Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 26日

ダブルM64

d0138082_58484.jpg

先日GETしたM64。色々問題はあるものの、素性がよさそうなので、もう一台GET。

さっそく試聴。
2号機は、解像度音の立ち上がり、音のニュアンスどれをとっても1号機よりよいのである。

部品の劣化やどのように使われてきたのかも含めて、音に違いがあるのは当然だが、
雑に改造された1号機と、どう違うのか調べておかねばなるまい。
d0138082_9252862.jpg
左が1号機右が2号機である。ぱっと見は左下のフィルムコンデンサ?の違いくらい。
電源部はほとんど同じだろう。

次は入力部廻り写真です。
d0138082_6285979.jpg

入力部廻りはいくつかつの違いがみられます。
先ずはC8・9の大きな電解コンデンサ。どちらも青だが、1号機は100μFx25v2号機は100μFx40V
DATE SHEETを参考にすると1号機がオリジナルかも知れません。
ただ、このコンデンサは音楽信号が直接通らないので、さほど音に影響が無いのかな。
次はC2・3のカップリングコンデンサ。
1号機は大きさの違う電解コンデンサーが雑に取り付けられています。
これは、問題外。
2号機はタンタルコンデンサでしょうか
基盤にプリントされているHなる文字が、コンデンサにも印刷されています。
多分2号機のコンデンサがオリジナルだと思われます。
ただ、容量抜けが心配です。
次はQ3・4のトランジスター
1号機の方は頭はお椀をひっくり返したような半球型。
2号機は真っ平ら。
これは形状の違いだけかもせれません。

イコライザー部には特に違いがみられませんでした。

最後は出力部です。
d0138082_75691.jpg

出力段の電解コンデンサは銘柄が違います。
1号機はIECで統一されていますが縦に取り付けられたC16・17の容量がDATE SHEETと違い、
47μFのところ33μFの物がついているので、オリジナルでないと思います。
2号機は水色のRUBYCONと書かれた電解コンデンサが付いています。
ただ、このコンデンサはLOW LEVEL回路専用なので、私は使わないでしょう。

出力段で目を引く違いはR23・24(白の矢印)です。
1号機は1/4W 2号機は1/2wです。
抵抗に書かれたしま模様も色が違います。
このしま模様から耐圧とか抵抗値などが分かるのでしょう
耐圧以外に違いがあるのでしょうか・・・・・・・・?


最後に基盤の裏をチェック
d0138082_81257100.jpg

どちらも、ISSUE 3 とあるので、同じころの製品だと思われます。
しかし、基盤裏の保護膜の仕様が違います。
この程度のことは、アメリカ製なので当たり前。

1号機のカップリングコンデンサとデカップリングだけは、手持ちの中に使えそうな物がありましたので
取り合えず交換してみました。よく見ると2号機の出力段に使われていたRUBYCONでした。
RUBYCONというメーカーのコンデンサはよいのかな。
d0138082_8214777.jpg

カップリングコンデンサは容量と耐圧は揃いましたが、メーカーが違います。
でも、大きさが揃ったので取り合えず良しとします。

デカップリングとカップリングコンデンサを交換して2日が経ちました。
交換当初はさほど、音の変化が分かりませんでしたが、立ち上がりもよくなり明瞭になってきたように思われます。
205CⅡは彫りの深さと解像度が優秀な2号機が合います。
TYPEⅢはたっぷりしていて、明るくハリのある1号機が合います。
カートリッジとアームに合わせてそれぞれをチューンナップすれば結構楽しめそうです。

昨日トンビさんにコンデンサをいただきました。
このコンデンサはオーディオグレードでよさそうです。
デカップリングに使ってみようかな。


Kazzさんご指摘のHと書かれたコンデンサ
これがハーメチックタンタルだといいのですが

d0138082_8564728.jpg
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-26 23:34 | オーディオ&音楽 | Comments(15)
2010年 02月 21日

ガラード401ダブルアーム化一応成功

 あれやこれやと、バタバタして、お恥ずかしい結末の連続でしたが、ようやくダブルアーム化にこぎつけました。
d0138082_1425137.jpg

う~ん なかなかの出来栄えです。

1503には、オークションでGETした格安リフターをプチ改造して設置。
高さ調整のためのベースを作ってみました。
d0138082_10311462.jpgd0138082_14273020.jpg

試作のつもりでしたが、これでいいか。


d0138082_14282447.jpg

SONYのアームには、最近今一だったテクニクスの205C MARK2を使いました。
これが、どんぴしゃ。
まだ、微調整は必要ですが、とても元気でバランスの良い音です。

このカートリッジは感度の高い軽量アームでないと、その性能が発揮されないようです。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-21 10:48 | オーディオ&音楽 | Comments(13)
2010年 02月 18日

