<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 28日

アクセス数100,000突破

d0138082_19401366.jpg

 先程、なにげなくアクセス数をチェックしたら、なんと100,000回を突破していました。
このような、拙いブログに100,000回もアクセスしていただき、ありがとうございます。

これからもマイペースで続けていきますので、よろしくお願いします。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-28 19:40 | いろいろ | Comments(2)
2010年 03月 28日

新しいソフト

しばらく更新が滞って下りました。
実は腰痛のため、イスの上でも正座。長時間車に乗れない状況でした。
マッサージに通いようやく普通に歩けるようになりました。
完治はまだ先のようです。

2日前に2つのソフトが届きました。
d0138082_15401359.jpg

1枚はCANTATE DOMINO のLPです。
限定プレスのようです。
私のヒノエンタープライズ出購入しました。
4月に再入荷するようですから興味のある方は ポチッと したください。
もう1枚はZEBRA CDです。
CANTATE DOMINOはCDでの試聴盤
ZEBRAはLPでの試聴盤でしたが、これで両方が揃い
アナログとデジタル両方を調整する場合に役立ちます。

本日、休憩時間にCANTATE DOMINO を聞きました。
プレーヤーはPL-70+DL103LCⅡ+NO.25です。
d0138082_1547749.jpg

スピーカーは新生E120バーチカルツインです。
d0138082_15473634.jpg


う~ん いいです。CDとどっちがイイかと聞かれると困りますが、少なくともアナログであることの欠点が見当りません。さすが名録音です。
強いて言えば、たまにプチっとノイズが入るくらい。
アナログ時代の名録音なのでもしかしたら、アナログの方が良いのかもしれません。
このソフト、アナログには結構厳しいソフトですね。
プレーヤーのセッティングチェックにも使えます。

今度はZEBRAを聞きます。
こちらは明らかにLPの勝ちです。
これもLP時代の録音なので、仕方がないところです。
LPではぐっと低域まで伸びるのに、CDではすぱっと切れている感じがします。
奥行きもありません。
もし、最初にこのアルバムをCDで聞いていたら、愛聴版にはならなかったでしょう。
ZEBRAの再生に関してはPL-70+DL103LCⅡ+NO.25よりもGT-2000L+SME3009SⅢ+M64改3号機が良いです。
d0138082_1627485.jpg

シンセ-ドラムの立ち上がりとトランペットのビブラートの美しさが両立しています。

クラシックなどを聞くともう少し滑らかさが欲しいと感じます。
多分2頭追うものは・・・・のような気がしますので、このセットは立ち上がりの速さを重視したセッティングでつめていきます。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-28 15:47 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 03月 21日

アームベース

 linfof工房さんからお借りしているボール盤を使ってアームベース作りに挑戦。
前回はトンビさんにお借りしたドリルスタンドで作りましたが、さて今回は如何に
d0138082_7504868.jpg


昔々その昔、小学校へ行っていた頃、近くに小さな鉄工所があり、夏休みにアルバイトで穴を開けたり
タップを切ったりした事がある。
それから40年。
むかし取った杵柄 なんて あるはずもなく、まさにど素人。

慎重に一つ一つ穴を開けていく。

そして、主な穴あけを終え、自由錐で円盤状に切り抜く。
さすがに、アイアンウッド。
めちゃくちゃ硬い。

しかし、ボール盤のおかげで、切り口はとても奇麗。

d0138082_884250.jpg

切り出しの状態で、これだけ奇麗なら、あとが楽ちん
180 400 600番の順番でペーパーをかけてゆき、チークオイルを塗る。
1日おいて、さらに400 600 1200番のペーパーをかけてゆく。

