<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

iMac

d0138082_0292633.jpg

今日から私もMacです。
といっても音楽再生専用ですが・・・・


先ずはリッピングからです
[PR]

by okamoto-arch | 2010-04-30 00:30 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 04月 22日

4月22日

 本日4月22日は小生の50回目の誕生日。
今日から50歳 いつまでおばかな事を続けられるか

4月22日生まれには、Jazz界ではチャールズ・ミンガスとポール・チェンバース それと冨田勲
デザイン界では三宅一生 などなど
ドイツの哲学者イマヌエル・カントも4月22日生まれ


別のHPにはこんな事も書かれています。
ちょいと うれしいな。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-04-22 10:31 | 日常 | Comments(21)
2010年 04月 20日

バーチカルツイン

 ちょいと仕事が立て込んでいて、アップをサボっておりました。 
オーディオルームへもなかなかいけない状態ですが、GW中にお客様がおいでるので
スピーカーの調整を始めました。

先ずは、JBL E120を4本マウントしたラフトクラフト製の12”バーチカルツインシステム。
適当に組んだネットワークですが、約1,200Hz6dB/octで結構良い感じでなっています。
しかし、低域が物足りないので、ダクトチューニングをする事に

現状ではΦ75の紙管で95mmのダクトが2本。もう少し長くしたいな
d0138082_3553448.jpg
d0138082_3564723.jpg

トンビさんから頂いた内径Φ75の分厚い紙管を使ってつぎ足す事に
と言っても内径が同じなので、このままでは・・・・・・^_^;

さや管を作ればよいのでしょうが、そう簡単に作れるものではありません。
ホームセンターへ行っても適当な材料が見当らず

と言うことで、分厚い紙管の内部をプチ改造
d0138082_423023.jpg

d0138082_425867.jpg

175mmの分厚い紙管を差し込んでダクト長さが25cmほどに

計算上は共振周波数は23.7Hz
果たして低域が改善されるのか

試聴はZEBRAです。
おお 低域が出るようになりました。
100Hz前後が改善されているように感じます。

少し音像が大きくなったようです。
バーチカルツインの良さはシャープな音像
微調整が必要かな

取り合えず、この状態で鳴らし込んでみます。

もう一台のメイン GAUSS3588ですが、腰に不安があるので、調整出来るかな・・・・^_^;
[PR]

by okamoto-arch | 2010-04-20 03:58 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 04月 02日

M64改 1号機

 SHURE M64の改良?はゆっくりですが、進んでおります。
d0138082_18514463.jpg
d0138082_1852431.jpg

特に1号機はとことん手を入れる予定ですので、こんな状態に・・・・・
お見せするのが恥ずかしいのですが、
ごく一部でM64の改造で盛り上がっておりますので、現状報告を

1号機は何種類かのカップリングコンデンサーを試してきました。
始めは、手元に来た当初の電解コンデンサーからNichiconのMUSEそしてEROのフィルムコン
US /JAN のタンタルとEROのタンタル そして現在は写真の黄色いお豆のようなディップタンタルです。
容量は全て4.7μF前後です。
カップリングコンデンサーは音への影響が大きいです。

これらの中ではUS /JAN のタンタル豆粒ディップタンタル解像度も高くスピード感があって良い印象です。
でも、豆粒ディップタンタルは、使い始めは最低です。
シンバルの音はぺらぺら。0.1mm程度のシンバルかと思ったほど
でも、30分もすれば、聞ける音に。
結局4日ほどで音は安定してきました。

Nichicon MUSEは悪くはない無難な音。特徴が無いのが特徴かも。
音への影響が少ないところでは、安心して使えるコンデンサだと思う。

期待外れだったのがEROのタンタル
音がぼやけていて、2日ほど我慢したが、我慢しきれなかった。
でも低域はゆったりしていて魅力が無い訳ではなかったが・・・・・

d0138082_19261189.jpg


HIGHT LEVEL OUTPUTS手前のコンデンサ(C14・15)も音への影響がある。
でもその影響はカプコンの半分位かな。
また、その傾向はカップリングコンデンサーとして使った時と近い印象です。
現在カップリングコンデンサーでは今一だったEROのタンタル(金色)を使っています。

次はR26・27の2.2kΩの抵抗です。
オリジナルは多分TRW1/4Wです。
その後、Xiconのカーボン抵抗1/2Wに変更
全体に音の芯が太くなり、なかなか良い。
と言うことで、調子に乗って、イコライザー部のR7・8・9・10もXiconのカーボン抵抗1/2Wに変更。

そしたら、これが大失敗。
重心が下がり過ぎで音がぬけきらない。
2日ほど試したが、改善されない。

本来なら、R7・8・9・10を元に戻せばよいのだが
元の対抗は外す際に配線に全然余裕が無くうまく外せなかったのでリード線を切ってしまった。

ということで、R22をハイエンドオーディオにも採用されているという赤いPRPの1/2w(赤い)に変更しました。
この変更はとても良かったです。
音のぬけもよくなり、中高域も艶やかになってきました。

そのような過程をへて、現在1号機が3台のM64の中で現在の所一番バランスが良いように思われます。

これで、1号機の改良はひとまずお休みです。

今後はこれまでのデーターを元にM64の自作に入る予定です。

既に、誰かさんが完成させています。
私も頑張らなくっちゃ!
[PR]

by okamoto-arch | 2010-04-02 19:19 | オーディオ&音楽 | Comments(2)