SHURE M64 のGAIN

GAIN不足と思われたM64。
手持ちの1KΩの抵抗をR13・14にパラって音だしをしました。

ボリュームを少し上げると、かなり大きな音量
6dBでこんなにも上がるの。

あれやこれやチェックすると
出力ケーブルがLOW LEVELの方に接続されていました。
あれれ、なんか変だな。
LOW LEVELの方が、レベルが高い。

仕方ないので、内部をもう一度チェック。配線ミスです。

それゆえパネルのLOW LEVELの表示に赤と青のマークングがあったのかも
d0138082_22133313.jpg
皆様 お騒がせして申し訳ありませでした。
でも、接続ミスのおかげで、M60に出会えたし、内部基盤のチェックも出来たので
収穫が大きかったです。

これに懲りずに、色々アドバイスをお願いします。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-18 22:17 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2010年 02月 17日

SHURE M64 のGAIN

 なかなか良い音を聞かせてくれる、SHURE M64
しかし、わがシステムではGAIN不足
slowhand.st56さんにお借りしたような真空管バッファーアンプを作れば、
手軽ハイブリットフォノイコが完成なんて事を考えております。

しかし、やなさんからM64のGAINを上げる方法が、M64のDATE SHEETに書かれているとの
メールをいただき、苦手な英語を解読する事1時間、R13・14に330Ωの抵抗をパラレル接続すると
12dBGAINが上げられるようです。

さっそく内部を覗いてみました。
どれどれ。
あった。
d0138082_3365221.jpg

これか(緑印)
A&Bの抵抗のようです。
ちっちゃいな。

この際、電解コンデンサーも交換した方がよさそうですが・・・・

音質に関係しそうな物だけでも、銘柄を調べて交換した方が良いのかな・・・・・・


あれれれ
C2とC3の電解コンデンサ(青印)の大きさが違います。
DATE SHEETによると4.7x25と書かれているので4.7μFの25vのようです。
これは交換しておいた方がよいかな
(4.7μF35Vと50Vに変わっていますので、電気的には問題ないでしょう)

おっとDATE SHEETと違う値のコンデンサを発見
C1の電解コンデンサ(赤印)はDATE SHEETでは22μF 35Vとなっていますが
ついているのは、5μF50Vです。
C1はどんな役目のコンデンサかな
音楽信号ラインでは、無いようなので、ノイズ除去が目的かな

DATE SHEETの回路図をこっそり載せちゃいます。
d0138082_40562.jpg
d0138082_403032.jpg




Date Sheet より
Balanced Line Output:
For professional low-impedance balanced line
use, such as broadcast systems or recording consoles,
an external line matching transformer (Shure
Model A95 Series) may be added to each High
Level output of the M64 or M64-2E. The resultant
output level will be approximately -32 dBm.
If ahigher output level is necessary (-20 dBm) the
following change can be made by qualified service
personnel only, which will increase the output level
by approximately 12 dB.

1. Unplug the ac line cord before removing
cover.
2. Remove the three large Phillips head screws
that hold the case cover in place.
3. Lift off cover.
4. Remove printed circuit board assembly from
nylon fasteners by squeezing upper protruding
tab on circuit board side inward and sliding
board outward and off the fastener.
5. Lift the printed circuit board assembly straight
up until 1 k resistors R13 and R14 are accessible.
(See bottom illustration on page 4)
Note R13 and R14 are raised on longer leads
than the other resistors for ease of identification.
6. Solder 330 ohm ? watt resistors across (in
parallel with) the extended lead wires of R13
and R14 (330 ohm resistor across the 1000
ohm resistor).
The extra lead length of R13
and R14 makes this very easy and it is not
necessary to alter the printed circuit board or
its components.
7. Remount the printed circuit board assembly
and replace the cover, being careful not to
pinch any wires when closing up the unit.
NOTE: This change will decrease the input
clipping level of the preamplifier to about 25
mV so that if high-output cartridges or very
highly modulated records are used the preamplifier
may tend to clip on loud passages.
If the gain increase desired is less than 12 dB,
the following resistors can be used in parallel
with R13 and R14 instead of the 330 ohm
resistors.
for 3 dB, use 2.2 kilohms
for 6 dB, use 1 kilohm
for 9 dB, use 560 ohms

[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-17 13:18 | オーディオ&音楽 | Comments(11)
2010年 02月 15日

予告の物

 slowhand.st56 さんの書込み通り、お昼少し前にゲインを上げる物?が届いた。
中に何が入っているのか???

これは、何だろうか。
d0138082_17243526.jpg
STEREO PREAMPLIFIRE MODEL M60 と書かれている。
調べると、バッファーアンプのようです。
M64と組み合わせるにはぴったりのGAINです。


Gain:17db per channel-5millivoits input produces 35 millivolts output
Input Impedances:47,000Ω
Output Impedances:5,000Ω
Equalization:NONE
Tubes:One dual function ECC83/12AX7
Power Requirements:117 volts 60 c.p.s. 4watts

操作部分は電源スイッチのみ
他にInput Output端子があるのみ
d0138082_4161859.jpg


早々に音出しです。
試聴LPは昨日と同じスパー・ギター・トリオ・ライブです。

プリのボリュームを12時にして
音量は、十分
2時位が、私が好きな音量
PE50は3時ほどだったかな

音の切れ、立ち上がりも損なわれません。
低域の力感も十分。
前後感が少しあいまいになります。
音量は大きくなり、いい加減なスピーカーのセッティングの影響がでたのでしょうd0138082_12462374.jpg




slowhand.st56 さんしばらく、お借りします。(^0_0^)
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-15 18:18 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 02月 13日