今回は2つのアームベースを製作。

d0138082_821953.jpg

どうでしょうか



さて、このアームの正体は



全景を見てみましょう
d0138082_8263137.jpg



下の妙なアーム これはスイスのレンコ(LENCO)のダイナミックバランスタイプのアーム
もしかして、貴重品

上はフィデリティ・リサーチのFR-54
レンコのアームは配線コネクターを付けなければいけないので、今のところは使用出来ません。


夜中にFR-54をガラードに取り付け。
d0138082_8411058.jpg


結構いけるでしょう
小音量で、音だしチェック
カートリッジはTYPEⅢ

オーディオテクニカのAT-1503よりもハイコンプライアンス カートリッジに合うようです。
中高域が奇麗に伸びるようになりました。

しばし、SONYのPUA-237+205CⅡとのコンビで楽しみます。
d0138082_8473476.jpg
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-21 08:23 | オーディオ&音楽 | Comments(12)
2010年 03月 16日

やなさんDAC3兄弟

我が家の2台のDAC華子と太郎のDACを作ってくれたやなさんが、新しいDACを製作。
そして、いつものように我が家へ送ってくれました。(^0_0^)
d0138082_3472810.jpg

やなさんDAC3兄弟揃い踏みです。

やなさんの新しいDAC まだ名前が無いようです。
仮にやなさんDAC4にしましょう。
d0138082_8342811.jpg

やなさんDAC4のチップはWM8741でアンプは華子と同じ真空管を使っています。
WM8741はリンのネットワークプレーヤーにも採用されているので期待が出来ます。
アンプ部の真空管が華子同様WE396Aの互換球ロシア(当時はソ連かな)の6N3です。
今回は方チャンネル2本なので、WE396Aに交換してバージョンアップも可能です。
やなさんDAC4の詳細はやなさんのHPをご覧ください。このページの一番下です

やなさんDAC4にはいろんな機能があるようです。
d0138082_1811824.jpg

写真手前の大きなとぐろスイッチは電源ですが、その次の3つのスイッチが、このDACチップの機能のを引き出す魔法のスイッチ。
やなさんの説明によると

左から、
1)オーバーサンプリングレート切り替え
上:176/192KHz(4倍)
中:88/96KHz(2倍)<==私の選択
下:32/44/48KHz(1倍)

2)デ・エンハンシスコントロール
上:デ・エンハンシス
中:アンチクリッピング・デジタルフィルターモード<==私の選択
下:ノーマル(自動)

3)デジタルフィルター
レスポンスって??でしょうが、切り替えると違いが分ると思います。
主にエコーが付いていく感じかな。曲によって選ぶと良いかも。
32/44/48KHz時
上:レスポンス4
中:レスポンス5
下:レスポンス1
88/96/176/192KHz時
上:レスポンス1<==私の選択
中:レスポンス2
下:レスポンス3



1)はわかりますが2)3)の機能はよくわかりません
各メーカーはこのような機能を使って音作りをしているようです。

試聴スピーカーは調整中のE120バーチカルツインなのでその時々で印象が違っていましたが
スピーカーの完成度が上がるにつれ、やなさんDAC4の実力も徐々にわかってきました。

先ずは、やなさんDAC4が届いた日のファーストインプレです。
太郎丸は参加していません。スピーカーはE120シングル+075です。
やなさんDAC4の各設定は
1)オーバーサンプリングレート切り替え
下:32/44/48KHz(1倍)
2)デ・エンハンシスコントロール
下:ノーマル(自動)
3)デジタルフィルター
下:レスポンス1

です。

元気度 バランス出力>華子>やなさんDAC4
低域の力感 バランス出力>華子>やなさんDAC4
低域の伸び やなさんDAC4>華子>バランス出力
中高域の美しさ 華子>やなさんDAC4>バランス出力

出だしはやなさんDAC4には少々厳しい結果でした。
わが子可愛さのあまり、やなさんDAC4には辛めの評価だったかもしれません。

しかし、現在E120はダブルに075には固定抵抗で-3dBゲインをさげて、GEのフィルムコンデンサーは
0.66μFx2にかわり、より低い帯域から使っています。それとスパーツイーターとして2405も追加しています。

やなさんDAC4の各設定はやなさんと同じにしました。
1)オーバーサンプリングレート切り替え
中:88/96KHz(2倍)
2)デ・エンハンシスコントロール
中:アンチクリッピング・デジタルフィルターモード
3)デジタルフィルター
上:レスポンス1


