして、ようやく太郎丸の主要部が完成しました。ホッ!

d0138082_16374890.jpg
d0138082_1638820.jpg
d0138082_16382554.jpg
d0138082_16385242.jpg
d0138082_16392776.jpg


 この後は、ケースを作りです。穴開けやプラグ類の取り付けなど、見栄えに大きく影響する作業になります。

今月中に出来るかな・・・・
出来るとよいのですが
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-14 16:39 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2011年 07月 12日

new items

じゃじゃ~ん!
d0138082_7462239.jpg


わかる人にはわかるnew items。

さて この正体は・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-12 07:49 | オーディオ&音楽 | Comments(16)
2011年 07月 11日

VoyageMPD mount NAS

 VoyageMPDの音楽データはUSB_HDDに保存していたが、リッピングしたデータをコピーする際に
一々取り外してWindowsPCで作業をし、再びVoyageMPD PCにつないでデータのアップデイトをする。
この作業がだんだん、面倒になってきた。

 ここに来てVoyageMPDの師匠であるasoyajiさんがNASを推薦する理由がわかった。
まあ、取り合えず設定も簡単なUSB_HDDはVoyageMPDお試し期間限定としよう。

NASは師匠と同じバッファローの製品を選んだ。
オークションで1TのNASが送料込みで10k弱
外付けHDDよりも割高感はあるが、便利さには変えられない。

私が購入したのはBUFFALO LS-XH1.0TLという機種。
Windows PCでインストローラーを使ってNASの設定を始めた。
インストールプログラムにしたがってマウスをクリックしていくだけでNASは認識された。
簡単簡単。

次に、USB_HDDのデーターをNASにコピーする。
ありゃ 4時間もかかるの やってられないな。

ならば、コピーしながら、VoyageMPDにマウントしてみよう。
大丈夫かな。
お手本はasoyajiのブログのVoyageMPD のまとめⅡ の後半。
PUTTYを立ち上げ、コピペでよちょいのちょいと設定する。
訳がわからないが、とにかくコピペ
NASのIPアドレスだけを書き換えて終了。

所要時間5分程度。

GMPCを立ち上げて、取り合えず、データベースのupdate
d0138082_175170.jpg

やった~!MUSICのフォルダーが出てきた。
よく聴くONE Guiterを聞いてみよう。

おおお、ちゃんと音が出てきました。

これで、ようやくVoyageMPDの環境が整った。


師匠ありがとうございました。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-11 17:17 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2011年 07月 07日

格安CD

d0138082_2256970.jpg

MILESのBOXもの格安CDを買ってしまった。
またもや、HMVのマルチバイを利用するため、5枚組CDを3種類購入。
アルバム15タイトル分の価格がなんと4410円。
毎度の事ながら、こんなに安くてよいのだろうか

オリジナルジャケットではないが、紙ジャケットの写真がよいので、気にしない。
それに、リッピングしてしまえば、ジャケットの事なんか気にならない。
どうせ、オリジナルはLPなんだし。
デジタルって、便利だけど物体としての価値は無いに等しいようだ。
著作権がきれたデジタル音源は、どんなに名演であっても、データーに価値は無いのかもしれない。

さあ、これからリッピングして、聴くぞ。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-07 23:17 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
2011年 07月 06日

太郎丸のケーシング その5

 電源部になると、なかなか作業が進まない。
交流と直流の分離やら、給電経路の最短化など、知識が無いのに、あれこれ考えてしまうからだ。
でも、もたもたしていられない。

d0138082_2103672.jpg

各パーツのレイアウトを決め、電源部をマウントするアルミ板を切り出し、ビス穴を開ける。
ここまでくれば、組み立てられた、基盤を取り付けるだけ。
簡単に配線をして、組み立て手順を確認しながら組み立ててみた。
d0138082_213669.jpg
d0138082_2132238.jpg


これで、よいのだろうか・・・・・・

スペーサーナットが足りないので、基盤の組み立て作業は一時中断。

本日ケースの天板と底板とバックパネルとなる3mmのアルミ板が届いた。
明日からは、ケース作りをしよう。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-06 21:08 | オーディオ&音楽 | Comments(2)