SHURE M64

d0138082_22175528.jpg TYPE3+M64で鳴らしてみました。
これは、良い組み合わせですね。
歯切れがよく、中高域の明るいキャラクターがTYPE3とばっちり合います。
音の立ち上がりが速くなったように感じます。
スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!を再生。

う~ん いいね!
しかし、M64はゲインが低い。
プリのボリュームをMAXにしてもなんとなく物足りない


電源を安定化電源に替えても音量は変わらない。
当たり前か・・・・(-_-;)

もう少し、音量が欲しいな。

調べて見るとM64のゲインは34.5dB
ちょっと低いな。

何とかならんもんかな。

d0138082_22212958.jpg
電源の取り方を何度か替えているうちに、音の変化に気付いた。
安定化電源を使うと、左右のセパレーションがよくなり、奥行き感が出ます。
スパーギタートリオライブのソロとバック音が重なりません。

帯域バランスばかりに気を取られていました。

うううう・・・・・・もどかしい。
M64のゲインを上げる方法は無いものだろうか



ライントランスを使って昇圧してみるか。
一体どんなライントランスが適当何だろう
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-13 21:57 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2010年 02月 13日

ダブルアームにしたけれど

d0138082_014527.jpg
やっとダブルアームにしたけれど
ショートアームのベースが分厚過ぎてレコード針がレコード面に届かない。

慣れてはいるけれど、自分自身にあきれ返る。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-13 00:18 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 02月 11日

お買い物

d0138082_1459244.jpg
先日オークションでGETしたものが、届きました。

英字新聞に包まれて。

出品者のセンスがGoodです。
期待できます。



物はこれです。
d0138082_1514177.jpg

d0138082_152820.jpg
SHURE M64フォノイコライザーです。
http://www.shure.com/stellent/groups/public/@gms_gmi_web_ug/documents/web_resource/us_pro_m64_ug.pdf
SHUREにはSHUREという訳ではありませんが、某所から外部DC電源を供給すると重心が座った良い音に変貌するとの情報をGET。
私もまねっこをする事に

DC電源入力ソケットの形状にあった端子があるのかな

早く来い来い安定化電源


 
 
 
安定化電源がやってきた!d0138082_553813.jpg

う~ん
マニアックな雰囲気がいいですね。
なんだか、一端のマニアになったみたい。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-11 15:10 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 02月 11日

ガラード401アームベース仮組

d0138082_611641.jpg
ようやくアームベース出来てきました。
左が比重1と言われるアイアンウッド。右がチーク。
最終仕上げ作業に入る前に、仮組をし、最終チェックです。

これが、テクニカの1503用
d0138082_665756.jpgd0138082_67105.jpg


これが、トンビさんからお借りしたSONYのショートアーム用
d0138082_681178.jpgd0138082_683379.jpg
固定用ナットの彫り込みがみそ

少し手直しが必要ですが、なかなかの出来に大満足。

あとは、座彫り深さの調整と研磨及び塗装です。
塗装はチークオイルにしようか、ウレタンを薄めて拭き取り仕上げにしようか。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-11 06:14 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 02月 08日

気持ちイイ~!

 7日日曜日 ハードな1日でした。
朝9時から育友会の親子触れ合いボーリング大会。
昨年、2位にも関らず、今年はBB。とほほ。
しかし、景品だけはばっちり頂いてきました。

ボーリング場を11時に出て、南砺市にあるイオックスアローザへスキーにいざ出発!!
12時前に到着。
天気は最高!いい気分!
今年スキーを始めた息子2もゴンドラへ乗せて頂上へ
はしゃぐ息子2。
d0138082_128115.jpg


頂上へ到着。
前日まで降った雪のおかげで、ゲレンデコンディションもまずまず。
景色は最高。
d0138082_1314791.jpg

北陸では、冬の晴れ間は貴重。
家でじっとしているのはもったいない。

私のスキーの内側で息子2を滑らせ、頂上付近で特訓。
ようやく、スキーの楽しさが分かってきたようです。
ここまでくれば、あとは回数をこなすだけ。
今年中に一人で滑れるようになるといいのですが。

頂上付近のリフトが終了する4時半まで私は休憩ナシで滑り続け、帰りのゴンドラへ乗り遅れたため
息子2をサポートしながら下山。

もう、両足がぱんぱん。筋肉痛で歩けるかな なんて心配しましたが、ほとんど痛みがありません。
明日以降に痛みがくるのかな




帰宅後、昨日の作業の続きを再開。
30分で残りの穴を開きました。(^0_0^)
d0138082_1511865.jpg

残りはアームベース。
今回は、チークより硬くて重いアイアンウッドで作ります。
なんとか、2・3日中には完成させたいです。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-02-08 23:55 | いろいろ | Comments(6)