元気度 太郎丸>バランス出力>華子>やなさんDAC4
低域の力感 太郎丸>バランス出力>華子>やなさんDAC4
低域の伸び やなさんDAC4>華子>太郎丸>バランス出力
中高域の美しさ やなさんDAC4>華子>バランス出力>太郎丸
解像度というか音がつぶれる限界 やなさんDAC4>華子ほぼ=バランス出力=太郎丸
空間表現力 やなさんDAC4>華子>バランス出力=太郎丸

元気はつらつなのは太郎丸とA730のバランス出力です。
華子は音の基本は変わらないのですがより滑らかな音といった印象です。
やなさんDAC4は解像度がとても良いです。それと音の粒子が細やかです。
でも、薄味ではありません。
クラシックや女性ボーカルはやなさんDAC4が良いです。
バイオリンは少しだけ細身ですが、とても美しいです。

DACとしての基本性能が高いので、各部の設定やケーブル調整で
もっと好みの音に持って行けそうです。
決して解像度だけを強調したようなDACではありません。

しばらくお借り出来るようなので、興味のある方が早めにおいでください。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-16 17:37 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2010年 03月 14日

?????その3

なかなか成績優秀な新しいエンクロージャーとE120。
このまま?????ではちょと可哀想。

トンビさんの情報でツカサオーディオにE120がある事がわかり、さっそく見に行きました。
そこは閑静な住宅街の一角にあり、とてもオーディオショップと思えない佇まい
ちょっとマニアックな店主と修理を待つオーディオ器機 ナニコレ珍百景に応募しようかな 

試聴室の奥にE120が4set置かれていました。
そのうち1SETはコーン紙を張り替えるとか
6本のE120の内、美しい2本をGET

早々に持ち帰り、さっそくエンクロージャーに取り付けました。
d0138082_1532830.jpg

結構いけてるでしょう。
15'でもバランスが取れるかも などど思いながら音出しです。

E120のシングルとダブルで大きく違うかと言うと思ったほどではない。
特に低域が出るようになった訳ではない

ただ、075とのバランスがよくなった。
E120の能率は103dBだそうな
ダブルにすると106dB
075の105dBと限りなく近づき全体のバランスがよくなった。
まっとうなシステムにまた一歩近づいた。

実はとある器機の試聴も同時に行っている。
Jazzだけを聞くにはこの状態でもOKなのだが、
クラシックでは、ちょっと高域の伸びが不足する。
試聴器機の性能をなるべく正確に知りたい。
と言うことで2405を足す事に。
始めは0.15μFのフィルムコンでローカットして聞く。
ちょっと高域が強調され過ぎる

d0138082_15493582.jpg

今度は0.002μFデップマイカを使ってみる。

おおおお これは良い
低域が伸びたぞ
高域を改善すると低域がよくなる経験はあるが
今回はこの効果がかなり大きい。

久しぶりに、デビット・マレーのバスクラを聞く。
ううう 結構それらしい。
ダブルにしても立ち上がりの速さとたっぷり感が両立している。
MC2500は苦もなくE120を駆動しているようだ。

しばし、この状態で聞き込んでみよう
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-14 15:41 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2010年 03月 13日

?????その2

新しいスピーカーには名前が未だない。

日中の音量で調整してみよう。
先ずは075です。
昨晩3.9μFのコンデンサによるハイパスフィルターで075を鳴らして結構いい感じだと思っていましたが、
大音量で聞くと、高域がうるさい。レベルが高過ぎます。
アッテネーターが無いので、取り合えずコンデンサーの容量で調整
0.66μFまで下げるとまずまずの状態。取り合えずこれでいいか。

d0138082_273350.jpg次はアンプ選びです。
先ずはIC4パラアンプです。
立ち上がりの早い正確な駆動をしているように感じますが、
低域が物足りないな。
箱とE120があってないのかな。
次はKazzアンプです。
やはり同じ傾向です。
ただし、出力感をGEの5998Aに変えると低域が出ると思いますが、
今日は時間があまり取れないので明日以降に再挑戦です。
次はMC2500です。
おっと 低域が出ますね。

