Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 28日

BBQハウス

我が家のBBQハウスの屋根はシェイクと呼ばれている、米杉を割った板で葺かれている。
とても雰囲気は良いのだが、雨の多い北陸では、20年ほどしかもたない。
そろそろ限界です。
d0138082_3513288.jpg
d0138082_3514811.jpg
d0138082_352843.jpg
でも、朽ちる寸前がもっとも味があってよいのかも。
しかし、屋根の下地もちょっとやばそうなので、GWはBBQハウスの修繕をしたいと思います。

当初は金属屋根で葺き直そうと思っていたが、やはり、ここはゆとりの空間
金属屋根では、ちと寂しい。

色々考えたあげく、アテの木の下地板を60cmの長さに切って葺き替える事にした。
シェークの撤去から始めて、何日で終わらせる事が出来るか

GW中に終わるだろうか

50肩で、腕が上がらないのに、大丈夫だろうか

初めての挑戦だが、私に出来るだろうか

でも、ブログに書いた以上、やらねばなるまい。


実は、このBBQハウスは、2度倒壊しています。
d0138082_415221.jpg

1度目は、土地を購入した冬。まだ、ここで生活を始める前。
風向きの関係上、片側だけに雪が積もることがある。
その上、柱が1本で地面に差しただけの簡単な構造。
地面と接する部分が腐っていた。

この時は、柱を切り基礎をつくって直したつもりだった。

d0138082_462237.jpg
それから4年後の冬。BBQハウスの屋根の上に沢山の雪が積もって、またもや、屋根が左に傾いていた。
やばいと思い、屋根の上に登り、左の雪を下ろし、次ぎに右の屋根に積もった雪を下ろそうと
屋根を移動し始めると、バランスを崩れた屋根は、右側へゆっくり倒れてしまった。
折れた柱は、腐敗が進んでいた。
鋼管で柱脚の保護してあったのだが柱脚の上で折れてしまった。

柱の腐りを完全に除去すると、屋根が低過ぎる。
如何しようか、さんざん迷った・・・・
中途半端な事をして、また倒れたら、仕事が無くなるかも
それに、家人が怪我をしたら、一大事

そこで、鋼管の柱を片側に3本設置する事にし、現在に至っている

今年の豪雪にも耐えてくれたので、やはり大事にしてやりたい。
とまあ、BBQハウスには、ちょっとした歴史があるのである。



d0138082_3593662.jpg

また、off会でBBQをしましょう
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-28 04:16 | いろいろ | Comments(2)
2011年 04月 26日

薪割完了

d0138082_10455494.jpg
昨夜はこの状態で終了。
見守りボランティアから帰ってきて、昨日のブログの続きを書き、8時半戦闘開始。
30分後薪割終了。
それから、薪小屋へ薪を運んで10時10分作業終了。
午後からは雨の予報。
雨が降りだす前に作業が終了して良かった良かった。


ここへ移り住んで12年。
GW前に薪割が終わったのは初めての事です。

めでたしめでたし。

d0138082_10533019.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-26 10:54 | もろもろ | Comments(4)
2011年 04月 26日

わらび

d0138082_10375310.jpg
ようやくワラビシーズンです。見守りボランティアの帰り道、通学路に生えていたワラビをGET。
今年は例年より1週間ほど遅いかな。
我が家の定番メニューはワラビご飯とワラビをすり鉢で潰して味つけしたもの。
熱々ご飯に載せて食べると美味しいです。
味つけは、お醤油でも酢醤油でもOK。みそ味も良いですよ。
病みつきになります。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-26 10:42 | もろもろ | Comments(0)
2011年 04月 25日

やなさんDAC オーディオルームで試聴

d0138082_616511.jpg

久しぶりの、オーディオルームやっぱり良いです。
仕事場からPCやモニターそれにやなさんDACを運び込みセッティング終了。
久しぶりに聞くメインシステム、ちょいとバランスが悪い。
事務所のシステムに耳がなじんでいるからだろうが、それにしても、ドライバーが出過ぎでしょう。

結局、直列の抵抗は13.9Ω並列の抵抗は3オーム
もう少し、ドライバーのボリュームを下げたい気もするのですが・・・・・

並列抵抗を2.5Ωにしてみようかな

ウーハーは、もう少し鳴り出すだろうから 

しばらくは様子見とします。
d0138082_624461.jpg
セメント抵抗は音の抜けはカーボン抵抗より落ちるような気がするが、
ドライバーでは、かえって、ウーハーとのバランスが取れるような気がします。
落ち着きがでるというか

d0138082_7152650.jpg

スピーカーを鳴らすアンプはkazzアンプ
30cmダブルを、駆動する馬力と美しい音色が共存するすばらしいアンプ。
そんじょそこらのアンプよりノイズが少ない。
マルチでドライバーを鳴らすには、これくらいのレベルでないと使えない。

d0138082_7155034.jpg

さて、音の入り口はUbuntuStudio+やなさんDAC群
今日でお別れするDACがあるので、メインシステムでも音の確認をしました。
やはり、すばらしい!
事務所のシステムでは見えない部分も見えてきましたが、概ね評価は変わりません。

レビンソンの上にあるのが、秘密のDACです。
このDACのレポートは訳あって後日とします。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-25 21:44 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2011年 04月 25日

TIME UP

d0138082_20301270.jpg
くそー!今日終了予定だったのに・・・・・

日曜の午後と本日の午後は薪割に専念。

もう、1時間程で終わるだろう。
何としてもGWまでに終わらせたい。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-25 20:32 | 建築 | Comments(0)
2011年 04月 23日