しばらく使っていなかったE120が、ちゃんと鳴るまでは
MC2500でならし運転が必要なのかも。

しかし、MC2500 只者ではないですね。


この状態でZEBRAを聞きます。
イイですね。音の深みも出てきました。
E120と075の組み合わせでは、音が明るく中域がうるさく感じるのではと・・・想像していましたが
高域の木目が少々粗く感じますが、075を0.66μFのコンデンサ一発で鳴らしているので
仕方がないところ。
固定抵抗で5~10dBほどGAINを下げ、075をもっと下の帯域から使えば改善出来るような気がします。
075の次はGAUSSの1502も試してみたいです。

現状の音がどの程度なのか、4パラICアンプ+GAUSS3588を鳴らすと
立ち上がりが遅く感じます。
あららです。
今までは先日カップコンを取替えたM64 1号機でしたが、フォノイコを2号機に交換
これなら良いかな。
人の耳とは当てにならないものですね。
昨日まで良いと思っていたものが、今日は評価が一変。
こんな時はこれ以上触らない方がよい。

エージングも兼ねて、しばらくはMC2500+E120で音楽を楽しみます。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-13 02:07 | オーディオ&音楽 | Comments(12)
2010年 03月 12日

?????

d0138082_2233100.jpg
いやはや来てしまいました。

事の始まりは、トンビさんからのオークション紹介のメール

当初は家庭崩壊を恐れ、見なかった事にしようと心に誓いましたが、徐々に妄想が広がり
思わず入札に参加。激闘の末(?)GET。

本日トンビ宅配が納入。荷解きと設置も手伝っていただきました。

フロントバッフル板40MMその他は24MM内容量約150lの12’バーチカルツインエンクロージャー
製作はラフロクラフト
エンクロージャーの材質はMDFとシナ合板の複合合板
なかなかしっかりした作りです。

先ずは手持ちのJBL E120で音出しです。
さすが12’立ち上がりが早いです。
内容量が150Lあるので、結構低域も十分出ています。
上は4~5,000Hzまでしか出ていないと思いますが、慣れれば結構いけます。
将来的には15`で使うつもりでGETしましたが、12'の方が簡単に良い音が出そうですね
ためしに075で高域を足してやると、あら あっけないくらい普通の帯域が確保されます。
1インチドライバーで1,500Hz位で繋いでやればもっと中高域も充実しそうです。
もう一組E120をGETするか、15’用に開口を開け直すか

取り合えず下のエンクロージャーにGAUSS4583Aを


仮置き
なかなかの風貌です


いつになったら15’ダブルに到達出来るだろうか
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-12 02:44 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2010年 03月 11日

M64 1号機 改良

カップリングコンデンサをNichiconのMUSE4.7μFx50V(バイポーラ)に交換して10日ほど経ちましたが、3号機に及ばない。
悪くは無いのだが、全ての面で3号機に劣る。
そこで、カップリングコンデンサをフィルムコンに変更する事にした。
4.7μのフィルムコンは大きいので、この基盤で使えるコンデンサがなかなか無い。
まあ、別の箱に入れ換えれば問題ないのだが。
取り合えず、オリジナルの合理的な設計を尊重して、小さくまとめて行きたいと思います。
なんとか使えそうなトロピカルフィッシュとEROを見つけた。
d0138082_141795.jpg

トロピカルフィッシュ 可愛いでしょう。
現在、コンデンサを取替えるためのポストと立てているので、トロピカルフィッシュはちょっと無理かな
と言うことでERO MKT1813を使う事にしました。(価格はこちらの方が2倍)

同時にフォノイコに不要なFLATとTAPE回路を切り離す作業も行いました。
これで、切替えスイッチをパスして配線の引き回しを止めます。
d0138082_1215015.jpg
写真撮影の向きが違いますが、4本のケーブルを撤去し、切替えスイッチの廻りについていたフォノ回路の抵抗を移設

d0138082_181241.jpg
回路図で説明すると上部チャンネルのEとCの間にS2という切替えスイッチがあります。このS2をパスしてEとCを直接R26で繋ぎました。回路図上では大したことがないようですが、実際は往きと帰りで20cmほどのケーブルと切替えスイッチが省略されます。

作業を終えた基盤はケーブルが少なくなり、ずいぶんすっきりしました。d0138082_1403343.jpg
これで、ケースから基盤を取り出しやすくなります。(^0_0^)


さて、早々に試聴です。
フィルムコンデンサは本来の音が出るまでに時間が必要なので、詳細なインプレは後日にしますが
MUSEと比べると、力強く中高域の音色が自然です。音が前に前に出てくるように感じます。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-11 00:59 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 03月 10日

今朝の鞁筒

d0138082_831748.jpg

 昨日の朝から降り始めた雪。
今は止んでいるが、この時期としては、結構積もったな。

春が近づいているこの頃の寒さは、結構堪える。


2日前に春を摘んできたばかりなのに・・・・・・
d0138082_851752.jpg
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-10 08:05 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2010年 03月 08日

4パラICアンプ改

d0138082_9153955.jpg

 我が家の4パラICアンプ長らく、写真のようなバラック状態で使っていました。
そろそろ、トランスを収納しなくてはと思い立ち、トンビさんに相談。
快くお手伝いをしていただきシャーシに穴あけをしてもらいました。
 帰宅後、部品を前にあれやこれや考えたあげくちょいとレイアウト変更。
改めてシャーシの穴あけをしました。
そのためシャーシの裏板はご覧のように穴だらけ。
d0138082_91862.jpg





d0138082_9223983.jpgシャーシの底板は、アンプの経歴を物語っております。
このシャーシはローランドのパワーアンプを流用したもの
先ずはトンビさんがスイッチング電源で4パラアンプを制作
癖が無く軽快なフットワークは結構気に入っていましたが、Jazz好きの
私には素直過ぎるというか、もう少し中域の厚い音が好きなのである。
そのため、トロイダルトランスに入れ換え。
音は狙いの方向へ変化したが、ブーンノイズが発生。
あれやこれや検証したが、原因がつかめない。
しかし、その過程で、方チャンネルだけ使う時はノイズが発生しない事がわかった。
そこで電源トランスを1ペアー追加してみた。
見事にノイズは解消されました。
が、しかし、トランスが入らない。
そのうちにと思っていたが、あれから数ヶ月放置状態。



レイアウト変更のコンセプトは、限りなくモノラルアンプ2台に近づける事
配線の最短化及びACラインとDCの分離です。
d0138082_9292561.jpg

まず、AC電源はバックパネルの中央から入りスイッチとヒューズを通って左右の2個づつのトランスへ入り、24Vに変換。
ブリッジダイオードでDC化し、電解コンデンサを通して左右両端の増幅段へ
音楽信号の入力はバックパネルの左右両端から入り、増幅段へ(ボリュームは省略)
出力は左右のバックパネルへ

入力ケーブルはボリュームがあった時の1/20以下
電源ケーブルは1/10以下にすることが出来ました。
アンプづくりをする人の苦労が少し分かったような気分。

フロントパネルはしばらく穴空き状態
カッコよく仕上げたいな・・・・


スイッチを入れる時は緊張しました。
火花とともに、基盤がふっ飛んだらどうしよう
電気の知識がないと、要らぬ想像でパニック寸前
訳も分からず、各所の抵抗をチェック
しかし、こんなことをしていてもいたずらに時間が過ぎるだけ。

コンセントさして、スイッチオン
パイロットランプもないので、電源が入ったのかさえわからない。
一応、煙も出ていない。ちょっと安心した。
それでは、要らないスピーカーで異状をチェックしようと思ったが
ブリッジダイオード以降の配線は外していないので、電源部に異状がなければ
問題ないはず。
いきなり、GAUSS3588で音だししてみた。

3588からは何事も無かったようにすんなり音が出てきました。
音の変化も無いようです。
配線の最短化による音質の向上は、私の耳ではチェック不可能
精神衛生上すっきりしたというレベルです。

日曜日の午後、トンビさんとお友達も試聴にこられ一応合格点がもらえたようです。
トンビさんの6パラを4トランス化したいと言っておりました。(^0_0^)
[PR]

by okamoto-arch | 2010-03-08 09:22 | オーディオ&音楽 | Comments(12)