Ubuntu STUDIO ハイレゾ再生 その2

4月20日のUbuntu STUDIO ハイレゾ再生の続編です。
4月20日のブログで書いた再生サンプリング周波数の設定方法は、出力プラグインをデフォルトのpulse AUDIOに設定している場合にのみ有効です。
この方法には、多少問題も有ります。
音楽の元データーのサンプリングとは関係なく、設定したサンプリング周波数で再生されてしまう事です。
気になる人には気になるが気にならない人は気にならないことです。

私は基本的に、最終の音がよければどちらでも良いと思っていますが、どうしても気になって仕方ない人のために、良い情報があります。

この方法は、先日近所のT氏に教えてもらったのですが、この設定方法、ネットで検索しても出てこない
貴重な情報かもしれません。

先ずは、Audaciousを立ち上げて、ファイル→設定をクリック。
d0138082_6292194.jpg

この画面が現れます。
「現在の出力プラグイン」がPulseAUDIO Output Pluginの▽をクリックし、alsa Output Pluginを選びます。
d0138082_6334655.jpg
次に「出力プラグインの設定」をクリック。
d0138082_6413527.jpg

このような画面が出てきます。
最後の方に、 plughw;CARD=・・・・・・と出てきますので、それを選んで、下記の画面で確認してからOKをクリックします。
・・・・・以降は多分使っているDDCやDACによって違うと思いますが、私の場合はEZUSB、・・・と出ています。
d0138082_644620.jpg
Audaciousの設定画面を閉じれば、設定完了です。
なお、XMOSではこの設定が出来ないとの報告がありました。
全ての環境で、この設定が出来ないのかも知れません。
我が家でも、UbuntuStudio11.04では、動作が不安定です。
なので、11.04ではPulseAUDIO Output Pluginを
10.04ではalsa Output Pluginを使っています。

最後に近所のT氏に感謝!!!
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-23 22:18 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2011年 04月 22日

Ubuntu-Studio 11.04

Ubuntu-Studio 11.04がアップロードされておりました。
d0138082_112902.jpg

昨晩インストールしました。
別段、画面がデスクトップのデザインも変わっていないので、ちょっと拍子抜け。
でも、HDへのアクセスの際、パスワードが不要になっています。
私はこの方が良いのですが、常にネットに繋がっている場合などは、セキュリティーの問題があるので
どうなんでしょう。

音に関しては、悪くはなっていません。
もしかすると、ちょっと良いのかもしれませんが、よくわかりません。
皆さんも検証して、結果をお知らせください。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-22 11:33 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2011年 04月 21日

薪割

d0138082_9134859.jpg

今年の薪割が始まりました。今年は肩が痛いので、例年5tの原木を購入しますが今年は4t。
1t違うと,見た目、ずいぶん少なく感じます。
d0138082_9132474.jpg
夕方5時頃から1時間の作業で1tちょっとの原木を45cm前後に玉きり。
この調子でいけば、週末には玉きりが完了する予定です。
d0138082_9145961.jpg
夕食後暗くなるまで作業を再開。子供達も薪割を手伝ってくれました。よしよし 山の人間の自覚が芽生えて来たな。
d0138082_9151662.jpg
本日の玉きりは役2t。
上々の滑り出しですが金曜日から雲行きが怪しいです。
困ったな!
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-21 23:22 | もろもろ | Comments(2)
2011年 04月 21日

格安CD

d0138082_12305365.jpg
またまた格安CDを買ってしまいました。
6セット12枚のCD LP25枚分の音源がなんと5,820円(送料込み)
名盤ばかりです。

ほとんどLPでもっているので、音の善し悪しはさほど気にしていません。
最近は仕事中BGMで聞くだけなので、手軽なデジタル音源が重宝します。

しかし、こんなに安くて誰か儲かってるの。
送料も出ていないような気がします。

どうなんでしょうね
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-21 12:34 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2011年 04月 20日

Ubuntu STUDIO ハイレゾ再生

PCオーディオの醍醐味は何といっても、ハイサンプリングデータの再生だと、言い切っても過言でない。
Ubuntu Studioでの音楽再生時、サンプリング周波数をどのように設定していますか。
私は、ずっとデフォルト(16bit44.1KHz)で再生していました。
というより、自動的に音源の形式で再生されると思っていました。
が、師匠のやなさんから、インストールしただけでは、16bit44.1KHzで再生されていることを教えて頂きました。

やなさんから教えて頂いた、設定方法をここに書いておきます。

手順 
1 アクセサリーから端末を起動
d0138082_13134581.jpg

2 sudo gedit /etc/pulse/daemon.conf  (Enter)
3 パスワード入力
4 テキストエディターが起動します。
エディター画面が開いたら以下の2行を修正します。

; default-sample-format = s16le
; default-sample-rate = 44100

を次のように修正して保存し終了します。

default-sample-format = s24le
default-sample-rate = 96000

行頭のセミコロンを忘れずに消します。
96000を192000にすると24bit/192kHzとなります。

5 端末に戻りpulseaudio -k (Enter)
これで、ハイレゾでの再生が可能です。

どうぞ試してください。
もちろんお使いの環境が設定で再生出来ることが、前提ですよ。(^0_0^)

ちなみに我が家はほとんどの音源を24bit96KHzで再生しています。

元ネタのはElectrArtのDigital Audio実験室です!
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-20 13:16 | オーディオ&音楽 | Comments(4)